20140801_2233_FJS_livecameraeast_lightning_snapshot
富士山測候所に設置したWebカメラがとらえた夜間の落雷の瞬間 撮影時刻:2014年8月1日(金)22時33分24秒


山頂班より研究者各位

8月1日19:00より、富士山頂から北・北東方面の落雷により、雷待機開始。
22:33頃、富士山白山での落雷を目視で確認。
22:36~23:14の間、商用電源を停止し、発動発電機に切り替えました。
機材の動作確認等、宜しくお願いします。

登録 2014/8/1(金) 23:32 富士山測候所 山頂班
山頂班からサイボウズ(山頂管理のために関係者が情報共有に利用しているグループウェア)の掲示板に書き込みがあったのは、8月1日(金)の夜半。2週間後の今日8月14日(木)、山頂に登った鴨川仁・東京学芸大学のチームが、この落雷の瞬間をライブカメラが記録していることを確認した。

撮影時刻は22時33分。ちょうど山頂班が目視で落雷を確認した時刻と一致する。まるで巨大なフラッシュを焚いたように眩いばかりの明るさだ。富士山頂の雷の恐ろしさは話には聞いていたが、それにしても凄まじいエネルギーを感じさせる画像である。

山頂班にとっては、雷の発生は商用電源から発発(はつはつ)に切り替えるタイミングを見計らって緊張感を強いられる大変な時間となる。が、高所で雷を研究観測している鴨川グループにとっては、その発生チャンスが多いことは歓迎だ。先日の巨大ジェット (Gigantic Jets) の撮影成功に引きつづき、今年は実りの多い夏になりそうだ。