太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 オフィシャルブログ

本紙夕刊1面で掲載中の「photoこの一枚」季節の彩や象徴的な出来事などを大型写真で紹介する企画で、2023年は17回掲載した。その中から、今年節目を迎えた名所で撮影した3カットをあらためて紹介する。(写真と文・戸上紘一、紙面構成・山下洋史)
12月25日東京新聞紙面より
という記事の中で掲載された3枚の写真のうちの一枚として、東京新聞7月31日の紙面に掲載された、富士山頂の雷観測の様子(鴨川専務理事と村田浩太郎・埼玉環境国際センター研究員)が「10年最高峰の研究を」(世界遺産登録から10年の富士山)として選ばれています。
7c48c6fa
 12月25日東京新聞紙面より
他の2枚は
30年 全方位で首都を望む(開通から30年を迎えたレインボーブリッジの主塔頂上から台場方面を望む一枚。)
98年 思い出は咲き続け(今春で伐採された、あきる野市武蔵増戸駅前に立つ2本のソメイヨシノ(安兵衛桜)を写した一枚)
です。

8月14日の本ブログでもご紹介しましたが、東京新聞7月31日夕刊の第一面の大半を占める富士山頂の研究者の3枚の写真は圧巻で、多くの知り合いから「よかったね」「おめでとう」のメールやチャットを頂きました。今回その中の「お鉢を背景に1号庁舎の上で測定する鴨川専務理事と村田研究員の写真」がまた取り上げられたことは素晴しいことです。
79f4e395
 7月31日東京新聞紙面より
The New York Timesの「2023年初めて起きたこと20選」の一つに選ばれた、大河内副理事長の「富士山における大気中マイクロプラスチック観測」に続く今回の快挙は、苦労してこれまで測候所の維持管理を続けてきた本NPOの活動への有難いエールでしょうか?

来年も、富士山頂の研究・教育活動がクローズアップされる年になることを祈ります。

記事の内容は、東京新聞ウェブサイト TOKYO Web でご覧いただけます。
298105808_395391135997897_7839155121073326833_n
東京新聞ウェブサイト TOKYO Web より

(広報委員会)


認定NPO法人富士山測候所を活用する会とは


2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いいたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ