NPO広報スタッフが偶然にも撮影に成功しました!!
2021年4月8日 18:42   スカイツリーから南へ3kmの地点より撮影

2021年4月8日(木)にスカイツリーから発生した放電、
上向き雷放電の様子です。

わずか1秒間もない(?)のですが、貴重な瞬間を捉えました!!

st01

st02

st03

st04

st05

st06

st07


屋内でもカミナリは、とっても怖いです・・・。
しかしながら、
ご経験された方はご存知だと思いますが、
山で雷に会う恐ろしさは・・・・・

特に
孤立峰である富士山の雷は半端ではなく、
被っているヘルメットの下で、髪の毛が逆立つと言われています。

山での建設工事や観測では、
落雷が、大きな障害になっています。

そのため
富士山での雷研究を始めたのが、
2008年 鴨川仁・鳥居建夫グループです。
(詳しくは『よみがえる富士山測候所』p133をご参照ください)

その後、
避雷技術を研究する安本勝・佐々木一哉グループと合体して、
多くの成果を上げており、NPO研究の中で活発な研究グループの一つです。

富士山測候所を
将来世界の雷研究のメッカにしよう!!というのが本NPOの一つの目標です。
(本NPO鴨川事務局長:談)

日本で発生する春から秋にかけて起きる雷(夏季雷)の
殆どは下向きのリーダーが出る落雷。

しかし、
ごくごく僅かですが地面からリーダーが発生する
上向き雷放電が発生することがあります。

富士山のような山岳でも
上向き雷放電は度々発生します。

詳しくは、
下記の成果報告会の報告書をご覧ください。
無題


安本勝(富士山環境研究センター);鴨川仁(静岡県立大学);佐々木一哉(弘前大学);土器屋由紀子(富士山環境研究センター)

また鴨川事務局長による
~日本最高地点、富士山測候所での「カミナリ」研究について~
(↑上記リンクは動画です) も、ぜひご覧ください。

(広報委員会)