太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

7月を直前にして事務局から研究班の皆さまにお願いする事項も多くなり、次から次へと飛び込んでくるメールの対応に追われた一日でした。そんな中、たまにかかってくる電話はちょっとした息抜きになります。

池田先生(信州大)から電話があったのは午後4時頃。昨日事務局から送ったメーリングリストの内容の再確認でしたが、しばらく話しているうちに「昨日は、富士山頂に登ってきたよ」と事もなげに言われたたので、山頂の写真をお願いしておきました。

夕方には画像を添付したメールが届いていました。先生は、研究のためよく山に登られているそうで、今回送られてきたのは、5月2日、6月11日、そして6月28日(昨日)と、ほぼ1カ月間隔の3組の写真です。定点での撮影なので、雪解けの進捗状況がよくわかります。

そういえば、今日は変圧器設置工事の配線調査の立会いで測候所に行った山頂班のケータイからも、「雪は例年より少ない」との連絡がありました。

夏山の富士山は、すぐそこまでという感じですね。


富士山の写真を3枚お送りします。いずれも測器の点検に出かけたときに撮ったものです。

19e74f43.jpg
5月2日 地温観測と連動させている気象観測装置が樹氷と化していました。この時点では昨年より雪が多かった模様です。(02May)

1e049149.jpg
6月11日 測器はほぼ顔を出していたものの、記録装置を入れた箱はまだ氷漬け・・・今年は昨年に比べ積雪の氷化が著しく、砕くのも容易ではありませんでした。(11Jun)

48d34a08.jpg
6月28日(昨日です) 11日の状態から雪融けが急速に進んでいました。ようやくデータを回収できました。(28Jun)

(※)池田先生の研究グループは、永久凍土の直接観測に向けて8月18日から5日間の予定で、富士山測候所をベースにして掘削などを行われます。

36 号柱修理①
ほぼ直角に折れ曲がった架空線の電柱

3か月前の3月20日、富士山麓を襲った落雷を伴う嵐で電柱が折損するなどの被害を受けた送電線。富士山測候所にとっては電力を供給している生命線でもある。

その補修工事が6月21日から23日に行われ、無事終了した。しかし、トランス取り替えなどの後工程は、山頂の積雪量が多いため一週間延期することに。
7月12日の通電・開所には、何とか間に合う予定です。

「極地」の富士山では、自然災害は何でもありだ。

DSCF1039
DSCF1045
1.2号柱開閉器取替。

DSCF1055
キュービクルの点検作業

(参考)富士山測候所バーチャルツアー>送電線施設

現地から離れて今はZurichにいますが、標記報告第三弾です。

昨日のアジアセッションで、三浦先生と松木さんが口頭発表を行いました。
朝から快晴で人が少ないんじゃないかと心配していましたが、会場は盛況で、質疑も活発に行われました。ひいき目でなく、最も面白いセッションの1つでした。

セッションの最後には、PSIのBaltenspergerさん、Washington大学のDanielさん、NOAAのSchnellさんが山頂観測施設の重要性をアピールするための文書作りに協力を呼びかけ、皆の賛同を得ました。富士山測候所についても内容を詰めていくことになりますので、よろしくお願いいたします。

当該セッションの写真を3枚添付します。

さて、私は昨日のお昼にZurichに移り、PSIを訪問してセミナーに講演者として招請参加しました。蒸し暑い部屋で1時間以上話したのでバテましたが、何とか全部ノルマを果たせてほっとしています。

というわけで、不十分な内容ですみませんでしたが、現地報告もこれでピリオドを打ちたいと思います。

以上、インターラーケンレポートでした。
保田浩志(Zurichより)


4e1185a9.jpg
口頭発表をする三浦会員
Size distributions of aerosol particles measured at the summit and a base of Mt. Fuji

e30091e0.jpg
口頭発表をする松木会員
Size distribution measurement of air ions at the summit of Mt. Fuji during 2009 summer campaign


c980a310.jpg
日本メンバーで大会長の Johannes Staehelinさんを囲んで

このページのトップヘ