無題
日本化学会のHPより



2020年8月18日13:00より、
日本化学会主催
第13回環境教育講演会 ~気候変動に化学はどう向き合うのか?~[聴講無料]

本NPO副理事長の大河内副理事長が講演されます。

敷居が高くて会場に
向かうのは気が引ける・・・・
という方も
今回はオンライン開催ですので、
お時間さえ合えば気軽に最新の研究について
聴講ができます!!


プログラムの一部をご紹介いたします。
 
 プログラム (抜粋)
 
  13:05-14:05 地球温暖化対策の推進と気候変動への適応(仮)
  向井 人史(国立環境研究所 気候変動適応センター・センター長)

  14:05-15:05 気象現象を化学で読み解く:ゲリラ豪雨と大気汚染
  大河内 博(早稲田大学創造理工学研究科・教授)



向井先生は、富士山頂で二酸化炭素の研究をされております。
詳しくはこちらをご覧ください。

今回の大河内副理事長の講演会は、
ゲリラ豪雨についてお話されます。
(富士山南斜面で大雨発生頻度について時間があったらお話されるとのことです。)


 第13回環境教育講演会 趣旨は・・・
 
 近年の台風の大型化による水災害の多発や夏の酷暑など、気候変動は正に現実の脅威として姿を現しています。この世界共通の課題に対して、化学を通じてできることは何でしょうか。この講演会の前半では、地球規模で起こる気候変動のメカニズムや局所的な気象現象を化学の視点で解説します。また後半では、根本的な対応策としての人工光合成に関する最先端の知見から、水災害等からの復旧時における粉じん曝露対策や保護具の正しい使い方まで、幅広くご一緒に学びたいと思います。
                        日本化学会のHPより



富士山での研究活動の講演会ではありませんが、

気候変動のメカニズムは
様々な要因が複雑に絡んで発生しております。
地球環境問題を考える時には、
様々な角度の視点を持つことが重要ですので

環境教育を担う教員の方、企業技術者・研究者だけでなく
最新の環境問題に興味のある生徒さん、学生さん、みなさま
ご興味があれば、ぜひご聴講ください。

環境教育講演会の申し込み期限など
詳しい情報はこちらのページをご覧ください。

別件ですが・・・
本日クラウドファンディング最終日です
ファイナルゴール600万円まであとわずか!!
情報のシェアなど、ご協力お願いします。


無題
(2020/8/15 10:50の画面です。)
現時点の支援金額、支援者につてはこちらをクリックしてください。



(広報委員会)