太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 オフィシャルブログ

カテゴリ: 学会

スクリーンショット 2021-09-16 19.27.48
口頭発表賞の2人: 下段 左、M2の米戸鈴美香さん、右M2の吉田昇永さん

スクリーンショット 2021-09-16 19.48.35
ポスター賞:向かって右駒場啓祐さん

2019年
に続いて今年の第62回大気環境学会
(9月15-17日、リモート開催)でも
大河内副理事長の研究室の学生が、沢山受賞しました。

大河内副理事長の喜びのメールからご紹介します。

 大気環境学会では10件の発表をしました。
 富士山関係の発表は6件です。
口頭発表賞をいただいたのが,M2吉田,M2米戸です。これはともに富士山関係です。
ポスター賞をいただいたのは,M1駒場です。これは富士山ではありません。

表彰は,近くにいる人ほど、その声が大きく聞こえ、現実に近い臨場感で楽しめるオンラインミーティングツール“Spatial Chat”(https://spatial.chat/)を使ったオンライン懇親会で行われました。非常に楽しいツールでした。

他に,一昨年卒業した須合が大気環境学会誌の若手論文賞をいただいきました。
口頭発表賞に輝いた、吉田さんと米戸さんの講演は次の2件です。

  大気中マイクロプラスチックの分析法確立と動態解明(3):雲水および雨水を中心に 
 口頭発表賞
 吉田昇永 ,大河内博,速水洋,新居田恭弘,小林華栄,浦山憲雄,緒方裕子, 勝見尚也,皆巳幸也,宮崎あかね,竹内政樹,戸田敬,三浦和彦 ,加藤俊吾,小林拓,和田龍一,高田秀重


化学・安定同位体分析を用いた山間部豪雨の実態と生成機構の解明(2) 
口頭発表賞
米戸鈴美香,大河内博,藤原博伸,梶川友貴,鴨川仁,山田佳裕,加藤俊吾,三浦和彦,中野孝教,井川学,岩崎貴也,戸田敬,髙橋善幸,清水英幸,佐瀨裕之,村田浩太郎,藍川昌秀,家合浩明,栗林正俊

ポスター賞の駒場さんの講演は下記です。(富士山以外)

都市大気中農薬の実態解明と個人暴露評価のためのウェラブルサンプラーの開発(3)
ポスター発表賞 駒場啓祐,大河内博,鈴木美成,川嶋文人

その他、富士山関係の発表では
光熱変換赤外分光法(O-PTIR)を用いた冬季富士山南東麓における大気中マイクロプラスチック観測の特徴趙鶴立,大河内博,吉田昇永,速水洋,勝見尚也 2,竹内政樹 3),宮崎あかね, 緒方祐子,板谷庸平,小林華栄,浦山憲雄,新居田恭弘,高田秀重


富士山南東麓における無人航空機を用いた揮発性有機化合物の鉛直観測(1)石川翔,大河内博,速水洋,勝見尚也,皆巳幸也,竹内政樹,戸田敬,加藤俊吾,三浦和彦,小林拓,和田龍一,南齋勉,土器屋由紀子,畠山史郎,山本祐志,三阪和弘

日本の山間部森林域における雲水沈着量の推計 (2) 王一澤,大河内博,井川学,高橋善幸,藍川昌秀,家合浩明,栗林正樹
富士山体を利用した大気境界層上層および自由対流圏における酸性ガスおよびエアロゾルの長期観測(4)
矢田崇将,大河内博,大力充雄,速水洋,勝見尚也,皆巳幸也,小林拓,三浦和彦,加藤俊吾,和田龍一,竹内政樹,戸田敬,米持真一,荒井豊明,福島颯太,土器屋由紀子,畠山史郎
 

富士山以外でも下記の3題があります。
パーソナルケア商品中のマイクロカプセルの同定と健康・環境影響評価(2)
藤川真智子,大河内博,齊藤純一,後藤隆弘, 新居田恭弘,高田秀重


里山に大気沈着した放射性セシウムの動態解明と環境調和型除染技術の開発(6)
 竹内里紗,大河内博,反町篤行,床次眞司,赤田尚史,勝見尚也


首都圏近郊山間部森林域における渓流水の化学特性と大気沈着の影響評価(6)
 浅見匠洋,大河内博,速水洋,井川学, 山田佳裕,佐瀨裕之,諸橋将雪,中野孝教


さらに嬉しいことに、
一昨年大河内研を卒業した須合さんの大気環境学会誌の学生・若手論文賞もあります。
タイトルは下記です。

 都市型豪雨生成に及ぼす大気汚染物質の影響評価:新規開発した分割型豪雨採取システムと地理情報システムの活用
学生・若手論文賞須合俊貴、藤原博伸、大河内博、内山竜之介、中野孝教、鴨川仁、荒井豊明



大河内研は以上ですが、大河内研グループの大活躍をLineチャットを送ってくださった埼玉県環境科学国際センターの村田浩太郎さんも(会員、今夏は観測登山の写真沢山インスタにいただきました)で、学生・若手研究者口頭発表賞を、同じ学会で上述の米戸さん、吉田さんと一緒に受賞されています。

第一回緊急事態宣言から解除後にかけての都市大気バイオエアロゾルの動態村田浩太郎、西貝茂辰、大河内博、鴨川仁

富士山関係者若手の目覚ましい活躍はNPOにとって最大の喜びです。

(広報委員会)



2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かかるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。

無題
第38回エアロゾル科学・技術研究討論会の要旨



第38回エアロゾル科学・技術研究討論会
2021年8月26日(木)・27日(金)両日オンライン開催されました。

第38回エアロゾル科学・技術研究討論会

主催:日本エアロゾル学会
共催: 静電気学会,日本気象学会,日本空気清浄協会,日本大気電気学会,日本粉体工業技術協会,日本保健物理学会
協賛: 応用物理学会,化学工学会,空気調和・衛生工学会,室内環境学会,大気環境学会,日本産業衛生学会,日本防菌防黴学会,粉体工学会


そのトップの26日、
A会場「閉鎖空間のエアロゾル感染リスク1」で大河内副理事長の講演でした。


大河内タイトル

「講演時間に富士山頂にいるため、
電波が不安定な可能性があり、録画で失礼します」
という大河内副理事長の聞きなれた声で前振りが入りました。


大河内

大気中マイクロプラスチックに関する、最新の広範囲な研究の紹介が行われました。
富士山頂での研究にも触れられていました。

27日の大気化学
「エアロゾルの長期変動と気候影響2」のセッションのトップは三浦理事長でした。
三浦タイトル

太郎坊のライダー観測でおなじみの矢吹正教京大助教の司会で、
1980年以来の長期観測を、都市(東京理科大)と山岳(富士山頂)を中心に、測定法に始まり・・

三浦富士装置三浦富士データ三浦太郎坊装置
三浦結論

長期変動の実態が詳しく報告されました。講演後、竹下秀准教授(東海大)などを含めた活発な質疑応答が行われました。

午後のB会場 大気エアロゾル4セッションでは、
2021年3月卒業の木村駿さんのデータを中心に、三浦理事長の講演がありました。
木村タイトル

 IPCC第6次評価で「温暖化は疑いなく人間活動の影響である」を受けてのデータ解析でしたが、
小林拓理事の司会で、富士山の観測ということもあり、
「なぜ富士山で観測するか」も含めたリラックスした議論や、原圭一郎福岡大助教の質問がありました。
木村結論


ここからはおまけ(番外編)です。
image001 (2)

18時から行われたzoom懇親会の後で、
ACPM2017でお世話になった名古屋大学・長田和雄教授の主催の、
「お祝いパーティー(zoom)」がありました。

unnamed
古い会員の方は覚えておられるでしょうか?
「芙蓉の新風Vol.7(2013)」に「雲をつかんで、微粒子の変化を調べる」
を執筆された上田さんは、当時バリバリの富士山研究者でした。

無題
芙蓉の新風Vol.7(2013)


2012年12月11日のブログには、御殿場で行われた富士山測候所80周年記念集会で、上田さんがNPOの研究者を代表して講演を行い、とても好評で、旧職員の皆さんが集会の名でNPOにカンパして下さった懐かしい記事もあります。

その後、当時の研究を発展させて、今回の奨励賞受賞になっています。
2児の母でもある上田さんのご活躍は嬉しいですね。

このパーティーには、これまでに富士山で研究された松木篤金沢大准教授や岩本洋子広島大准教授、森樹大東大特任助教
のお顔も見えて、
ちょっとした「富士山観測」同窓会でした。

富士山研究者のますますのご活躍を祈ります。

(広報委員会)



unnamed
オンライン・ポスター賞を受けて喜びの矢田崇将さん

第29回 環境化学討論会
(2021年6月1日~3日)が行われました。
主催 : 一般社団法人 日本環境化学会 (Japan Society for Environmental Chemistry)
後援 : 大阪府,兵庫県,摂南大学
協力: RSC(英国王立化学会),SETAC Japan
テーマ: 環境化学的アプローチから考える健康と防災
オンラインと会場での
ハイブリッド方式で行われいました。

こちらの討論会において、
何と15件もありました!!

最優秀発表賞に2名、受賞しました。

無題


学部・短大・高専の部門では、
早稲田大学 阪口 悠宇さんが、エルガ・ラボウォーター賞を受賞、
首都圏近郊山間部における渓流水を通じた微量金属元素の流出挙動と大気沈着の影響評価(4) 

*阪口 悠宇 1、大河内 博 1、浅見 匠洋 1、森田 雄介 1、西村 寿々美 1、中野 孝教 1、井川 学 2、佐瀬 裕之 3、諸橋 将雪 3
(1. 早稲田大学、2. 神奈川大学 、3. アジア大気汚染研究センター)


早稲田大学 博士前期課程(修士)矢田崇将さんが
オンライン・ポスター賞(ウエリントンラボラトリージャパン賞)を受賞しました。
富士山体を利用した大気境界層上層および自由対流圏に
おける酸性ガスおよびエアロゾルの長期観測 (5)

*矢田 崇将 1、大河内 博 1、大力 充雄 1、速水 洋 1、勝見 尚也 2、皆巳 幸也 2、小林 拓 3、三浦 和 彦 4,11、加藤 俊吾 5、和田 龍一 6、竹内 政樹 7、戸田 敬 8、米持 真一 9、荒井 豊明 10、福島 颯 太 10、土器屋 由紀子 11、畠山 史郎
  ( 1 早稲田大学、2 石川県立大学、3 山梨大学、4 東京理科大学、 5 東京都立大学、6 帝京科学大学、7 徳島大学、8 熊本大学、9 埼玉県環境科学国際センター、10 トラン ステック(株)、11 富士山環境研究センター)

富士山関係の研究発表についての発表は
矢田さんの他に4件ありました。

【英語発表】
Chemistry of local heavy rainfall in mountainous regions (LHRM) and impact assessment of air pollutants
○Sumika YONETO1, Hiroshi OKOCHI1, Tomoki KAJIKAWA1, Shungo KATO2, Kazuhiko MIURA3,13, Yoshihiro YAMADA14, Manabu IGAWA4, Takaya IWASAKI5, Kei TODA6, Yoshiyuki TAKAHASHI7, Hideyuki SHIMIZU7, Hiroyuki SASE8, Kotaro MURATA9, Masahide AIKAWA10, Hiroaki YAGOH11, Masatoshi KURIBAYASHI12, Takanori NAKANO15 
(1Waseda University, 2Tokyo Metropolitan University, 3Tokyo University of Science, 4Kanagawa University, 5Ochanomizu University, 6Kumamoto University, 7National Institute for Environmental Studies, 8Asia Center for Air Pollution Research, 9University of Shizuoka, 10The University of Kitakyushu, 11Niigata Prefectural Institute of Public Health and Environmental Sciences, 12Nagano Environmental Conservation Research Institute, 13Laboratory for Environmental Research at Mount Fuji, 14Kagawa University, 15Research Institute for Humanity and Nature)    

【日本語発表】
日本の山間部森林域における雲水沈着量の推計 (1)
○王一澤1,大河内博1,井川学2,高橋善幸3,家合浩明4,栗林正樹5,(1早稲田大学,2神奈川大学,3国立環境研究所,4新潟県保健環境科学研究所, 5長野県環境保全研究所)    

光熱変換赤外分光法(O-PTIR)を用いた冬季富士山南東麓における大気中マイクロプラスチック観測
〇趙鶴立1、大河内博1、吉田昇永1、速水洋1、勝見尚也2、竹内政樹3、宮崎あかね4、緒方祐子5、板谷庸平5、小林華栄6、浦山憲雄6、新居田恭弘7、高田秀重8 (1早稲田大学、2石川県立大学、3 徳島大学、4日本女子大学、5柴田科学株式会社、6日本サーマル・コンサルティング、7パーキンエルマージャパン、8東京農工大学)

森林由来一次・二次有機エアロゾルの動態と豪雨形成に及ぼす影響(1)
○篠崎大樹1,大河内博1,呉本道1,長谷川朝香1,村上周平1,速水洋1,戸田敬2,宮崎あかね3(1早稲田大学,2熊本大学,3日本女子大学)    

おめでとうございます!!

(広報委員会)

和田先生
和田理事の講演は、下記の会議の中で行われました

第32回酸性雨東京講演会

反応性窒素の大気沈着について考える(第4回)

主催:大気環境学会関東支部大気沈着部会
共催:大気環境学会酸性雨分科会、酸性雨研究会
日時:2021年6月15日(火)14:00~17:00
場所:オンライン開催
費用: 参加費無料

■ プログラム:
1.森林および森内部空間における窒素酸化物とオゾンの放出吸収量
和田龍一(帝京科学大学)
2.オゾンに対する樹木の応答
渡辺 誠(東京農工大学)
3.アンモニアの大気-表面間双方向交換
松田和秀(東京農工大学)

O3観測

富士山頂で精密な分光器を使って
窒素酸化物の測定を行っている和田理事は
山麓の樹林の中でも、
5年間に渡る研究O3 と NOxのフラックスを観測も並行していて、
そのまとめに関する講演でした。

富士山麓の森林に対するO3, NO2の沈着量、
高さ別のフラックスなどから、
森林はNO2を放出していること、・・・などなど、
興味の尽きない話題が一杯。
いつもとは一味違う和田理事のお話を拝聴しました。

参加者

大気環境学会会長の伊豆田猛・農工大教授はじめ、
活発な討論がありました。
続く2つの講演も、植物と大気に関するもので、
38名の参加者による、集中的な議論の場になっていました。

(広報委員会)


無題
環境化学討論会のHP


第29回 環境化学討論会
テーマ: 環境化学的アプローチから考える健康と防災

主催 :一般社団法人 日本環境化学会
(Japan Society for Environmental Chemistry)
後援:大阪府,兵庫県,摂南大学
協力 :RSC(英国王立化学会),SETAC Japan

2021年6月1日(火)~6月3日(木)に開催されました。
(総発表演題数 271題 HPより←クリックするとPDFが開きます)

大河内副理事長から、嬉しい連絡が届きました!!


 環境化学討論会(大阪)で当研究室学生2名がポスター賞を受賞しましたのでご報告します.

15名発表のうち,M1学生4名は対面で参加しました,他はweb参加で事前に講演会内容を録画して送るというものです.
ポスター賞でありながら,5分間の口頭発表といいうものでポスターなしです.

受賞した2名はweb参加です.

1名はM2の矢田です.富士山の発表を英語でしました.
もう1名は学部4年生の阪口です.こちらは丹沢大山の仕事です.




ポスター賞を受賞した2名の
発表についてご紹介いたします。

まずは早稲田大学 
修士2年生の矢田さんの口頭発表。

無題

富士山体を利用した大気境界層上層および自由対流圏に
おける酸性ガスおよびエアロゾルの長期観測 (5)

*矢田 崇将 1、大河内 博 1、大力 充雄 1、速水 洋 1、勝見 尚也 2、皆巳 幸也 2、小林 拓 3、三浦 和 彦 4,11、加藤 俊吾 5、和田 龍一 6、竹内 政樹 7、戸田 敬 8、米持 真一 9、荒井 豊明 10、福島 颯 太 10、土器屋 由紀子 11、畠山 史郎 11 ( 1 早稲田大学、2 石川県立大学、3 山梨大学、4 東京理科大学、 5 東京都立大学、6 帝京科学大学、7 徳島大学、8 熊本大学、9 埼玉県環境科学国際センター、10 トラン ステック(株)、11 富士山環境研究センター)


無題

富士山での研究についてです。
メールでお知らせがあった通り、全て英語での発表でした。


そして2件目、
早稲田大学 学部4年生、阪口さんの発表です。

無題3

首都圏近郊山間部における渓流水を通じた
微量金属元素の流出挙動と大気沈着の影響評価(4)

*阪口 悠宇 1、大河内 博 1、浅見 匠洋 1、森田 雄介 1、西村 寿々美 1、中野 孝教 1、井川 学 2、佐瀬 裕之 3、諸橋 将雪 3 ( 1 早稲田大学、2 神奈川大学、3 アジア大気汚染研究センター)

無題4

神奈川県の丹沢大山での研究についてです。


受賞、おめでとうございます!!


(広報委員会)



このページのトップヘ