166e9b0dd930355b391947beb21f86bb

2018年夏期にトライアルプロジェクトで「ネパール高所非電化農村地帯向け風力主体ハイブリッド発電機の実証実験」の研究をされた産業技術大学院大学客員研究員・桐原悦雄さんから、成果報告会への発表申込と併せて下記のメールを頂きました。
年末年始にネパールを訪問しました。
急でしたが、週刊誌の記者と会って共感を得ていただき、「風と太陽で発電する持ち運び可能な発電システム」として、Swatantra Sanchargram  Weekly(ネパールの週刊誌)に富士山での活動とプロジェクトが多数の写真とあわせ紹介されました。Web上には記載されていませんが、ネパール語の白黒Weekly新聞(2018/12/28版)です。
dc2e48903940e565aca5d570222cae9a

記事には、富士山測候所、実験装置の写真などが載っています。内容は桐原さんがネパール語のわかる方に翻訳を依頼して下さったところによると、

桐原さんとナレスがネパール滞在に中現地の週刊紙記者ダンダスさんとスラワンさんより取材を受けました。ネパールの農村地域にも明るさを(照明を)届けるため風力発電の技術を提供する。富士山測候所、実験を行っている9名のメンバ-が日本で、高所に於ける再生エネルギ発電の有効活用を目指すため実証実験を行っている。富士山の麓で、高所山岳地区における小型風力発電の実証はネパールのために役にたつ。日本の富士山の高さの村はネパールには沢山存在します。富士山で、実験行ったノウハウを使ってネパールでまだ電気の行きわたっていない所で風力発電設備技術を使って明るさの提供が可能です。

今後、富士山頂での研究活動がますます国際化してゆくきっかけになりそうな素晴らしい記事です。
(広報委員会)