tenth_anniversary_logo_newsx
 夏期観測10周年記念ロゴ

10年前の7月10日、富士山頂には台風が近づいていました。

入念な点検の末に電源がつながり”開所”、NPOによる夏期2か月の山頂の管理運営を宣言し、オキシダントやエアロゾルの測定が再開されたときは、現場は興奮に包まれましたが、不安もいっぱいでした。何もかも初めての経験で、喜びよりも不安の方が大きかったかもしれません。

今日、10年後のこの日を迎えることができ、当初の関係者としては感無量です。若手の研究者が元気で、それなりの成果も上がり、今年は11月に畠山理事長をChair とする国際シンポジウムの主催も計画しています。2007年当時、10年続けられると予想できた人は何人もいなかったでしょう。

ここまで続けられたのは、何といっても観測研究サイトとしての「富士山頂の魅力」と研究者たちの熱意だったのではないでしょうか。ブルなどの地元や山頂管理の登山家たちの希望や協力もあり10年間無事故でやってきました。もちろん、それを資金的に支えた会員の会費や寄附をはじめ、JAMSTECなど共同研究グループ(前半)、後半を中心的に支えた三井物産環境基金や、新技術振興渡辺記念会、年賀寄附金を中心とする多くの助成金も忘れることが出来ません。気象庁によるご指導もありました。

これからは、老朽化した庁舎や送電線などのインフラ修理への負担が今まで以上に重くのしかかっています。せっかくここで育った若手の研究者や学生たちの夢を潰さないように、関心を持っていただける皆様のさらなるご支援とご協力をお願いしたいと思います。

夏期観測20070720
 ホームページのアーカイブに残っている2007年7月20日の速報記事