太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 オフィシャルブログ

入り口2
 NPO東京事務所の入口

本NPOの事務所も新年度を迎えております。ソメイヨシノの花だよりよりも先に「夏日」が来てしまいそうな昨今ですが(3月30日、東京24℃)皆様お変わりないでしょうか?

先日(3月29日)こちらのブログでもお知らせしましたように、畠山史郎元理事長(アジア酸性雨研究センター所長)の記念講演がおこなわれ、

240329畠山

ハイブリッドで80名近くが参加した素晴らしい講演でした。
有機化学反応の専門家として、国立環境研究所(旧国立公害研究所)でのチャンバー実験での世界レベルでの研究生活を経てフィールド研究へ、中国上空の航空機観測を世界で初めて成功させた業績や、辺戸岬ステーションの建設と観測に至る話、時間がなくて農工大移籍以降は省略されましたが、一時間があっという間に過ぎるような中身の濃い講演でした。

さて、新年度ということで、以前のブログの4月はじめを見ていたら
2018年4月4日のブログに畠山理事長時代の本NPOの記事がありました。

1df1495e-s 環境新聞2018年4月4日

航空機排ガスの観測などが話題になっていた時代ですね。2017年に国際集会ACPM2017を畠山理事長をチェアーパーソンとして成功させ、本NPOがの認知度が少し上がった頃だったでしょうか?
それからまた、5年以上経ちました。

今年度は、2005年11月に本NPOが発足して20年目になります。
無人化された富士山測候所が取り壊されるのを恐れ、観測利用を続けたい一心で集まった研究者たちのNPOが今まで続いていることが不思議な気がしますが、いつも何か難題を抱えて「今年こそが正念場」と言い続けながらここまで来てしまい、昨年11月にはニューヨークタイムスの「2023年に初めてわかった20選」の一つに、本NPO大河内副理事長の「富士山頂でのマイクロプラスチックの発見」取り上げられるまでになりました。

今年も、夏期観測の準備が着々と進められており、2024年度 富士山測候所利用の第2次募集受付も始まっております。
皆様のさらなるご支援とご協力をお願いいたします。


(広報委員会)
***************************
富士山測候所を活用する会では、ウェブサイトにて寄付を募っています。主旨や活動にご賛同いただけましたら、ぜひご支援をお願いします。

また、会員を募集しています。
会員特典として、会報誌『芙蓉の新風』(年1回発行)の送付、富士山頂郵便局スタンプ付きの暑中見舞いをお送りするなどの他、ウェブサイトの会員限定ページでは、山頂からのライブカメラ画像のアーカイブをはじめとするコンテンツをご覧いただくことができます。

ご寄附はこちらからお願いします
※ 銀行振込、クレジットカード、PayPal、その他(SoftBank、Tポイント)がご使用できます

ご入会はこちらからお願いします

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ