DSC_2318

「富士山頂日誌既に廃棄:68年間つづった40冊、専門家「一級の資料」
毎日新聞8月10日朝刊、社会面p30に荒木涼子記者の署名入り記事が載りました。

富士山測候所の簡単な紹介や、廃棄された日誌の写真と共に
中島博「カンテラ日記-富士山測候所の50年」(ちくま少年図書館90、社会の本、1985)の内容から、主なものが紹介されており、1944年11月24日「首都圏空襲」、1945年7月10日「地方都市も」、7月30日「被弾」と戦争中の測候所や1945年9月19日の「米兵登山」、1966年3月5日の英旅客機墜落などの記事もあります。

最後に、本NPOの鴨川理事による「世界でも珍しい資料。なぜ廃棄されたのか理解できない」というコメントも載せられています。

内容は下記のURLからもご覧になれます。

https://mainichi.jp/articles/20180810/k00/00m/040/187000c

(広報委員会)