livecamera
 今年の夏から3台体制になったWebカメラは、日本一高い位置から東西南の3方向をカバーしている

今年から東西2方向に南方向が加わり、3台になったライブカメラ。カメラのカバーする範囲は1.5倍に拡大し、学術科学研究に大きな威力を発揮してくれそうです。

とはいっても、経費を節減するため今年もネットオークションで購入した中古のWebカメラは、突然故障して数日間画像配信を停止させたり、画像の色が滲んだり不鮮明だったりと、必ずしも期待どおりの動きはしてくれていません。

こんなポンコツのライブカメラですが、8月14日(火)台風15号が日本に接近したときは、このページを1日で820人が訪れました。厳密には、重複を除いたユニーク訪問者数は677人ですが、これでも当サイトでは記録的な数字です。

20180814

この日のアクセスログを分析したところ、3分の2強の457人がスマホからということがわかりました。どうやら悪天候の中、登山中に雲の上の山頂の様子を確認するのに利用されているようです。

20180814-2

また、このサイトまでどこを経由してきているか(リファーラー)を見ると、「富士山なう(気象情報・ライブカメラ)」からが269人と圧倒的に多く、「富士さんぽ」が36人で続いており、直接当サイトに飛んできているのは201人でした。

*2年前には環境省からの申し出で、富士登山オフィシャルサイト(環境省、静岡県、山梨県による「富士山における適正利用推進協議会」が運営するサイト)からリンクが張られましたが、その後このリンクはなくなりました。

学術研究目的で設置しているライブカメラではありますが、こんなふうに雲で覆われた山頂の様子を登山中に確認できるのに使われているということは、防災面でも貢献しているとも言えなくもないと思います。

剣ヶ峰のライブカメラの一般公開も5年目を迎えますが、多くの研究者に研究データを提供している一方で、「日本一高所のライブカメラ」として登山者を含めて広く定着してきているようです。

そして、想いはすでに来年へ。今年の苦い経験を踏まえ、既存カメラは一斉更新され、4台に体制にすることでほぼ隙間なく山頂から周囲をカバーするようになる、という夢のような構想が・・・。

*なお、今年の3台目のライブカメラはWNI気象文化賞(畠山史郎)で購入したものです。記して感謝申し上げます)
(広報委員会)