太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

カテゴリ: 学会

b1c0ebbdsq
第60回大気環境学会n
(上)大河内先生とポスター賞の大力さんと張さん(下)第60回大気環境学会年会長の伊豆田猛・東京農工大教授と6人の受賞者(いずれも大河内先生のFBから)


お待たせしました。大気環境学会の続報です。
今年も2名の富士山研究者がポスター発表賞を受賞しました! 早稲田大学大河内研究室の大力充雄さんと張晶瑩さんです。

ポスター賞の受賞者は全部で6人でしたが、受賞の対象になる「学生・若手」の発表は50件。その中で、富士山関係2件が選ばれたことはNPOにとって大変嬉しいことです。


今回の大気環境学会第60回年会(9月18日-20日)では、日中韓国際交流シンポジウムも行われ、当NPO理事長でもある畠山史郎アジア大気汚染センター長の講演もあり、多くの分科会が同時に行われました。

第60回大気環境学会
 第60回 大気環境学会 年会が行われた東京農工大学キャンパス(米持先生のFBから)

9月18日午前中の口頭発表では、《植物影響セッション》で、帝京科学大学・和田龍一先生の「富士山麓森林におけるオゾンフラックスの季節変化とその要因解析」、《光化学オキシダント/VOCセッション》では早稲田大学大学院の山脇拓実さんによる「揮発性有機化合物の大気圏動態と航空機および船舶排ガスの影響評価 (3)」の注目の講演があり、活発な議論が続いていました。

パワーポイント1
パワーポイント2
 早稲田の山脇さんの発表パワーポイント 富士山頂の大気は様々なところの影響を受けている
 

最終日の9月20日には、早稲田大学・大河内博教授による「大気中のマイクロチップの研究を始めませんか?」という意欲的な提案講演もありました。

hk10
hk12
hk1
 大河内先生の発表スライド(一部)

地球を診断して早期治療する “アースドクター(地球医)” を目指しておられる大河内先生の面目躍如といったところです。海洋汚染だけでなく大気汚染も考えるとき、地球規模の観測研究の中で富士山頂が果たす役割も今後大きくなるのではないでしょうか?

(広報委員会)

551A5371-A707-474B-8336-272D9F777A02
ペットボトル禁止キャンペーンの水筒 (大河内先生の共同研究者で、ペレット問題の世界的な権威 高田秀重・農工大教授提供)






BLOG_yonemochi
 米持真一先生とメダルと表彰状

9月18日から、府中市の東京農工大学で第60回大気環境学会(9月18日-20日)が行われていますが、19日の総会で、大気環境学会学術賞(斎藤潔賞)が埼玉県環境科学国際センターの米持真一担当部長に下記の業績について授与されました。

「微小エアロゾルの動態観測と光触媒特性を活用した大気環境改善に関する研究」

受賞講演は「フィールドに軸足を置いた微小エアロゾル観測と光触媒作用の応用研究」というタイトルで、日中韓共同研究によるPM2.5の研究が中心ですが、富士山頂での長年の観測結果も紹介されました。

IMG_2393
IMG_2392
(上)受賞講演を行う米持先生(下)講演発表のスライドから

ネオジム (Neodymium) 磁石を用いた自作の光触媒材料とその応用としての「フィールドに軸足を置く」という研究スタイルは、過酷な富士登山を徒歩で30回もこなした米持先生の面目躍如でした。

今年の7月25日には、富士山頂研究5000人目の研究者が米持先生だったことを覚えておられる方も多いでしょうか?今年は先生にとって良い年だったようですね。




なお、9月18日の午前中には帝京科学大学和田龍一教授の1H1000「富士山麓森林域におけるオゾンフラックスの季節変化とその要因の解明」、および早稲田大学大学院の山脇拓実さんの1D1115「揮発性有機化合物の大気圏動態と航空機および船舶ガスの影響評価(3)」の富士山測候所利用関係の口頭発表が行われました。


午後のポスターセッションはキャンパスの北端にある武道場にで行われました。土足厳禁の会場に、臨時にビニールを張り巡らした大会場は大会運営委員長の伊豆田猛先生苦心の作とのこと。折からの豪雨の中でしたが、149件の発表に向けて大勢集まりました。富士山測候所関係の学生発表も4件あり活発な討論で広い会場に熱気があふれていました。

1e91c68fx
P-37「富士山頂における自由対流圏大気ナノ粒子中微量金属元素の観測」宇田颯馬さん(早稲田大)

f48bf967x
P-75「大気中陰イオン界面活性物質の動態と起源推定(8)」張晶瑩さん(早稲田大)
太郎坊での観測が報告されていました。


3450a19bx
P-81「富士山頂での火山性ガスの越冬モニタリングシステムの構築」高橋智樹さん(首都大学東京)

abe8119cx
P-103「富士山体を利用した自由対流圏大気および大気境界層における雲水化学特性 (6)」大力充雄さん(早稲田大)

この中から、19日夜の懇親会で発表賞が決定されています。結果はFBでちらほら見えていますが、「続報」で詳しくお知らせしますのでぜひ期待ください。

(広報委員会)

IMG-20190821-WA0002

2019/8/23, Fri 21:45
お世話になっております。京都大学の三木です。
本日までラトビアのRigaで開催しております、第12回Pollen Monitoring Programmeという学会にて、富士山測候所での実験についてポスター発表をしてきました。

ヨーロッパを起点とした花粉採取の小さな学会で、日本人のみならずアジア人が私だけの学会でしたが、富士山の実験の発表では色々と意見をもらうことが出来ました。

とりあえず、富士山測候所での実験が陽の目を見ることができ、ホッとしております。賞なども無い学会なのですが、一応発表証書をもらいましたので、画像をお送りいたします。 

DSC_1313

今後ともよろしくお願いいたします。
三木  

8月6日(火)-7日(水)、研究グループメンバー5名で富士山頂で実験をした京都大学の三木健司さんから届いたメールです。早速この実験をラトビアで開催された国際学会で発表されたということです。三木さんは昨年に引き続き、学生公募での参加です。
S01 富士山山頂における大気生物学のための花粉採取 ※学生公募
三木健司 (京都大農学研究科)
植生限界において、比較的大きな生物粒子である花粉粒子を採取し、花粉粒子の高高度飛散の条件を検証する。花粉情報は、測候所において空中飛散花粉を採取し、目視で花粉数のカウント及び識別を行うことで、花粉の時別データを得る。得た花粉データとともに同時系列の気象要素の観測結果を解析し、花粉種・量と花粉輸送環境の関係を明らかにする。
山頂での実験を終えて下山したあとの8月9日(金)にもメールでご報告がありました。遅くなりましたが合わせてご紹介させていただきます。

DSC_1176 (1)

2019/8/9, Fri 11:38
京都大学の三木です。
今年も無事に実験を終了し、無事故で全員帰学いたしました。
実験に際し、鴨川先生、土器屋先生、事務局の皆様、岩崎班長、大河内先生の研究グループの皆様、三浦先生の研究グループの皆様、基地管理の皆様など、大変多くの方々に支えていただきました。ありがとうございました。

EBRDLoeUIAEVC7l (1)

また、観測所に滞在した8月6日の夜は、夜空を見上げると、ちょうど国際宇宙ステーションが飛んでいるのが見え、月と木星と国際宇宙ステーションの共演を日本で一番宇宙に近い場所で見ることが出来ました。

写真には納められませんでしたが、ご報告しておきます。
富士山山頂は空気が綺麗なので、大変綺麗に見えました。
今後ともよろしくお願いいたします。
三木  

(広報委員会)

 


unnamed
 天皇皇后両陛下(当時)と総会の実行委員長であった上田誠也先生(2003年札幌)

国際測地学及び地球物理学連合(こくさいそくちがくおよびちきゅうぶつりがくれんごう、英語:International Union of Geodesy and Geophysics、略称:IUGG)は、測地学と地球物理学に関する非営利の国際的な学術団体。公用語は英語とフランス語。

8つの協会と3つの委員会から構成され、それぞれの協会で国際学会を開催している。また4年に一度、IUGGの総会が開催される。2003年現在で76ヶ国からの参加があり、たとえば日本では日本学術会議地球惑星科学委員会IUGG分科会が対応している。

アメリカ合衆国の研究者は、IUGGの会合よりもAGU(アメリカ地球物理学連合)への参加を好む傾向にある。一方で欧州の研究者はIUGGへの参加に積極的であるとされる。日本人も積極的に参加しており、・・・(以下省略)

今年の7月は4年に一度行われる世界最大の地球・宇宙科学の国際会議である「国際測地学及び地球物理学連合(International Union of Geodesy and Geophysics。略称IUGG)」の総会にあたります。

日本では、2003年に札幌で行われ、天皇皇后両陛下(当時)からもセレモニーでお言葉を頂くという格式・伝統のある国際会議です。

近年では、アメリカ地球物理学連合(AGU)の年次会合に参加する世界各国の研究者が多い中、IUGGは、公用語が英語・フランス語であるなど、「格式と伝統」をいろいろなところから感じさせられる会議です。

今年の総会は会期7月8日-18日の日程で、カナダのモントリオールで行われています。富士山関係では3件の発表がありました。

先日英文論文として発表した防衛大学の瀬口さん・岩崎先生の研究発表、静岡県立大グループの雷放射線の研究発表、そしてカリフォルニア大学サンタクルーズ校のDavid Smith教授らのグループの発表です。

unnamed (1)
Smith教授の発表。今年3月の成果報告会で発表した富士山頂で捉えた中性子は雷起源か否か?という講演。

IUGGは巨大な組織で、下部組織やワーキンググループも構成されています。そのワーキンググループの一つに、長尾年恭・理事がトップを務めるEMSEV(Electro-Magnetic Studies of Earthquakes and Volcanoes)があり、総会会期中にビジネスミーティングが催されました。

20名以上の参加者がいる中、今後のこのワーキングループの活動として「富士山における電磁気的観測(噴火監視)はどうか」と長尾理事・鴨川とで提案させていただきました。

このワーキングループは世界中の火山での電磁気観測で実績を残している人々が多いことから、熟練した国際チームで富士山通年電磁気観測も近々実現されるかもしれません。

S__11034628
S__11034627
     EMSEVビジネスミーティングの様子

(鴨川仁・事務局長)



image3
    台北の国立台湾大学で。日本からの参加者たち

早稲田大学大河内博教授から山頂参加MLでレポートが入りました。

Tue, Jul 16, 7:21 AM

現在、国立台湾大学で開催されている「霧と露の国際会議 (8th international conference on fog, fog collection, and dew)」に参加しています。NPOからは,大河内のほかに,兼保さん、竹中さんが参加してます。

日本からのほかの参加者は、ACPM2017でお世話になった神奈川大学の井川先生,鎌内さん、今村さん、堅田さん、井川研M2の王君,うちのM1学生の大力,梶川です。堅田さんは、写真撮影には会議でいませんでした。

富士山関係は,私と大力だけです. 大力が富士山頂の雲水,大河内が富士山麓におけるガスーエアロゾルー雲相互作用について発表します。

FogDew2019_Okochi3 (1)
大河内教授の「富士山麓におけるガスーエアロゾルー雲相互作用について」の発表ポスター

上のポスターによると、2006年から続けている夏季の山頂観測に加えて、2009年からは南東山麓(太郎坊)における通年観測が加わり、無機主要化学成分と無機微量成分濃度の経年変化、発生源予測、大気中での動態など、この間の研究の集大成です。富士山環境研究センター(Laboratory for Environmental Research at Mount Fuji:LERMF) 関係者も名前を連ねており、嬉しいことです。

会議にはこのほか, NPO理事の兼保直樹・産総研グループリーダーの「福島ほかにおける放射性物質の霧沈着」早稲田の学生・梶川さんのカンボジアの大気汚染の報告、神奈川大学の井川学教授と学生の「丹沢の霧に関する研究」、以前、富士山でも研究をされ、2006年から賛助会員を続けてくださっている竹中規訓・大阪府立大教授の露に関する研究など、多彩な研究発表があるとのことです。

image2
 産総研・兼保先生の講演風景

「フランス人のマッソンさんには写真を撮っていただき,一緒に写真も撮りました。」とのことで、皆さんの記念写真をもう一枚追加でいただきました。

image4
 マッソンさんと一緒に

学会は未だ継続中。盛会を祈ります。



(広報委員会)

このページのトップヘ