DSC_2044
 8月25日5時48分、太郎坊の虹(撮影:増田純夫)


”9月4日16時過ぎ御殿場基地を閉所し,準備期間を含め2個月半拠点にしたモン・ソレイユ201を退去しました.

 これで,太郎坊での観測や山頂での通年観測を除き,本年度夏季観測の山頂および御殿場での活動を終えることになります.
 今年も無事故で終了することができました.伊倉さん,大胡田さん,山頂班および御殿場班の皆様,関係会社の皆様,参加いただいた皆様に御礼申し上げます.今後ともよろしくお願いいたします.  事務局”
 
今年の夏季観測も山頂の閉所に引き続き、御殿場基地の閉所で完全に終了しました。御殿場閉所も台風21号が関西地方に上陸、御殿場線も止まる中で何とか終了しました。今年は、夏季観測全体を通して、台風にたたられた一夏でした。

IMG_20180824_175044_528

台風20号の影響で強風の山頂で撤収作業をする研究者(撮影:加藤俊吾)
IMG_20180824_180015_017
暴風雨の中での撤収作業(撮影:加藤俊吾)

  8月23日に予定していた大気化学などの大量研究機材の荷下ろしは、台風20号の影響が早く出始め、積込ができず、作業のために登った研究者たちの安全のため、全員下山ごく一部の機器だけを下ろす緊急事態になりました。

 その結果、再度25日に再び荷下ろしをすることになりました。このブルの運航は前回のブログのGPS付き遠距離通信で示しましたが、激しい風雨の中でブルを待っていた人たちには、事務局からの画像での確認が大変役に立ちました。

IMG_20180825_100014
 
8月25日、大量の機材をブルに積み込む(撮影:山頂班千田敦司)


DSC_2411
  9月5日、東京事務所に戻ってきた荷物

 台風に何度もたたられ、いろいろ苦戦した夏期観測でしたが、何とか無事終了、事務局には山頂や御殿場から戻ってきた機材が積み上がっています。

 このページのトップに載せた太郎坊の虹は、2度目の下げ荷が完了した時に太郎坊に出たもので、写真には見えないですが3重の美しい虹だったとか、これが来年につながることを祈っています。

(広報委員会)