太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

http://npofuji3776.blog.jp/archives/1071872170.htmlhttp://P2580317a
会場はウェザーニュース(Weathernews Inc.: WNI)の所有する、先代の南極観測船「SHIRASE」の士官室です。

2018年、認定NPO法人 富士山測候所を活用する会は、WNI気象文化創造センターから「気象文化大賞」を受賞しました

6月8日(土)の午後、成果報告会が開催されました。この4月に発足した富士山環境研究センターから、私が参加して成果を報告して参りました。

WNI気象文化創造センターの理事、気象文化大賞選考委員のみなさまを前にしたプレゼンで、
・分野の異なる研究者のコラボレーションで、査読付きの英語論文を複数出せたこと。
  
・登山者をはじめ関係者に、ライブカメラ画像、雷活動状況、火山ガスの状況といった情報をリアルタイムで出せたこと。
・さらに広く一般の方々に、科学の場を共有するための動画コンテンツをyoutubeで提供できたこと。
を紹介して、感謝の意を示しました。  

私事ですが、私は第48次日本南極地域観測隊員として、2008年、「SHIRARE」(当時は「しらせ」)の最後の航海に乗船しておりました。こういった形で再び乗船する機会をいただくとは思ってもいませんでした。
 なんとか大役を務めさせていただきました。が、これは昨年までのレガシーの紹介です。早く、新生「富士山環境研究センター」から、自分の成果を出したいものです。

 指定された時間は3分間。短い時間と、表紙を含めて3枚のスライドで、富士山において本NPOができること、やってきたことをどのように語るべきか、往路の電車の中まで鴨川学術委員長と相談しておりました。

(富士山環境研究センター 第一研究部 特任研究員 源 泰拓)



              
 CCI20190525_0001
    小山真人教授(「ブラタモリ・富士山、東京駅、上田・沼田」KADAKAWA,2016より)

IMG_1552
小山真人「富士山:大自然への道案内」(岩波新書1437、2013)


本NPOのトップページのイベント情報でもお知らせしていますが、来る6月2日(日)のNPO総会に引き続く特別講演会では、富士火山研究の第一人者・静岡大学・小山真人教授の講演を予定しています。富士山について、分かり易く内容が豊富な名著「富士山:大自然への道案内」は小山先生の多数の著書の一つですが、本NPOの山頂研究者にとっても、素晴らしい入門書です。
  
今回、小山先生が来て下さることになったのは、2015年のNHK総合テレビの人気番組「ブラタモリ」がご縁です。

山頂までタモリさんを案内していった小山先生から本NPOの鴨川理事が引き継いで、測候所の内部と雷観測の説明をしましたが、この番組の富士山シリーズ3回ににほとんど出ずっぱりだった小山先生のおかげで、富士山の「火山としての面白さ」が全国的に知れ渡りました。

無題
     2015年10月30日放送の「ブラタモリ」の一画面 この画面には見えませんが、小山先生がカメラの側に居られました。

番組の中では、麓の地形から始まり、美しい富士山がどのように形成されたか、有史以来でも10回の噴火を繰り返した富士山の成立の過程、宝永火口で見る富士山成立の謎を解く鍵、富士山成立をわかりやすく解説されたうえで、「信仰と科学の世界」である山頂へと案内されたのが小山先生でした。
NHKの構成は実に見事で、よくまとまった富士山紹介でした。

なお、この一連の富士山シリーズで、NPOのメンバーはかなり現場でお手伝いしましたが、小山先生も相当の時間を使われたかと思います。台風の進路をにらみながら、ブルの手配や人の配置など、現場でなければわからない裏方の苦労話なども、今では懐かしく思い出します。

6月2日のご講演ではもしかしたらそんなお話も聞け来るかもしれません。
是非、多数の皆様のご参集をお待ちしております。

(広報委員会)











 

このページのトップヘ