氏名: 矢島 千秋 Kazuaki Yajima
所属: 
独立行政法人放射線医学総合研究所 National Institute of Radiological Sciences

共同研究者氏名・所属:

保田 浩志 (独)放射線医学総合研究所 h_yasuda@nirs.go.jp

松澤 孝男 (独)放射線医学総合研究所 matsuzawa_2000@yahoo.co.jp

徳丸 宗利 名古屋大学太陽地球環境研究所 tokumaru@stelab.nagoya-u.ac.jp

東又 厚  三樹工業株式会社  sanki@chiba.email.ne.jp

Hiroshi YASUDA, National Institute of Radiological Sciences

Takao MATSUZAWA, National Institute of Radiological Sciences

Munetoshi TOKUMARU, Solar and Terrestrial Environmental Laboratory, Nagoya University

Atsushi HIGASHIMATA, Sanki Kogyo Co. Ltd.

研究テーマ:

宇宙線被ばく線量評価の信頼性向上を目的とした富士山頂での放射線測定

Radiation Measurements at the Summit of Mount Fuji to Improve the Reliability of Cosmic Radiation Exposure Assessment

研究結果:

我々のチームでは、航空機乗務員の宇宙線被ばく線量評価研究の一環として、富士山測候所における宇宙線モニタリングシステムの整備を進めている。本システムは、エネルギー拡張型の中性子レムカウンタ、特注のデータロガー、長距離無線LANユニット、電源ユニットから構成されている。測定データは長距離無線LANにより富士山測候所から富士山麓の施設のパーソナルコンピュータ(PC)へ転送される。富士山麓施設のPCはインターネットにも接続されているため、我々は千葉(放医研)から測定データを取得することが可能である。本年は、新しいバッテリーを電源ユニットに追加した後、8月27日より連続宇宙線モニタリングを開始した。8月27日から10月12日までに得られたレムカウンタ計数率(カウント/時:3時間平均値)をFig. 1に示す。9月中旬以降に得られた値に比べて測定開始直後数日間の計数率のレベルは2倍以上になっている。現時点では、この計数率レベルの差異は、物理的な要因ではなく、ノイズ等が原因ではないかと推察している。今後も数ヶ月間はモニタリングとデータ解析を続ける予定である。

1a640021.gif



Fig. 富士山測候所での宇宙線中性子モニタリング結果(8/27-10/12)



3時間毎の計数値平均から求めた計数率(カウント/時)を示す。



表記:

As a part of study on the cosmic radiation exposure assessment for aircraft crew, we have started to develop a system for continuous monitoring of cosmic radiation at the top of Mt. Fuji. The system consists of an extended energy-range rem meter, a custom-made data logger, a wireless local area network (WLAN) unit, and a power-supply unit. The measured data is transferred from the data logger at the Mt. Fuji Weather Station to the host PC at a facility built at a foot of Mt. Fuji via the WLAN unit. Because the host PC is also connected to the Internet, we can acquire the data measured at the top of Mt. Fuji from Chiba (National Institute of Radiological Sciences). In this year, after having added new batteries to the power-supply unit, we started continuous monitoring of cosmic radiation from August 27. The rem meter count rates in count per hour averaged for three hours from August 27 to October 12 are shown in Fig. 1. The level of count rate obtained during several days just after start of the measurement is two times higher or more than that obtained after the middle of September. At the moment, we guess that it is not a physical factor but a noise which caused the discrepancy in level of count rate. Monitoring and the data analysis are going to last several months in future.

研究成果の公表:

次年度開催の日本保健物理学会、あるいは日本放射線安全管理学会等での発表を予定している。

【参考】プロジェクト計画:
宇宙線被ばく線量評価の信頼性向上を目的とした富士山頂での放射線測定

我が国で実施されている航空機乗務員の被ばく線量評価の信頼性を高めるため、日本最高峰に位置する富士山測候所において宇宙線を常時監視する体制を構築し、そのデータから上空の線量を迅速かつ正確に推定できるようにする。本年度は、昨年度の試験運用で5カ月の連続データ取得に成功した経験を踏まえ、ソーラーシステムの導入など電源部の改良を図ることで通年観測の実現を目指す。