太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ


ookouchi
「富士山の山頂で越境大気汚染を観測するアースドクター」創造理工学部・環境資源工学科・大河内博教授

朝日新聞社版AERAムック2018年2月26日
「早大理工・科学が未来を創る」特集号のp70-72に
「富士山の山頂で越境大気汚染を観測するアースドクター」として創造理工学部・環境資源工学科・大河内博教授が大きく載っています。

富士山を背に太郎坊と思われる山麓の薄のなかで、研究室メンバーが作成したポロシャツ姿の大河内先生が、「大気学者ラブロックが提唱したガイア理論に基づく様々な学問領域を統合した地球生理学の構築が夢」を熱く語ります。

「中国、インドなどのアジア諸国の急速な経済成長に伴って深刻化している地球規模の大気汚染を富士山頂で観測する重要性」「自由対流圏を地球規模で移動する大気汚染物質」の模式図や観測の実態を示し、「環境リスクを予測して未然に防ぐ対策を」提案しています。

太郎坊の通年観測や、昨年行われた国際集会ACPM2017への言及もあり、現在、富士山で行われている研究が大変わかり易く記述されています。  残り少ないようなので、書店に並んでいるうちに是非多くの方が購読されることをお勧めします。(広報)

hyoushi
 朝日新聞社版AERAムック「早大理工・科学が未来を創る」特集号


180202企業キャラバンチラシ (1)

クラウドファンディングに見事に成功した早稲田大学大河内研の島田幸治郎先生に誘われて2月2日、18時~21時、新宿NPO協働推進センターで開かれた表記の集まりに参加しました。これは、クラウドファンディングの過程で得られた新しい人間関係をNPOの発展(特に経営改良のために)利用してほしいという早稲田大学側のご厚意と提案によるものです。「芙蓉の新風」発行時期だったために、事務局側の準備が十分とは言えませんでしたが、今後のNPO経営のために急きょ、NPOから事務局・増田と広報の土器屋が島田先生と一緒に参加しましたのでその結果を報告します。

NPOの財政状況を考えると、最初の5年はJAMSTECとの共同研究を基盤に会費と寄付や受託事業などで成り立っていましたが、JAMSTECの機構改革で共同研究が終了した後は、三井物産の環境基金など助成金が基盤経費になり、3年継続助成を2回頂き活動を続けてきました。それも最近では、民間助成団体の環境助成終了、助成額の減少、継続案件が少なくなるなどの影響で、状況は厳しくなっています。2014年ごろからNPOは事務局を中心に、自主事業による収入の安定化を図ってきましたが、それだけではまだ、全経費をカバーできません。企業との提携が将来のブレークスルーになる可能性を探る機会とも考えました。

今回は、その手始めでしたが、プログラム(上のビラ)の進行は協働推進センター事務局の及川氏ほかにより手際よく勧められ、迫力ある話を、2時間聞き、最後に、各自30秒の自己紹介の時間が与えられましたが、みなさん若くて元気でプレゼンに慣れているという印象を受けました。特に、プレゼンの中のアップライジングの社会貢献事例説明の斎藤幸一氏の元ボクサーという経歴や、信じがたいほどのアクティブな活動に圧倒される話でした。

参加企業、参加NPOの表は下に示しますが、最後の一時間に行われた懇親会は、1000円の会費では申し訳ないような、手作りのおでん、サラダ、お赤飯などが並び、ビールを片手ににぎやかに話し合いました。そこで頑張って名刺を持っているだけ配り、頂いた名刺が16名17枚。その中には、英文ブックレットの話や、新聞記事、山頂の降水量などに興味を示して下さる方もありました。

話の中で、私たちのNPOが富士山測候所の「保存」ではなく「活用」していることに、「初めて知った」とか「測候所はまだあったのですか」と云う方が多かったですが、それだけに、島田先生のこの間の努力によって興味を持って下さる方が多い今を大切に、直ちに、収入に繋がらなくても、NPOの活動をこれまでと違った(研究者以外の)方がたにも知っていただくことはNPO活動としての将来につながるので、今後、とかく「発信しない事務局」というイメージをもたれないようにしなければと思いました。

kigyo

NPO

週明けの月曜日に、先週、名刺を頂いた方々に資料を送ろうと事務局へ行ったところ、早速、アップライジングの斎藤幸一さまから、「話を聞いて頂きありがとうございます・・・」という、手書きのお葉書を頂きました。講演では、あまりの成功話の連続に驚きましたが、このフットワークとフォローがあってこその成功と納得した次第です。大変良い勉強の場だったと思います。各企業やNPOとの関係などは今後、ご報告したいと思います(広報)

DSC_1498




「応援ポイント」支援機能終了のお知らせ

1月28日をもって、応援ポイントの支援機能は終了いたしました。応援ポイント以外の支援は継続しており、今後も無料で支援できる仕組みを作ってまいりますので、ご支援頂ければ幸いです。
gd_r_234x60

応援ポイントとは?
団体を応援する気持ちを、支援金に変えることのできるポイントのことです。 毎週「応援する!」ボタンやサポーター企業への「いいね!」のクリックで得られたポイントの合計で5 段階のゴールを達成していくと、ポイントに応じて支援金が届けられます。月曜スタートで毎週開催しているので毎月最大5回支援のチャンスがあります。

(Gooddoホームページより)

HPの「無料で簡単に活動を支援して頂けます!Gooddo」の赤いバナーは、この度1月末日をもってそのサービスが終了しました。これまでのクリックで応援していただきました皆さまにはこれまでのご協力に対し感謝申し上げます。

4年間の皆さまのクリックによる応援金額はこの2018年1月分までの累計で190,407円にも達しました。当NPO法人にとっては、ちょうど事務局のプリンターインク代などの消耗品の月々の購入経費に相当する金額で、貴重な財源となりました。

団体のページに掲載されているバナーをクリックするだけでスポンサー企業の広告掲載費の一部が寄付者が選んだ団体に回るというこの仕組みはソーシャルグッド(Social Good:社会貢献に類する活動を支援・促進するソーシャルサービスの総称)というらしい。当NPOがこのサービスを使い始めたのは2014年4月のことです。

gooddoo_graph


この図はGooddo導入以降の月別実績推移です。毎週1万点を前後していた応援ポイントは、2015年の8月には何と3万点を超えたこともありました。それ以降はやや低調に推移したのですが。

これまでご協力をいただいてきた方にとっては、毎朝のルーティーン「クリック!」がなくたったので、ちょっと戸惑っておられるかもしれませんね。サービスを打ち切った理由についてはわかりませんが、これからも新たな仕組みも考えてくれているようです。新しいサービスが始まりました際には、再度皆さまには「毎朝のルーティーン」に代わるご協力をお願いしたいと存じます。

以上、ご報告とお礼まで。

(関連ブログ)2015年08月17日 Gooddoポイント3万点突破御礼!

このページのトップヘ