太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 オフィシャルブログ


第63回大気環境学会速報(前半)の続き…

学会の大会ページ

特別集会1「特別集会1 大気中マイクロプラスチックの実態解明と健康影響評価 」
は大河内博副理事長が世話人のマイクロプラスチック研究最前線の人気企画です。
この集会はポスターセッションと並行して行われました。

日時:2022年9月14日 13:00-15:30
・世話人:大河内博(早稲田大学創造理工学部)
・会場:A会場(118大講義室)
・座長:反町篤行(東洋大学),岩本洋子(広島大学)
・講演:
1. 環境研究総合推進費:大気中マイクロプラスチックの実態解明と健康影響評価:大河内博(早稲田大学) 
2. µFTIR ATRイメージングによるAMPs分析法の開発:新居田恭弘(パーキンエルマージャパン)
3. 熱分解GCMSの大気マイクロプラスチックへの適用:竹内政樹(徳島大学)
4. マイクロプラスチックの3次元モデル予測に向けて:梶野瑞王,足立光司(気象研究所)
5. 道路粉塵の健康影響評価:都市型PN2.5との比較:石原康宏(広島大学)

unnamed


第2日目(9月15日)の午前中は一般講演、午後は年会総会、受賞記念講演と公開シンポジウムが行われました。

一般公演C会場では、静岡理工科大学の南齋勉准教授の座長で、村田浩太郎さんが下記の講演を行いました。
村田浩太郎、米持真一(埼玉県環境科学国際センター)、大河内博(早稲田大)、鴨川仁(静岡県大)
「自由対流圏における氷晶核濃度-2021年夏季の富士山頂における観測」

午後の年会総会では、若手・学生口頭発表賞及びポスター賞の表彰が行われ、早稲田大学の駒場さん(M2)と坂口さん(M1)がポスター賞を受賞しました。内容は富士山研究ではありませんが、研究の仲間として嬉しいニュースです。(受賞ポスターを下記に示します)

「都市大気中および雨水中農薬の実態解明と個人暴露評価のためのウェラブルサンプラーの開発」駒場啓祐1,大河内博1,鈴木美成 2,川嶋文人3
(1早稲田大学大学院創造理工学研究科,2国立医薬品食品衛生研究所,3愛媛大学)
M2_07

「首都圏近郊山間部における渓流水を通じた微量金属元素の流出挙動と大気沈着の影響評価(6)」
阪口悠宇1),大河内博1),中野孝教2) ,佐瀨裕之3),諸橋将雪3)
1)早稲田大学大学院創造理工学研究科,2)総合地球環境学研究所,3)アジア大気汚染研究センター
M1_05

第3日目(9月16日)は午前中に一般講演があり、3年ぶりに対面で行われた第63回大気環境学会がの幕を閉じました。

本NPOから第63回大気環境学会会場に「成果報告会 講演予稿集」を提供させていただきました。
まとめ役をしていただいた南齋先生から、下記のメールを頂きました。

第63回大気環境学会年会にお送りいただいた成果報告会 講演予稿集についてご報告いたします。
初日の段階で19部、24部、12部(13回、14回、15回)と好調な配布状況で、現在の残数は、7部、12部、0部となっています。

南齋先生、竹中先生はじめ大会運営員のみなさま、本NPOのPRにご協力頂き、大変有難うございました。
これからも、本NPOの研究活動が広く知られるように活動したいと思います。


また、
第63回大気環境学会年会に先立ち9月9日に行われた令和4年度大気環境学会定時総会において、
本NPOの土器屋由紀子理事(他5名)が大気環境学会名誉会員に推戴されました。
横田久司東京事務所長(令和3年度推戴)に続いてNPO関係者で2人目の大気環境学会名誉会員になりました。

(広報委員会)




認定NPO法人富士山測候所を活用する会とは


2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いいたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。

  

16779078340958

9月14日より第63回大気環境学会が大阪公立大学でスタートしました。
久しぶりの対面学会、今年度から新しい組織になった大阪公立大学中百舌鳥キャンパスです。
しかも、年会長は本NPOにも発足の当初から参加されている竹中規訓教授です。

大阪公立大学はWikipediaによると
大阪公立大学(おおさかこうりつだいがく、英語Osaka Metropolitan University[2])は、大阪府大阪市阿倍野区旭町1-2-7に本部を置く日本公立大学である。1880年創立、2022年大学設置。公立大学法人大阪が、大阪府立大学大阪市立大学を統合して新設された[2]大学の略称公大[3](こうだい)、OMU[4]

16779078446507

早速、事務局からお願いして本NPO関連の出版物を置かせていただいています。

本NPO関係の講演については:午前中のC会場で
大河内研究室の王一澤さんの講演がありました。
1C1025 王一澤、大河内博、吉田昇栄、速水洋(早稲田大)、竹内政樹(徳島大)、反町篤行(東洋大)、藤井祐介、竹中規訓(大阪公立大)、山口高志(北海道立総合研)、勝見尚也(石川県大)、松木篤(金沢大)、梶野瑞王、足立光司(気象研)、石原康宏、岩本洋子(広島大)、新居田恭弘(パーキンエルマージャパン)
「大気中マイクロプラスチックの起源・動態・健康影響(6)雲水中マイクロプラスチック」

また、D会場「若手・学生セッション2」で都立大学の矢田茂久さんの下記講演がありました。

ID1014 矢田茂久、加藤俊吾(東京都立大)、和田龍一(帝京科学大)、大河内博(早稲田大)、三浦和彦(東京理科大/富士山環境研究センター)、土器屋由紀子(富士山環境研究センター)、鴨川仁(静岡県立大)
「富士山頂の夏季におけるCO、O3の長期観測」

午後のポスターセッションでは

16779740877115

P029 
周雪婷、井田亮汰、村田克、久保田裕仁、大河内博(早稲田大)、米持真一(埼玉県環境科学国際センター)
「都市大気および自由対流圏大気PM2.5およびPM1の質量濃度と化学組成の特徴(2)」

16779740858332

P039
篠崎大樹、大河内博、速水洋(早稲田大)、加藤俊吾(東京都立大)、和田龍一(帝京科学大)、勝見尚也(石川県立大)、松木篤(金沢大)
「森林由来一次・二次有機エアロゾルの動態と豪雨形成に及ぼす影響(4)」

16779740849469

P040
篠原和将、大河内博、速水洋(早稲田大)、勝見尚也(石川県大)、松木篤(金沢大)
「大気中フミン様物質の動態・起源・環境リスクに関する研究(5)」

16779820296107

P053
神谷祐翔、南齋勉(静理工大)、山本祐志(グリンブルー)、大河内博(早稲田大)
「富士山麓におけるドローン採取による単一雲滴中の硫酸塩定量」

16779993589583

P056
佐藤颯人、和田龍一(帝京科学大)、定永晴宗(大阪府立大)、加藤俊吾(東京都立大)、大河内博(早稲田大)、三浦和彦(東京理科大/富士山環境セ)、小林拓(山梨大)、鴨川仁(静岡県大)、皆己幸也(石川県大)、松見豊(名古屋大)、梶野瑞王(気象研)、松本淳(早稲田大)、米村正一郎(県立広島大)、速水洋(早稲田大)、畠山史郎(アジア大気汚染セ)
「富士山頂と富士山5合目太郎坊におけるNOx,NO2,NOy濃度の計測」

ポスターセッションと並行して特別集会があり、その中で大河内副理事長が世話人をつとめた下記の集会がありました。詳しくはこのブログの「後半」でお知らせします。
特別集会1 大気中マイクロプラスチックの実態解明と健康影響評価 

趣旨・内容(200字程度)マイクロプラスチック(MPsは、海洋,河川,道路粉塵やヒト肺、妊婦の胎盤、糞便,血液などからも検出されている。MPs の体内への侵入経路として経気道曝露が最も重要であるが,大気中マイクロプラスチック(Airborne MicroPlastics; AMPs)には不明な点が多い.我々は2021年より環境研究総合推進費を受けて大気中マイクロプラスチックの実態解明と健康影響に関する研究をスタートさせた.ここでは,研究成果の一端をご紹介したい.


大河内研究室の学生さんたちがポスター賞を受賞したニュースを含めて、「後半」をご期待ください。
「前半」の写真提供は埼玉県環境環境科学国際センターの村田浩太郎さんです。
2日目には、南齋先生のセッションでの村田さんの口頭発表も予定されています。

(広報委員会)




認定NPO法人富士山測候所を活用する会とは


2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いいたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。

eye_nojiri-1000x500

NPOの古いメンバーにはおなじみかと思いますが、現在国立環境研究所の野村渉平さんたちが山頂で測定中のCO2装置の組み立てを行った2008年、元気に徒歩登山で参加されていたのが当時国立環境研究所所属の野尻さんでした。2012年に出版した『よみがえる富士山測候所』(成山堂書店、2012)にも、第2部、第2章に「自由対流圏の二酸化炭素の通年測定」(向井人史、須永温子、野尻幸宏)を連名で執筆されています。

その後、2015年に弘前大学の地域共創科学研究科へ転出。そして、2022年の定年後、また富士山測候所 へ「戻って」来られました。

その上、今回は富士山環境研究センター(LERMF)の付属施設として、私設「つくばラボ」(仮称)のお土産付きです!
つくばの自宅であるラボには紫外・可視分光光度計(日本分光)、全アルカリ度連続測定システム(紀本AAM-15)、イオンクロマトグラフ装置一式(Eco IC ASパック)などが設置されていて、それらを使った化学分析が可能です。

LERMF所属の研究者のみならず、NPO関係者にとっても朗報です。
これからの利用による今後の研究の発展が楽しみです。

今年の2月1日に野尻教授の最終講義が弘前大で行われ、zoom参加も可能でした。
そのタイトルは「気候変動という不都合な真実ー21世紀をどう乗り切るか」というまさに、野尻さんらしい壮大なもので、大変内容の豊富なものでした。(聞き終わって、しばらく頭が過飽和状態になるような圧倒的な情報量でした。なお、この最終講義はYouTubeでもご覧になれます。)
土器屋さんへ

         2022年2月1日野尻教授最終講義のスライドより
スライドの一枚を紹介します。
そこにはIPCCの感謝状が披露されていました。IPCCがノーベル平和賞を受けるきっかけになった第4次評価報告書(2007年)に野尻さんが参加されたことによります。
なお、本NPOが発足当初よりお世話になっているMLOのシュネル博士もこの受賞者リストに入っています。
土器屋さんへ2

2022年2月1日野尻教授最終講義のスライドより

このエピソードは講演のほんの一部で、野尻先生の業績はまだまだたくさんあります。弘前大での陸水に関する成果などはこれから何度もご紹介するチャンスがあるでしょう。

なお、野尻シニアリサーチフェローは、明るい人柄と、豊富な話題を駆使した圧倒的な話術で有名ですが、楽しい逸話の持ち主でもあります。国内だけでなく洋上や海外のフィールド調査の面白い話などもこれから少しずつご紹介できそうです。
富士山環境研究センターでのこれからのご活躍を楽しみにしています。

(広報委員会)




認定NPO法人富士山測候所を活用する会とは


2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いいたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。






このページのトップヘ