FH000063
 1990年代の測候所(佐藤政博撮影)


1990年代まで富士山レーダーを擁して「台風の砦」であった富士山測候所は、当然のことながら、台風に襲われることが多いところです。上空の大気の動きが速いため、山頂では台風の影響は地上より数時間早く現れます。

立平良三・元気象庁長官は、富士山測候所勤務を経験された方ですが、「富士山測候所との10年」(変わる富士山測候所、春風社、2004)の中で次のように書いておられます。


 tatehira

・・・・・・期待通り、富士山レーダーは南方洋上から接近する台風を、500~600kmもの遠方から監視する役割を果たしてきました。富士山のレドームは秒速100mの強風にも耐えることのできる設計でしたが、一度だけ、レドーム(レーダードーム)のフレームに取り付けられている強化プラスチック(一辺2m程度の三角形)が破損したことがあります。1966年台風26号が富士山の西側を通過した時のことです。このとき、山頂の風速計は最大風速91.0mを記録、その後壊れてしまいました。


強風はベルヌーイの定理が示すように、レドーム内の静止空気より気圧が低いため、内部の空気は破損部分から吸い出され、床に張られていた防水用のゴムシートは膨れ上がり、裂け目が生じました。雨水が裂け目から降りかかり、危険を避けるために送信を停止せざるを得ない状況にい陥りました。この時台風の中心は既に山梨県付近まで移動、ほかのレーダーに観測を引き継ぐことで富士山レーダーは任務を全うすることが出来ました。破れたプラスチックパネルはレドームの下部に取り付けられていたもので、風によってではなく、飛ばされた岩石が衝突して破れたものと推察されます。風だけなら、設計通り十分に持ちこたえたでしょう。

   ・・・・・・・・・・


その後、大型パネルに強大な風圧が直接かかり、ねじれて掛け金が外れ、内側に倒れ掛かってきました。80kgもあるパネルを5人がかりで必死に支え、重い箱や心張り棒に少しずつ置き換え、一時間ほど耐え抜きました。パネルが倒れていたら、塔内のレーダー機器や地上観測機器は水浸しになり、大損害はまぬかれなかったでしょう。・・・・ 


NPOが夏の2か月、管理運営するようになってからも、台風による影響は多く出ていますが、会報誌『芙蓉の新風』の中から、台風関連を拾ってみると:2007の開所時の台風のあと、2009年長澤先生グループが登山中止、2011年見学会見合せ、2014年7月に大型台風8号接近で一時閉所下山(生越班長)、2015年、大気化学の荷揚げと重なったり、ブラタモリの撮影がぎりぎりだったり、2016年は7.8でブルが断念して下山(大河内研、8.21)など。

これらは、山頂班の岩崎班長が「通常業務の範囲です」といわれるものがほとんどですが、今年はどうやら、それ以上の「当たり年」のような予感があります。前回の台風12号は東から西へ動く異例のコースをとり、仮設庁舎の雪囲いにも被害をもたらしましたが、今回の様子は(岩崎班長のチャットによると)

徐々に風が強まっています。風が前回と同じNNEなので、雪囲いが無くなった所からの吹込みが強く、仮設(庁舎)ー4号(庁舎)間の連結部分が脆弱で、危険だったので応急処置をしていました。
相変わらず風圧でドアの開け閉めが大変です。酔っぱらっている訳では無いのですが、小刻みに仮設が揺れています。(笑)長い1日になりそうです。まあ、いつものことですが、気持ちよくはないですね。
仮設はあちこちから風が吹き込んで結構寒いです。最近床下からも吹き上がって来ます。


とのことで、一昨日(8月7日)、研究者たちを急きょ下山させた山頂班の判断に感謝して、台風13号が12号で傷んだ仮設庁舎を吹き飛ばさないことを祈って長い一日が過ぎました。何とか無事にやり過ごしてほっとしていますが、南海上には台風14号が発生したとか・・・心配の種はつきません。

(広報委員会)