太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

カテゴリ: 学会

jpug_kamo
 イスララエル・テルアビブ大学・Yoav Yair教授の発表

今年のJpGUは米国地球物理学連合AGUとの合同大会ということもあり、海外からそうそうたる面々の研究者が来日した。スプライトの名を一気に世に広めたNHKスペシャル「宇宙の渚」にて活躍したイスララエル・テルアビブ大学・Yoav Yair教授もその一人である。

Yair教授は大気電気の専門家でもあるが、地球の大気電気だけでなく、惑星の大気電気も専門。火星に雷があるか否かは科学者の間では注目の的であり、日本も含めた各国の宇宙先進国が競ってその存在を探している最中という。

雷放電のきっかけになる電気は、地球だと積乱雲であるが、火星では砂塵嵐ではないかと予想されている(もちろんもし存在するならば、であるが)。地球でも砂塵嵐はあり、イスラエルでは砂塵嵐が発生することから、大気電場の測定で、仮想火星環境としての研究が進んでいる。

テルアビブ大学が所有するヘルモン山の山岳大気電場観測データ、砂漠地域の大気電場観測観測データで得られた結果から、砂塵嵐内がどのような電気の分布になっているか、Yair教授らは悩んでいた。

たまたま、Yair教授富士山での山岳大気電場観測の結果(鴨川、三浦、大河内3グループの共同研究で米国地球物理学連合レター誌に発表)を目にしたとき、まさに富士山で得られた結果とその解釈が役に立つと直感し、今回JpGUでの発表となった。

富士山の山岳大気電場観測は、かねて三浦教授の師匠でもあった関川理科大教授が、その不思議さを1960年代に発表し、世界でも山岳大気電場は地表での測定と異なる、と大きく話題になっていたマイナーながら難題でもあった。

それをNPOの共同研究で解明し、発表したわけであるが、50年以上にわたって未解明だったこの問題。いまこのことを直接興味を持つ人はあまりいない。しかし、火星の雷の基礎研究に富士山での研究が役に立つとは、当時の研究者は夢にも思わなかったであろう。


IMG_9034x
小型放射線測定器を手に、右が和田有希さん(東京大学)で、左が共著の榎戸輝揚さん(京都大学) 2016年夏撮影

JpGU-AGU Joint Meeting 2017(5月20日ー25日@幕張メッセ)で和田有希さん(東京大学)が学生優秀発表賞を受賞されました。

日本海側で冬に発生する雷を研究しているそうですが、雷雲に入ることが出来る富士山でも、昨年鴨川グループに参画して富士山測候所でガンマ線観測を行っています。


「雷雲ガンマ線の多地点観測プロジェクト: 可搬型検出器の開発と2016年度冬季の観測成果」ということで、雷雲の中に存在する強い電場によって加速された電 子が出すガンマ線を観測しています。

我々のグループではこの雷雲から放出されるガンマ線を雷雲の通り 道にばら撒いた放射線測定器で追跡することで、雷雲で電子が加速されるメカニズムや、その発達や衰退の様子を明らかにしようとしています。

主に日本海側で冬に発生する雷を研究していますが、雷雲の中に入 ることができる富士山の地の利も利用して、富士山測候所でのガンマ線観測を東京学芸大学鴨川仁グループに参画し、行っています。

従来のガンマ線検出器は大きくて重く、高価であったため、量産し てばらまくという用途に向きませんでしたが、我々のグループは装置を独自開発により小型化してこの課題を克服しました。さらに小型化によって設置作業や運搬にかかる労力も大幅に削減することが出来、厳しい環境の富士山測候所でも少ない労力で設置することが可能となりました。

wada@jpug
 JpUGでの発表

(和田有希 記)  


同じ大気水圏科学セクションでは、吉末百花さん(東京理科大学)も「 北太平洋とその縁辺海で採取された海洋性エアロゾルの個別粒子分析」で受賞されています。 吉末さんは、AAC2017(10th Asian Aerosol Conference)July.2-5 @韓国済州島でも
Excellent Poster賞を受賞

関係者の相次ぐ受賞の知らせは今年の夏期観測に弾みをつけてくれそうですね。
おめでとうございます。

IMG_1257x
Excellent Poster賞を受賞した理科大の佐藤光之介君(M2)と吉末百花さん(M2)

7月2日-6日まで韓国済州島で10th Asian Aerosol Conferenceが行われました。

NPO メンバーでは理事長の畠山先生(invited speaker)・米持先生(埼玉県環境科学国際センター)、兼保先生(産総研)、島田先生(早稲田大)、瀬戸先生・東先生(金沢大)、速水先生・板橋先生(電中研)、東京理科大からは三浦の他、学生 6名が参加しました。Prof. Lin (台湾中央大)、Prof. Jaffe( ワシントン大)にもお会いしました。

4日にポスター発表が行われ、理科大の佐藤光之介君(M2)と吉末百花さん(M2)がExcellent Poster賞を受賞しました。約230件のうちの24件に与えられたものです。

お世話になったみなさまにお礼申し上げます。
(リポート 三浦和彦)

IMG_1119x

IMG_1115x

IMG_1223x


image005

2017年6月7日(水)~6月9日(金)静岡コンベンションツアーセンター「グランシップ」で行われた第26回環境化学討論会において、大河内 博 先生(早稲田大学理工学術院創造理工学部環境資源工学科)が環境化学学術賞を受賞し、「富士山体を利用した大気中ガス・エアロゾル・雲の環境化学研究~対流圏大気の包括的理解を目指して~」と題して受賞講演を行いました。

10周年を迎えた、NPOの活動の輝かしい成果の一端です。
富士山の見えるグランシップで関係者の皆様と喜びを分かち合っている写真をご覧ください(ちょとテレクサそうですが・・・)
image001image003

ご本人のブログ(すごい名文!)合わせてお読みください。

fujisat
ブルガリアで開催された第4回超小型衛星国際ミッションアイデアコンテスト (4th MIC) で準優勝を受賞した東京学芸大学の東郷翔帆さん(手前)、新田英智さん(後列左)、高橋周作さん(後列右)

鴨川仁・理事(東京学芸大学准教授)から、例によって出国前のあわただしい時間を縫ってメールがあったのは、今月の17日。あと5分で23時になろうとする時間である。
「いまから東郷君と、明日から、新田君、高橋君とブルガリアの衛星設計コンクールの本選に出るため出国します。10月30日に帰国します」
このときは「ブルガリアの衛星設計コンクールって何?」とあまり気にも留めないでいたのだが、一週間後の24日、ブルガリアから続報のメールが届いた。件名には「フジサットチームが衛星ミッションアイデアコンテストで準優勝」とある。
東郷翔帆さん(自然科学系鴨川仁研究室)らが第4回超小型衛星国際ミッションアイデアコンテストにて準優勝しました。

自然科学系鴨川仁研究室に所属する東郷翔帆さん、 新田英智さん、 高橋周作さん(教育学研究科理科教育専攻)が、第4回超小型衛星国際ミッションアイデアコンテスト (UNISEC-Global 主催)にて口頭発表を行い、準優勝いたしました。コ ンテスト参加チーム数は17ヵ国28 チームでした。

本コンテストは重量50 kg以下の超小型・ナノ衛星利用のためのミッションのアイディア を競うコンテストで、2016年10月21日にブルガリア・ヴァルナにて、論文審査および口頭プレゼン審査が行われました。
なお、鴨川仁研究室では、2012年の第2回の本コンテストに続けて準優勝となりま した。

発表論文
東郷翔帆、宮田喜久子(名大)、新田英智、高橋周作、田中康平(総研大)、岡田朋大、 鈴木裕子、織原義明、鴨川仁
Microsatellites observing atmospheric and space electricity for the science of serious natural disasters: A Challenge to their mitigations
17ヵ国28チームが参加した国際的なコンテストの場での快挙ではないか。あわただしくなったのは今度はこちらの番である。
にわか勉強でUNISECのウェブサイトを調べた。
大学宇宙工学コンソーシアム (University Space Engineering Consortium: 略称UNISEC) は2002年に設立されてから、宇宙工学の分野において高専・大学の実践的な教育活動を支援、促進してきた。当初の10年間は日本国内を中心に活動してきたが、2011年から国外の大学にも目を向けるようになり、国際交流活動が活発になってきた。

代表的なUNISECの国際プログラムには①海外の大学教員にCanSatを使ったハンズオントレーニングのやり方を教えるCanSat Leader Training Program (CLTP)②超小型衛星の利用アイディアを競うMission Idea Contest for Micro / Nano Satellite Utilization (MIC) ③UNISEC活動を世界各地で展開している人たちが集うUNISEC世界大会(UNISEC-Global Meeting)がある。

(中略)

②超小型衛星ミッションアイディアコンテスト(略称MIC)は、超小型衛星の利用を考える人を増やし利用を広げることを目的としてスタートしたが、人材育成のためのプログラムとしても評価・利用されている。50㎏級の衛星のミッションのアイデアとその実現方法を提出してもらい、一次審査で絞られたファイナリストが口頭発表の場でフィージビリティやオリジナリティなどを競う。

―「UNISECの国際交流について」より抜粋 
つまり、Mission Idea Contest (MIC)は人工衛星ミッションの実現可能性までを含めたアイデアを競う発表コンテスト。主催は大学宇宙工学コンソーシアム (UNISEC)。東京学芸大学のチームは 自然災害をもたらす地震、津波、地球温暖化、ひいては雷などの諸現象を衛星による電磁気観測で捉えることで、 減災につなげられる可能性があることを示した。

具体的には①地震の先行現象②早期津波検知③地球温暖化のモニタリングと原因究明④放射線観測による雷予測の新たな手法、という4つのミッションアイデア。いずれも衛星利用ならではのスケールの大きさを感じさせる構想である。

ga
4つのミッション(口頭発表で使用したスライドより)

新田さん、東郷さんは富士山頂で模擬衛星(Fuji-Sat)の運用実験を続けており、 宇宙での衛星観測を見越した地上観測の経験を積んでいる。一方、高橋さんも富士山頂で雷雲活動と関連したガンマ線(雷活動及び雷雲に伴う高エネルギー放射線)の観測に取り組んでおり、 宇宙と地球での現象の違いについても調べている。

高橋さん曰く、「富士山観測を通じて(失敗も含めて)得た経験・ ノウハウは、今回の衛星を設計するうえでミッション計画や観測方法の面で活かされており、重要な役割を果たしていた」という。富士山頂から宇宙へ羽ばたく快挙に拍手喝采を送りたい。

page
受賞した3人の富士山での研究の様子




このページのトップヘ