太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

OzBPZF3w
 鴨川先生の講演

 鴨川先生の講演テーマは、「自然災害研究の最前線 ~自分の身を守るために知っておくこと」
何も起こらなければ、ついつい防災意識が薄れてしまうということはありませんか?また、現代科学のレベルならば、自然災害の予測技術で、何かあってもなんとかなると思うことはないでしょうか?
しかし、高度化した現代科学でも自然災害に対してまだまだ無力であり、日々研究者は戦っています。その最前線を知り、災害予測情報をどう活用すればいいのか、どう防災意識を保てばよいのかを考えます。
 配付資料にあるように、富士山測候所で得られた雷研究の内容も含めて、分かり易い講演で40名以上の聴衆が聞き入りました。

  講演の前半では、こういった講演では珍しい、短時間で高校物理の電磁気学を科学史を交えながら短時間で学ぶというお話。この電磁気学をおさらいすることによって、以後の自然災害科学防災の新機軸観測で如何に電磁気が役にたつかという講演の深い理解につながってきます。そして、我らが、富士山で得られた雷研究の成果を講演し、下界では成し遂げない研究がいかに災害予測に役にたつかという話につながっていきました。

  後半は、地震と津波の予測の現状について、電磁気観測の有益性などのお話になり、最後に質疑応答という運びになりました。

  本講演の特徴は、横浜市立中央図書館で開催されているということ。つまり、講演に関係する書籍、それも講師が指定したものやその関係書籍がすべて用意され、聴衆は借りることもできるのです。NPOについていえば、畠山理事長、三浦事務局長らが中心となって執筆したPM2.5の一般向け書籍富士山の科学研究史やNPOの活動をくまなく熟知している土器屋理事の最新新書など、多数の書籍が用意されています。

ps0KCHxA
 図書館で準備された関係図書  

 また、富士山の講義で出てきた、新田次郎著・芙蓉の人や、富士山レーダーの設置ドキュメンタリーを映像化・書籍化したプロジェクトXなどは、講師が事前に指定しなかったものの、講演中で話題となったら、直ちに図書館スタッフが書籍を持ってきてくださるという他の講演会では見られない連携プレイがありました。

 司会を担当された図書館の神谷さんからは
本日のご講演、誠にありがとうございました。
電気の発見史から丁寧にご説明いただき、大変わかりやすく、また、津波予測等、研究の最新情報を知ることができ、大変興味深く聞かせていただきました。
また、各所で図書館資料もご紹介いただけたことで、展示しました図書への利用につながったのではないかとうれしく感じております。
というメールをいただきました。

  講演終了後は、鴨川先生が、高校生時代に通いつめた懐かしいこの図書館で、近隣の中華料理店も健在だったとか。この中華料理店、知る人ぞ知る店で、「チートとパタンと言ってピンとくる人がいるかと思います。


pmr7Pujg

 有益で懐かしい講演会で、NPO法人富士山測候所を活用する会のPRもぬかりなくやって頂けたようです。

(広報委員会)


IMG_20180727_124348_745

        台風12号に備えて養生中の測候所(7月27日、岩崎洋山頂班長撮影)
2018/7/29, Sun 13:02 Message body
遠藤周さま、伊藤哲さま

屋外設置している気象測器ですが、
台風を無事乗り越えられたようです。

鴨川仁
7月28日から29日かけて本州の東側から接近、上陸し、西日本を西へ横断するという異例のコースをたどった台風12号。富士山測候所にも少なからぬ影響をもたらしました。それでも台風接近に備えて山頂班が「台風養生」を行ったこともあり、屋外に設置した気象測器は暴風雨を耐え抜き、しっかりと気象データを計測しつづけました。

さて、ニュースリリース(2018.10.01_夏期観測データ2018の公開について)でもご紹介しましたが、ライブカメラ画像や気象データなどの夏期観測データが会員限定ページからダウンロード可能となりました。

 今年の夏期観測では大気化学、放射線科学、大気電気などの観測研究が20件のプロジェクトで行なわれました。それらの観測研究の基本となる、気象データとライブカメラ画像はNPOが担当研究者にお願いして取得していますが、希望者が多いので早めにオープンにしたものです。

気象データ(風向・風速の1分値)、気象データ(雨量、気温、気圧、湿度の10分値)は、それぞれ今年購入した新しい気象測器で計測、ライブカメラも昨年までの東西方向に加えて南方向が新たに加わって広範囲をカバーしています。

秋の学会発表その他でぜひ有効にご活用ください。なお、データの使用にあたっては利用条件のご確認をお願いします。

kansokude-ta
 観測データのダウンロードページ(会員限定ページなのでID,PWが必要)

(広報委員会)

IMG_3820 (2)
 授賞式会場前で戸田先生を囲む研究室の皆さん

 2018年9月12-14日、仙台市の東北大学川内北キャンパスで開かれた日本分析化学会第67年会で、熊本大学・大学院先端科学研究部基礎科学部門の戸田敬教授は、2018年度学会賞を受賞されました。
IMG_3764
   授賞式の戸田先生

IMG_3807 (2)
 今年7月19日の富士山頂からの日没の写真を背景に受賞講演を始められた戸田先生

 受賞講演のタイトルは上のスライドに示すように、「大気物質の動態を明らかにする分析化学」です。2016年以来、大河内グループに参加し富士山頂や宝永火口で観測されたデータも紹介されていましたが、今回の受賞の業績は、フィールド分析装置の開発や、それを駆使しての大気化学の解明への取り組みです。
  マイクロガス分析システムとして、水溶性ガス成分を取り込むスクラバーを改良し、従来法の2万倍の捕集効率の達成と、検出部に蛍光法を採用し改良を行なった先生の研究は、これまで不可能であったモバイルやリモートエリアにおける分析を可能にしました。これは、フィールド分析を行なう研究者の多くが恩恵を受ける素晴らしい技術です。大気化学観測では、熊本市内の森林のほか、阿蘇、箱根、富士山などの山岳域、有明海やバイカル湖などの海や湖などを対象としておられます。また、具体的には、火山ガスH2SがSO2へと大気中の反応で変換される様子の解明等が挙げられており、 宝永火口で行なわれた観測もその一環です。これからのますますのご活躍が期待されます。

 
IMG_3615 (2)
日本分析化学会学会賞の古代エジプトの天秤が図案化されたメダル

 大気環境学会での大河内先生のが学術報受賞と山脇さんのポスター賞に続いて、日本分析化学会でも戸田先生が学会賞を受賞されたことは、富士山測候所を維持管理するNPOの活動が研究のお役にたっている証拠で、裏方としても嬉しい限りです。夏は台風などで苦戦しましたが、実りの秋の到来ですね。
(広報委員会)

このページのトップヘ