太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

カテゴリ: 学会

IMG_0015yui


 

東京理科大学ブランディング事業ウォーターフロンティアサイエンス&テクノロジー研究センター主催の国際会議WMS2018(Water on Materials Surface 2018、物質表面の水2018)が2018年7月25日〜27日に東京理科大学葛飾キャンパスで開催されました。口頭発表22件、ポスター発表84件、343名の参加がありました。若手対象のポスターは約40件で、7件がBest Poster Awardを受賞し、その中で

前田麻人、三浦和彦、森樹大、佐藤丈徳(東京理科大学)、岩本洋子(広島大学)の5氏による
 Comparison of CCN characteristics measured in the Tokyo Sky Tree and various places

の発表は、東京スカイツリーで測定した雲凝結核特性を富士山頂などの他の地域と比較したものであり、環境分野で唯一、賞に選考されました。
 富士山測候所を活用した研究はこんな形でも最先端の科学研究を支えています。


(広報委員会)


image1
 会場は奈良春日野フォーラム甍という非常に好立地の国際会議場

本ブログの読者も多くはご存知だと思いますが、 我々NPOの最大の研究グループ分野は大気化学であり、昨年はNPOメンバーが主体となってACPM(山岳大気化学・物理学国際会議)が御殿場で開かれました。

一方、他の主要グループとして、NPOには大気電気グループがあり三浦和彦NPO事務局長(東京理科大学教授)は、日本大気電気学会の会長を歴任するなど、富士山頂での大気電気研究は活発になされています。

国際大気電気学会は、ほぼ4年に1回行われ、今回で16回の歴史ある国際会議であり、世界各地の多くの大気電気研究者が この学会を楽しみに研究を日々進めています。 参加者は230名にもなる大きな国際会議です。

今年の会議は、約20年ぶりに日本で開催ということもあり日本大気電気学会の主要メンバーは、組織委員として会議を運営いたしました。 今回の会議の場所は、奈良の東大寺と春日大社の脇にある奈良春日野フォーラム甍という非常に好立地の国際会議場でした。

image2
image3
 初日のレジストレーションとウェルカムセッション

初日は、レジストレーションとウェルカムレセプションということで国外から、多くの参加者がレジストレーションを行い、平行して、日本大気電気学会が主催で、一般市民向けの講座を行いました。この一般向けの市民講座は年1回、日本大気電気学会が開催しておりますが今回は、多くのゲストがいるということで国際大気電気学会に合わせて開催されました。

 夕方からのウェルカムレセプションでは、梅雨の最中にもかかわらず運良くこの日だけ晴天となり、甍の庭園にて、談義を楽しむことができました。 初日はこれだけですが、2日目からは8時45分会議がスタートということで この日のレセプションは、みなさん名残惜しみつつ退散されました。

 会議は国際大気電気学会の会長、岐阜大学王教授のスピーチから始まり、 全地球電気回路・大気電場セッションから始まりました。

山岳に関係のある発表は、本ブログでも登場したことのあるイスラエルのヨワブ・ヤイール教授のヘルモン山での大気電場観測でした。 前回の彼の発表では、ダストストーム中の大気電場変動でしたが、今回は地吹雪時の大気電場変動の発表でした。

3049839ex
 イスラエルのヨワブ・ヤイール教授のヘルモン山での大気電場観測

奇しくも、富士山頂でも大気電場観測をしている学芸大チームの発表は、 彼と同じような内容でしたが、測定場所が南極昭和基地での地吹雪大気電場変動の発表であったため、 彼からは富士山の冬での大気電場変動のデータはないの?という質問も。(読者も想像できると思いますが、越冬時において測候所の外に計測機器を置いて測定することは極めて難しいのでこれは実現は夢の夢です)

本国際大気電気学会では、最近の地球惑星科学系の学会のトレンド、つまりオーラルの発表を絞り、ポスター発表を増やす方向に習って多くの発表は、ポスター発表になっています。そのため、ポスター発表は大賑わいでした。

image5x
 大賑わいのポスター発表会場

このように会議はスタートから大きく盛り上がりました。 組織委員をやった立場からは、苦労の連続、トラブル続出であり多くの業務を、現職の大学教員等で行なっていたため、 一つ一つを処理するのに苦労しましたが、このスタートによって一気に気持ちが昂りました。その後、会議は4日間続きます。


(その2に続く)

(学術科学委員)


国際シンポジウム ACPM2017 の目的
山岳域における大気や水に関する 物理・化学などの研究分野に携わる 世界の研究者が参集し、山岳域の汚染、山岳域での観測による地球環境の監視など、山岳を中心とした自然環境での大気や水に関する研究成果を共有し、大気や水に関わる環境問題の解決の方針を探ることを目的とする。

DSC_2242

会議には12の国・地域から101人が参加した。このうち研究者・学生は77人(日本47人、海外30人)。世界中でこれだけ多くの研究者が山岳で研究・観測を行っており、また、国内でも富士山以外にも、丹沢、立山、八方尾根など多くの山々を研究観測のフィールドにしていることを知ったのは新鮮な驚きであった。

テクニカルプログラムは5日間の会期のうち実質的には3日間であったが、研究成果の発表と討論を通じて、またセッションの合間合間に設けられたコーヒーブレイクなども活用し、十二分な意見交換が行われ、所期の目的を達成することができたのではなかろうか。

講演に関しては事前に作成したプログラム集にある口頭発表は41件、ポスター発表に関しては1件を除く33件がすべて予定通り行われたが、この予定通りというのは国際会議では稀なことらしい。直前の出席キャンセルなどに対して柔軟にプログラムを練り直したプログラム委員の尽力に依るところが大である。また、広報委員が Announcement や Reminder などをこれでもかこれでもかとメール発信し続けたことも参加者の定着率向上に寄与したことにつながったと思う。
pbq12ACPM2017 Program Book
会議の準備段階ではウェブサイトの不備や問い合わせに対する初動遅れなどで、少なからぬ海外からの参加者にご迷惑をおかけした。今後の反省材料としなければならないであろう。一方、会議の当日運営に関しては、多少のトラブルは発生したものの、会場委員がホテルや東部地域コンベンションビューローの協力を得て迅速に対応し、その影響を最小限にとどめることができた。

全体的には、参加者から「家族的な」「convivial(陽気な)」といった声が聞かれた。同じ会場で5日間通して顔を合わせていたことで、初対面なのにずっと前から知り合いのようなとても打ち解けた雰囲気であった。100人という規模ならでは、だったのではなかろうか。

このような国際シンポジウムを運営したという実績は、その中心となったNPO法人にとって新たな前例を作ったともいえる。これにかかわったメンバー、特に若手研究者や学生には、この経験を財産にし、自信につなげるようにしてもらいたいものである。

さて、新年早々の1月3日、Johanes Stahelinから土器屋先生あてに「次のACPMの準備に着手するため ACPM2017 のウェブサイトを見ようとしたがアクセスできない(*1)。会議プログラムと参加者リストを送ってもらえないか」というという依頼があった。

3年後、2020年の第4回ACPM開催に向けた準備の動きは、すでにヨーロッパで始まった。ACPMと山岳域における大気化学・物理の研究がさらに発展することを願っている。
_DSC5492
 会議終了の翌日の11日、参加された小林喬郎様からメールに添付して送られてきた富士山の画像

[件名:見事な国際会議でした] 2017年11月11日(土)
素晴らしい国際会議をご苦労さまでした。長年の準備と見事な連携活動でお疲れだったと思います。私も大いに刺激を感じて有意義で楽しい時間を過ごすことができまして、感謝いたしております。
小林 喬郎(福井大学名誉教授)

(*1)
ACPM2017の公式ウェブサイトについては、契約が終了したことにより以前のURLでは見ることはできないが、現在はそのクローンをNPOのホームページのサーバーに残してあるので、以下のURLで参照することができる。
URL:http://npo.fuji3776.net/acpm2017_website_clone/acpm2017.jp/index.html


(国際シンポジウムの舞台裏から 終わり)

171106019
 会場となった御殿場高原リゾート 時之栖(ときのすみか)


"The conference was very well organized and everything was going smoothly"

最終日を迎えた。2F『さくらの間』の前の受付デスクには、最後の事務に即応できるよう1F臨時事務局に置いてあったプリンターを運び出した。領収書の発行や帰りの電車の乗り継ぎダイヤの作成・プリントなどその場で対応できるようにするためである。

朝の発表が始まる前、前日のブログでも紹介したMartine C. Coen(スイス)が「さくらの間」のロビーで加藤先生に何やら相談していた。「会議が終わった後にちょうどいいバスがないので早く帰るという人がいる。何とかならないか」ということのようだ。

調べてみると、会議が終るのは12:30であるが、三島駅行きのシャトルバスは確かに14:00までない。その前のバスは12:00発なので会議はまだ終わっていない。ホテルの営業部長に相談したところ、12:45に三島駅行きの臨時便を出してくれることになった。
Njr1clXLr6GnBT71517898127_1517898187
 12:00と14:00の間に臨時便を出してもらうことになる

前日のバンケットを最後に帰った研究者もいて、最終日はところどころ空席も目立つようになった会場では、午前中の最後のセッションをもってすべての発表を終了した。

引き続き、閉会セレモニーが行われた。今回のシンポジウムでは優秀な研究をした学生へ賞が授与されることになり、実行委員会から依頼された12名の審査員による投票の結果、中村恵/早稲田大学、桃井裕広/東京理科大学、Ghislain Motos(スイス)の3名が表彰された。

DSCN2032_20171110_175313
 畠山実行委員長(中央)を挟んで優秀研究賞を受賞した桃井裕広/東京理科大学(左)と中村恵/早稲田大学(右)

次いで畠山実行委員長から本シンポジウムにおける発表を対象として論文の投稿が促され、Aerosol and Air Quality Research誌に特集号が組まれることになったことが報告された。

次回のシンポジウムは3年後2020年にヨーロッパで開催されることになっており、開催国は今後決定がなされる予定であるが、ポーランドの研究者から飛び入りで立候補の意思表明と開催予定地を紹介するプレゼンテーションが行われた。

最後に、第1回シンポジウム開催者でもあるJohannes Stahelin教授(スイス)がClosing Remarksで "The conference was very well organized and everything was going smoothly." と会議の成功を褒めたたえたうえで会議の計画と運営にあたった実行委員会に対して感謝とねぎらいの言葉があった。

5日間の会議はこれをもって、すべての予定を終了し閉会した。

171110070
 次回2020年のポーランドでの開催をアピールする
DSC_1160
 Closing Remarksを述べるJohannes Stahelin教授
38400677792_812d3976e0_o
 次回の開催を受け持つことになる?ポーランドの研究者


臨時シャトルバスのニュースは会場で加藤先生がアナウンス。その前にポツリポツリと会場を抜け出て帰る人もいたが、12:45発の臨時便はほぼ満席のACPM関係者26人を乗せてホテルを出発した。残った実行委員や学生スタッフは8Fのレストランで昼食をとり、それぞれ14:00発のシャトルバスや車で帰路についた。

26655690359_bc154ff761_k
 12:45発の臨時シャトルバスはほぼ満席で時之栖を後にする


まだ残っていた人たち

事務局の二人は、東京事務局に送る荷物の手続きなどをして15:00のバスまで時間をつぶすことになった。もうホテルには関係者は誰もいなくなったと思っていたが、玄関前でクロアチアの Sonja Videcと Dr. Cleo Kosanovic、それに彼女の夫で同伴者として参加している Danko Kosanovic のいつも一緒の三人組と出遭った。

sonja
  左からDanko Kosanovic, Cleo Kosanovic, Sonja Videc (Banquetで)

聞くとホテルにはもう一泊してこれからアウトレットへ買い物に行くところだという。Danko Kosanovic が「とてもいい会議だった。自分は大気化学の専門家ではないが化学者(Chemist)なので、発表内容は十分理解することができた。参加して良かったよ」と言ってくれたのはうれしかった。

Sonja Videc と言えば、参加費の支払い方法やホテルの料金のことなどで土器屋先生に何回もメールをしてきていたので、その名前は御殿場に来る前からよく覚えていた。彼女が最も理解に苦しんだのはシングルとツインの料金の違いだった。
Dear Organizers,
I am in the process of registering Dr. Cleo Kosanovic who is going to attend the conference and will have accompanying person (her husband). During the registration process I have noticed that the accommodation for one person in a twin room is JPY 1,800 more expensive (JPY 9,800 per person) than if they registered separately (JPY 8,000). Can you explain me please
  1. Why it is not possible to book/check a double room with 2 persons staying in the room and with the price for double room (JPY 12,700)
  2. What is the reason for charging the room JPY 9,800 per person per day (total JPY 98,000 for two persons for 5 days) when single room costs JPY 8,000 (total 40,000 per person).
  3. If the cost of a double room for single use is JPY 12,700 per night what is the cost of the double room for 2 persons? Why this option is not listed, especially since you offer possibility of accompanying person? 

実行委員の皆さま
会議に参加する Cleo Kosanovic と彼女の同伴者(夫)の登録をしようとしていたところ、ツインルーム1人料金(9,800円)がシングルルームで別々に泊まる料金(8,000円)より1,800円高いことに気がつきました。
以下について説明していただけませんか。
  1. ツイン部屋に2人で12,700円で予約できないのはなぜか。
  2. シングル部屋が8,000円なのに一人一日9,800円をとるのはなぜか。
  3. ツイン部屋に一人で泊った場合12,700円なのなら、二人で宿泊した場合の料金はどうなるのか。
日本では「1泊2食」の旅館の商習慣がベースになっている関係で、ホテルでも部屋単位でなく人単位の料金としている。日本と外国のこの考え方の違いから説明しなければならず、土器屋先生が粘り強く対応して了解をいただいた。
Dear Yukiko
Thank you for clear explanation. I was a bit surprised with the room charge per person but I understand now.

明快に説明していただきありがとうございます。一人当りの室料にはちょっと驚きましたがわかりました。
文化習慣の違いを説明するのは大変なことと改めて思い知らされた。

最終日のこの日、最後の講演に立ったのが Sonja Videc だった。土器屋先生は「彼女の講演だけはどうしても聴かなければ」と会場に入ったが、とてもわかりやすい良い発表だったそうだ。論理的に説明を求める彼女らしい理路整然とした話の組み立てだったに違いない。

sonja2
 最後に発表する Sonja Vidic (クロアチア)

Sonjaたちと別れた後、ロビーに戻ると今度はフロントで Ross Petersen に出くわした。彼も「もう一泊してこれから温泉につかってのんびりしていくんだ」と。「また今度日本に来たら会おう」と言って別れたが、翌週、東京で再会することになろうとは思いもよらなかった・・・。

171109184
 バンケットは地元の食材をふんだんに使った料理に舌鼓
171109172x
DSCN1986
 スクリーンには山頂班が撮影し土器屋先生がインスタグラムに投稿した夏の山頂風景を投影
38400684982_8bb9e9729b_k
 学生も他大学の学生と交流できたようだ


George Lin 先生のこと


バンケットは18時から2F宴会場『ふじの間』で、宴会担当の皆巳先生(石川県立大学)と勝見先生(同)の司会で賑やかに始まった。

畠山実行委員長の挨拶に続いて乾杯の音頭に壇上に立ったのは George Lin 教授(台湾)。「前回アメリカの Steamboat Springs での会議で、次の会議は日本か台湾で開催することに決まっていました。しかし Mt.Fuji は(台湾の)Mt.Lulin より1千㍍も高いので、今回は日本にやってもらうことにしたのです」とユーモアたっぷりにスピーチ。(*1)

26651357739_96a9d38404_k
 乾杯の前に挨拶する Neng-Huei (George) Lin(台湾)

Lin先生は台湾中央大学の教授で、ACPの最初の立ち上げにも関わっており、今回の会議でも International Advisory Boardとして助言をしていただいている。

NPOのスタート時からマウナロアの Russ Scnell 博士と一緒に応援して下さり、2006- 7年のNPO主催の3回の国際集会での講演、台湾の Lulin山 Baseline Stationとの共同研究など、富士山測候所を活用する研究面 で絶大なサポートをしてくださった。

2009年に土器屋先生に送られてきた手紙 (*2) でも「日本政府はなぜ富士山測候所の運用を止めようとしているのか。われわれの助けが必要ならぜひ連絡をもらいたい。富士山測候所の運用を続けられるようどんなことでも引き受ける」とまで言ってくださっている。

2014年6月に畠山理事長(当時は東京農工大学教授)の招聘で東京農工大学のスーパー教授英語では "Distinguished Professor" )として来日された時にも、わざわざNPOのために講演 (*3)をしてくださった。

その時点ではまだ日本での開催は決まっていなかったが「次のACPMは日本で開催すべきだ。 NPOのためにもやったほうが良い」と、NPOの主だったメンバーに熱心に説いておられた。 外からNPOのことを気にかけてくださっている一番の良き理解者である。

今回、このような形で日本で会議が開催できたことを一番よろこんでおられるのは Lin 先生なのではなかろうか。

lin&shiro

(*1) 富士山の標高:3776㍍ Lulin山の標高:2882㍍
(*2) 応援メッセージ 2009年12月3日「Mt. Fuji station - the legacy that should not be ignored.」
(*3) スタッフブログ『太郎坊のそよ風』2014年10月6日 「"We have to keep going"…ジョージ・リン教授の講演」



想定外のクレーム


今回の国際会議にあたり頼りにしているJNTO『国際会議開催マニュアル』の「登録デスク」の項に以下の記述がある。
 クレーム対応
 会議の参加者などから寄せられるクレームの大半は参加登録に関するものであるが、予想されるクレームをあらかじめ想定し、共有しておく。また、クレームを受けた場合の連絡・報告系統を事前に決めておくことで速やかに対応することができる。
予想されているクレームの場合は、なるほどその通りであろう。しかし、受付デスクに来るのはマニュアルで謳っているような想定内のクレームばかりではない。受付を開いたばかりの9時前、Po-Hsiung Lin(台湾)がやって来た。「4階の廊下に大きな蜘蛛(Spider)がいて宿泊している女性が怖がっている。何とかしてもらえないか」

すぐにホテルのフロントに行って説明し、処理を依頼した。夕方、バンケットの前にフロントに寄って蜘蛛はどうなったのか尋ねた。「わたしたちが行った時には既に蜘蛛は居なくなっていました。この辺りは朝の蜘蛛は縁起が良いと言われているんですよ」

バンケットの時に件の Po-Hsiung Lin にこの話をしたところ、「蜘蛛は彼女が捕まえたそうです」と M. Collaud Coen (スイス)を連れてきた。彼女が差し出したスマホには、青緑色がかった大きな蜘蛛の画像が画面一杯に収められていた。

martine

「どうやって捕まえたのか」と聞くと、よくぞ聞いてくれたとばかりにジェスチャーたっぷりに、ガラスコップを逆さまに伏せて捕まえる素振りをしてみせた。

彼女は初日の Ice Breaker から最後の Closing Remark まですべての行事に参加した。もちろん自ら口頭発表もし、2つのセッションの座長も務めた。小柄ながら持ち前の行動力で目一杯動き回り、目一杯楽しんでいったのではないだろうか。帰国後、彼女から土器屋先生に届いたメールを最後にご紹介したい。

Once again thank you very much for the organization of this very nice and convivial conference! I was really pleased to participate and to have some insights of Japan even if I didn’t stay long enough to catch the japan way of life! I also really enjoy all the contacts that could be made in such a small but really important scientific community.
Martine Collaud Coen (Switzeland)

このように友好的な雰囲気の素晴らしい会議を開催していただいたことに対し、改めて感謝申し上げます。日本の生活文化を把握できるほど長い間日本にいたわけではないのですが、皆さんとご一緒できて日本のことを少しでも知ることができ心からうれしく思っています。また、今回の会議は規模は小さいながらも非常に重要なものでしたし、ここでお会いした研究者の皆さまとの交流も本当に楽しいものでした。

171109210
 余興の大太鼓を演奏してみせる Martine Collaud Coen (スイス)

このページのトップヘ