太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

カテゴリ: 学会

nakamura
 第58回大気環境学会年会で学生発表賞の賞状を受けとる早稲田大学・大河内研の中村恵さん

2017年9月6日ー8日、神戸市で開催された第58回大気環境学会年会。「大気環境をめぐる多くの分野の専門家が一堂に会し、日ごろの研究成果を発表するとともに、貴重な情報を交わす場」(年会長・島正之氏のごあいさつより引用) である。大気化学研究者は当NPO法人の主力を占めており、畠山理事長、大河内理事はじめ多数の関係者が参加した。

さて、まず初めに早稲田大学・大河内研の中村恵さんが、以下の発表で学生発表賞に輝いたことをご報告したい。
富士山体を利用した大気境界層及び自由対流圏の雲水化学特性の解明 (3)
〇中村恵、大河内博、島田幸治郎、勝見尚也、皆巳幸也、小林拓、三浦和彦、加藤俊吾、和田龍一
大気環境学会の学生発表は、大会初日の6日午後、5つの会場で1時間の学生セッションがあり、合計31件の発表があった。中村さんは、その中から選ばれて受賞したもの。富士山での研究の成果で受賞はよろこばしいことである。この学会の発表では毎年、富士山研究者の受賞があり、今年もその伝統を引き継いだことになる。

50
 大河内教授を挟んで受賞者の中村恵さん(左)と真庭護さん(右)

早稲田大学大河内研の学生では、ほかに真庭護さんも学生発表賞を受賞した。フィールドは富士山ではなく丹沢と異なるが、山岳域という点では同じだ。
首都圏近郊山間部森林域における渓流水の化学特性と大気沈着の影響評価 (3)
〇真庭護1,大河内博1,島田幸治郎1,中野孝教1,井川学2
1早稲田大学大学院創造理工学研究科,2神奈川大学工学部
当会理事の兼保直樹先生は「現象解明型ーローカル汚染と長距離輸送と放射性エアロゾル」で今年の大気環境学会賞を受賞された。受賞内容は富士山の仕事とは直接は関係していないが、やはり、富士山仲間として嬉しい。他の会場では、和田龍一先生(帝京科学大)や米持真一先生(埼玉環境センター)の発表もあり、関係者の姿が目立った。

DSC_0802x
  和田龍一先生(帝京科学大)の発表「山岳道路沿道における窒素酸化物濃度と変動要因の解明

最終日の8日特別集会では、早稲田大学の大河内先生と環境調査会社のグリーンブルー社が、この8月に太郎坊において高度別のPM2.5濃度を観測するため産業用ドローンを使って試験をした成果が発表された。この成果については、年会開催中の9月6日付け環境新聞に大きく取り上げられ、注目を集めていた。

富士山頂では測候所が無人になる夏季以外の季節は、これまではフィールドでの直接観測はできなかったが、ドローンによる鉛直観測で補完することで、より広域・立体的に汚染大気を把握することが可能となり、山頂の通年観測の意義も高まるということらしい。富士山を舞台にした如何にもスケールの大きい試みではなかろうか。いまから来年の本観測が楽しみである。

dronex
 環境新聞(9月6日付)に取り上げられた大河内博・早稲田大学教授とグリーンブルー社の試験観測の記事(クリックで全紙面に拡大)


環境新聞(かんきょうしんぶん):東京都新宿区四谷に本社のある環境新聞社が発行している環境・公害関係に特化した専門紙。1965年11月に環衛公害新聞として創刊。その後、1971年に環境公害新聞に改称され、1993年から環境新聞となっている。毎週水曜日発行。 環境新聞社は、環境新聞を「わが国唯一の環境保全と公害対策の専門紙」であるといっており(実際には他にも環境問題を扱う専門紙は存在するため「唯一」ではない)、環境問題に関する幅広い内容が紙面でとりあげられている。(Wikipediaより)

jpug_kamo
 イスララエル・テルアビブ大学・Yoav Yair教授の発表

今年のJpGUは米国地球物理学連合AGUとの合同大会ということもあり、海外からそうそうたる面々の研究者が来日した。スプライトの名を一気に世に広めたNHKスペシャル「宇宙の渚」にて活躍したイスララエル・テルアビブ大学・Yoav Yair教授もその一人である。

Yair教授は大気電気の専門家でもあるが、地球の大気電気だけでなく、惑星の大気電気も専門。火星に雷があるか否かは科学者の間では注目の的であり、日本も含めた各国の宇宙先進国が競ってその存在を探している最中という。

雷放電のきっかけになる電気は、地球だと積乱雲であるが、火星では砂塵嵐ではないかと予想されている(もちろんもし存在するならば、であるが)。地球でも砂塵嵐はあり、イスラエルでは砂塵嵐が発生することから、大気電場の測定で、仮想火星環境としての研究が進んでいる。

テルアビブ大学が所有するヘルモン山の山岳大気電場観測データ、砂漠地域の大気電場観測観測データで得られた結果から、砂塵嵐内がどのような電気の分布になっているか、Yair教授らは悩んでいた。

たまたま、Yair教授富士山での山岳大気電場観測の結果(鴨川、三浦、大河内3グループの共同研究で米国地球物理学連合レター誌に発表)を目にしたとき、まさに富士山で得られた結果とその解釈が役に立つと直感し、今回JpGUでの発表となった。

富士山の山岳大気電場観測は、かねて三浦教授の師匠でもあった関川理科大教授が、その不思議さを1960年代に発表し、世界でも山岳大気電場は地表での測定と異なる、と大きく話題になっていたマイナーながら難題でもあった。

それをNPOの共同研究で解明し、発表したわけであるが、50年以上にわたって未解明だったこの問題。いまこのことを直接興味を持つ人はあまりいない。しかし、火星の雷の基礎研究に富士山での研究が役に立つとは、当時の研究者は夢にも思わなかったであろう。


IMG_9034x
小型放射線測定器を手に、右が和田有希さん(東京大学)で、左が共著の榎戸輝揚さん(京都大学) 2016年夏撮影

JpGU-AGU Joint Meeting 2017(5月20日ー25日@幕張メッセ)で和田有希さん(東京大学)が学生優秀発表賞を受賞されました。

日本海側で冬に発生する雷を研究しているそうですが、雷雲に入ることが出来る富士山でも、昨年鴨川グループに参画して富士山測候所でガンマ線観測を行っています。


「雷雲ガンマ線の多地点観測プロジェクト: 可搬型検出器の開発と2016年度冬季の観測成果」ということで、雷雲の中に存在する強い電場によって加速された電 子が出すガンマ線を観測しています。

我々のグループではこの雷雲から放出されるガンマ線を雷雲の通り 道にばら撒いた放射線測定器で追跡することで、雷雲で電子が加速されるメカニズムや、その発達や衰退の様子を明らかにしようとしています。

主に日本海側で冬に発生する雷を研究していますが、雷雲の中に入 ることができる富士山の地の利も利用して、富士山測候所でのガンマ線観測を東京学芸大学鴨川仁グループに参画し、行っています。

従来のガンマ線検出器は大きくて重く、高価であったため、量産し てばらまくという用途に向きませんでしたが、我々のグループは装置を独自開発により小型化してこの課題を克服しました。さらに小型化によって設置作業や運搬にかかる労力も大幅に削減することが出来、厳しい環境の富士山測候所でも少ない労力で設置することが可能となりました。

wada@jpug
 JpUGでの発表

(和田有希 記)  


同じ大気水圏科学セクションでは、吉末百花さん(東京理科大学)も「 北太平洋とその縁辺海で採取された海洋性エアロゾルの個別粒子分析」で受賞されています。 吉末さんは、AAC2017(10th Asian Aerosol Conference)July.2-5 @韓国済州島でも
Excellent Poster賞を受賞

関係者の相次ぐ受賞の知らせは今年の夏期観測に弾みをつけてくれそうですね。
おめでとうございます。

IMG_1257x
Excellent Poster賞を受賞した理科大の佐藤光之介君(M2)と吉末百花さん(M2)

7月2日-6日まで韓国済州島で10th Asian Aerosol Conferenceが行われました。

NPO メンバーでは理事長の畠山先生(invited speaker)・米持先生(埼玉県環境科学国際センター)、兼保先生(産総研)、島田先生(早稲田大)、瀬戸先生・東先生(金沢大)、速水先生・板橋先生(電中研)、東京理科大からは三浦の他、学生 6名が参加しました。Prof. Lin (台湾中央大)、Prof. Jaffe( ワシントン大)にもお会いしました。

4日にポスター発表が行われ、理科大の佐藤光之介君(M2)と吉末百花さん(M2)がExcellent Poster賞を受賞しました。約230件のうちの24件に与えられたものです。

お世話になったみなさまにお礼申し上げます。
(リポート 三浦和彦)

IMG_1119x

IMG_1115x

IMG_1223x


image005

2017年6月7日(水)~6月9日(金)静岡コンベンションツアーセンター「グランシップ」で行われた第26回環境化学討論会において、大河内 博 先生(早稲田大学理工学術院創造理工学部環境資源工学科)が環境化学学術賞を受賞し、「富士山体を利用した大気中ガス・エアロゾル・雲の環境化学研究~対流圏大気の包括的理解を目指して~」と題して受賞講演を行いました。

10周年を迎えた、NPOの活動の輝かしい成果の一端です。
富士山の見えるグランシップで関係者の皆様と喜びを分かち合っている写真をご覧ください(ちょとテレクサそうですが・・・)
image001image003

ご本人のブログ(すごい名文!)合わせてお読みください。

このページのトップヘ