太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

2019年08月

zanshoz
 山頂のポストに投函する静岡県立大・村田浩太郎博士(撮影:鴨川仁事務局長)

そろそろ皆様のところに山頂の消印のある残暑見舞いは届きましたでしょうか?
山の日を挟んだ3連休明けの8月13日(火)、この日トライアル研究のため登山された静岡県立大の村田浩太郎博士に託して、山頂の郵便局のポストから投函していただきました。

昨年までの「暑中見舞い」が今年は立秋も過ぎて「残暑見舞い」になってしまいましたが、「届きましたよ」というご連絡をメールやチャットに多数いただくようになりました。ささやかな涼風をお送りできたとすれば嬉しいです。

zansho1
  2019年の残暑見舞い

今年は、気象庁との借用契約第4期(2018.9-2023.8)の初年にあたり、35件を超える研究活動、高性能の画像によるライブカメラ、2007年以5,000人以上の研究者が旧測候所を利用して、忙しく活気に満ちた夏期観測ですが、山頂はすでに秋の風が吹いているようで、本日から大気化学の撤収作業が始まっています。

一方、新たな利用者が増えれば、新たな問題も発生します。山に慣れない利用者による事故ギリギリの事態もあり、圧倒的な人手不足の事務局の緊急事態をベテランの山頂班や御殿場班、長年の利用者である研究グループが支えて何とか凌いで無事故でやっているという側面もあります。

あと10日足らずで8月も終わりますが、最後まで気を抜かないように安全に完了したいと考えております。


R09T 富士山頂における氷核活性微生物の探索  ※トライアル研究
村田浩太郎(静岡県立大学)
雲物理/生物学
空気中に存在する微生物は生物氷晶核としてはたらくことで雲物理に関係している可能性がある。しかし、観測ベースでの情報は極めて少なく、上空に存在する微生物種や、それらの氷晶核としてのはたらきの有無はほとんど明らかにされていない。そこで、富士山頂において空気中の浮遊微生物を採取し、培養あるいは遺伝子解析による組成解析をすることで、上空微生物叢の特徴を明らかにする。くわえて、採取した微生物培養株について、氷核活性を液滴凍結法によって調査する。 

(広報委員会)









35da9978
 8月5日(月)静岡新聞朝刊1面

富士山頂の旧測候所、活用着々 夏期研究最多へ、運営に好影響
3日午後、旧測候所の一室。山頂に到着したばかりの被験者に機器を取り付け、血液中の酸素濃度や心拍数を測定した上で、歩行時の体幹や骨盤の揺れ具合を調べるテストが行われた。日本登山医学会理事の井出里香医師と鹿屋体育大による高所医学・高所順応の共同研究で、今夏は滑落を引き起こす登山中のふらつきと急性高山病や疲労との相関性などを検証している。(以下省略)

ー8月5日(月)静岡新聞朝刊より  
8月5日、静岡新聞の「顔」をと云える1面トップを占めた井出先生の記事です。記事は、旧測候所2号庁舎で被験者と研究をする井出先生の写真とともに掲載されました。

耳鼻咽喉科が専門の井出先生は、急性高山病の症状であるめまいふらつきの原因について、登山中の滑落事故との関係に着目して長年、日本の最高峰である富士山頂で研究を続け、下山時に事故が多いことの原因の解明などを報告しています。これは、「平地の気圧の3分の2しかない低圧低酸素の環境のため、高所登山の心身への影響を調べる上では富士山が最適な研究サイト」であるためです。

「富士山は一般の観光客も数多く登る山。安全な富士登山の実現のためにも、研究成果を還元してゆく」ことを研究目的とする井出先生は、13年前にNPOが旧測候所の一部を気象庁から借用し管理運営を始めた当初から理事として参加していますが、医師で登山家としての経験から、「医学・医療委員長」として、NPO活動を支えています。

井出先生はまた、医師で登山家ということで、日本で唯一の登山医学に関する専門家の団体である日本登山医学会に所属し、その理事をされています。この学会の研究委員会は登山医学の研究をサポートするものですが、その中で現在3つのプロジェクトが進行中です。

その一つが「富士山測候所活用の推進」で、旧富士山測候所の高所医学研究・高所順応研究への活用を推進させるべく活動していますが、井出先生がそのリーダーを務めています。富士山測候所を活用する会のホームページと連携をとり、日本登山医学会のホームページから積極的に高所医学・高所順応の研究をご希望の方を募集しています。

tozan
 日本登山医学会の研究委員会のページでは、もう来夏の研究計画の受付が始まっている

7月25日に、延べ5千人に達した富士山頂の旧測候所庁舎を利用する研究者。そのほとんどは「山」については素人で、富士山が初めて経験する高所登山となるため、ほぼ3人に一人は高山病などの症状になります。

山頂では、登山家である山頂班が判断して対応していますが、軽い症状の場合は安静や早めの下山をさせますが、重篤になると堀井先生や井出先生と連絡を取りながら、その指導の下に時には酸素吸入などの対応をしています。13年間、無事故で来られたことは、まさに「医学・医療委員会」の井出先生たちと山頂班の連携のお陰と言えます。

今年の夏季観測も中間点を過ぎました。個人情報との関係で具体的には書けませんが、既に井出先生のお世話になって事なきを得たケースもあり、「医学・医療委員会」は閉所するまで気の抜けない時間が続きます。

いつも影のサポーターとして、頑張ってこられた井出先生のご自身の山頂研究に関して今回スポットライトが当たったことを心から喜ぶとともに、今年も8月の終わりまで、無事に終わることを祈っています。

(広報委員会)

R13 富士山頂(3776m)における体幹2点歩行動揺計による歩行バランスの評価と簡易指標の検証
井出里香 (東京都立大塚病院)

平成29年度の研究ではファンクショナル・リーチテスト(FRT)は高度の上昇とともに低下し、動的バランス能力の低下を示した。主観的なふらつきも山頂で有意に高値を示していたことから、登山中のバランス機能のモニタリングや体調管理の簡易指標としてFRT、 主観的なふらつき感 (visual Analogue Scale=VAS)の有用性が示唆された。 

今年度の研究では富士山頂(3776m)における体幹2点歩行動揺計(3軸加速度・3軸角速度センサー)による歩行バランス機能とFRTおよび主観的なふらつき感による簡易評価法との相関を検証する。また歩行時のふらつきと急性高山病(AMS)の重症度との関連についても検討する。滑落事故の要因となる登山中のバランス機能のモニタリングや体調管理の簡易指標になれば、安全な登山にも貢献できるものと考えている。

(参考:登山医学関係プロジェクト2019)
■プロジェクト2019(高所医学)x







 
 

IMG_0829
 太郎坊ではこの日、ドローンや気象ゾンデを使って大気化学グループの集中観測

今年も、山頂の集中観測と合わせて、南山麓1300mの太郎坊でもドローンと、気球を用いた観測が行われていました

image1
     久しぶりに晴れ上がった富士山(県道23号線「国立中央青少年交流の家」付近から)

今夏は、富士山頂で観測史上歴代2位となる高温であった昨夏とは一転して天候不順が続き、前日まで富士山麓では激しい雨に見舞われました。しかし、当日朝は快晴で、麓から富士山頂がはっきりとみえました。



ドローン

富士山頂と富士山麓では、7月22日から26日まで早稲田大学・大河内研究室,東京理科大学・三浦研究室,熊本大学・戸田研究室、京都大学・矢吹先生が大気集中観測を行っていました。当初、7月27日までの観測を予定していましたが、台風6号の接近により、1日短縮して観測を終了しました。7月25日は、まさにこの時にしかないという絶妙のタイミングでした。

image3
 ドローンの観測準備で忙しい7月25日早朝の太郎坊

image4

早朝6時前からグリーンブルー株式会社4名がドローンによる大気観測準備を開始し、7時から夕方5時まで合計8回のフライトを行いました。産業用中型マルチコプターMatrice 600に大気中の微小粒子状物質(PM2.5)、二酸化窒素(NO2)、オゾン(O3),ブラックカーボン(BC)および気象(風向・風速、温度・ 湿度、気圧)観測を行いました。BCモニターは東京ダイレック株式会社より借用しました。

ドローンの飛行状況
  ドローン飛行実験

観測高度は地上 0m から 150m までの 30m刻みとし、各高度で最短 3 分間、ホバリングしながら測定しました。また、同時に小型マチルコプターPhantom 4を用いて、静岡理工科大学南齊先生が雲粒中硫酸イオン濃度の個別分析を行うため、雲粒の採取を行いました。

観測中、電力中央研究所・速水先生・板橋先生・田中先生,埼玉県環境科学国際センター・米持先生が視察に訪れました。
現在、観測を終えたばかりであり、これから分析・データ解析を行います。乞うご期待!

R05 富士山体を利用した自由対流圏高度におけるエアロゾルー雲ー降水相互作用の観測
大河内博(早稲田大学)

大気中水溶性ガス・エアロゾル連続観測システムを開発して自由対流圏高度に位置する富士山山頂で観測を行い,日本上空のバックグランド濃度を明らかにする.また,越境汚染あるいは夏季の斜面上昇流に伴う山麓の汚染気塊(国内汚染)の流入に伴うによるバックグランド大気汚染の特徴を明らかにする.さらに,雲水の観測を行い,エアロゾルー雲ー降水相互作用をフィールド観測により解明する.

R11 地上と富士山頂における一滴ごとの雨水・雲水定量分析
南齋勉(静岡理工科大学) ※トライアル研究

雨滴中成分の詳細な時間変化を捉える【一滴ごとの雨滴成分の定量分析手法の開発】を目指す。一般的に,雨や霧などの湿性沈着物中の化学組成の分析を行う際,採取装置に回収したサンプルに対して行われるため,これらの成分は時間・空間的に平均化され,その詳細情報は失われている。したがって,雲中への大気汚染物質の沈着過程や,雨や雲中における物理化学的な反応の解明には一滴ごとの成分分析が重要である。本研究ではゲル薄膜に含まれる溶質と雨中の成分による結晶生成を利用することで,一滴の雨滴の成分を簡便に定量する手法を開発する。また,【実環境試料のフィールド測定】として,地上と富士山山頂において雨水と雲水のサンプリングをそれぞれ行ない,濃度分布を比較する。

ラジオゾンデ

山頂への大気境界層エアロゾルの影響を調査するために、気象ゾンデを放球して、気温、湿度、風の鉛直分布を測定しました。気象ゾンデは8時からおよそ1.5時間おきに7発放球することができました。

これにより大気境界層高度の日変化がわかると思います。今後、早大大河内先生らがドローンで測定したPM2.5、オゾンなどの濃度や、京大矢吹先生が計測したライダーとの結果を比較します。

IMG_0821

IMG_0827
 バルーンにヘリウムガスを詰める

無題2

R03 富士山体を利用したエアロゾルの気候影響の研究

三浦 和彦(東京理科大学)

基礎生産性の高い海域から放出される生物起源気体は、海洋エアロゾル粒子の重要な起源である。粒子数が増加することにより、雲は大気の負の放射強制力を増すが、大気境界層には海塩粒子が存在するので新粒子生成は起こりにくく、自由対流圏で生成されると思われる。富士山頂は年間を通して自由対流圏内に位置することが多いが、大気境界層内の影響を無視することができない。山頂および太郎坊において同時に、エアロゾル粒子の粒径分布、雲凝結核数、小イオン濃度、ラドン濃度の測定、個々の粒子の元素分析を行い、それらの関係について調べる。


(広報委員会)

(参考)大気化学関係プロジェクト2019
プロジェクト2019-06-30_大気化学2019

 

 

 


このページのトップヘ