太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 オフィシャルブログ

無題
神奈川新聞 2022.03.31の一面
(クリックすると同記事のWeb記事に飛びます。)


  


富士山の大規模噴火で被害や影響が見込まれる神奈川、山梨、静岡3県の新たな避難計画の検討概要が30日、公表された。
神奈川県西部の7市町に到達の恐れがある溶岩流については。渋滞を回避するため徒歩避難を原則としつつ、地域の事情に応じてマイカーも可能とする案も示した。
            
           神奈川新聞 2022.3.31 朝刊1面より





溶岩流の量や、溶岩流が到達する場所など
2021年に
17年ぶりに改定された富士山ハザードマップ。

被害の及ぶ
神奈川、山梨、静岡3県などは関係者を交えた
富士山火山防災対策協議会を開催し、
仮称)富士山火山避難基本計画の中間報告会が
3月30日行われました。


避難計画検討委員会の委員長を務める
藤井理事の
 

 噴火はいつ起きるかわからない。関係市町村は今回の中間報告を基に避難の再検討を始めて欲しいと呼び掛けた。

と、記事の最後にコメントがあります。

詳しくはこちらの記事でも読めます。

無題



(広報委員会)

認定NPO法人富士山測候所を活用する会とは


2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いいたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ