bd76469a.jpg
「2012年富士山で行った高エネルギー放射線観測」片倉翔さん(学芸大)

今年も残すところ1週間。年末恒例の行事となった東京理科大学総合研究機構山岳大気研究部門主催の「データ検討会」が東京理科大で開催されました。

「データ検討会」は富士山測候所の夏期観測に参加した学生が主体となってその成果を発表するもので、早稲田大学、東京理科大学、東京学芸大学、山梨大学、首都大学東京、東京農工大学、電中研などから30名以上が参加しました。

研究発表内容は非常に充実していて、富士山研究が若い人たちに担われて発展していることがわかるよい集会でした。

07fd539f.jpg
懇親会もとても盛り上がって・・・やはり若い人はすごい!と実感しました。