富士山川の部屋から(20913) (1)
御殿場基地事務所から見た富士山(2020年9月12日撮影)

“認定NPO富士山測候所を活用する会“では、
活動拠点が3つあるのをご存知でしょうか??

1つは、富士山頂(標高3776m)。
2つは、富士山の御殿場 新五合目に当たる太郎坊(標高1290m)。

 コロナ禍で富士山頂での観測が出来なかったNPOにとって、
今年は、太郎坊を使った観測が中心になりました。

次の写真は、太郎坊での作業の様子です。
C1AFA288-4A4E-42ED-8F61-8F6AF0F76A17

 みなさまもご存知の通り、今年は山頂観測を諦めます。そしてコロナ対策が取りやすい太郎坊(御殿場新五合目そば)、御殿場市街の通年観測地での観測に集中します。現在、研究者達は太郎坊、御殿場に機器設置やメンテナンスを始めています。

写真は、今週の太郎坊におけるメンテナンスの様子。早稲田大学と山梨大学が作業をしています。今年の夏は、この場所に多数の機器が設置されることでしょう。

山頂、太郎坊、御殿場の3つの観測点は、1直線状であり、標高がそれぞれ3倍の関係になっているためデータ解析などでも利便性がある観測地点になっています。


 (クラウドファンディング 7/3の活動報告より)

そして
3つめは御殿場基地事務所(標高446m)です。

御殿場基地事務所は
富士山頂での夏期観測開始前から終了までの
山頂班や研究者等の登山準備拠点として、
富士山頂・太郎坊に次ぐ第3の観測サイトとしての利用されております。
(2階の1室は「富士山環境研究センター(LERMF)」の御殿場拠点であり、看板もあります。)

今年も太郎坊に行く
研究者や学生さんたちの滞在施設として、大いに活躍しました。

気象観測他の測器も着々と稼働を始められていて、
近々リアルタイムで見られるようになります。


Eh1h4dQUYAAxm0Y
御殿場事務所の部屋に貼ったポスター 庭には雨採取器が設置されています。


9月12日、13日の週末、
事務局はクラウドファンディングで
ご寄付をいただいた方のお名前を
列挙したポスターをもって御殿場へ行きました。

今年3回目になる御殿場基地事務所の
庭の草刈りも済ませました!!

05215786-4008-40BB-88AF-080E6247B8EB
裏庭の草 Before

草刈り後
 After (すっきりしたのがお判りでしょうか??)



今年は、富士山頂からお送りできなかったライブ映像ですが、
御殿場基地事務所の2階にライブカメラを設置すると
四季の折々の富士山が眺められるので、
『 今後、御殿場からの富士山の映像も?? 』
という案もチラホラ出ています。

益々、観測基地としての利用が楽しみです。


(広報委員会)