氏 名: 大河内 博 Hiroshi Okochi
所 属: 早稲田大学 理工学術院 School of Science and Engineering, Waseda University


共同研究者氏名・所属:


緒方裕子(早稲田大学 理工学術院)

皆巳幸也(石川県立大学 生物資源環境学部)

米持真一(埼玉県環境科学国際センター)

竹内政樹(徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部)

香村一夫(早稲田大学 理工学術院)

Hiroko Ogata (School of Science and Engineering, Waseda University)

Yukiya Minami (Faculty of Bioscience and Environmental Science, Ishikawa Prefectural University)

Shin-ichi Yonemochi (Center for Environmental Science in Saitama)

Masaki Takeuchi (Institute of Health Biosciences, The University of Tokushima Graduate School)

Kazuo Kamura (School of Science and Engineering, Waseda University)

    
研究テーマ:

富士山体を利用した自由対流圏高度におけるエアロゾル-雲-降水相互作用の観測

Observation of aerosol-cloud-precipitation interaction in the free troposphere using Mt. Fuji

研究結果:

自由対流圏高度に位置する富士山頂で2012年7月14日から8月24日までエアロゾル(水溶性成分,多環芳香族炭化水素,フミン様物質),ガス(酸性ガス、揮発性有機化合物),雲水,雨水の観測を行い,日本上空のバックグランド濃度の測定を行った.さらに,今年度は新たに構築した酸性ガス自動モニタを用いて,富士山頂および富士山南東麓太郎坊における酸性ガス(塩化水素,亜硝酸,硝酸,二酸化硫黄)の連続観測を試みた.

図1に,2012年7月30日から8月6日までの約1週間,富士南東麓太郎坊における酸性ガス濃度を30分毎に自動分析した結果を示す.酸性ガス濃度は,二酸化硫黄 > 硝酸 > 亜硝酸 > 塩化水素の順に高く,いずれの酸性ガスも日中に高濃度になる傾向がみられた。現在,自動モニタとフィルターパック法で採取された酸性ガス濃度のクロスチェックを行うとともに,この他に得られた試料の分析とデータ解析を行っている.


ef785903.gif




英語表記:

We simultaneously collected aerosol, gases, and cloud water at the summit of Mt. Fuji, which is located in the free troposphere, from 14 July to 24 August 2012.  Our objectives were to elucidate background concentration levels of gases (acidic gases and volatile organic compounds), aerosol (water-soluble components, polycyclic aromatic hydrocarbons, humic-like substances), cloud water and rainwater in the free troposphere over Japan, to make clear the characteristics of background pollution in the air mass by the long-range transportation or upslope wind from the base of the mountain during the daytime in the summer, and to ascertain aerosol-cloud-precipitation interactions.  Chemical analyses of the collected samples are now ongoing. We are also analyzing the observation data.


研究成果の公表:


<学会発表>

小林由典,大河内博,緒方裕子:有害大気汚染物質の動態解析と降水洗浄機構(10)-大気中PAHsおよびOPAHsの存在状態と地域特性,第53回大気環境学会年会,2012.9.12-14(横浜)

藤田雅俊,大河内博,緒方裕子:大気中多環芳香族炭化水素の降水洗浄機構と森林樹冠への乾性沈着量の推計(2),第53回大気環境学会年会,2012.9.12-14(横浜)

田原大祐,大河内博,緒方裕子,皆巳幸也:富士山体を利用した雲水科学特性とその濃度支配要因の解明(4),第53回大気環境学会年会,2012.9.12-14(横浜)

磯部貴陽,大河内博,緒方裕子,田原大祐,丸山祥平,皆巳幸也:富士山体を利用した自由対流圏大気中酸性ガスおよびエアロゾルの観測(2),第53回大気環境学会年会,2012.9.12-14(横浜)

宮崎祐樹,磯部貴陽,大河内博,緒方裕子,田中秀治,竹内政樹:富士山頂と富士山南東麓における大気中酸性ガスの連続観測,第50回フローインジェクション分析講演会,2012.11.16(徳島)

【参考プロジェクト計画:

富士山体を利用した自由対流圏高度におけるエアロゾル―雲―降水相互作用の観測

雲はエアロゾルを凝結核として生成し,その成長過程で水溶性ガスを吸収する.雲粒径が臨界直径より小さければ,雲粒は消失して気相にエアロゾルを放出するが,この過程を通じてエアロゾル径を増加させるとともに,水溶性成分を増加させる.雲粒径が臨界直径より大きければ,雲粒はさらに液滴成長して併合衝突により雨滴となって地上に落下する.このエアロゾルー雲ー降水相互作用は,地球温暖化とその環境影響の将来予測の観点から注目されている.本研究では富士山測候所を活用し,様々な大気汚染物質のバックグランド濃度を解明するともに,バックグランド汚染の実態解明を行い,エアロゾルー雲ー降水相互作用の解明を試みる.