太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ



古銭1

古銭2
庁舎の近くで発見した古銭 “十銭”、大日本”“昭和十五年”、と書いてある。


今年の夏期観測でのお話。
8月24日山頂に滞在して、微生物サンプル採取の時に庁舎すぐそばで発見しました。
表には“ 十銭  ”、裏には“大日本 ”昭和十五年
と書かれたアルミ貨幣を見つけたのは、静岡県立大の村田浩太郎博士です。

これは何でしょう? ということになりました。
「お賽銭かもしれない。」と同行の静岡県大・鴨川先生の発言もあったとか。

古来より富士山は信仰の対象であり、そのための登山が行われていました。
その内容は、梶山沙織著「第2章 富士山頂の信仰の世界」
(『日本医一の高所富士山頂は宝の山』しずおかの文化新書、p98-147、2016)に詳しいので、ここに少しご紹介します。

著者の梶山沙織氏によると、

「 富士山は長く信仰の対象とされてきた。
室町時代作とされる『絹本著色富士山曼茶羅図』には山頂部分に散華とともに三体の仏の姿が描かれ、山頂は仏教の世界として表されている。
『本朝世紀』(1149)には、末代上人()が山頂に大日寺を築いたとあり、
当時既に富士山の仏は大日如来とされていたことがわかる。
1269年成立の『万葉集註釈』に「いただきに八葉の嶺あり」と記され、
中世には八葉を富士山頂に当てはめる思想のあったことがわかる。
この「八葉」はとは仏教の曼荼羅をうけたものである。」
*末代上人 <まつだいしょうにん> 富士山信仰に深くかかわる人物と言われている。
と記されています。

八葉が具体的にどの峰に対応するかなどは諸説あるようですが、
以後「八葉めぐり」が定着し、「お八」転じて「お鉢」めぐりになったというのが定説とのこと。

八葉
         剣ヶ峰山頂より見た富士山頂Wikipedia から引用)



10687777739952

 1980年代のテレカより  (黄色矢印は村田さんが拾った場所)
  http://npo.fuji3776.net/museum/teleca.html
 

梶山氏によると、
武田信虎が「八葉メサルル」という記述が『妙法寺記』(1522)にあり、
すでに、戦国時代にはひろく行われていたと考えられるとのことです。

また、
「山頂南部の大宮・村山山頂部には、大日如来像を祀る大日堂があり、
その西側の火口を見下ろす位置には“拝所”があった。
“影拝所”や“初穂打場”とも記されている。
登山者はここでご来迎(ブロッケン現象)を拝み、火口(内院)賽銭を投げ入れた」
と記されています。
この風習がその後も続いたようです。

このお賽銭をめぐる権利関係は、
中世から近世の国境(くにざかい)や、地元の利害を背景にいろいろの問題を生み、
村山興福寺、大宮(現富士宮)の浅間大社を含む、複雑な様相を呈していました。
明治になると、1868年の神仏判然令(廃仏毀釈)による1874年の「富士山大掃除」で、山頂の仏像類が撤去され、大日堂は大日如来の代わりに浅間大神が祀られるようになりました。

この間の紆余曲折など興味のある方は、梶山氏の上記の著作を是非お読みください。

10sen-S15
     臨時補助貨幣(Wikipedia より)
なお、Wikipedia によると、https://ja.wikipedia.org/wiki/臨時補助貨幣#昭和15年_-_18年制定のアルミニウム貨幣
臨時補助貨幣(りんじほじょかへい)とは、戦局悪化に伴う貨幣材料調達事情による様式変更を、勅令(後に政令)を以って臨機応変に対応可能とした「臨時通貨法」(昭和13年法律第86号)の下、日本で製造され発行、流通した補助貨幣の総称である。
1988年(昭和63年)の「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律(通貨法)」(昭和62年法律第42号)施行に伴い、臨時通貨法が廃止されると共に、臨時補助貨幣も、一部を除いて貨幣と見做されることとなった。
この貨幣が使われていたのは昭和15年(1940)から昭和63年(1983)までの間とのことで、終戦を挟む時期に使われていたようです。

さて、村田さんが発見したお賽銭は
誰が、いつ、どういう祈願と共に投げ入れたものだったのでしょうか?

いつの時代になっても、人々は大切な想いを託して、
富士登山に挑んでいたのではないかと、この古銭から伝わってきます。


(広報委員会)


IMG_5221x
 私は富士山が大好き!

今夏は400名をも超える研究者が旧測候所を利用され、そして無事に全ての活動を終えられたとのこと。一参加者として富士山頂の過酷さを実感した上で、富士山測候所を活用する会の運営の方々や山頂班の方々、多くの人の尽力によってこれらの活動がなされているのだと強く思う

私自身は静岡に住んでおり、富士山頂での研究や活動についてテレビや新聞で見ることが多々ある。社会に還元される取り組みや山頂のユニークな環境を生かした研究の素晴らしさが取り上げられている。ただ今回この場を借りて少しだけ私の登山の様子を書いてみたい。彼らが行なっていることがすごいのが更に伝わる気がする。

富士山は標高3776㍍であり、山頂での気圧は地上よりだいぶ低く、空気が薄い。普段通りの呼吸では、空気中の酸素を十分に取り組むことができない。そうしてなるのが、高山病。今夏は7月の三連休に旧測候所で滞在、研究のお手伝いを行なった。昨年度の反省を踏まえ、体力作りに登山一週間前からの禁酒など、万全の準備で挑んだ。万全だったはず・・・

unkai


13日土曜日の朝4時に富士宮口五合目入り。体を慣らすために車の中で布団をかぶって仮眠をとる(布団をかぶることで少しでも効率的な高地順応ができるのではないかとの思いつき)。他のメンバーと合流して7時に登山開始。

曇天だったため、太陽に体力を奪われることもなく、順調。調子に乗り飛ばしすぎると後が怖いので、スピード配分しつつ、やはり最後は少しきつくなりつつも、13時に山頂の神社に。お参りをして、おみくじを引いて、雨が降りはじめたので慌てて、剣ヶ峰にある旧測候所まで。この坂が一番つらい。急斜面で石を下に転がさないように(整備してくださる方には本当に感謝)自分も転がらないように最後まで足元に気をつけなければいけない。

12
 剣ヶ峰の積雪比較…今年は昨年より随分雪があるのがわかる(左)今年7月13日(右)昨年7月14日

13時25分に旧測候所着。山頂班の方に迎え入れてもらう。その時はなんだかいける気がしていた(去年は着いた時点でソファに崩れ落ちた)。室内気温5度、ストーブの前で暖をとりつつのお昼ご飯。自分が3日間の滞在でできることを、あまり回らない頭で考えつつ・・・やはり空気が薄いだけでこんなにも頭が回らないのかと、酸素のありがたさを感じる。

1時間は休憩を取ろうとみんなでゆっくりする中で、徐々に頭に鈍い痛みが。脈と連動した感じにずきずきし始める。危ない予感がした。高山病には水分とエネルギーが効くというから、水に塩ようかん。

その鈍い頭痛を感じ始めてから一気にだめになった。ビニール袋を握りしめ、ひっくり返る胃。頭は割れそうに。眠って痛みを忘れてしまいたいが、こういう状態で呼吸に気を使わない睡眠は良くないので、ソファで丸くなる。何もする気にならないし、できる気もしない。高山病である。

昨年は6時間ほどで回復し、作業に入れたこともあって、今年も数時間耐えればいけると思っていた。甘かった。今回は終始、頭痛に吐き気に苦しんだ。単純な作業はできる、が、なにぶん体が辛すぎた。

unkai


15日月曜日、午後から天気が悪くなるということで、朝方に今できるだけの作業に徹するメンバーのお手伝い、撤収のお片づけ。今回は最後まで頭が重すぎた。もしかしたら天気の悪さに寒さも悪さをしていたのかもしれない。予定より少し遅れたが、昼12時過ぎに旧測候所を出発。

少し早足で下山。高度を下げるにつれて、はっきりしてくる思考。空気が美味しい。呼吸が楽しい。膝は笑ったが、山頂でほとんど動けなかった自分が嘘のようにぴょんぴょん下りることができた。14時半には五合目。15時半には富士宮の家でお風呂に浸かっていた。数時間前のあのつらさはなんだったのだろうか・・・高山病か。

高山病にいいことなんか何もない。体力のなさに不甲斐ないばかりだ。今回も冬あたりから定期的な運動を心がけて準備してきたつもりだったが、それでも高山病になってしまった。重く痛い頭に、焦点の合いらい視界に、受け付けない胃。高山病ダイエットでも提唱して一儲け?下界でのご飯は美味しくてすぐに体重は戻ったが。本当にいいことなんて何もない。程度の差こそあるが、普段平地で過ごしている私たちが富士山頂に行けば、苦しくなるのは当然か。

でもそんな過酷な環境にある旧測候所では多くの研究が行われており、輝かしい成果があがっている。観測は基本的に夏季開山中に限られており、7月になると多くの装置が設置・運用され観測データを取り、8月末には撤収される。台風が来れば停電もするし、平地とは異なる環境で不具合を起こす機材もある。限られた道具や情報の中でそれらを直さなければならない。

全ては研究者の方、山頂班の方、富士山測候所を活用する会の運営の方々の密な連携に、高山病にも屈しないエネルギーがあってこそ。実際に目にしている私でも、中の人たちのマルチな能力、バイタリティが信じられない。薄い空気の中でも活躍している彼らは、本当にすごいのだ。(伝われ

unkai


つらいつらいと言ってばかりだったが、私は富士山が大好きである。この夏も三連休以外に4回登り、登らない時も富士山が見える日は田貫湖や河口湖に車を走らせる。最後にこの夏に撮ったお気に入りの写真を3枚。

3D73F522-DE6E-46CA-BB3A-0AB9E2D3B884
 標高2780mで(8月12日撮影)
 五合目から300mほど高度を上げると宝永山より上になり、頂上で高山病に苦しまなくても、ここまで来られれば御来光を見ることができる。富士宮口新7合目にはそれこそ御来光山荘という山小屋があり、そこに宿泊して早起きして御来光を待つのも一手

IMG_5804
  宝永山横の第一火口の縁(9月7日撮影)

IMG_5495
  夜と朝が隣り合わせの空(8月26日撮影)

駄文な上に長文、失礼しました。ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。
(学生会員 伊藤有羽)

【関連記事】

b1c0ebbdsq
第60回大気環境学会n
(上)大河内先生とポスター賞の大力さんと張さん(下)第60回大気環境学会年会長の伊豆田猛・東京農工大教授と6人の受賞者(いずれも大河内先生のFBから)


お待たせしました。大気環境学会の続報です。
今年も2名の富士山研究者がポスター発表賞を受賞しました! 早稲田大学大河内研究室の大力充雄さんと張晶瑩さんです。

ポスター賞の受賞者は全部で6人でしたが、受賞の対象になる「学生・若手」の発表は50件。その中で、富士山関係2件が選ばれたことはNPOにとって大変嬉しいことです。


今回の大気環境学会第60回年会(9月18日-20日)では、日中韓国際交流シンポジウムも行われ、当NPO理事長でもある畠山史郎アジア大気汚染センター長の講演もあり、多くの分科会が同時に行われました。

第60回大気環境学会
 第60回 大気環境学会 年会が行われた東京農工大学キャンパス(米持先生のFBから)

9月18日午前中の口頭発表では、《植物影響セッション》で、帝京科学大学・和田龍一先生の「富士山麓森林におけるオゾンフラックスの季節変化とその要因解析」、《光化学オキシダント/VOCセッション》では早稲田大学大学院の山脇拓実さんによる「揮発性有機化合物の大気圏動態と航空機および船舶排ガスの影響評価 (3)」の注目の講演があり、活発な議論が続いていました。

パワーポイント1
パワーポイント2
 早稲田の山脇さんの発表パワーポイント 富士山頂の大気は様々なところの影響を受けている
 

最終日の9月20日には、早稲田大学・大河内博教授による「大気中のマイクロチップの研究を始めませんか?」という意欲的な提案講演もありました。

hk10
hk12
hk1
 大河内先生の発表スライド(一部)

地球を診断して早期治療する “アースドクター(地球医)” を目指しておられる大河内先生の面目躍如といったところです。海洋汚染だけでなく大気汚染も考えるとき、地球規模の観測研究の中で富士山頂が果たす役割も今後大きくなるのではないでしょうか?

(広報委員会)

551A5371-A707-474B-8336-272D9F777A02
ペットボトル禁止キャンペーンの水筒 (大河内先生の共同研究者で、ペレット問題の世界的な権威 高田秀重・農工大教授提供)






このページのトップヘ