太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 オフィシャルブログ

koinobori99
『富士山頂写真集』(芹沢早苗,1985)に載っている山頂の測風塔で鯉のぼりを揚げている風景。一番下で真鯉の口元を押えているのが佐藤さん

先輩に写真家の芹沢さんがおられます(昨年逝去されました)。芹沢さんは佐藤さんが初めて富士山測候所研修勤務した昭和51年4月の時の班長で、富士山についていろいろとご指導いただいたとのことですが、山頂勤務をしながら富士山の写真集を出版されました。『富士山頂写真集』には佐藤さん最初に山頂勤務した時に芹沢さんが撮影した「山頂の測風塔で鯉のぼりを揚げている風景」が掲載されており、今も思い出になっている一枚だそうです。

さて、芙蓉日記の会のミーティングで前号(その1)につづいてご紹介するのは元・富士山測候所長の佐藤政博さん(本NPO監事)です。


札幌で気象庁(札幌気象台)に入りました。最初は観測、通信システム関係の整備保守管理に携わっていました。そのうちに世界に誇る富士山レーダーが日本で設置されたということもあり、いつかは自分もいつか携わりたいという希望をもっていました。

北海道ではアメダスなど観測の自動化が始まる時期でそれに携わっていましたが、富士山もそういう技術を必要とする職場なので、自分もそこでその技術を生かせればと思っていました。小さい頃から野山の自然の中を歩くことが好きで、北海道なので自然の中でスキーをやったりしていたので、「一回は富士山頂で働いてみたい」という気持ちを持っていたのです。

ちょうど新田次郎さんが退職されて間もなく北海道に来られて、測器課という部署でわたしの上司に会いに来られて、自分もそこに居あわせて話しを聞く機会がありました。その時に自分も富士山測候所に行けるのかなという希望を持ったのですが、行けなかったのです。そのうち仲間が上司に話をしてくれ、上司から「(富士山に)行きたいのなら希望を出せ」ということになり、昭和51年(1976年)に富士山測候所に転勤することが決まりました。

元測候所所長佐藤政博
元富士山測候所所長 佐藤政博

当時の富士山測候所には富士山一筋にやっておられた先輩が沢山いましたが、50歳前後でもう山頂勤務はきついという年齢になっていました。ちょうど自分が年齢的にそのあとを継ぐような世代だったことから、昭和62年(1987年)までの約11年間山頂勤務をし、富士山レーダーによる観測、地上観測を含めて山岳勤務をしました。

その後は富士山を離れ一時的には成田空港や新潟の勤務もあったのですが、最後に再び富士山に戻って勤務しました。その時がちょうど富士山レーダーの最後の時で(撤去する)富士山レーダーの後継の場所を選択するということについても自分がかかわったのです。レーダーが終わったちょうどその日に静岡(牧之原)でレーダーの開所式にも出席するという、何か複雑な思いをしました。

気象庁勤務40年間のうち17年間、約3分の1を富士山とかかわったので、そういう意味でわたしの人生の中で富士山というのは、非常に思い出深い職場です。気象庁を退職してからも、NPOの皆さんが富士山測候所にかかわって活用していくことに自分の経験が少しでも生かされればと思って、幸せを感じながら参加させていただいています。先輩もいなくなったので、先日も(雑誌の)取材を受けたのですが、自分の番がいよいよ来たのかなというのを実感しています。

(佐藤政博氏 談)


佐藤さんが北海道のご出身だというのは知っていたのですが、札幌気象台時代から「いつかは最先端技術のレーダーが稼働しはじめた富士山測候所で自分の技術を活かしたい」という強い希望をもっておられ、志願して富士山測候所に転勤して来られたということは初めて知りました。

その後は、都合17年間も富士山頂で気象観測に従事し、気象庁を退職した後もNPO法人の監事、そして『芙蓉日記の会』のメンバーとして、いまも富士山測候所にかかわっておられるのですから、文字どおり人生の大半は富士山とともに歩んでいると言っても言い過ぎではないでしょう。

Sato, Masuda, M. Nonaka, from left to rightxxx
野中家を訪れ、貴重な資料の数々を見せていただいた中に野中至自筆の観測記録も見つかりました

そんな佐藤さんが「きっと、どこかに残っているはず」と長い間探し求めていたのが、明治時代に厳冬期の富士山頂で野中至が気象観測をした時の野帳(観測記録帳)の存在でした。その機会が訪れたのは2018年のことです。

芙蓉日記の会の関係で子孫の方のお宅を訪問する機会があり、そこで見せていただいた数々の遺品の中に、大版集計用紙に万年筆で書いた野中到自筆の記録が保管されていることがわかったのです。それを目の当たりにしたときは長年の夢がかない感慨もひとしおだったようです。

data
野中至による観測記録の一部 富士山頂の風向及び速度 Direction and Velocity of Wind on the Top of Fuji November, 1895(1895年(明治28年)11月)

この貴重な観測記録は、その後『芙蓉日記の会』の気象研究家の山本哲氏らにより、様々な角度から分析が加えられ、気象学会でもすでに3回も発表して当時の観測データにスポットライトを当てているのはこのブログでもご紹介したとおりです。

殉難碑
太郎坊のブル基地の近くにある富士山測候所職員の殉難碑(富士山資料館特別資料集「富士山測候所」、2005より)

「日本一危険な職場」と言われた富士山測候所。その72年の有人観測の間には4名の方が殉職されています。そのうちのひとり、福田和彦氏が昭和55年(1980年)山頂で気象観測中に噴火口に滑落して殉職されたときは、2日後に山頂勤務の仲間と遺体収容に行かれたとのこと。未来のある26歳の若い職員の突然の悲劇を悲しんだ一人でした。このような現場の方々によって維持されてきた旧富士山測候所の意味をあらためてかみしめさせられます。

測候所長経験者は多くが亡くなられて、残っておられる方の中でも山頂勤務の経験者は少なく、佐藤さんはその中のお一人として貴重な存在です。これからも富士山頂にレーダードームがあったあの時代の語り部として貴重な経験談を私たちに伝えていっていただきたいものです。(芙蓉日記の会)

 











認定NPO法人富士山測候所を活用する会とは


2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いいたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ