太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 オフィシャルブログ

カテゴリ: 学会


第63回大気環境学会速報(前半)の続き…

学会の大会ページ

特別集会1「特別集会1 大気中マイクロプラスチックの実態解明と健康影響評価 」
は大河内博副理事長が世話人のマイクロプラスチック研究最前線の人気企画です。
この集会はポスターセッションと並行して行われました。

日時:2022年9月14日 13:00-15:30
・世話人:大河内博(早稲田大学創造理工学部)
・会場:A会場(118大講義室)
・座長:反町篤行(東洋大学),岩本洋子(広島大学)
・講演:
1. 環境研究総合推進費:大気中マイクロプラスチックの実態解明と健康影響評価:大河内博(早稲田大学) 
2. µFTIR ATRイメージングによるAMPs分析法の開発:新居田恭弘(パーキンエルマージャパン)
3. 熱分解GCMSの大気マイクロプラスチックへの適用:竹内政樹(徳島大学)
4. マイクロプラスチックの3次元モデル予測に向けて:梶野瑞王,足立光司(気象研究所)
5. 道路粉塵の健康影響評価:都市型PN2.5との比較:石原康宏(広島大学)

unnamed


第2日目(9月15日)の午前中は一般講演、午後は年会総会、受賞記念講演と公開シンポジウムが行われました。

一般公演C会場では、静岡理工科大学の南齋勉准教授の座長で、村田浩太郎さんが下記の講演を行いました。
村田浩太郎、米持真一(埼玉県環境科学国際センター)、大河内博(早稲田大)、鴨川仁(静岡県大)
「自由対流圏における氷晶核濃度-2021年夏季の富士山頂における観測」

午後の年会総会では、若手・学生口頭発表賞及びポスター賞の表彰が行われ、早稲田大学の駒場さん(M2)と坂口さん(M1)がポスター賞を受賞しました。内容は富士山研究ではありませんが、研究の仲間として嬉しいニュースです。(受賞ポスターを下記に示します)

「都市大気中および雨水中農薬の実態解明と個人暴露評価のためのウェラブルサンプラーの開発」駒場啓祐1,大河内博1,鈴木美成 2,川嶋文人3
(1早稲田大学大学院創造理工学研究科,2国立医薬品食品衛生研究所,3愛媛大学)
M2_07

「首都圏近郊山間部における渓流水を通じた微量金属元素の流出挙動と大気沈着の影響評価(6)」
阪口悠宇1),大河内博1),中野孝教2) ,佐瀨裕之3),諸橋将雪3)
1)早稲田大学大学院創造理工学研究科,2)総合地球環境学研究所,3)アジア大気汚染研究センター
M1_05

第3日目(9月16日)は午前中に一般講演があり、3年ぶりに対面で行われた第63回大気環境学会がの幕を閉じました。

本NPOから第63回大気環境学会会場に「成果報告会 講演予稿集」を提供させていただきました。
まとめ役をしていただいた南齋先生から、下記のメールを頂きました。

第63回大気環境学会年会にお送りいただいた成果報告会 講演予稿集についてご報告いたします。
初日の段階で19部、24部、12部(13回、14回、15回)と好調な配布状況で、現在の残数は、7部、12部、0部となっています。

南齋先生、竹中先生はじめ大会運営員のみなさま、本NPOのPRにご協力頂き、大変有難うございました。
これからも、本NPOの研究活動が広く知られるように活動したいと思います。


また、
第63回大気環境学会年会に先立ち9月9日に行われた令和4年度大気環境学会定時総会において、
本NPOの土器屋由紀子理事(他5名)が大気環境学会名誉会員に推戴されました。
横田久司東京事務所長(令和3年度推戴)に続いてNPO関係者で2人目の大気環境学会名誉会員になりました。

(広報委員会)




認定NPO法人富士山測候所を活用する会とは


2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いいたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。

  

aac2022
 AAC2022(2022年6月12日−16日,台湾)


富士関係ではありませんが・・・
と大河内副理事長から、
遠慮がちな喜びのメールが入りました。


「当研究室卒業生の土屋(東大M1)が
4年生で行っていた研究を発表しておりましたが,
ポスター賞を受賞することができました(3位)、
広島大,埼玉大の留学生が受賞していますが,日本人ではただ一人のようです.」


AACPosters賞


「また、並行して行われた
 第30回日本環境化学会
(環境化学物質 3学会合同大会;2022年6月14日〜16日,富山国際会議場)
でも当研究室M1の阪口がポスター賞を受賞しました.」
とご連絡も頂きました。


環境化学ポスター

もちろん、富士山関係の研究発表も下記のように行われています。



日本の山間部森林域における雲水沈着量の推計 (3)
〇王一澤,大河内博,井川学,高橋善幸,家合浩明,栗林正樹,菅野由莉,新田響平


大気中マイクロプラスチックの起源・動態・健康影響(3) :日本全国におけるAMPs濃度および大気沈着量分布
〇谷悠人,大河内博,吉田昇永,速水洋,竹内政樹,樫本真央,反町篤行,藤井佑介,竹中規訓,北野洸太朗,山口高志,勝見尚也,松木篤,梶野瑞王,足立光司,石原康宏,岩本洋子,新居田恭弘

大気中マイクロプラスチックの起源・動態・健康影響(4) :自由対流圏大気中マイクロプラスチックの特徴
〇小野塚洋介,大河内博,吉田昇永,谷悠人,速水洋,竹内政樹,反町篤行,藤井佑介,竹中規訓,山高志,勝見尚也,梶野瑞王,足立光司,石原康宏,岩本洋子,新居田恭弘


首都圏小規模森林域における大気中揮発性有機化合物がPM2.5濃度に及ぼす影響(2)
〇髙橋立,大河内博,土屋裕,速水洋,宮崎あかね




毎年のように若い研究者の受賞が続く素晴らしいグループですね。
夏の忙しい山頂での観測を前に元気の湧くニュースです!

(広報委員会)





認定NPO法人富士山測候所を活用する会とは


2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いいたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。

397855F2-1D1F-4819-8F20-D0BBDC385D7E
CBCA3CBE-BFA6-4B89-8120-2EFED3A1AAF3

南齋勉実行委員長によると
正式には89名の参加者を得て大成功に終わりました。
一時的なものを含めると105個ものアカウントからアクセスがあったとか。
リモートの会議としてはびっくりとのことです。
スタート

この熱気の中で13時ジャストにスタートしました。
三浦和彦理事長の開会あいさつに続き、鴨川専務理事・事務局長の
2021年度夏期観測の総括
続いて、第一部「大気を診る」の5件の講演。
南齋座長のもと、制限時間いっぱいに詰め込まれた新しい情報と質疑応答が行われました。
都立大の大学院生・矢田茂久さんの太郎坊観測の纏めの講演に始まり、
矢田講演タイトル


野村講演タイトル

2年越しのバッテリーを継続させた国立環境研究所野村渉平さんの講演には
富士山が唯一、コロナ禍の影響をCO2濃度変化で示したデータが示されました。

和田龍一理事、埼玉環境科学国際センター米持真一さんの講演では
2020年の太郎坊での集中観測の結果も踏まえた
2021年の山頂の窒素化合物データとの比較、
通年観測の検討、上空越境汚染の指標としてのPM1の特性把握など、
富士山を活用したグローバルな大気汚染観測へ向けての議論が深化されました。

大河内講演タイトル
2019年から始められたマイクロプラスチックというホットな話題
に関する大河内博副理事長の講演でこのセッションを締めくくりました。

休憩をはさんで、14時25分に
全員集合後撮影したのが上の写真です。
続いて、今年の新し試み「富士山測候所取材余話」が
村田浩太郎副実行委員長の司会で始まりました。

seika202103

最初に、富士山頂で大河内先生の仕事を取材されたRKB毎日放送の後藤弘之氏のお話で、
大変分かりやすいスライドと
難しい話をどうやって伝えようかと工夫された熱意が伝わりました。

seika202102

2番目は、静岡第一テレビの小野澤玲奈氏が取材者の
目線での要望などをわかりやすくまとめて話され、
ニュースリリースの利用など、私達にとって
大変役に立つ情報を提供して下さいました。

seika202104

seika202101

 さらに、鴨川専務理事の「遠距離通勤」と「ウラ撮れちゃいました」取材の

「される側」からの経験談で、予定された時間いっぱい、

研究発表とは一味違った熱心な議論が続き、

最後に村田副委員長が「広報委員会の活動のご紹介」を行いました。

休憩時間に食い込んでしまいましたが、多くの方が続けてご参加下さっていました。

 

村田広報委員会

引き続き後半の第2部

「雲や塵を掴む」(座長:加藤俊吾理事)
このタイトルのセッションが本成果報告会に作られたのは今年が初めてで、
若い二人のオーガナイザーのおかげです。
南斉講演タイトル

雨の微細構造の研究として雲粒1滴ごとに採取する
新しい方法を導入した南齋実行委員長の講演や
村田講演タイトル
降水のもとになる氷晶核の生成への富士山堆積物の影響を調べた
田副実行委員長の研究発表が、
これまでNPOの中核として取り組まれている2つのトピックであ
大河内理事グループの大学院生王一澤さんの雲水観測と
三浦和彦
理事長の微粒子および雲凝結核観測の発表に加わりました。
新しく作られたセッションで今後の論文発表へとつながることが期待されます。

第3部「防災:すごい現象」(座長:和田龍一理事)
このセッションが充実してきたのは、本NPO15年の実績と言えるでしょうか?
激甚気象の一つとして問題になっている集中豪雨について
山岳地帯での研究が大河内副理事長グループによって報告されました。
米戸、大河内講演タイトル

続いて、加藤理事、長尾年恭理事による火山噴火予知の報告は

「いつ起こってもおかしくない」富士山噴火への
NPOの取り組みを示しています。
長尾講演タイトル

このセッションで最も多かった雷に関する報告は、

まさに今や本NPO「お家芸」ともいえる

雷に関する多面的な研究の成果です。


鴨川専務理事による2021年8月18日に
NPOの観測史上初め
て捉えた測候所への落雷や
静岡県立大学鈴木智幸さんのブルースタ
ーターという
捉えることが難しい放電現象などNPO山頂班との
携もばっちりに得られた成果についての報告があり、

安本講演タイトル

安本勝・研究センター研究員は、上向き雷としての詳細を報告し、
今後の避雷方針の提案も行いました。
最後のセッションでしたが、ほとんど退場者なしの盛況でした。
加藤クロージング

最後に加藤俊吾学術科学委員長から、本講演会への感謝と、
夏期観測の裏方として、慣れないコロナ対策に頑張られた山頂班への
感謝がのべられて、
春先にしては「熱い」充実した午後が終わりました。

(広報委員会)


認定NPO法人富士山測候所を活用する会とは

2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いいたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。

D1A1498D-CDE7-4103-B52A-32B6888DD742
2/11(金)開催のシンポジウムにて 
左から気象予報士の伊東麻衣さんと鴨川専務理事

伊藤さんは2019年に取材のため山頂へも来られ、NHK静岡の放送で取り上げて頂きました。

無題

415F148B-A849-4AA5-866A-F189B0AF93B8
「雷活動から気候変動を知る」を講演中の鴨川仁専務理事

72D8AF9E-A65E-4488-82F8-A6F53C28BF40
「地震・火山を知って備える:静岡SDGsへの第一歩」を講演する楠城一嘉理事


B59E5889-01DC-4696-9BEC-CB25E581D4AA
楠城一嘉理事の講演の様子

開催概要
静岡県立大学グローバル地域センターとSDGsイニシアティブ推進委員会は、国際シンポジウム「防災×環境×SDGs」を開催します。
本シンポジウムでは、防災・環境問題を考え行動するきっかけ作りをします。
第1部は雷・異常気象といった最近注目を集める気象現象にどう備えるかを考えます。第2部のトピックは、地震・火山噴火の防災減災やCO2・地球温暖化問題です


4FC775CE-3FF6-40AE-B8B3-9CBE94B4D454

会場の様子。伊藤麻衣さんの推薦文ももある成山堂書店「雷の疑問56」のポスター。音羽電機工業の雷写真コンテストのタペストリーも。

本シンポジウムの動画は、静岡県立大学グローバル地域センターのウェブサイト
ご覧いただくことができます。

(広報委員会) 




認定NPO法人富士山測候所を活用する会とは

2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いいたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。







無題

開催日2021/12/23(木)14:50-16:20

 日本学術会議環境リスク分科会は2020年4月7日に、提言「マイクロプラスチックによる水環境汚染の生態・健康影響研究の必要性とプラスチックのガバナンス」を提出しました。
提言提出は新型コロナウイルス感染症のパンデミックに伴う最初の緊急事態宣言が出た時期と重なりました。感染症パンデミックの制御とプラスチックのガバナンスについて、衛生環境管理と資源循環の観点から多角的に討論します。
                    シンポジウムWebページより

主催:日本学術会議環境学委員会・健康・生活科学委員会合同環境リスク分科会、
健康・生活科学委員会・基礎医学委員会合同パブリックヘルス科学分科会

共催:日本公衆衛生学会
後援:日本生命科学アカデミー
に、本NPO 大河内副理事長が講演します!
無題

講演題名は

(5)大気中マイクロプラスチックの実態解明と健康影響
 大河内 博(早稲田大学理工学術院創造理工学部教授)
です。
対象は、どなたでも参加いただけます。
定員 約150名(当日先着順)となってます!

2021年末は、
アカデミックなお話で
締めくくりませんか?


認定NPO法人 富士山測候所を活用する会とは?
2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かかるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。



このページのトップヘ