1A4B8E66-E45D-47B9-B040-A2D588EDC319

夏の観測が終わって初めての運営委員会(通算104回)は12名の理事、監事1名、事務局3名の出席で東京理科大学ポルタ7階で行われました。短い時間ながら今後のNPOの運営に関する活発な議論が行われました。

引き続き、夏期観測の「反省会」が観測に参加した関係者を加えて、同じ場所で17時20分まで、29人の参加者で行われました。運営委員会で新たに学術科学委員長に選任された加藤俊吾・首都大准教授が司会。各自の自己紹介に続いて、今年の山頂での問題点などについて事前に回収したアンケートを加藤先生がまとめたものについて、意見が出されました。
  1. 登山計画: 事務局体制の問題点、計画書様式の改良、トライアルグループの今後など
  2. 山頂 (生活一般): インレットの利用、低酸素・低温という環境での作業など
  3. 御殿場基地: 御殿場基地の在り方、駐車場問題など
  4. 来年度への要望
最後に、広報委員会・片山葉子委員長から、NPOの重要な業績である研究発表情報に関するお願いがありました。

72B7ABFE-B809-495C-9BB5-89D4A48149DD


恒例の懇親会で締めましたが、当日オープンキャンパスで市民講座も担当された忙しい理科大・三浦和彦教授のアレンジで16名が集まり、賑やかに今年の夏期観測の締めくくりとなりました。

なお、反省会の翌日、今年初めて参加されたY氏より事務局に以下のメールが寄せられましたので、ご紹介します。これまで13年続けてきた夏期観測について、私たちの気づかなかった角度からのご意見であり、今後の山頂管理運営のあり方を検討するうえで貴重なヒントになりそうです。

今回の反省会の内容も参加する人の意識の相違から、色々なご意見があったと感じます。

私自身が感じたことは、富士山測候所を活用する会事務局がホスト側、研究者がゲストとの認識が強く、考えの相違が生まれたのではないかと分析します。

災害時の避難所開設に例えるなら、避難所開設する人も被災者避難してくる人も被災者です。避難所運営が上手く行っている場所は、避難してくる被災者がホスト側に立っているところです(同じ被災者なのでみんながホストでゲスト/お客様ではない)。従って、高所(極地)での研究者もホストであるべきでありゲスト(お客様)ではないということです。

各研究者も研究内容を深掘りするように、最低でも富士山頂での作業はリスクが伴うことを理解し、『安全の手引き2019』を熟読した上で参加すべきと思いました。参加者全員がホストの気持ちを持てば、それらのご意見は必ず減少すると仮定できると信じています。

ご参考になれば幸いです。今後ともよろしくお願いいたします。


(広報委員会)