氏名: 井出 里香 Rika Ide
所属: 東京都立大塚病院 Tokyo Metropolitan Ohtsuka Hospital

共同研究者氏名・所属:

五島 史行(日野市立病院)

Fumiyuki Goto  (Hino Municipal Hospital)

堀井 昌子(神奈川県予防医学協会)

Masako Horii  (Kanagawa Health Service Association, Clinic Center)

上小牧 憲寛(国際医療福祉大学)

Norihiro Kamikomaki  (International University of Health and Welfare)

   

研究テーマ:

富士山頂における歩行バランスの評価

Estimation of walking balance in Mt. Fuji (3776m)

研究結果:

急性高山病(Acute Mountain Sickness, 以下AMSと略す)には、めまい・ふらつきなどの症状もあり、高所では身体のバランスを崩して滑落事故へつながることがある。AMSの症状が出る前から身体動揺が出現するとの報告もあり、今回、富士山頂(標高3776m)で歩行バランスを評価できる加速度センサー(8チャンネル小型無線モーションレコーダー, MicroStone社)を用いて歩行バランスの評価を行なった。被験者7名中3名は、平地と比較して富士山頂で歩行バランスの揺れが著明に増大した。この3名はAMS スコア4、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)70%前後と他の被験者と比べてAMSの症状は明らかであった。また全被験者において下りの歩行バランスの揺れは増大した。これは、下りで滑落事故が多いという事実を裏付ける要因の1つと考えられる。本機器は小型、軽量であるので、今後、実際の登山コースでの歩行バランスの評価への応用を検討している。





英文:



Dizziness and body sway are symptoms ofacute mountain sickness (=AMS). These symptoms are connected with slip downaccident at high altitudes. Previous reports have suggested that body swayappear before the onset of AMS.

We investigated the ability of gyrosensor(MicroStone Inc.) as the measurement of useful to evaluate walking balance inMt. Fuji (3776m). 3 subjects of 7 subjects more increased the sway of walkingbalance in Mt. Fuji than ground level. They showed obvious symptoms of AMS andAMS score 4, SpO2 were around 70%. All the subjects increased the sway ofwalking balance of descend. It suggested that this result is one of the reasonswhich slip down accidents are high frequency in descending. This instrument issmall and light (weight), it is possible to apply to estimate the walkingbalance in mountain course.


研究成果の公表:

平成24年登山医学会総会で発表予定

(参考)プロジェクト計画:
富士山頂における身体動揺の簡易測定の有用性について

急性高山病(Acute Mountain Sickness, 以下AMSと略す)には、めまい、ふらつきなどの症状もあり、高所では身体のバランスを崩して滑落事故へつながることがあります。 AMSの症状が出る前から身体動揺が出現するという報告もあり、富士山頂(標高3776m)において早期の身体動揺を評価できるパラメーターとしてジャイロセンサーによる簡易測定の有用性について重心動揺計と比較検討する。同時にAMS症状スコアリングおよび経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)、心拍数を測定し、AMSとの関連についても評価する。