unnamed
 天皇皇后両陛下(当時)と総会の実行委員長であった上田誠也先生(2003年札幌)

国際測地学及び地球物理学連合(こくさいそくちがくおよびちきゅうぶつりがくれんごう、英語:International Union of Geodesy and Geophysics、略称:IUGG)は、測地学と地球物理学に関する非営利の国際的な学術団体。公用語は英語とフランス語。

8つの協会と3つの委員会から構成され、それぞれの協会で国際学会を開催している。また4年に一度、IUGGの総会が開催される。2003年現在で76ヶ国からの参加があり、たとえば日本では日本学術会議地球惑星科学委員会IUGG分科会が対応している。

アメリカ合衆国の研究者は、IUGGの会合よりもAGU(アメリカ地球物理学連合)への参加を好む傾向にある。一方で欧州の研究者はIUGGへの参加に積極的であるとされる。日本人も積極的に参加しており、・・・(以下省略)

今年の7月は4年に一度行われる世界最大の地球・宇宙科学の国際会議である「国際測地学及び地球物理学連合(International Union of Geodesy and Geophysics。略称IUGG)」の総会にあたります。

日本では、2003年に札幌で行われ、天皇皇后両陛下(当時)からもセレモニーでお言葉を頂くという格式・伝統のある国際会議です。

近年では、アメリカ地球物理学連合(AGU)の年次会合に参加する世界各国の研究者が多い中、IUGGは、公用語が英語・フランス語であるなど、「格式と伝統」をいろいろなところから感じさせられる会議です。

今年の総会は会期7月8日-18日の日程で、カナダのモントリオールで行われています。富士山関係では3件の発表がありました。

先日英文論文として発表した防衛大学の瀬口さん・岩崎先生の研究発表、静岡県立大グループの雷放射線の研究発表、そしてカリフォルニア大学サンタクルーズ校のDavid Smith教授らのグループの発表です。

unnamed (1)
Smith教授の発表。今年3月の成果報告会で発表した富士山頂で捉えた中性子は雷起源か否か?という講演。

IUGGは巨大な組織で、下部組織やワーキンググループも構成されています。そのワーキンググループの一つに、長尾年恭・理事がトップを務めるEMSEV(Electro-Magnetic Studies of Earthquakes and Volcanoes)があり、総会会期中にビジネスミーティングが催されました。

20名以上の参加者がいる中、今後のこのワーキングループの活動として「富士山における電磁気的観測(噴火監視)はどうか」と長尾理事・鴨川とで提案させていただきました。

このワーキングループは世界中の火山での電磁気観測で実績を残している人々が多いことから、熟練した国際チームで富士山通年電磁気観測も近々実現されるかもしれません。

S__11034628
S__11034627
     EMSEVビジネスミーティングの様子

(鴨川仁・事務局長)