太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 オフィシャルブログ

無題
静岡新聞NIEのウェブサイトより抜粋


2023年3月20日(月)朝刊
静岡新聞の“大自在“に掲載されました。


 大自在とは? 大自在を活用しよう!

 静岡新聞の朝刊1面には毎日、コラム「大自在」が載っています。取材経験 豊富な記者 が国民、県民の注目が集まる事柄を取り上げて書いています。内容は示唆に富み、文章の勉強にも役立ちます。シートを取り出して書き写しに挑戦してみましょう。 
   静岡新聞NIEのウェブサイトより抜粋




本NPOについて記載されており
春の新しい門出に、
とてもピッタリな
素敵な記事となっております!



どんな内容なのか?

知りたい方は
2023年3月20日(月)の記事を
ぜひお読みください📰!

(広報委員会)




認定NPO法人富士山測候所を活用する会とは


2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いいたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ