太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

カテゴリ: 学会

unnamed
オンライン・ポスター賞を受けて喜びの矢田崇将さん

第29回 環境化学討論会
(2021年6月1日~3日)が行われました。
主催 : 一般社団法人 日本環境化学会 (Japan Society for Environmental Chemistry)
後援 : 大阪府,兵庫県,摂南大学
協力: RSC(英国王立化学会),SETAC Japan
テーマ: 環境化学的アプローチから考える健康と防災
オンラインと会場での
ハイブリッド方式で行われいました。

こちらの討論会において、
何と15件もありました!!

最優秀発表賞に2名、受賞しました。

無題


学部・短大・高専の部門では、
早稲田大学 阪口 悠宇さんが、エルガ・ラボウォーター賞を受賞、
首都圏近郊山間部における渓流水を通じた微量金属元素の流出挙動と大気沈着の影響評価(4) 

*阪口 悠宇 1、大河内 博 1、浅見 匠洋 1、森田 雄介 1、西村 寿々美 1、中野 孝教 1、井川 学 2、佐瀬 裕之 3、諸橋 将雪 3
(1. 早稲田大学、2. 神奈川大学 、3. アジア大気汚染研究センター)


早稲田大学 博士前期課程(修士)矢田崇将さんが
オンライン・ポスター賞(ウエリントンラボラトリージャパン賞)を受賞しました。
富士山体を利用した大気境界層上層および自由対流圏に
おける酸性ガスおよびエアロゾルの長期観測 (5)

*矢田 崇将 1、大河内 博 1、大力 充雄 1、速水 洋 1、勝見 尚也 2、皆巳 幸也 2、小林 拓 3、三浦 和 彦 4,11、加藤 俊吾 5、和田 龍一 6、竹内 政樹 7、戸田 敬 8、米持 真一 9、荒井 豊明 10、福島 颯 太 10、土器屋 由紀子 11、畠山 史郎
  ( 1 早稲田大学、2 石川県立大学、3 山梨大学、4 東京理科大学、 5 東京都立大学、6 帝京科学大学、7 徳島大学、8 熊本大学、9 埼玉県環境科学国際センター、10 トラン ステック(株)、11 富士山環境研究センター)

富士山関係の研究発表についての発表は
矢田さんの他に4件ありました。

【英語発表】
Chemistry of local heavy rainfall in mountainous regions (LHRM) and impact assessment of air pollutants
○Sumika YONETO1, Hiroshi OKOCHI1, Tomoki KAJIKAWA1, Shungo KATO2, Kazuhiko MIURA3,13, Yoshihiro YAMADA14, Manabu IGAWA4, Takaya IWASAKI5, Kei TODA6, Yoshiyuki TAKAHASHI7, Hideyuki SHIMIZU7, Hiroyuki SASE8, Kotaro MURATA9, Masahide AIKAWA10, Hiroaki YAGOH11, Masatoshi KURIBAYASHI12, Takanori NAKANO15 
(1Waseda University, 2Tokyo Metropolitan University, 3Tokyo University of Science, 4Kanagawa University, 5Ochanomizu University, 6Kumamoto University, 7National Institute for Environmental Studies, 8Asia Center for Air Pollution Research, 9University of Shizuoka, 10The University of Kitakyushu, 11Niigata Prefectural Institute of Public Health and Environmental Sciences, 12Nagano Environmental Conservation Research Institute, 13Laboratory for Environmental Research at Mount Fuji, 14Kagawa University, 15Research Institute for Humanity and Nature)    

【日本語発表】
日本の山間部森林域における雲水沈着量の推計 (1)
○王一澤1,大河内博1,井川学2,高橋善幸3,家合浩明4,栗林正樹5,(1早稲田大学,2神奈川大学,3国立環境研究所,4新潟県保健環境科学研究所, 5長野県環境保全研究所)    

光熱変換赤外分光法(O-PTIR)を用いた冬季富士山南東麓における大気中マイクロプラスチック観測
〇趙鶴立1、大河内博1、吉田昇永1、速水洋1、勝見尚也2、竹内政樹3、宮崎あかね4、緒方祐子5、板谷庸平5、小林華栄6、浦山憲雄6、新居田恭弘7、高田秀重8 (1早稲田大学、2石川県立大学、3 徳島大学、4日本女子大学、5柴田科学株式会社、6日本サーマル・コンサルティング、7パーキンエルマージャパン、8東京農工大学)

森林由来一次・二次有機エアロゾルの動態と豪雨形成に及ぼす影響(1)
○篠崎大樹1,大河内博1,呉本道1,長谷川朝香1,村上周平1,速水洋1,戸田敬2,宮崎あかね3(1早稲田大学,2熊本大学,3日本女子大学)    

おめでとうございます!!

(広報委員会)

和田先生
和田理事の講演は、下記の会議の中で行われました

第32回酸性雨東京講演会

反応性窒素の大気沈着について考える(第4回)

主催:大気環境学会関東支部大気沈着部会
共催:大気環境学会酸性雨分科会、酸性雨研究会
日時:2021年6月15日(火)14:00~17:00
場所:オンライン開催
費用: 参加費無料

■ プログラム:
1.森林および森内部空間における窒素酸化物とオゾンの放出吸収量
和田龍一(帝京科学大学)
2.オゾンに対する樹木の応答
渡辺 誠(東京農工大学)
3.アンモニアの大気-表面間双方向交換
松田和秀(東京農工大学)

O3観測

富士山頂で精密な分光器を使って
窒素酸化物の測定を行っている和田理事は
山麓の樹林の中でも、
5年間に渡る研究O3 と NOxのフラックスを観測も並行していて、
そのまとめに関する講演でした。

富士山麓の森林に対するO3, NO2の沈着量、
高さ別のフラックスなどから、
森林はNO2を放出していること、・・・などなど、
興味の尽きない話題が一杯。
いつもとは一味違う和田理事のお話を拝聴しました。

参加者

大気環境学会会長の伊豆田猛・農工大教授はじめ、
活発な討論がありました。
続く2つの講演も、植物と大気に関するもので、
38名の参加者による、集中的な議論の場になっていました。

(広報委員会)


無題
環境化学討論会のHP


第29回 環境化学討論会
テーマ: 環境化学的アプローチから考える健康と防災

主催 :一般社団法人 日本環境化学会
(Japan Society for Environmental Chemistry)
後援:大阪府,兵庫県,摂南大学
協力 :RSC(英国王立化学会),SETAC Japan

2021年6月1日(火)~6月3日(木)に開催されました。
(総発表演題数 271題 HPより←クリックするとPDFが開きます)

大河内副理事長から、嬉しい連絡が届きました!!


 環境化学討論会(大阪)で当研究室学生2名がポスター賞を受賞しましたのでご報告します.

15名発表のうち,M1学生4名は対面で参加しました,他はweb参加で事前に講演会内容を録画して送るというものです.
ポスター賞でありながら,5分間の口頭発表といいうものでポスターなしです.

受賞した2名はweb参加です.

1名はM2の矢田です.富士山の発表を英語でしました.
もう1名は学部4年生の阪口です.こちらは丹沢大山の仕事です.




ポスター賞を受賞した2名の
発表についてご紹介いたします。

まずは早稲田大学 
修士2年生の矢田さんの口頭発表。

無題

富士山体を利用した大気境界層上層および自由対流圏に
おける酸性ガスおよびエアロゾルの長期観測 (5)

*矢田 崇将 1、大河内 博 1、大力 充雄 1、速水 洋 1、勝見 尚也 2、皆巳 幸也 2、小林 拓 3、三浦 和 彦 4,11、加藤 俊吾 5、和田 龍一 6、竹内 政樹 7、戸田 敬 8、米持 真一 9、荒井 豊明 10、福島 颯 太 10、土器屋 由紀子 11、畠山 史郎 11 ( 1 早稲田大学、2 石川県立大学、3 山梨大学、4 東京理科大学、 5 東京都立大学、6 帝京科学大学、7 徳島大学、8 熊本大学、9 埼玉県環境科学国際センター、10 トラン ステック(株)、11 富士山環境研究センター)


無題

富士山での研究についてです。
メールでお知らせがあった通り、全て英語での発表でした。


そして2件目、
早稲田大学 学部4年生、阪口さんの発表です。

無題3

首都圏近郊山間部における渓流水を通じた
微量金属元素の流出挙動と大気沈着の影響評価(4)

*阪口 悠宇 1、大河内 博 1、浅見 匠洋 1、森田 雄介 1、西村 寿々美 1、中野 孝教 1、井川 学 2、佐瀬 裕之 3、諸橋 将雪 3 ( 1 早稲田大学、2 神奈川大学、3 アジア大気汚染研究センター)

無題4

神奈川県の丹沢大山での研究についてです。


受賞、おめでとうございます!!


(広報委員会)



三浦先生
東京理科大学 三浦和彦教授(本NPOの理事長)


東京理科大学 研究推進機構総合研究院
“ 大気科学研究部門 ”
の第5回成果報告会 が
3月13日、13:00-18:30 zoomで行われました。

主催:東京理科大学 研究推進機構総合研究院 大気科学研究部門
共催:認定NPO法人 富士山測候所を活用する会

無題
報告会のレジュメ

 
 大気科学研究部門とは?
 
 都市・海洋・山岳大気における観測により、大気汚染、気候変動について研究しております。南関東のPM2.5の環境基準達成率はいまだ低く、自由対流圏と都市大気では雲生成プロセスが異なる。これらの原因を解明するために、都市・山岳・海洋・越境大気を対象に、それらの相互作用も含め研究します。  HPより


2011年に三浦教授が部門長として、
東京理科大学の中で始められた、
山岳大気研究会に始まる10年間の観測を中心とした研究報告の集大成です。

三浦先生より
「コロナ禍にも関わらず参加者は学生5名を含め30名でした。
おかげさまで大気科学研究部門最後の集会を盛大に終えることができました。
改めて御礼申し上げます。」
との、メールを頂きました。


前半、化学的アプローチのセッションでは、加藤理事や大河内理事の講演がありました。
大河内講演1


大河内講演
早稲田大学 大河内博教授(本NPO 副理事長) 講演の様子。


三浦教授の最後の報告会とのことで、
謝辞を追加する方も続出。

長田謝辞
名古屋大長田教授の謝辞


15時からのコーヒーブレークでは全員の集合写真を撮りました。

image001
参加者全員集合の写真

無題
後半のプログラム




後半の「物理的アプローチ」は小林理事を皮切りに
三浦理事長が締めくくりました。
10年間のまとめと、今後についての報告もありました。

まとめ

今後


18時より、アドバイザリーの
藤田慎一先生、中島映至先生、植松光夫先生の「総評」がありました。

この10年間の成果を振り返り、
「継続は力」を再確認し、
三浦教授の貢献へのねぎらいと今後への展望がのべられました。

19時からはzoom懇親会で、
卒業生の家族も含めた和気あいあいの集いが(。。。おそらく22時ごろまで)

全ての司会を引き受けられた三浦教授の超人ぶりに脱帽の一日でした。

(広報委員会)

IMG_4839
五十嵐 さん(当時東京理科大学M2、現在文科省)


日本大気電気学会 第99回研究発表会が
2021年 1月8日 (金)、 9日(土)にありました。
今回は初ZOOMを使ったオンラインでの開催でした。

この研究発表会で
〇鈴⽊智幸(学芸⼤・静岡県⽴⼤), 鴨川仁(静岡県⽴⼤), 林修吾(気象研)
⾼⾼度放電発光現象と夏季雷雲の解析(その4)

〇鴨川仁,鈴⽊智幸(静岡県⽴⼤),成⽥知⺒(湘南⼯⼤)
Blitzortung の⽇本における落雷位置評定カタログの特性について

20210109_SAEJ_Kamogawa_TSuzuki_Blitzortung_ページ_03

三浦理事長からもご連絡がありまして
研究内容も教えていただきました。
 〇⽊村駿(B4),五⼗嵐博⼰,森樹⼤,三浦和彦(東理⼤)
 富⼠⼭頂で観測したエアロゾル粒⼦の雲凝結核への成⻑に関する研究

→新粒子生成イベントで生成されたエアロゾル粒子のうちどれだけが雲凝結核として活性化するかを調べたもので、エアロゾルの気候への間接影響に関する研究。

〇齋藤天眞(B4)(東理⼤),桃井裕広(千葉⼤),森樹⼤,三浦和彦(東理⼤),⻘⽊⼀真(富⼭⼤)
東京神楽坂及び富⼠⼭麓太郎坊で測定した光学的厚さの経年変化

 →地上から上空までの大気柱内のエアロゾルの性質を東京と太郎坊で比較したもので、
エアロゾルの気候への直接影響に関する研究。

なんと富士山関係の発表が4件もありました。

IMG_4870

IMG_4872
東京理科大学(B4)の木村さんの発表スライド

1件、
富士山の研究ではありませんでしたが
富士山環境研究センターの源先生の発表もありました。

〇源泰拓(NPO 富⼠⼭測候所を活⽤する会),鴨川仁(静岡県⽴⼤),⾨倉昭(極地研),佐藤光輝(北⼤)
オーロラサブストーム発⽣時の⼤気電場



第98回研究発表会(2020年1月開催)の
学生発表表彰の授賞式が今回行われ
当時東京理科大学M2だった五十嵐さん (現在:文部科学省)が授与されました☆
IMG_4840
五十嵐さんと表彰状!!
○五十嵐 博己(当時東京理科大学M2、現在文科省)
 「富士山頂における日中と夜間の新粒子生成イベントの長期観測」

→富士山頂で2006年から2019年夏期の新粒子生成イベントを観測したもので
エアロゾルの気候への直接影響に関する研究


無題
五十嵐さんの研究内容のパワーポイント


新年続々と嬉しいニュースが飛び込んできました。

思い返せば・・・
ちょうど1年前、この様なブログを書いておりました。
  
 無題

無題

  来年もこの中からまた(日本大気電気学会の)受賞者が出るのではないかと
 美しい夕映えの富士山を見ながら夢を膨らませています。
 (2020/1/16  太郎坊のそよ風より )
なんと美しい夕映えの富士山に
願ったコトが現実となりました!!

五十嵐さん、おめでとうございます☆


(広報委員会)


このページのトップヘ