5月13日(日)は、東京神楽坂では富士山測候所を活用する会の通常総会が開かれていた日です。

この日、富士山頂に登山しておられた二人の方から、素晴らしい貴重な写真とメッセージが届けられました。

ひとりは元富士山測候所職員西島昇さん(熊谷気象台)。
今年は山頂の雪は多く、2号庁舎が氷で覆われていたとのことです。

5月13日(日)に登りましたが熟れた場所でしたが、奇妙な事に下山でガスに包まれ道をロストしました。
使っていない古いブル道で惑わされて右往左往しました。
翌日伊倉さんが亡くなられたので今思えば見舞いに来いと呼ばれていたのかもしれません。
懲りずに登っていますのでまた何かありましたらご連絡いたします。
西島 昇
88f0fba0.jpg

5872d2b2.jpg

fa392d42.jpg

ab630127.jpg
いずれも2012年5月13日西島さん(熊谷気象台)撮影



もうお一方は池田敦さん(筑波大学)。

私が撮ったものですので,よろしければ皆様にも転送してください。
雪に埋まった2号庁舎の上に登山者が乗っているのが分かるかと思います。
今年は(現時点では)雪がものすごく多いと思います。測器が一部壊れていたので先週木曜にも行ってきましたが,その時点で富士宮口五合目直上にも,いまだ雪が残っている状況で,驚きを禁じえませんでした。
送電設備にダメージがないことを祈るばかりです。
池田 敦
54ac0651.jpg
2012年5月13日池田さん(筑波大)撮影。この写真はしばらく富士山測候所を活用する会HPのトップに使わせていただいています。