454192e3.jpg

太郎坊での荷物の積み込み(7月11日)

 



名古屋地方気象台が7月9日(土)静岡県内の梅雨明けを発表。

昨年よりも10日早く、平年に比べると13日も早いという。

 

7月11日(月)、この梅雨明けをまっていたかのように、富士山測候所は開所しました。

梅雨が明けてからの開所はおそらく初めて?昨年は暴風雨の悪天候の中で開所を迎えたのがウソのようです。

 

翌12日(火)から研究班の観測機材の荷上げがはじまり、いよいよ今年の夏期研究観測も本格的に幕開け。

この一週間は最も活気づく期間です。

 

そして、山頂班から続々と下山の写真がメールで届いています。

 

「山頂は梅雨明けから実に穏やかで、今のところ雷も来ていません。無風快晴で暑いくらいですが、ニュースで聞く下界の暑さに比べれば、とても快適です。」

 

今日から始まる54日間の夏期研究観測2011。

山頂での活動が安全で、実り多いものでありますように。

 

 

 



 


90f91300.jpg

 首都大東京チームと早稲田大チーム(7月13日下山開始前)


  

5e775a05.jpg

早稲田大チーム(7月14日下山開始前)


dc00d5a9.jpg

東京理科大チーム(7月15日下山開始前)



4cdca4dd.jpg


東京学芸大チーム(7月15日下山)



c8d4f230.jpg


KDDIチーム(7月16日下山)


9653fbcf.jpg


早稲田大学チーム(7月16日下山)