太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 オフィシャルブログ

NHK Eテレの番組『NHK俳句』は、全国から投稿された句の中から優れた作品を各週の選者が選び紹介し、毎回、魅力的なゲストを招いて楽しく俳句を学ぼうという番組です。

この番組のNHKテキスト『NHK俳句1月号』(12月20日に発売され現在、書店に並んでいます)の特集は「富士山を詠む」。ここに「強風極寒の富士山頂が教えてくれること」と題して、土器屋由紀子理事の文章が掲載されました。
000009271012023_01_580
特集ページ

本NPOウェブサイト > コラム・評論集 の『交通新聞』コラム・交通評論「冬富士に思う」を読んで、そのリライトと写真の提供を依頼されたものです。

このときのコラムは2013年に執筆した随想で、岩崎洋山頂班長出演のNHKTV「白い魔境」関連で、気象庁時代の登下山の苦労や、本NPOの初期の研究(上田紗也子さんが「測候所OB/OGの集まり」で研究紹介を行い先輩に褒められた話など)、当時の研究トピックスを中心に書いていました。

20130115_koutsu
 2013年1月15日『交通新聞』コラム「交通評論」

今回リライト(約800字)にあたっては、その後10年経った現在のNPOの研究トピックスとして、二酸化炭素通年観測の結果、マイクロプラスチックの話(世界で初めて富士山大気中で観測)、雷観測などを加え、それらがすべて自費で行われていることにも触れました。

スぺースの関係で各研究者のお名前を挙げることはできなかったのですが、「富士山頂で地球環境の変化に迫る研究が自主的に行われていることを知っていただけると有難いです」とまとめています。

p15 下の欄

佐藤政博監事の1960年代の測候所勤務中に撮影された写真2枚の他に、山頂の雷の写真として最高傑作の故山本季生さんの写真、夏期観測ブログの中から坂本健二山頂班員の影富士、大部良輔班員のブロッケン現象の写真なども掲載されています。

名称未設定-2
(左)山頂付近では雷も至近距離で観測出来るため(撮影:山本季生)さまざまな種類の雷のデータが蓄積できる
(右)晴れた日に富士山自身の山体が影を落とす影富士(撮影:坂本健二)

298105808_395391135997897_7839155121073326833_n
 富士山頂で見られたブロッケン現象(撮影:大部良輔)
 太陽の光が背後から差し、水蒸気によって影に虹のような光彩が彩る。
(本ページの3点とも提供:認定NPO法人富士山測候所を活用する会)

自然科学以外の分野でも富士山測候所について取り上げられたことが、少しでも本NPOの活動の理解に役立つことを祈っております。
(広報委員会)


認定NPO法人富士山測候所を活用する会とは


2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いいたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ