太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

2019年07月

unnamed


リクルート社スタディサプリ「学問探究BOOK」は、日本全国の大学の研究者のなかから101名を受験生に紹介するという本です。その101名の中に、本NPO理事の早稲田大学・大河内先生が選ばれました。





研究テーマは大気中に含まれる化学物質を長期にわたって観測してこられたという内容です。意外なことに、富士山山頂では大気の汚れが観測されています。この汚れは一体どこから来るのか?を研究のきっかけや、地球環境に対する想いが大河内先生の言葉でわかりやすく解説されています。

学問探究BOOK2

「継続は力なり」「調査や分析は他人に任せず自分でやり続ける」という素敵な言葉がとても印象に残ります。未来の研究者を目指そうとする若人に、大いに勇気を与えてくれる記事になることでしょう。

大河内先生の益々のご活躍をお祈りいたします。

(広報委員会)


5000reachx
 富士宮口から登山した米持真一・埼玉県県環境科学国際センター担当部長一行を待ち受けていたサプライズ


例年になく長い梅雨はまだ明けないようですが、久しぶりの青空が見えた7月25日(金)。この日は、大気化学関係の各グループは集中観測の真っ最中。観測機器の点検などのために山頂に登ってくる研究者、作業を終えて山頂を降りる研究者等が行き交い、山頂の活動も一段と活発になっていました。

いまから13年前(2007年)から始まったNPOによる旧富士山測候所を利用した夏期観測。この年は公式サイトの沿革には「8 課題で212人が利用した」との記述があります。
第1期(2007年-2009年)
研究公募を開始―手探り状態で始めた測候所の活用

2007年に気象庁による「富士山測候所の庁舎の一部貸付」の公募に応じて、入札し、同じく入札したA社が「利用条件が厳しすぎる」という理由で辞退したことによって、本NPOが落札しました。借用の条件としては「原則として研究(教育を含む)を目的とした利用に限る」「電源使用はすべての経費をNPOが持つ」「研究者等の滞在は夏期2ヵ月に限る」というものです。

この年は、何もかも初めての経験で慣れない研究者たちが、測候所で非常勤勤務の経験のある登山家を雇用して安全を確保し、手探りで管理運営を行いましたが、7-8月の間に8課題についての研究が行われ、延べ212人が山頂の測候所に滞在しました

2008年は、前年の成功によって、多くの利用希望が殺到しました。この年からNPOが研究希望者を公募し、科学的価値と安全性を基準に利用者を選別することで測候所の開放的な利用を目指しました。
公式サイト>会について>沿革より
この年以降は、毎シーズン300人から500人の研究者等がコンスタントに参加し続け、実はこの日、その累計人数がついに5000人の大台に到達しようとしていました。


sankasha_graph
 夏期観測参加者数の年度別推移と累計を示すグラフ *2019年度は7月25日現在までの数値です。

前日(7月24日)までの利用者が4988人に達し、7月25日に登ってくる人の中に5000人目の方がいることを知っていたのは、登山届を管理している鴨川事務局長・東京事務局と山頂班・御殿場班だけ。

そのため、山頂ではちょっしたサプライズのイベントとなりました。5000人目になったのは米持真一・埼玉県環境科学国際センター担当部長でした。山頂でPM2.5の観測を行っており、この日はその機材の点検などのために同僚等と富士宮口を早朝に出発しました。

山頂で待ち受けていた鴨川仁・事務局長からそのことを知らされ、祝5000人達成のバナーを囲んで記念撮影したのが最初の写真です。このニュースは静岡新聞の記事として7月26日の朝刊の社会面にも大きく取り上げられました。


DSC_0633z
 静岡新聞7月26日(金)朝刊社会面

本NPOは2007年から7月10日から富士山頂の研究活動を始め、おかげさまで13年目の夏を無事故で迎えています。米持先生は2010年以来、山頂でPM2.5の観測を続けてこられ国際的な山岳や都市の大気共同研究でご活躍中ですが、10年目の夏には思いがけない幸運が待っていたようです。今後、益々のご研究の発展を祈ります。

R02
日中韓同時観測による長距離輸送されたPM2.5/PM1の化学組成解明
米持 真一(埼玉県環境科学国際センター)

中国における大気汚染物質は改善が見られるが、長距離輸送による日本や韓国への影響が懸念されている。本研究では、東アジア地域のPM2.5の長距離輸送現象や夏季の関東地域の大気汚染への影響を解明するために、富士山頂において、PM2.5の連続自動採取装置を用いて採取し、主に金属元素成分に着目した化学組成分析を行う。試料採取は日本(埼玉県加須市、東京都新宿区)、中国(北京市、上海市)、韓国(済州島)で同時に行う。なお、本年はPM1に特化した観測を実施する。

プロジェクト2019-06-30_大気化学2019

プロジェクト2019概要より

なお、今年は8月13日に夏期山頂研究活動700日目を迎えます。これまで、無事故で続けてこられたことは皆様の、ご支援とご協力のたまものです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

(広報委員会)




1F8321F4-2004-4F08-BC31-173ADF1C3EDD
       事務局に送られた賞状

「気象文化大賞」は 「気象の減災・自助・共助、経済的利用、環境問題などへの対応における実用的な気象研究・活動について、新たなる研究・活動を行おうと計画している、『個人』および『団体』のこれからの発展を願い『気象文化大賞』として表彰し、研究・活動について助成をする」 というものになります。
 昨年畠山史郎理事長が「富士山頂から地球環境問題の最先端を発信する」で受賞したのに引き続き今年もいただけたのは皆様のご支援のお陰です。

 今回助成をうけるテーマは「火山噴火に備えた富士山での大気観測」というタイトルです。 日本列島には数多くの火山が存在しており、富士山も噴火が懸念されている火山の一つです。2014年の御嶽山の急な予期せぬ噴火においては多くの登山者が犠牲になりましたが、より多くの登山者が訪れる富士山が噴火した場合には、甚大な被害が生じることが予想されます。そのため、突然の噴火による被害を少しでも軽減するために、富士山(山頂の富士山特別地域気象観測所および山麓の太郎坊)において火山性ガスの常時モニタリングのために、微量ガス全般を測定することは大切です。そのため SO2と同時に、COおよびO3の測定データをリアルタイムで発信するシステム構築の研究を行い、災害対策に生かすことを目的としています。 夏季は富士山頂でも商用電源が利用でき、大型の大気観測測定器での火山性ガスの測定結果をリアルタイム配信を行います。
data
   山頂で測定してホームページにリアルタイムで載せているデータ

 しかしながら、夏季以外では商用電源が利用できません。そこで、小型小電力の測定器とバッテリーを用いて富士山頂での測定結果を行い、SONYセミコンダクターソリューションズが開発したELTRESを用いてリアルタイムで測定データを通信して、無人越冬観測を行うようにします。 現在、実験室にてELTRESでのデータ通信のテスト中です(写真)。 ****
190718019+
  実験室で通信テスト中のELTRES
(学術科学副委員長・加藤俊吾)

unnamed
 天皇皇后両陛下(当時)と総会の実行委員長であった上田誠也先生(2003年札幌)

国際測地学及び地球物理学連合(こくさいそくちがくおよびちきゅうぶつりがくれんごう、英語:International Union of Geodesy and Geophysics、略称:IUGG)は、測地学と地球物理学に関する非営利の国際的な学術団体。公用語は英語とフランス語。

8つの協会と3つの委員会から構成され、それぞれの協会で国際学会を開催している。また4年に一度、IUGGの総会が開催される。2003年現在で76ヶ国からの参加があり、たとえば日本では日本学術会議地球惑星科学委員会IUGG分科会が対応している。

アメリカ合衆国の研究者は、IUGGの会合よりもAGU(アメリカ地球物理学連合)への参加を好む傾向にある。一方で欧州の研究者はIUGGへの参加に積極的であるとされる。日本人も積極的に参加しており、・・・(以下省略)

今年の7月は4年に一度行われる世界最大の地球・宇宙科学の国際会議である「国際測地学及び地球物理学連合(International Union of Geodesy and Geophysics。略称IUGG)」の総会にあたります。

日本では、2003年に札幌で行われ、天皇皇后両陛下(当時)からもセレモニーでお言葉を頂くという格式・伝統のある国際会議です。

近年では、アメリカ地球物理学連合(AGU)の年次会合に参加する世界各国の研究者が多い中、IUGGは、公用語が英語・フランス語であるなど、「格式と伝統」をいろいろなところから感じさせられる会議です。

今年の総会は会期7月8日-18日の日程で、カナダのモントリオールで行われています。富士山関係では3件の発表がありました。

先日英文論文として発表した防衛大学の瀬口さん・岩崎先生の研究発表、静岡県立大グループの雷放射線の研究発表、そしてカリフォルニア大学サンタクルーズ校のDavid Smith教授らのグループの発表です。

unnamed (1)
Smith教授の発表。今年3月の成果報告会で発表した富士山頂で捉えた中性子は雷起源か否か?という講演。

IUGGは巨大な組織で、下部組織やワーキンググループも構成されています。そのワーキンググループの一つに、長尾年恭・理事がトップを務めるEMSEV(Electro-Magnetic Studies of Earthquakes and Volcanoes)があり、総会会期中にビジネスミーティングが催されました。

20名以上の参加者がいる中、今後のこのワーキングループの活動として「富士山における電磁気的観測(噴火監視)はどうか」と長尾理事・鴨川とで提案させていただきました。

このワーキングループは世界中の火山での電磁気観測で実績を残している人々が多いことから、熟練した国際チームで富士山通年電磁気観測も近々実現されるかもしれません。

S__11034628
S__11034627
     EMSEVビジネスミーティングの様子

(鴨川仁・事務局長)



image3
    台北の国立台湾大学で。日本からの参加者たち

早稲田大学大河内博教授から山頂参加MLでレポートが入りました。

Tue, Jul 16, 7:21 AM

現在、国立台湾大学で開催されている「霧と露の国際会議 (8th international conference on fog, fog collection, and dew)」に参加しています。NPOからは,大河内のほかに,兼保さん、竹中さんが参加してます。

日本からのほかの参加者は、ACPM2017でお世話になった神奈川大学の井川先生,鎌内さん、今村さん、堅田さん、井川研M2の王君,うちのM1学生の大力,梶川です。堅田さんは、写真撮影には会議でいませんでした。

富士山関係は,私と大力だけです. 大力が富士山頂の雲水,大河内が富士山麓におけるガスーエアロゾルー雲相互作用について発表します。

FogDew2019_Okochi3 (1)
大河内教授の「富士山麓におけるガスーエアロゾルー雲相互作用について」の発表ポスター

上のポスターによると、2006年から続けている夏季の山頂観測に加えて、2009年からは南東山麓(太郎坊)における通年観測が加わり、無機主要化学成分と無機微量成分濃度の経年変化、発生源予測、大気中での動態など、この間の研究の集大成です。富士山環境研究センター(Laboratory for Environmental Research at Mount Fuji:LERMF) 関係者も名前を連ねており、嬉しいことです。

会議にはこのほか, NPO理事の兼保直樹・産総研グループリーダーの「福島ほかにおける放射性物質の霧沈着」早稲田の学生・梶川さんのカンボジアの大気汚染の報告、神奈川大学の井川学教授と学生の「丹沢の霧に関する研究」、以前、富士山でも研究をされ、2006年から賛助会員を続けてくださっている竹中規訓・大阪府立大教授の露に関する研究など、多彩な研究発表があるとのことです。

image2
 産総研・兼保先生の講演風景

「フランス人のマッソンさんには写真を撮っていただき,一緒に写真も撮りました。」とのことで、皆さんの記念写真をもう一枚追加でいただきました。

image4
 マッソンさんと一緒に

学会は未だ継続中。盛会を祈ります。



(広報委員会)

このページのトップヘ