太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

無題
9/3 木 朝日新聞 夕刊より


『マイクロプラスチック 家事でも出ます』
“ 洗濯で合成繊維くず・食器洗いでスポンジのカス・・・”
と題して、大河内副理事の記事が掲載されました。


 マイクロプラスチックが大気中浮遊していることがわかってきた。<中略>1立方メートルあたり約5個のマイクロプラスチックが含まれていた。
 呼吸で体内に吸い込んでいると考えられるという。
 
 富士山の山頂でも浮遊してるといい、大河内教授は
 「自由対流圏に漂っているということは、世界中に汚染が及んでいる可能性がある大気中のマイクロプラスチック研究は始まったばかり。生物への影響はわかっていないが、手遅れになる前に対策をしなければならない。」
と指摘する。
                    (朝日新聞 夕刊より)

この記事は朝日新聞デジタルでも閲覧できます。


無題
朝日新聞デジタルのHP
より


また 9/4(木)の FM FUJI 『GOOD DAY』
これからのトレンドを先取りするコーナー“catch up”に大河内副理事が出演。


無題

テーマは「大気中のプラスチック」、

プラスチックは
地上や海洋だけでなく、大気にも存在する ということで、
“大気に存在するプラスチックの原因と懸念“についてお話をされておりました。


その内容を、ホンのちょっとご紹介します。
 
  大気中のプラスチックがどのようにして生まれるか?については、
 実はまだよくわかっていないのが現状です。車のタイヤの摩耗片、レジ袋、ペットボトル、衣類の化学繊維、また柔軟剤のマイクロカプセルが衣類について飛んでいるなどが考えられております。

 陸から河川、海洋とプラスチックが行きついて、海洋が終着点と報道されていることが多いが、最近の研究では、その海洋でプラスチックが分解されて大気に放出、その細かくなったプラスチックが、再び陸に戻っていることが報告されています。

                  ( Catch up  より )


安価で、軽量、腐食しにくい特性を持つプラスチック。

持続可能な社会な社会にするためには、
プラスチック問題は、避けて通れない課題ではないでしょうか?

対策を立てるためにも、
地球環境の現状把握の地道な研究が
不可欠であることを再認識させられます。


(広報委員会)


無題
日本エアロゾル学会のHPより



日本エアロゾル学会主催、
「第37回エアロゾル科学・技術研究討論会」が
8月27日、28日にオンラインで開催されました。

今回、表立っては富士山関係の発表がありませんでしたが・・・・

無題

2日目に行われた総会で「会長賞」の発表があり
この「会長賞」に、本NPOの土器屋理事が受賞しました!!

20200828_snap_a5

受賞理由はこちら↓
無題


また
「論文賞」には、

1無題

今回は富士山とは無関係なご研究ですが、
岩本洋子会員が受賞しました。

2無題
5無題


さらに、19時から懇親会@zoomでは、
「井伊谷賞」の授賞式が行われました。


 井伊谷賞とは?

 本賞はエアロゾル研究・技術の新たなる発展を願う、一篤志家によって設立され、その後、企業からの寄付金によって運営されている。
 「特別セッション」はエアロゾルに関する萌芽的な研究、問題点の指摘、新しい分野の開拓、未来志向の夢のある話題等を、遊びとゆとりの気持ちをもって発表する場であり、この趣旨に沿った優れた発表に審査の力点が置かれる。

          


無題


矢吹正教会員が受賞しました。

無題
「井伊谷賞」を受賞した京都大学 矢吹先生


 受賞理由について: 
 
 局所的なエアロゾル分布の立体構造の可視化を目的とした車載型ライダーの開発に関する内容であり,望遠鏡やレーザーの角度を調整し共通の視野を合わせる工夫や,障害物センサーを車に搭載し安全面にも配慮するなど,非常にオリジナリティが高い内容であった。また,質疑応答においても,データ収集における問題点やシステムの管理手法などについて適切に夢を持って回答しており,将来性が十分期待できる内容であった。

これは長年、
太郎坊で観測してきたことがベースになったお仕事です。
NPOの研究業績に追加しました!


リモート宴会はとても盛り上がり、
一次会は21時に閉めましたが、
その後も、盛り上がり二次会も22時過ぎまで行われました。


おめでとうございます!!

(広報委員会)


無題.2png
山梨大学のHPより


山梨大学筑波大学信州大学静岡大学が連携して
山岳科学特別教育プログラムを実施しております.

この取り組みは、
日本初であり山岳に特化した
理学・農学・工学分野が融合した
広範な研究領域を学ぶことができます。
 
 山岳科学特別教育プログラムとは??
 
 山梨大学筑波大学信州大学静岡大学の4大学が連携する日本初の山岳科学を学ぶことに特化した教育プログラム(修士課程)です。山岳地域を取り巻く環境問題の解決や山岳生態系の持続的管理などに対応できる人材育成を目指しています。



山岳科学特別教育プログラムに参加している先生達が
作った教科書 『山岳科学』です。


無題
『山岳科学』の紹介HP

 書籍『山岳科学』の内容は・・・
 
 山とは何か? 総合的に探求した学問が山岳科学。基礎編では山で生じる自然現象(地球科学から生物学まで)を解説し、応用編では自然保護・保全・防災・観光・歴史・文化・経済・法律まで、文理融合・分野横断した内容を概説する。



最終の16章 山岳環境問題
山岳域での環境問題/湖沼における環境問題/山岳域の大気汚染

その最後に書かれている
『日本最高所の研究拠点-富士山測候所での研究活動-』
は、本NPO 小林理事が書かれたコラムになっております。

小林理事に、コラムを書かれたときのお話を聞きました。

富士山測候所を紹介するくだりで
「プロジェクトXの初回で取り上げられた」と書いていたのですが,
今の学生は「プロジェクトX」そのものを知らないと指摘を受け,
ジェネレーションギャップを感じたそうです。


そんな小林理事がコラムを書いた
『山岳科学』は基礎編から応用編まで
 “ 山 ” について、学べる書籍となっております。

(広報委員会)



このページのトップヘ