2010年度富士山測候所 研究報告書(速報 その2)

氏 名: 池田 敦(Atsushi Ikeda)      
所 属: 信州大学 山岳科学総合研究所(Institute of Mountain Science, Shinshu University)  
共同研究者氏名・所属:  岩花 剛(Go Iwahana) 北海道大学大学院 地球環境科学研究院

(Faculty of Environmental Earth Science, Hokkaido University)

研究テーマ:  富士山における地温観測孔掘削:永久凍土の直接観測に向けて

Direct monitoring on permafrost using a pilot borehole on Mt. Fuji

研究結果:

学際的なアプローチで富士山山頂の永久凍土の現状を解明し、その地温変化をモニタリングすることで、将来、気候変化と火山活動の評価につなげることを目的とした研究の一環として、富士山山頂部で永久凍土をモニタリングしうる観測孔設置を目指した。8月17日入山、23日下山の中4日の日程で、山頂稜線部白山岳付近に深さ9.7 mの地温観測孔を掘削することに成功した。観測孔内の15深度に温度センサーを設置し、地温の連続観測を開始することができた。

掘削開始時には深さ1.1 m以下が凍結しており、深部でも空隙の多い層には氷が見いだされた。ただし硬い溶岩層(もしくは巨礫)を掘削する過程で、ボーリング孔周囲を加熱したため、まずは永久凍土の有無を判定するためにも、今後、注意深く地温変化を見守る必要がある。

英文:

This research is a part of our interdisciplinary research project to understand permafrost on Mt. Fuji, to monitor its change and to evaluate the impact from changes of climate and volcanic activity on surrounding environments. We planned to dig a pilot borehole for ground temperature monitoring on the summit of Mt. Fuji. We stayed at the summit from August 17 to 23, and succeeded to make a 9.7 m deep borehole on the ridge near the Hakusan-dake peak. Fifteen temperature sensors were installed in the borehole and automatic record of the data was started.

The frost table lay at the depth of 1.1 m at the beginning of the drilling. In addition, ice filled the voids of porous rock even at some deeper sections. However, the drilling through hard lava layers (or boulders) heated the borehole. Thus, we have to check the following change in temperature carefully to discuss the presence of permafrost and more.

研究成果の公表:

予察的な報告は、NPOの成果報告会のほか、年度末の日本地理学会や来年度5月の地球惑星科学連合大会にて行う。誌上における発表は早くとも1年間の地温データが揃った時点であり2011年の秋以降になる。

関連リンク:
富士山における地温観測孔掘削:永久凍土の直接観測に向けて


28bfe1a9.jpg