太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

2000年08月

livecamera
 今年の夏から3台体制になったWebカメラは、日本一高い位置から東西南の3方向をカバーしている

今年から東西2方向に南方向が加わり、3台になったライブカメラ。カメラのカバーする範囲は1.5倍に拡大し、学術科学研究に大きな威力を発揮してくれそうです。

とはいっても、経費を節減するため今年もネットオークションで購入した中古のWebカメラは、突然故障して数日間画像配信を停止させたり、画像の色が滲んだり不鮮明だったりと、必ずしも期待どおりの動きはしてくれていません。

こんなポンコツのライブカメラですが、8月14日(火)台風14号が上陸したときは、このページを1日で820人が訪れました。厳密には、重複を除いたユニーク訪問者数は677人ですが、これでも当サイトでは記録的な数字です。

20180814

この日のアクセスログを分析したところ、3分の2強の457人がスマホからということがわかりました。どうやら悪天候の中、登山中に雲の上の山頂の様子を確認するのに利用されているようです。

20180814-2

また、このサイトまでどこを経由してきているか(リファーラー)を見ると、圧倒的に「富士山なう(気象情報・ライブカメラ)」からが269人、「富士さんぽ」が36人で続いており、直接当サイトに飛んできているのは201人でした。

*2年前には環境省からの申し出で、富士登山オフィシャルサイト(環境省、静岡県、山梨県による「富士山における適正利用推進協議会」が運営するサイト)からリンクが張られましたが、その後このリンクはなくなりました。

学術研究目的で設置しているライブカメラではありますが、こんなふうに雲で覆われた山頂の様子を登山中に確認できるのに使われているということは、防災面でも貢献しているとも言えなくもないと思います。

剣ヶ峰のライブカメラの一般公開も5年目を迎えますが、多くの研究者に研究データを提供している一方で、「日本一高所のライブカメラ」として登山者を含めて広く定着してきているようです。

そして、想いはすでに来年へ。今年の苦い経験を踏まえ、既存カメラは一斉更新され、4台に体制にすることでほぼ隙間なく山頂から周囲をカバーするようになる、という夢のような構想が・・・。

*なお、今年の3台目のライブカメラはWNI気象文化賞(畠山史郎)で購入したものです。記して感謝申し上げます)
(広報委員会)




youtube
 富士山測候所北側の貯水槽の上で行った風力主体ハイブリッド発電機の実証実験(Youtubeへリンク)

ネパール高所非電化農村地帯向け風力主体ハイブリッド発電機の実証実験
桐原悦雄,三沢一浩(産業技術大学院大学)
ネパールの電源確保のため再生エネルギー発電の有効活用を目指して、風力を主にしたハイブリッド発電機を設置した。今後は3千㍍級山村の電力供給に向けて無電化農村地帯の課題である「突風で羽根破損がないか」の試験・実験を日本の富士山頂で実証して、ネパール山村に展開する。

ネパールの高度3千㍍級の山村地帯は、まだ電化されていないところも多いそうです。この非電化農村地帯に電力を供給するという社会課題の解決のために、産業技術大学院大学・村越教授研究室が持ち運び可能な風力発電と太陽光発電システムを組み合わせたハイブリッド発電システムの開発に取り組んでいます。

プロジェクトの代表者・桐原悦雄氏は昨年の夏、トライアル利用で参加し山頂で設置場所などを現地調査。今回の山頂での実証実験にあたっては、チューター(産総研・兼保直樹研究グループ長)のアドバイスも受けて安全性を高めるための改良を重ね、地上での入念な試験を行って臨みました。

kiri
 地上での準備風景。安全対策として安全柵の設置,土台をアイボルトによる固定に改良

発電システムは、7月23日から24日にかけて測候所北端の旧水槽の上に取り付け。作業は約1時間で完了。風力と太陽光による発電を行い、小型のバッテリーに蓄電できることが確認できました。今回の試験結果では、予定していた内容をすべてクリア。持ち運びが可能で簡単に電力が使えることで、社会課題解決の可能性は広がりそうです。

image002
 発電試験を監視するコントローラにより記録機材は,天候を考慮しクリアBOXに収納

また、試験状態を無線WEBカメラによりインターネットを利用して地上から遠隔監視しました。5分間隔(撮影間隔は設定により変更可能)で状況写真を自動的に撮影し、撮影データをクラウド上に保管する取り組みにも成功しました。

image015
image009-horz
(上)持ち運びできる風力発電と太陽光発電システム手前のBOXにWEBカメラを設置(下)Webカメラが自動撮影した画像。左から7月24日の10:05、12:00、15:20に撮影

これにより,運転状態の確認に加えて,気象の変化も遠隔で状況把握が可能になることから,各方面での利用用途に可能性が広がります。今後は、より発電効率の向上を目指し改良を加え、試作品の設計情報の公開も目指して行くそうです。

さらにこの秋には富士山麓太郎坊(標高1,300㍍)で約1ヶ月間の地上試験を行う計画も浮上しているとか。富士山体をフルに活用したプロジェクトの成果に期待も高まります。

(関連記事)
ネパールで風力発電の伝道師に 富士通を定年退職の横浜・桐原悦雄さん(東京新聞)

(広報委員会)


このページのトップヘ