太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

2018年07月

180719121+
 故障したO3計のポンプを持参した別のポンプに交換する首都大学東京の学生

今年は、ライブカメラの多点化に加えて、微量ガスのリアルタイムデータの公表にも力を入れていますが、今回は首都大学東京の加藤俊吾准教授と学生さんの仕事をご紹介します。

加藤俊吾・准教授は2007年から、オキシダントなどの微量気体のモニタリングを行っており、そのデータは山頂の大気化学観測の基本的なものとして、12年間の観測研究に貢献しています。今年も、7月7日の霧と強風の中で最初の荷上げ、13日に調整に登って、7月14日から測定が開始され、順調にCO,O3のデータが、ホームページに(1日遅れの準リアルアイム)で公表されていました。

ところが、7月16日に、「オゾン計おかしいですよ」という連絡がはいり、加藤先生と学生は19日に急遽日帰り登山で調整しました。


その結果下の図の上の画面が下のように改善されました。

O3_20180718O3_20180719
 2018年7月18日(上)と19日のCO, O3のグラフ(下)・・・O3の測定は19日の9時から回復している

山頂の観測は、このような思いがけないトラブルが避けられません。

なお、加藤先生のグループは2015年から東京学芸大学鴨川研究室の協力を得てシステム構築を行い、SO2の10分ごとのリアルタイムデータを公開しています。

0715so2
 二酸化硫黄(SO2)リアルタイムモニタリングの画面


二酸化硫黄(SO2)ガスは、主に石炭燃焼が発生源で、汚染大気が運ばれてくると濃度が高くなります。夏の富士山頂では、SO2濃度が増加するほどの汚染大気の輸送イベントはあまりおこらないので、通常はほとんど濃度はゼロになりますが、遠方の火山噴火検知や富士山噴火の事前検知に貢献することが期待されています。

また、昨年からは、富士山頂の多くの地点でのSO2濃度の調査を行うために、移動式のガスセンサーを試作し、背負って歩く試験も始めています。

トリミング
 180719227+
  ポータブルのガスセンサーを山頂で準備し(上)、背負って下山しながら大気を測定(下)・・・キティちゃんの袋のなかに測器がはいっています

大気汚染の研究者として、排気ガスなど、人為起源のSO2の測定を行っていた加藤先生は、2013年の山頂のデータの中に、桜島など火山噴火の影響を発見しました。SO2は火山噴火によっても放出されますが、はっきり桜島の影響であるをすぐ判定できたのは、COや、O3を同時に測定している加藤先生だからできたことです。

一酸化炭素(CO)は化石燃料などの燃焼から放出されます。富士山頂では近くに発生源がないため、汚染大気が発生源地域から輸送されてきているときにはCOが高濃度になります。オゾン(O3)は地表に近い対流圏では汚染大気が光化学反応をすることによって生成します。これらの微量気体の相互関係や、風のデータから、桜島の影響が判定されたのです。

このような背景があったため、最初に書いたような火山ガスの検出の仕事が始まっています。測定結果にはこれからも目を離せません。

(広報委員会)




live
 矢印で囲まれた部分は、3台のライブカメラがそれぞれの方角でカバーしている範囲(画角:54度)を示します
ライブカメラ稼働
From:        鴨川 仁
2018/7/15, Sun 13:45

みなさま

みなさまのお力添えでライブカメラが実稼働しました。
http://npo.fuji3776.net/
今年からは3方向(東西に加え南方向も)の画面となっております。
http://npo.fuji3776.net/info/livecamera.html
10分に1枚中画質
http://npo.fuji3776.net/cug/livecamera_cug.html
1分に1枚 高画質 会員のみ  日付ファイル名でデータはサーバーに保管

また、すべての画像は、1秒間30フレームの動画としても別途記録されております。

昨日から山頂で奮闘していた鴨川先生から待望の「ライブカメラ稼働」のメールが届いたのは13時45分のこと。今朝の10:30頃から外作業に入って約3時間。遂にライブ画像送信が始まりました。

ライブカメラは、富士山測候所を活用する会が学術研究目的のために夏期のみ富士山測候所に設置し、雲や雷の映像などを記録しています。その記録画像は複数のグループが利用していますが、その研究の進展に伴い、今季から従来の東西方向に加えて南方向にもカメラを増設し、3台体制で記録することになったものです。

また、サンプリング間隔も、会員向けについては従来の2分間隔から60秒間隔に短縮。この結果、ホームページでもより広角で臨場感あふれる山頂の雲の動きも把握できるようになりました。8月下旬までの短い期間ですが、日本一高所(標高3,776㍍)のライブパノラマビューをお楽しみください。


先ほど、山頂班・横山班長からも写真を添えてメールがありました。
今シーズン最多の人出です。午後を過ぎても行列が途絶えることはなく、馬の背の下の方まで列が続いています。富士宮口側から来た人と反対側から来た人の間で、並ぶ順番に関して軽いいざこざも・・・

KIMG0905_R

地上は酷暑が続いています。せめて、山頂から送られてくるライブカメラの画像で涼気を感じてください。

なお、ライブカメラの設置・調整には、鴨川グループの鈴木智幸さん、遠藤周さん、村田浩太郎さん、伊藤有羽さんがあたり、山頂班の長門敬明班長、横山勝丘班長、宮城公博さん等が手伝ってくださいました。本当にお疲れ様でした。

(関連ニュースリリース)
2018/07/15  富士山頂ライブカメラの画像配信を開始しました
―よりワイドに, より臨場感あふれる山頂からのパノラマビューをご覧になれるようになりましたー
news_release_20180715

(広報委員会)

eigope-ji
 夏期観測の国際化に対応した英文ホームページのトップ画面

国際化といえば、つい半年前に御殿場市で国際シンポジウムを開催したばかりですが、今年の夏期観測プロジェクトにもその国際化の余波?が続いています。

今年度の夏期観測では以下の3件の国際研究課題が実施され、ネパール人、アメリカ人も富士山頂を目指します。

R03 日中韓同時観測による長距離輸送されたPM2.5/PM1の化学組成解明
Characterization of chemical components of long-range transported PM2.5/PM1.0 by simultaneous observation between Japan, China and South Korea.
(米持真一, 埼玉県環境科学国際センター) Shinichi Yonemochi, Yuichi Horii, Yusuke Fujii,  Shiro Hatakeyama (Center for Environmental Science in Saitama), Hiroshi Okochi (Waseda University), Ki-Ho Lee (Jeju National University)

U05 ネパール高所非電化農村地帯向け風力主体ハイブリッド発電機の実証実験
Demonstration experiment of wind power-based hybrid generator for non-electrified rural areas in Nepal
(HAWA-group、桐原 悦雄、産業技術大学院大学) Etsuo Kirihara, Murakoshi Hideki, Misawa Kazuhiro, Naganuma Hiroshi (Advanced Institute of Industrial Technology), Naresh Maharjan (Fujitsu Software Technologies Limited)

T06 地域資源・ハザードのモデル化と持続可能な管理ため統合的手法開発
Integrated methods for modeling and sustainable management of regional natural resources and hazards (Mt. Fuji, Japan)
Chris S. Renschler University at Buffalo (USA) / University of Tokyo、Taku Nishimura (University of Yokyo)


夏期観測に関する情報はこれまで日本語ページにしか示されていませんでしたが、外国人参加者のために今年から「安全の手引き」をまず英文化して「Safety Guidelines 2018」としてアップしました。2008年に金沢大の松木篤先生のご厚意で作っていただいたものを、現在のマニュアルに合わせてアップデートしたものです。(参加者の一人、Chris Renschler 教授も英語で手伝ってくださることになっています)

safety2
safety
(上)表紙(下)英語版でも図表、写真を多用し、より親しみやすくした


日程の問い合わせも多いので、グループ別の夏期観測日程表も英語版をUPしました。

nittei
 英語表記にした夏期観測グループ別日程表は日本語日程表と同期をとって更新されています

また、昨年11月に御殿場市・時の栖で行われた国際シンポジウムACPM2017の懇親会でも使った山頂風景などのスライドを下記に入れました。山頂班の岩崎さん、澤田さん、千田さん等が普段眼にすることができないような珍しい動植物や風景などを撮影し送信、地上で広報が毎朝 Instagramで発信していた画像をスライドショーにしたものです。

daily
daily2
 富士山測候所の周りで撮った珍しい光景を多数収録

最後になりましたが、7月中旬から配信開始する予定の山頂ライブカメラへもリンクを貼っています。

livecamera2018
 ライブカメラのカバー範囲を示す地図も英語主体。カメラは今年から1台増やして3台体制になり、初めて南方向(相模湾や伊豆半島)もカバーします

このほかにも、細かな改良が進行中です。ぜひご注目ください。そして、どんなことでも結構ですので、ご意見を頂けると有難いです。

(広報委員会)

HALKAほか
山頂でバッテリー駆動しているSO2センサーと通信機能を備えたロガー(HALKA

2018年7月9日 15:14 Shungo KATO :
鴨川先生(NPO事務局、土器屋先生、佐々木先生)

首都大の加藤です。
本日は天気が良いのでしょうか。
7日に山頂に設置してもらったSO2センサー用のHALKAです が、データを確認したところきちんと動いています!通信状態も良いようです(データの重複がない)データ整理したものを添付しておきます。

HAlka-SO2 fig180710
 SOセンサーのシグナル(良好に動いていることを確認) 

7月7日(土)、霧と強風と低温の中で首都大学東京・加藤グループの一部荷物の建物への搬入が行われました。時間が限られていて庁舎にいられた時間は10分足らず。あわただしく下山した加藤先生から届いたメールです。

また、「昨年の夏の終わりから越冬でテストをしていたSO2センサー測定システム。データロガーは冬を乗り越え動作しており、バッテリーの寿命を記録していてくれた」との嬉しいメールも届いています。

詳しいデータなどは、おいおいホームページにアップしますが、とりあえず朗報をお知らせします。
いよいよ今年の観測も、動き始めました。


7月7日加藤ー1
 7日の加藤先生が観測装置などの山頂への運び込みの様子です。霧と低温と強風の中での運び込みでした。

7月7日加藤ー2
 凍りつきそうな寒風の中で荷物下しを手伝った首都大学東京の学生

7月7日加藤ー3
 鮗池(このしろいけ)から見た測候所

(広報委員会&学術科学委員会)

本日(7月6日),WNI気象文化創造センターより「気象文化大賞」の賞状が届きました。
これは「草の根的・実用的」な本NPOの研究事業が評価されたもので、助成金(100万円)が頂けます。

今年の緊縮財政のNPOには干天の慈雨です。

hyoushou

あなたが第8回気象文化大賞に応募された企画は草の根的・実用的な研究事業としての推進が大いに期待できるものでした。よって、ここに助成金を贈呈するとともにこれを賞します

研究・活動テーマは「富士山頂から地球環境問題の最先端を発信する」で、研究拠点としている旧富士山測候所において研究者の取得する環境科学データをリアルタイム配信し、

  • 広範囲の研究者と情報共有することにより、より広範囲の学術的成果を得るとともに、環境保全や災害対策などにその成果を活かす。
  • 多くの地域住民や学生・生徒などに大気環境状況を認識してもらう。
  • さらに、山頂から環境科学の専門家のレクチャーをインターネット配信し、環境問題の基礎知識のみならずデータの開設、環境研究現場の最前線も地域住民や学生・生徒に啓発する。

というものです。


IMG_1544
 今夏山頂に取り付ける3台のライブカメラ。左端がWNI助成金で新たに購入したカメラ

この一環として、早速、助成金の一部で山頂に設置するライブカメラを1台購入しました。

ライブカメラは昨年まで、西方面と東方面の画像を夏の間毎日、20分おきにお届けしていました。今夏からは、これに南方面を加えてさらに広範なアングルで撮った画像をお送りする予定です。その3台目のカメラの購入にこの助成金を充当させていただいたものです。

装置は今日から上山中の鴨川仁・学芸大准教授が取り付け、早ければ9日(月)朝にはホームページから画像配信を開始する予定です。日本最高地点からのライブビューにご期待ください。

(広報委員会)

このページのトップヘ