氏名: 向井人史・須永温子・野尻幸宏/ Mukai Hitoshi・Atsuko Sunaga・Yukihiro Nojiri
所属: 独立行政法人 国立環境研究所 地球環境センター 炭素循環研究室

National Institute of Environmental Studies(NIES)、Center of Global Environmental Research (CGER)

共同研究者氏名・所属:

技術提供:紀本電子工業

研究支援:NPO富士山測候所を活用する会

   

研究テーマ:

富士山頂における無人の継続的二酸化炭素濃度測定

unattached CO2 measurement on the summit of Mt. Fuji

研究結果:

2009年より、NIESが開発した遠隔地用自立電源型自動二酸化炭素濃度測定システムを用い、富士山頂にて大気中二酸化炭素濃度の無人の長期通年観測を行っている。電源自立型の衛星通信システムを備えた耐低温性の小型の装置であり、観測データを衛星通信で毎日定時測定後につくばの環境研究所にメールで送信している。

2010年8月末から2011年7月中旬までの測定データを回収すること、装置を交換しメンテナンスを行なうこと、そして、陸電供給がない測候所閉所期間の冬期10ヶ月の間の観測用電力を確保する100個の低温用鉛蓄電池を充電することを、夏期開所期間の重要な作業として行なった。今年度は、昨年導入した自動で100個の電池を充電する充電装置に改良を重ね、放電への切り替えのためのつなぎ替え作業を行なわなくても済むようにスイッチ回路を作成し設置した。(写真1,2)

f2968ba1.jpg
  c4f4959d.jpg




写真1、CO2測定システム                 写真2、充放電切替え装置と自動充電器




夏期観測期間中は通常の1回/日から4回/日の測定に切り替え、得られたより多くのデータを収集し今後の解析に利用する。また、今年度は簡易型のCO2濃度測定機を御殿場事務所と太郎坊に設置し、富士山頂の濃度変動との関連性を比較した。汚染の少ない昼間の御殿場濃度は山頂と同程度になることがあるが、逆に低い場合や高い場合も存在することが分かる。山頂の日内濃度変化は御殿場に比べてはるかに小さく数ppm以下であった。(図1)

測候所の開所中はボトルサンプリングによる大気採取も行い、測定装置により得られたデータとの比較を行った。
a7adaafc.gif


図1、 御殿場と山頂でのCO2濃度比較








英文:


Since 2009, National Institute for Environmental Studies (NIES) has operatedunattached year round atmospheric carbon dioxide (CO2) measurementon the top of Mt. Fuji. We developed a CO2 observation system forthis purpose that is designed especially for remote, cold severe environments whereno constant energy supply is available. It is a small stand-alone power systemwith cold-endurance batteries, and a satellite data communication system isequipped to send data to NIES everyday.

This summer in 2011, we collected data from August, 2010 up to themiddle of July in 2011, changed the measurement devices for maintenance, andcharged 100 Pb batteries. 100 Pb batteries provide electric power to theobservation system for 10 months when the land line is not available duringwinter season.  Last year, we developedan automatic battery charge system and installed it. This year, we improved itby adding switching circuits in order to avoid manual switching operation thatrequires reconnection of hundreds of line cables. 


While the observatory is open, the measurement was increased from once a day to 4 times a day. Moreover, as a new experiment, another simple CO2 measurement instrument was placed at NPO Gotenba office and Tarobo to see the CO2 trend there and compare with CO2 data at Mt. Fuji.  Variation of CO2 concentration in Gotenba was very large, and mostly it showed higher CO2 concentration than at top of Mt. Fuji, even in noontime when the air is mixed vertically, suggesting that emissions from local sources must influenced the CO2 concentration at the ground level.

 

研究成果の公表:

論文などでの発表を予定

NOAAの年会で一部ポスター発表

NHK おはよう日本

朝日新聞夕刊(9/28)で一部発表など

(参考)プロジェクト計画:
富士山頂における無人の継続的二酸化炭素濃度測定
2009年より、NIESが開発した遠隔地用自立電源型自動二酸化炭素濃度測定システムを用い、富士山頂にて大気中二酸化炭素濃度の長期観測を行っている。電源自立型の衛星通信システムを備えた耐低温性の小型の装置である。観測されたデータは毎日定時測定後につくばのNIESにe-mailで送信されている。2010年の夏季より2年目の無人の越冬観測に突入したが、通信やメンテナンスの方法など更に改善が期待される部分を残している。観測を継続しながらデータの分析を行うと同時に、長期的観測を見越したシステムつくりを進めていく。測候所の開所中はボトルサンプリングによる大気採取も行い、測定装置により得られたデータとの比較を行う。