山頂班から-3、7月5日
Date: 2018/7/5, Thu 15:01Subject: 馬の背手すり

馬の背の手すりの写真を改めて添付いたします。
状況から察するに、おそらくここ数日の強風により壊れたものと思われますが、そもそもの土台となるコンクリートの基礎が傾いている状況です。
このままではブルの通過にも支障をきたしますので、応急処置として番線で留めておきました。しかし再び同じような状況になるのは時間の問題でしょうし、最悪の場合登山者への危害も心配です。何らかの対処が必要かと思われます。取り急ぎのご報告失礼します。
山頂班 横山

追記です。
手すり破損の場所は馬の背中間部、佐藤岩の少し上です。
ここ数日、馬の背は常に強風に晒されていますが、佐藤岩周辺が最も風が強く、歩いているとそのままお鉢に飛ばされて行ってしまいそうなほどです。現在のところ、他に同じような被害は見られませんでした。以上。
山頂班 横山

早速、環境省沼津自然保護官事務所に電話し、写真を転送したところ、情報を共有し、早速対策を検討しているとのこと、また「富士登山オフィシャルサイトに写真を載せる」とのメールをいただきましたので、登山者へ注意を促すことになるでしょう。

CA637303-8F1F-408B-A659-64783C1A6FC5

「写真じゃ分かりませんが、風速25mくらいの暴風雨。一日中、測候所の中も風の音が鳴っています」昨日のインスタグラムにも入れましたが、山頂班提供の写真にはこんなコメントもありました。

先ほど山頂の横山班長から「本日も山頂は暴風雨です。天候が回復したら再度手すりの確認をします」との連絡が入りましたが、しばらく暴風雨の中、緊張した日々が続きそうです。

しかし、岩崎山頂班長によると「暴風は普通のことなのでブルが上がれば、山頂班にとっては通常業務です」とのことです。山頂では、こんな場合でも業務はちゃんとと続けられているのでご安心ください。

思い返せば、開所1年目の2007年も開所早々に台風に見舞われ、当時は発々の梱包も解けず、トイレも使えず大変な山頂だったことを、「よみがえる富士山測候所2005-2011」(成山堂,2012)p31-32 に書きましたが、それを乗り越えて、夏期観測の12年目を迎えています。

(広報委員会)