太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

カテゴリ: 学会

IMG_3820 (2)
 授賞式会場前で戸田先生を囲む研究室の皆さん

 2018年9月12-14日、仙台市の東北大学川内北キャンパスで開かれた日本分析化学会第67年会で、熊本大学・大学院先端科学研究部基礎科学部門の戸田敬教授は、2018年度学会賞を受賞されました。
IMG_3764
   授賞式の戸田先生

IMG_3807 (2)
 今年7月19日の富士山頂からの日没の写真を背景に受賞講演を始められた戸田先生

 受賞講演のタイトルは上のスライドに示すように、「大気物質の動態を明らかにする分析化学」です。2016年以来、大河内グループに参加し富士山頂や宝永火口で観測されたデータも紹介されていましたが、今回の受賞の業績は、フィールド分析装置の開発や、それを駆使しての大気化学の解明への取り組みです。
  マイクロガス分析システムとして、水溶性ガス成分を取り込むスクラバーを改良し、従来法の2万倍の捕集効率の達成と、検出部に蛍光法を採用し改良を行なった先生の研究は、これまで不可能であったモバイルやリモートエリアにおける分析を可能にしました。これは、フィールド分析を行なう研究者の多くが恩恵を受ける素晴らしい技術です。大気化学観測では、熊本市内の森林のほか、阿蘇、箱根、富士山などの山岳域、有明海やバイカル湖などの海や湖などを対象としておられます。また、具体的には、火山ガスH2SがSO2へと大気中の反応で変換される様子の解明等が挙げられており、 宝永火口で行なわれた観測もその一環です。これからのますますのご活躍が期待されます。

 
IMG_3615 (2)
日本分析化学会学会賞の古代エジプトの天秤が図案化されたメダル

 大気環境学会での大河内先生のが学術報受賞と山脇さんのポスター賞に続いて、日本分析化学会でも戸田先生が学会賞を受賞されたことは、富士山測候所を維持管理するNPOの活動が研究のお役にたっている証拠で、裏方としても嬉しい限りです。夏は台風などで苦戦しましたが、実りの秋の到来ですね。
(広報委員会)

IMG_3401
ポスター賞の賞状と大河内研M1の山脇拓実さん

 今年秋の大気環境学会は富士山研究受賞のラッシュです。大河内教授の学会賞受賞と同時に早稲田大学大学院 創造理工学研究科 修士1年の山脇拓実さんもポスター賞です。学会に参加中の山脇さんから喜びのメールが届きました。
早稲田大学大河内研究室修士1年の山脇です。
先日の大気環境学会にてお会いした先生方もいらっしゃいますが、この度学生ポスター賞を受賞することができました。
共著者の皆様のご支援のおかげだと思っています。
ありがとうございました。
0d47643cx
 ポスターの説明をする山脇さん

ポスターのタイトルと発表者は
「揮発性有機化合物の大気圏動態と航空機および船舶排ガスの影響評価(2)
山脇拓実、大河内博、島田幸次郎、三浦和彦、加藤俊吾、皆巳幸也、勝見尚也、小林拓、戸田敬、米持真一、鴨川仁、土器屋由紀子

 富士山頂、太郎坊および東京都新宿区で採取した試料に関する、発がん性を有する揮発性有機化合物(VOCs)の詳しい測定結果から、航空機や船舶排ガスの影響を割り出した研究がわかりやすく、美しいポスターで示されています。

 これからのご活躍が楽しみです。

73c09a60x
 学会会場の九州大学筑紫キャンパスで大河内研の皆さん

(広報委員会)

41685492_2022861394465095_6778929595480539136_n
 大原利眞大気環境学会長から賞状の授与
41518460_2022861444465090_7889583364854775808_n
  大気環境学会賞のメダル(国宝「風神雷神図」がアレンジされている)

 2018年9月12-16日に九州大学筑紫キャンパスにおいて行われた第59回大気環境学会で早稲田大学・総合理工学部の大河内博教授が、学術賞(斎藤潔賞)を受賞されました。

 タイトルは「水・物質循環から見た大気環境研究:”地球の健康管理”を志して」。 まさに、アースドクター・大河内先生の面目躍如です。夏の雨風の強い富士山頂でのサンプル採取だけではなく、2008年からは、太郎坊にも観測基地を作り、冬は雪道をかき分けて通って通年のデータを採り続けた汗の結晶です。10分間の受賞講演では、ずっとこだわってこられた「水」の研究として、富士山における雲水、都市部における都市型豪雨の研究の一部が紹介されました。長年研究された成果が一つの実を結んだ結果で誠に喜ばしいことです。

41652860_2022861337798434_5503880798891147264_n
  受賞講演を行う大河内教授
41684548_2022861371131764_5703619300963647488_n
受賞講演のスライドから・・よく見ると山頂で出会った顔が・・・ もちろん講演の最初のスライドにはNPOに対する謝辞も述べておられます。
  

IMG_3415

    受賞講演会場から同時に受賞された大阪府立大・竹中規訓教授(以前富士山で観測もされました)と一緒に。


(広報委員会)

DSC_2336x
 逗子の野中勝氏のお宅へ向かう

 本NPOホームページの「野中到・千代子資料館」に「野中千代子は気象学会員だったか?」という疑問を載せています。そのことは本ブログ「野中到・千代子資料館 ホームページにオープン」でも触れましたが。先日、逗子の野中勝氏のお宅を、気象研究所の山本哲氏、佐藤監事、土器屋の3名で再度訪問し、資料を見せていただいたおりに、山本氏から、気象学会の機関誌『天気』2018年8月号、「情報の広場」の記事の中で示された明快な解答の説明がありました。

 山本氏は初めに、上の記事(土器屋,2018・5)を引用され、その問いに対する結論という形で述べています。昨年、気象学会・気象学史研究会の廣田勇・京大名誉教授に「野中千代子は気象学会に入会を申し込んで断られた、と新田次郎の小説にあるのは、事実でしょうか?」と質問したところ、学会事務局に問い合わせてくださり、事務局の「個人情報なので教えられない」という回答にもめげずに、藤部文昭・首都大学教授にも調査を依頼され、その結果、藤辺氏は1923年の『気象集誌』総会記事の中の前年度物故者名簿に野中千代子の名前がないこと、1955年の『天気』掲載の佐藤順一による「野中到追悼文」の中に「・・・明治28年ごろから千代子夫人と共に気象学会会員になっておられたが」という記述があることを調べて下さいました。しかし千代子の没年に誤りがあったり心配な点があるなどの指摘もされています。

 あっさり出た答えは、平凡社ライブラリー『富士案内・芙蓉日記』(2006)の編者大森久雄氏と情報交換されたことによります。1895年(明治28年)の大日本気象学会会員録に二人の名前が載っていたことが判明したのです。

DSC_2397
 二人の名前が載った大日本気象学会会員録 (明治29年12月、通常会員(在東京)の一部、なお明治28年のものは大森氏が確認)

 なお、名前の「至」と「到」については、ご本人も1900年頃までは「至」と信じておられたようで、その後、「到」(戸籍名)に替えられたようです。(山と渓谷社、1949)。「千代子」については、戸籍名「チヨ」に沿って気象学会会員録は「千代」ですが、名刺には「千代子」とあり、こちらを使っておられたようです。本HPは、現在のところ、勝氏の同意も得て、「到」「千代子」を使っています。

 新田次郎の『芙蓉の人』は名著であってもあくまでフィクションを多く含む小説であり、例えば、二人が山にこもることは当時の新聞報道などで広く知られていた事実があるのに、あえて身内以外に秘密になっていたことにしたり、8歳で尋常小学校3年まで健在であった長女園子氏を、二人の滞頂中に2歳で亡くなったことにするというフィクションを加えています。
 
2018年08月18日15時44分17秒
 野中園(8歳)
CIMG2490
 野中園 尋常小学校第二学年の修業証書(明治34年)

 山本氏の論文では、それとは対照的な大森氏の綿密な取材を紹介して、歴史資料としての『富士案内・芙蓉日記』の編集や、それに先立って執筆された『野中到』“富士案内”(明治34年8月春陽堂刊)、新選復刻日本山岳名著 解題』(大森、1978)などの歴史的な価値が大きいことを述べています。和田雄治氏について、小説とは違った見方が可能かもしれないという指摘もあります。 

 そしてさらに、「千代子は登山直前になぜ気象学会への入会を求めたのであろうか」という疑問に踏み込んで、次のように推測しています。
到は富士観測に当たり気象測器を中央気象台からすべて貸与され、観測を委嘱されていた。まったくの私人である到にそのような支援を与えるには、大日本気象学会会員という肩書が必要だった。千代子も観測に加わる以上、学会員であることが必要と感じたのであろう。和田は、受け取った手紙を即座に『気象集誌』に全文そのまま掲載するという、異例の対応でその気持ちに応えたのである。
 これは、まさに山本氏の卓見といえるでしょう。「新選女大学」の懸賞論文の一等になるような、聡明で思慮深い明治の女性であった千代子氏があえて入会を求めたのには、それなりの理由があってしかるべきでしょう。なお、山本氏の調査によると、会員録には千代子氏の入会に先だって、女性と思しき名前もあり、気象学会は以前から、女性の入会を認めていたと考えられ、「思い込み」で判断することの危うさと、資料を調べることの大切さが伝わってきました。(この女性会員の件は今後さらに調べてみたいと思います)

 最後に、藤部氏が図書館で数百ページは優に超える文献に目を通された地道な調査にも敬意が表されています。電子化から漏れているものの中から「千代子の通信」などを見つけてくださった努力と、学会としての電子アーカイブ事業への提言も含まれます。

DSC_2341x
 準備していただいた大量の資料の一部

 以上が山本氏の論文に関するご紹介ですが、今回、野中氏を再度訪問して、沢山の資料を写させて頂きました。現在その整理を行っている途中ですが、今後『野中到・千代子資料館』に追加してゆき、資料館の再構成も含めて充実させたいと考えています。
(広報委員会)









image5
 会議場の周りはとにかく鹿がいっぱい。

今回の国際大気電気学会(ICAE2018)では、初日のセッション開始前には大阪北部における直下型地震があり、多くの参加者が奈良でその大きな揺れを「実感」することができました。また、阪大出身の研究者が多いこともあり、何人かの研究者が自宅、実家等で被害があったとのことでした。

熊本地震の復興も中途段階であるにもかかわらず、報道でなされているようにこの地震においても痛ましい被害が発生しました。雷現象においても雷災害があり、参加研究者の多くはこの機会に改めて研究成果を減災に活かすことを強く思ったのではないかと思います。

午前中はオーラルセッション。
5日間においては午前中(一部の日は午後まで)はオーラルセッション、午後はポスターセッションという形で行われました。

image2


ランチは、会場周辺に食事できるところが少ないため、多くの人はお弁当を事前に注文し、ランチ時もひたすら議論という、誰もがどっぷり大気電気を楽しんでおりました。3日目午後には、エクスカーションが行われ、バスツアー、徒歩散策ツアーと多くの外国人は参加されたようです。

我々LOCにおいては、エクスカーションの担当でなければ参加せず、わずかな時間を使いひたすら会議の仕事や、他の仕事などをしたりと息のつく暇もないという、お手製国際会議ならではのひとときでした。

image1
 ポスター発表においては東京学芸大学鈴木智幸博士の富士山スプライト研究の成果も。

4日目の会議終了後はバンケットでした。
奈良国立博物館地下のカフェにて開催し、中華料理と日本料理を堪能し、奈良女子大学飛鳥会を招聘して、琴と三味線のアンサンブルを楽しみました。

image3
 奈良女子大学飛鳥会の演奏。古典的から現代的な曲が奏でられ皆さん大いに喜んでいました

5日目のクロージングリマークスにおいては、次回の開催地イスラエルについての発表がありました。イスラエルにおける大気電気研究は活発であり、この富士山の研究成果も彼らに影響を与えたのは以前お話しした通りです。

4年に1回しかないこの国際会議。次回においても富士山で得られた成果を世界に紹介して行きたいところです。

image4
 国際会議終わったあとは、どんどんおしゃれになっていく奈良の街中で軽い打ち上げ

(学術科学委員会)
奈良で行われた第16回国際大気電気学会から(その1)2018年06月28日

このページのトップヘ