HALKAほか
山頂でバッテリー駆動しているSO2センサーと通信機能を備えたロガー(HALKA

2018年7月9日 15:14 Shungo KATO :
鴨川先生(NPO事務局、土器屋先生、佐々木先生)

首都大の加藤です。
本日は天気が良いのでしょうか。
7日に山頂に設置してもらったSO2センサー用のHALKAです が、データを確認したところきちんと動いています!通信状態も良いようです(データの重複がない)データ整理したものを添付しておきます。

HAlka-SO2 fig180710
 SOセンサーのシグナル(良好に動いていることを確認) 

7月7日(土)、霧と強風と低温の中で首都大学東京・加藤グループの一部荷物の建物への搬入が行われました。時間が限られていて庁舎にいられた時間は10分足らず。あわただしく下山した加藤先生から届いたメールです。

また、「昨年の夏の終わりから越冬でテストをしていたSO2センサー測定システム。データロガーは冬を乗り越え動作しており、バッテリーの寿命を記録していてくれた」との嬉しいメールも届いています。

詳しいデータなどは、おいおいホームページにアップしますが、とりあえず朗報をお知らせします。
いよいよ今年の観測も、動き始めました。


7月7日加藤ー1
 7日の加藤先生が観測装置などの山頂への運び込みの様子です。霧と低温と強風の中での運び込みでした。

7月7日加藤ー2
 凍りつきそうな寒風の中で荷物下しを手伝った首都大学東京の学生

7月7日加藤ー3
 鮗池(このしろいけ)から見た測候所

(広報委員会&学術科学委員会)