太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 オフィシャルブログ


IMG_1192

IMG_1185
 2022年8月4日、山頂の大部良輔班員撮影

「天気が微妙でたいした写真は撮れてませんが、1枚目は雲の中の御殿場方面を撮影しました。2枚目は虫が捕食?している様子を撮影しました。」とのことです。

8月5日(金)6時に5合目から出発した埼玉県環境化学国際センターの米持部長グループの村田浩太郎さんからチャットが入りました。予想外に良いお天気とか。

16552120481026

16552120488231
2022年8月5日、埼玉県環境科学国際センター村田浩太郎研究員撮影

16552366553303

6合目

16552396402862

元祖7合目も綺麗です。

16552542643885

16552542675223
 
8合目、前回と比べて素晴らしいお天気です。

16552730155220

16552730228820

9合目です

16553705724760

16553705830011
2022年8月5日、埼玉県環境科学国際センター村田浩太郎研究員撮影

山頂着10時44分。早いですね。
鴨川専務理事と会って、試料採取などの仕事を済ませて、13時ごろ、これから下山の連絡が入りました。「いい登山日和でした」とのことだったのですが・・・

17:53 「帰りはまたしてもずぶ濡れ・・・ということでよい写真なしです」とのこと。
大変でしたね。お疲れ様でした。

IMG_1222
 2022年8月6日大部良輔山頂班員撮影

大部班員より8月6日の夕方の影富士です。

20220806

2022年8月6日大部良輔山頂班員撮影
入日の動画もあります。


ここでちょっと数日戻って、加藤俊吾理事の7月29日の雄姿を1枚入れます。

220729284
 2022年7月29日加藤俊吾理事提供


7月29日に火山性ガス観測のため加藤理事が徒歩登山しました。
「ちょうどその日に「富士山徒競走」が開催されており、

ゴール地点(吉田ルート山頂)に設置されているセイコーの時計の前でポーズをとっています。」
とのこと。学術科学委員長の加藤理事は知る人ぞ知るアスリート。以前にもブログでご紹介しましたが、本観測が終わったら、「富士山とスポーツ大会」のブログも是非ご期待くださいね。


8月7日ご来光
2022年8月7日大部良輔山頂班員撮影

月7日のご来光

8月7日剣ケ峯方向
2022年8月7日大部良輔山頂班員撮影

剣ケ峯方向です。

IMG_1269 (1)
  2022年8月8日大部良輔山頂班員撮影

「8月8日夕方、山頂からお鉢の中に向かってブロッケン現象が見えました。
本当に剣ヶ峰のピークから撮影できました。」と大部班員。

「ブラタモリ」でも話題になっていましたが、江戸時代の人はブロッケン現象で見た自分の影を大日如来と見て「御来迎」と言っていたとか・・
 火口にブロッケン現象がみられるのは晴れていて火口に霧が発生した時だけ。
ご来光は晴れていれば必ず見えますが、御来迎は運が良くないと見られないのです。
1週間近い山頂班の2人体制勤務でご苦労の多かった大部班員への
花咲弥姫命(このはなさくやひめ)のプレゼントでしょうか?

IMG_1269
2022年8月8日大部良輔山頂班員撮影

8月8日夕方の影富士

IMG-1307

IMG-1313
2022年8月9日大部良輔山頂班員撮影

8月9日のご来光と剣ケ峯方向

8月10日、増本班長上山で、山頂班は3人の通常体制に戻りました。

(広報委員会)



認定NPO法人富士山測候所を活用する会とは


2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いいたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ