太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

カテゴリ: 学会

IMG_4839
五十嵐 さん(当時東京理科大学M2、現在文科省)


日本大気電気学会 第99回研究発表会が
2021年 1月8日 (金)、 9日(土)にありました。
今回は初ZOOMを使ったオンラインでの開催でした。

この研究発表会で
〇鈴⽊智幸(学芸⼤・静岡県⽴⼤), 鴨川仁(静岡県⽴⼤), 林修吾(気象研)
⾼⾼度放電発光現象と夏季雷雲の解析(その4)

〇鴨川仁,鈴⽊智幸(静岡県⽴⼤),成⽥知⺒(湘南⼯⼤)
Blitzortung の⽇本における落雷位置評定カタログの特性について

20210109_SAEJ_Kamogawa_TSuzuki_Blitzortung_ページ_03

三浦理事長からもご連絡がありまして
研究内容も教えていただきました。
 〇⽊村駿(B4),五⼗嵐博⼰,森樹⼤,三浦和彦(東理⼤)
 富⼠⼭頂で観測したエアロゾル粒⼦の雲凝結核への成⻑に関する研究

→新粒子生成イベントで生成されたエアロゾル粒子のうちどれだけが雲凝結核として活性化するかを調べたもので、エアロゾルの気候への間接影響に関する研究。

〇齋藤天眞(B4)(東理⼤),桃井裕広(千葉⼤),森樹⼤,三浦和彦(東理⼤),⻘⽊⼀真(富⼭⼤)
東京神楽坂及び富⼠⼭麓太郎坊で測定した光学的厚さの経年変化

 →地上から上空までの大気柱内のエアロゾルの性質を東京と太郎坊で比較したもので、
エアロゾルの気候への直接影響に関する研究。

なんと富士山関係の発表が4件もありました。

IMG_4870

IMG_4872
東京理科大学(B4)の木村さんの発表スライド

1件、
富士山の研究ではありませんでしたが
富士山環境研究センターの源先生の発表もありました。

〇源泰拓(NPO 富⼠⼭測候所を活⽤する会),鴨川仁(静岡県⽴⼤),⾨倉昭(極地研),佐藤光輝(北⼤)
オーロラサブストーム発⽣時の⼤気電場



第98回研究発表会(2020年1月開催)の
学生発表表彰の授賞式が今回行われ
当時東京理科大学M2だった五十嵐さん (現在:文部科学省)が授与されました☆
IMG_4840
五十嵐さんと表彰状!!
○五十嵐 博己(当時東京理科大学M2、現在文科省)
 「富士山頂における日中と夜間の新粒子生成イベントの長期観測」

→富士山頂で2006年から2019年夏期の新粒子生成イベントを観測したもので
エアロゾルの気候への直接影響に関する研究


無題
五十嵐さんの研究内容のパワーポイント


新年続々と嬉しいニュースが飛び込んできました。

思い返せば・・・
ちょうど1年前、この様なブログを書いておりました。
  
 無題

無題

  来年もこの中からまた(日本大気電気学会の)受賞者が出るのではないかと
 美しい夕映えの富士山を見ながら夢を膨らませています。
 (2020/1/16  太郎坊のそよ風より )
なんと美しい夕映えの富士山に
願ったコトが現実となりました!!

五十嵐さん、おめでとうございます☆


(広報委員会)


無題
第61回 大気環境学会のHPより

2020年9月16日(水) 15時~ 
大気環境学会 酸性雨分科会が、オンラインZoom会議で行われました。

テーマ 
山岳・高山地域における湿性沈着・乾性沈着の調査・研究

内容
標高が高い地域における湿性沈着・乾性沈着調査・研究に焦点をあてた研究者による発表を行う。
標高が高い地点での観測には特有の苦労や工夫があり、それらも含め、気象要素等も踏まえた調査・研究の成果をご講演いただき、互いの研究者が情報共有と今後の研究の発展を議論する場として分科会を開催する。

                  第61回 大気環境学会 HPより



無題

分科会スタートの様子。参加者は76名。中央左はアジア大気センターの会議室から参加。

酸性雨分科会の世話人、
石川県立大学の皆巳先生の顔が現れ出席をチャットで確認。

北海道立総合研究機構の山口氏(上記写真中央)の司会で
分科会が始まりました。

講演は3本。
3本目に本NPO大河内副理事長が講演しました。

講演タイトル
『世界遺産・富士山頂で地球大気環境を調べる:
雲水化学観測を中心に,最近の大気中マイクロプラスチックまで』

      大河内 博 (早稲田大学理工学術院)

無題





  高所域(3000m級)における
  雨水/霧水を採取しているのは、
  世界でも4地点だけで日本は世界的に見ても酸性度が高い。

  大河内研究室では、
  富士山頂で越境輸送による雲水の重金属元素を測定している。

  中国では世界の80%のレアアースを製造しているので、
  その影響はどうなのかと?


貴重な研究結果をお話しました。


話題の“マイクロプラスチック”についても。

マイクロプラスチックの
採取方法と分析方法も詳しく解説!!

無題
マイクロプラスチックの採取方法のスライド



富士山頂で採取されたマイクロプラスチックは、
ポリプロピレン(PP)、シリコーン樹脂の順に多かった。


富士山頂測候所についてもお話しました。

無題


「富士山測候所のクラウドファンディングに、
このグループからたくさんの応援を頂き有難うございました」
と、お礼の言葉で最後を締めくくりました。


講義後の質疑応答では活発な質問がありました。

総合討論でも、
「マイクロプラスチック」、「オゾンの謎」が話題に上がりました。
その討論の内容を少しだけご紹介いたします。
 
 最近、アジア大陸由来のオゾン(オキシダント)濃度の減少傾向にあり、
一時、オキシダントで植生の壊滅を心配していたものが(例えば、立山の「ぶな平」がぶなが消えて「杉平(?」になってしまいそうだったが持ち直したと思ったところ・・・)
しかし、最近また上昇傾向にあるようで、その原因がわからない
             (講演者の渡辺先生、佐藤先生)

 大河内先生はオゾンが成層圏大気からも降りてくる富士山の経験から、
 「上方からの移流も考えられないか?」
    と発言、加藤俊吾先生に発言を要請。
 
   「詳しいことは今後調査する。
   (今センサーによる通年観測を検討中でオゾンなら可能性がある)」 
                      (東京都立大学 加藤先生)

尽きない話題でしたが、和気あいあいの雰囲気の中、
北海道立総合研究機構の山口氏の名司会で
17時10分には終了して「酸性雨研究会の総会」へと移行しました。 


(広報委員会)


無題
日本エアロゾル学会のHPより



日本エアロゾル学会主催、
「第37回エアロゾル科学・技術研究討論会」が
8月27日、28日にオンラインで開催されました。

今回、表立っては富士山関係の発表がありませんでしたが・・・・

無題

2日目に行われた総会で「会長賞」の発表があり
この「会長賞」に、本NPOの土器屋理事が受賞しました!!

20200828_snap_a5

受賞理由はこちら↓
無題


また
「論文賞」には、

1無題

今回は富士山とは無関係なご研究ですが、
岩本洋子会員が受賞しました。

2無題
5無題


さらに、19時から懇親会@zoomでは、
「井伊谷賞」の授賞式が行われました。


 井伊谷賞とは?

 本賞はエアロゾル研究・技術の新たなる発展を願う、一篤志家によって設立され、その後、企業からの寄付金によって運営されている。
 「特別セッション」はエアロゾルに関する萌芽的な研究、問題点の指摘、新しい分野の開拓、未来志向の夢のある話題等を、遊びとゆとりの気持ちをもって発表する場であり、この趣旨に沿った優れた発表に審査の力点が置かれる。

          


無題


矢吹正教会員が受賞しました。

無題
「井伊谷賞」を受賞した京都大学 矢吹先生


 受賞理由について: 
 
 局所的なエアロゾル分布の立体構造の可視化を目的とした車載型ライダーの開発に関する内容であり,望遠鏡やレーザーの角度を調整し共通の視野を合わせる工夫や,障害物センサーを車に搭載し安全面にも配慮するなど,非常にオリジナリティが高い内容であった。また,質疑応答においても,データ収集における問題点やシステムの管理手法などについて適切に夢を持って回答しており,将来性が十分期待できる内容であった。

これは長年、
太郎坊で観測してきたことがベースになったお仕事です。
NPOの研究業績に追加しました!


リモート宴会はとても盛り上がり、
一次会は21時に閉めましたが、
その後も、盛り上がり二次会も22時過ぎまで行われました。


おめでとうございます!!

(広報委員会)


無題
日本化学会のHPより



2020年8月18日13:00より、
日本化学会主催
第13回環境教育講演会 ~気候変動に化学はどう向き合うのか?~[聴講無料]

本NPO副理事長の大河内副理事長が講演されます。

敷居が高くて会場に
向かうのは気が引ける・・・・
という方も
今回はオンライン開催ですので、
お時間さえ合えば気軽に最新の研究について
聴講ができます!!


プログラムの一部をご紹介いたします。
 
 プログラム (抜粋)
 
  13:05-14:05 地球温暖化対策の推進と気候変動への適応(仮)
  向井 人史(国立環境研究所 気候変動適応センター・センター長)

  14:05-15:05 気象現象を化学で読み解く:ゲリラ豪雨と大気汚染
  大河内 博(早稲田大学創造理工学研究科・教授)



向井先生は、富士山頂で二酸化炭素の研究をされております。
詳しくはこちらをご覧ください。

今回の大河内副理事長の講演会は、
ゲリラ豪雨についてお話されます。
(富士山南斜面で大雨発生頻度について時間があったらお話されるとのことです。)


 第13回環境教育講演会 趣旨は・・・
 
 近年の台風の大型化による水災害の多発や夏の酷暑など、気候変動は正に現実の脅威として姿を現しています。この世界共通の課題に対して、化学を通じてできることは何でしょうか。この講演会の前半では、地球規模で起こる気候変動のメカニズムや局所的な気象現象を化学の視点で解説します。また後半では、根本的な対応策としての人工光合成に関する最先端の知見から、水災害等からの復旧時における粉じん曝露対策や保護具の正しい使い方まで、幅広くご一緒に学びたいと思います。
                        日本化学会のHPより



富士山での研究活動の講演会ではありませんが、

気候変動のメカニズムは
様々な要因が複雑に絡んで発生しております。
地球環境問題を考える時には、
様々な角度の視点を持つことが重要ですので

環境教育を担う教員の方、企業技術者・研究者だけでなく
最新の環境問題に興味のある生徒さん、学生さん、みなさま
ご興味があれば、ぜひご聴講ください。

環境教育講演会の申し込み期限など
詳しい情報はこちらのページをご覧ください。

別件ですが・・・
本日クラウドファンディング最終日です
ファイナルゴール600万円まであとわずか!!
情報のシェアなど、ご協力お願いします。


無題
(2020/8/15 10:50の画面です。)
現時点の支援金額、支援者につてはこちらをクリックしてください。



(広報委員会)










69B4F479-2548-4F4A-A7AD-4A439F5E1B49
 富士山からの雷の観測について話す学芸大の鈴木智幸さん

日本大気電気学会での研究発表会は鴨川仁先生を中心とした静岡県立大学がホスト役で大会が行われ、富士山関係の講演が活発に行われました。
裏方を引き受けた大会運営メンバーは終盤の講演を引き受けていましたが、最後の講演も運営メンバーの鈴木さんでした。

〇鈴木智幸(学芸大)、鴨川仁(静岡県立大) 
高高度放電発光現象と夏期雷雲の解析(その3)

講演では富士山頂でとらえた、雷の画像が多く紹介されました。
また、同じく鴨川グループの源さんは、富士山環境研究センターにの特任研究員として初めての研究発表で、南極観測時ののデータを中心とした講演でしたが、今年の富士山観測で使える手法についての発表でした。

〇源泰拓(NPO富士山測候所を活用する会)、鴨川仁(静岡県立大)、門倉昭(極地研)、佐藤光輝(北大)、
南極域におけるオーロラ活動の相互作用の研究

IMG_1289
 富士山頂の新粒子形成の講演を行う東京理科大の五十嵐さん

もちろん富士山を利用した講演は最初の日のエアロゾルセッションにも多数ありました。

〇五十嵐博己,森樹大,三浦和彦(東京理大),岩本洋子(広島大),和田龍一(帝科大),加藤俊吾(首都大),大河内博(早稲田大)、
富士山頂における日中と夜間の新粒子生成イベントの長期観測

〇大藪良祐,五十嵐博己,森樹大,三浦和彦(東京理大),大河内博(早稲田大), 皆巳幸也(石川県立大) 、
富士山麓太郎坊に輸送された二次粒子の成長過程に関する研究

〇田中賢人,乾諒介,森樹大,三浦和彦(東京理大),矢吹正教(京都大),桃井裕広(千葉大)、
富士山山頂およひ山麓におけるエアロゾルの散乱係数

〇新沼拓(東京理大),桃井裕広(千葉大),安齊真央,田中賢人,森樹大, 三浦和彦(東京理大),青木一真(富山大),大河内博(早稲田大),鴨川仁(静岡県立大)、
富士山頂と山麓太郎坊で観測した気柱全体のエアロゾルの光学特性

(以上は第一日目、1月10日に東京理科大・三浦和彦教授から頂いた情報です。)

Skype_Picture_2020_01_15T22_30_18_145Z
 大会組織員が東京へ帰る新幹線からの富士山

上の写真は大会を無事終了した大会運営メンバーの皆さんが帰りの新幹線から写した写真です。
インスタにも入れています。

今回の大会では45講演のうち、富士山に関連する論文は6つですが、早稲田大学の大河内研究室の“2014年6月24日の降雹セルと非降雹セルの雷活動について”というテーマの発表もあり、合計7つの講演が本NPO関係者によるものです。
とても嬉しいことですね。

来年もこの中からまた受賞者が出るのではないかと美しい夕映えの富士山を見ながら夢を膨らませています。

(広報委員会)



このページのトップヘ