氏名: 土器屋由紀子 Yukiko Dokiya
所属: NPO法人富士山測候所を活用する会 NPO Valid Utilization of Mt. Fuji Weather Station

共同研究者氏名・所属:

佐々木一哉(東海大学)  Kazuya Sasaki (Tokai University)

安本勝(東京大学)    Masaru Yasumoto (the University of Tokyo)

大胡田智寿(NPO法人富士山測候所を活用する会) Tomohisa Ogoda (NPO Valid Utilization of Mt. Fuji Weather Station)

 
研究テーマ:

富士山測候所雷対策に関する調査研究

Research on the elimination of lightning damage at Mt. Fuji Weather Station

 
研究結果:

富士山頂の落雷頻度は高く、安定な太陽光発電等の電源確保のため、また安定な観測・研究を可能にするためにも外部観測機器等への落雷対策は必須である。今年度は雷電流の直接測定のための予備的な調査として、7月15日から8月30日に、主な雷電流路になる山麓からの電源・接地線に流れる電流を図に示すような雷電流検出装置を設置して調べた。

その結果については現在解析中であるが、観測期間中に山頂での直接の落雷事象がなかったが、近傍および遠方の事象がある程度検出されている模様である。


 
0ad88918.jpg


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
f9ba6742.jpg

 

 












英文:


The frequent strike of lightning at the summit of Mt. Fuji is known to be one of the most severe problems in the logistics of the weather station.  It is to eliminate the lightning damage in order to establish a safe solar electric system and also for the safe observational researches at the station.

   In this summer, direct measurement of electricity affected by the struck of lightning was tried during July 15 to August 30, 2012 as shown in the fige.   The results are now under examination.Even though no direct attack of the lightening was recorded during the period,   we expect to see some effect of lightening near bye and of some distance.

 
研究成果の公表:

富士山測候所接地系統のインダクタンスと経路の調査

○安本 勝(東大),高橋浩之(東大),佐々木一哉(東海大),土器屋由紀子(富士山測候所を活用する会)

2012日本電気設備学会 全国大会8月22-23日(名古屋)(すでに発表済み)

このほか日本電気学会、大気電気学会などへの公表を予定している。