太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ


IMG_1665
 御殿場事務所は2階建て・5DKの一軒家。駐車スペースは右手にもう1-2台車が止められます

御殿場事務所は、夏期観測開始前から終了までの期間中の山頂班や研究者等の登山準備拠点として、これまでは夏季に限って短期で借り上げ「御殿場基地」としていました。しかし、今年からは単なる富士山測候所への基地としての利用だけでなく、山頂、太郎坊に次ぐ第3の観測サイトとしての利用なども視野に入れ、通年で確保することを条件に3月頃から適当な物件を探してきました。

もろもろの条件にほぼかなった物件がでてきたのは、5月中旬です。場所は御殿場インターやJR御殿場駅からも徒歩圏内にある住宅街。スーパーなども近くにあり利用者にとって利便性は抜群。その上、太郎坊へのアクセスも複数ルートで確保されているなど、まさにうってつけの場所と言えそうです。

gotemba3bases
 御殿場基地と太郎坊、測候所の位置関係。詳細情報は夏期観測2019特設サイトをご参照ください

一軒家の住宅は2階建て・5DKで、多目的で利用するのにはちょうど良い部屋数と広さ、間取りとなっています。手入れは行きとどいていました。

1階は夏季限定ですが管理にあたる御殿場班の部屋や山頂を目指す研究者等に使っていただく部屋に充て、2階の洋室の1室は「富士山環境研究センター(LERMF)」の御殿場拠点になります。

引っ越しは6月11日から12日にかけて、東京事務所はじめ電気主任技術者の大胡田さん宅、太郎坊のコンテナなどから研究機器、書類、図書、大型家電、家具などの荷物を運び込み、ほぼ終了。

御殿場基地としての正式なオープンは、山頂班が測候所開所に向けた準備のために入場する6月18日(火)になります。

IMG_1629
 玄関。昨年シュネル博士から贈られたリトルライブラリー東京事務所から移設しました

IMG_1715
IMG_1714
IMG_1716
 1階(上)8畳和室(中)4畳半和室(下)ダイニングキッチ

IMG_1719
 2階「研究センター」で使用する予定の洋間

御殿場基地の様子は片付けが終わって落ち着いてから、詳しくご紹介することにします。
今年からは夏期観測期間中のみならず通年で、皆さまどうぞ有効にご活用ください。
(広報委員会)

無題
 第28回環境化学討論会(6月12日-14日)のポスターの前で

前回のブログ(理事長の環境大臣賞受賞)に引き続き、こんどは若い研究者の受賞です!

浦和で開催されていた第28回環境化学討論会で,早稲田大学大河内研究室の大力さんと梶川さんが国際部門(英語ポスター発表)で,Royal Society of Chemistry Award(英国王立化学賞)を受賞しました。

富士山に直接関係のある研究発表は大力さんの次の論文です。このシリーズの研究は、初代中村恵さんに始まり、5回連続の受賞です。嬉しいことに連名の研究者の中には発足したばかりの富士山環境研究センター (Laboratory for Environmental Research at Mount Fuji) 関係者も入っています。

1. Observation of Cloud Water Chemistry in the Free Troposphere and the Atmospheric Boundary Layer on Mt. Fuji

*Mitsuo Dairiki1, Hiroshi Okochi1, Megumi Nakamura1, Naoya Katsumi2, Yukiya Minami2, Shinichi Yonemochi3, Kazuhiko Miura4, Shungo Kato5, Ryuichi Wada6, Masaki Takeuchi7, Kei Toda8, Yukiko Dokiya9, Shiro Hatakeyama9

1Waseda University, 2Ishikawa Prefectural University, 3Center for Environmental Science in Saitama, 4Tokyo University of Science, 5Tokyo Metropolitan University, 6Teikyo University of Science, 7Tokushima University, 8Kumamoto University, 9Laboratory for Environmental Research at Mount Fuji

無題2

富士山とは直接関係しませんが、同じ賞を受賞した梶川さんはカンボジアの大気汚染と熱帯豪雨に関する発表です。

2. The Impact of Particle Matters on the Formation and Chemistry of Tropical Heavy Rain Accompanied by Squall

*Tomoki kajikawa1, Hiroshi Okochi1, Takanori Nakano1, Kojiro Shimada1, Etsuo Uchida1, Takeshi Nakagawa1, Toshiya Matsui2, Mitsumasa Ishizuka1,3, Toyoaki Arai4, Poty Lay5, Peou Hang5

1Waseda University, 2University of Tsukuba, 3JASAN-APSARA Safeguarding Angkor, Transtech Inc., 5APSARA National Authority    

7月には国際雨・霧学会も予定されており、若い人たちのますますの活躍が期待されます。

(広報委員会)
*過去の受賞歴はこちらをご参照ください。

IMG_1798
 原田環境大臣から賞状を受ける畠山NPO理事長・LERMFセンター長

6月12日、夏の観測を目指して、御殿場へ荷物運搬中の麹町事務局に素晴らしいニュースが飛び込みました。

この日、グランドアーク半蔵門で開催された「環境保全功労者等環境大臣表彰式」で、畠山史郎理事長が環境大臣賞を受賞され、その足で会場のすぐ近くの東京事務所に賞状を持って立ち寄られたのです。

環境週間にあたっての大臣賞受賞で、長年の研究成果が高く評価された結果です。その中には富士山頂での研究も含まれ、NPOのみんなにとっても嬉しい限りです。

DSC_2519
 東京事務局内の研究センターコーナーで組み立て中の大気電気観測装置の前で

特に、スタートしたばかりの「富士山環境研究センター」(Laboratory for environmental research at Mount Fuji, LERMF) にとって、その名づけの親でもあるセンター長(理事長兼任)の受賞は幸先よい船出を象徴しています。

早速、今夏の観測用のために、安本勝研究員が組み立て中の大気電気観測装置の前で、賞状を広げて撮影しました。

研究センター長に続くこれからの成果を大いに期待したいと思います。

(広報委員会)

このページのトップヘ