太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 オフィシャルブログ

カテゴリ: 夏期観測


62398B85-4464-441E-BF43-677FE5232D38
(一財)WNI気象文化大賞(第11回)に選ばれた富士山環境研究センター安本勝研究員

今年の山頂観測は、9月3日をもって終了しました。65日間に26のプロジェクトが実施されたなかで、今回は雷による電流を富士山頂で測る研究について紹介します。このプロジェクトは、落雷の際に山頂の旧測候所と山麓をつなぐ送電線内の接地線(アース)に流れる電流を、分割形ロゴウスキーコイルを用いて計測することで、雷現象を観測するものです。

接地線の長さが7km以上もあり、しかも周辺に他の送電線がなくノイズが少ないことから、
他に類を見ない非常に高い感度で雷に起因する電流を観測できます。

558A4E2E-1E87-4E90-A6ED-07E12884943D (1)
          山頂で観測中の安本研究員設計の装置

2012年に研究を始めた当初は測候所への直撃雷電流の測定を目的としていましたが、その後、直撃ではなくても、遠方雷、誘導雷、上向き雷放電などの雷現象によるシグナルが捉えられることが分かってきました。なかでも、上向きの雷放電はごく珍しいとされ、夏季の落雷全体の1%に満たないと考えられています。しかし、この発生率は、未だによくわかっていません。

富士山環境研究センター(LERMF)の安本研究員による雷電流の計測プロジェクトは、
(一財)WNI気象文化創造センターによる2021年度気象文化大賞に選ばれ、
その助成を受けて実施されました。


2021年の夏季観測において、8月18日に負極性上向き雷の直撃雷が測定できました(下図)。
全体で測定は1万回以上できていますが、マニュアル処理出来る量ではないため、
高高度発光現象やLLS情報から絞り込んで解析を進めます。

下向き雷
 
なお、旧富士山測候所から撮影した雷の一例を下に示します。
IMG_3238-1 (8)
 2021年8月30日測候所から見た雷の一例(撮影:岩崎洋山頂班長)  

今後の解析によって、上向き雷放電を始めとした現象の多角的な理解が進むと期待されます。成果は2022年3月開催予定の第15回成果報告会で発表される予定です。

安本研究員のユニークな手法の研究のこれからにご注目ください。

2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かかるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。





(広報委員会)

DSC04142_R (2)
 キンカメムシ(7月21日、岩崎洋班長撮影)

先日は蝉(エゾハルゼミ)をお送りしましたが、
その後も、山頂千客万来です。

DSC04141_R (2)
キンカメムシ(同上)

IMG_20210724_070243
ムシヒキアブ(7月23日、田中暁班員撮影)

DSC04167_R (2)
岩ひばり(7月25日岩崎山頂班長撮影)

小鳥まで来ました。
これは、2017年以来お馴染みのピーちゃんではないかとのことです。

「3号庁ハッチのところに岩ひばりが来ていました。ピーちゃん再び。
家族が出来たようで3羽でやってきました。」

山頂の岩崎班長からの、ほっこりする嬉しいメールです。

2017年7月に測候所のそばの水たまりで水浴びしていたのですが、
27日にはついに室内に入り込み、ちょっとパニック。
山頂班のやさしい誘導で何とか外へ。それ以来、「ピーちゃん」と名付けられて、2018年もやってきていました。
インスタ2017/7/27, 2017/8/11,2018/7/24) 

「迷い込んだ昆虫や登山者からもらったビスケットなど食べているんでしょうかね」
と言われていましたが、今年も来てくれました(多分同じ鳥みたいですね?)。

その上、なんと家族連れで・・・3羽です。

DSC04168_R (2)
 岩ひばりの親子?(7月25日岩崎山頂班長撮影)

DSC04170_R (2)
 ムシヒキアブ(7月25日、岩崎山頂班長撮影)

ムシヒキアブも見つかりましたが、これが餌でしょうか?
さらに続きます。
IMG_20210729_152018 (1)
 7月29日山頂班撮影
IMG_20210729_130152 (1)
 7月29日山頂班撮影

「お客さん」はどんどん増えそうで楽しみです。

なお、虫の名前はインスタを見た古い知り合いから
時々メールで教わっています。

富士山麓の昆虫を昔調べていたとか、
エゾハルゼミはこの時期、麓でよく聞こえるとのこと、
前回のブログに書いたように
上昇気流に持ち上げられてしまったのでしょうか?

これからも、いろいろな
ご意見やお話が聞けるといいですね。

(広報委員会)


200640434_184027227072142_3076726768803694107_n
2021年7月3日 富士山頂にて (撮影者:山頂班 横山班長 )

7月3日、開所したばかりの山頂で、やっと晴れた一日、横山勝丘班長から送られた写真です。
以前にも、インスタグラムに、蝶や、コガネムシなどをご紹介したことがありましたが、
(2017/7/12(蝶)、2017/8/7(蝶)、2018/7/21(ツノアオカメムシ)、2018/8/7(とんぼ)、
2018/8/22(カメノコテンテントウ)、2018/8/9(テントウムシ)、2019/8/11(カミキリムシ?)
蝉はNPOが夏季観測を始めるようになって初めてです。

夏でも氷点下以下になる山頂で、昆虫が生息しているとはいるとは考えられません。
どうやってここまで来たのでしょう?

気象庁の有人観測の時代に補虫網で捕まえた人が居ると、
先輩から教えられて調べたところ、
当時の測候所員・伊藤定旦氏が句誌「海廊」に「山頂こぼれ話」として書いておられるのを見つけました。

 ”1968年~1970年の6月から9月までの間、大陸から移動性高気圧に乗って日本に到達する浮塵子(うんか)を捕らえる目的で、山頂勤務のかたわら、捕虫網で昆虫の採取を行ったが、山頂で昆虫が見られるのは気温が零度以上で天気の良い風の穏やかな日と言うごく常識的な結論となり、採取した昆虫は、トンボ、チョウ、カミキリ、ハチ、アブ等約五十種類程で、これらは麓に生息するものが上昇気流に押し上げられて強制的に山頂へ運ばれて来たと考えられ、期待した浮塵子の類は見ることは出来なかった”

との結論です。

この蝉もやはり上昇気流で持ち上げられたものでしょうか?

交代下山直前の7月11日に横山班長にもう一度問い合わせたところ、

”あのセミは生きていましたよ。その後どうなったかはわかりませんが。
あの日が一番夏を感じる天気でしたが、それからはひたすら雨続きでした。”
とのことです。

今年の夏季観測は、梅雨明けを迎えてこれから忙しい時期になります。
2年ぶりの観測、しかもコロナ禍の最中ということで、
安全にはいつも以上に気を遣う毎日です。

210721237+
部屋を掃除する山頂班 “コロナ対策バッチリの対応が行われています。” 

また、思いがけない「お客さん(昆虫)」が来てくれることを祈りながら・・・
安心安全に夏期観測をしております。


(広報委員会)




4D557BFF-B0AF-4597-A89F-A82854D4E148
  山頂浅間大社入口

2年ぶりに山頂へ到着した鴨川専務理事(雷チームのリーダー)
「コロナ自粛で体が鈍りすぎ。疲れました」
とのことですが、無事午後早い時間に到着。
以下・埼玉県・環境科学国際センター・
村田浩太郎さんの写真をもとにご紹介します。

FE64D513-3F4B-46F9-9DB3-E1BD9033BD6E
 富士宮口登山道

昨夜から御殿場事務所に宿泊した鴨川、村田の両人は10時ごろ、
富士宮登山口から山頂へ向けて出発。
山頂は、ここ数日強風で例年より人が少ないと岩崎山頂班長の情報でしたが、
昨日、解禁になった富士宮口登山道はまずまずのお天気。
確かに、登山者少ないですね。

しかし、8合目辺りから雲に入り
EC309F47-3266-48BA-B0F9-334EED12FB55


37C1375E-32F7-4D82-8F29-F3E153D16900
  残雪の登山道は霧が巻いていました

91CA3319-810D-4907-8771-43425B7AEB6F
  9合目萬年荘雪山荘

例年、人だかりのしている九合目の萬年雪山荘も霧の中で閑散としています。

D41699E4-C7A8-44F5-81F0-CF66584D21EC
  富士宮口山頂浅間大社奥宮

その後少し霧が晴れて富士宮口山頂・浅間大社奥宮につきました。


002B1A21-4DFD-4012-8EB5-F2D4C4DE1CE1
 例年、暑中見舞いのスタンプでお世話になる山頂の富士山郵便局も休業のお知らせ。

215C22C7-7819-4ED4-8BA7-E5CA93F1F134
  コノシロ池
山頂に毎年、雪解け水が溜まってできる水たまりですが、「コノシロ(鮗)池」という立派な名前がついています。
気象庁時代には、初めての勤務の時「先輩に言われて釣り道具を持って登った」という人が居たなどジョークに
使われていたそうです。8月になるとほとんど消滅します。


神社付近の「コノシロ池」は泥で濁っていました
826544E2-A076-435D-A557-5A33822DFAB1
しかし剣が峰には日差しもあって、晴れてきました。

2年ぶりに山頂にたどり着いた2人にはこれから、明日の下山までの短時間で片づけなければならない仕事ー測定装置の設定、可能準備などなどーが山積です。
低い気圧の上に今年は、マスクをかけて、あまり大声を出せない中での細かい作業が始まります。

(広報委員会)

無題
2021年6月25日 ニュースリリースより


先日、ニュースリリースでもお知らせしました様に、

7月1日(木)本日 8時33分、
無事に 富士山頂へ到着、通電に成功し、
いよいよ今年の夏期観測がスタートしました👏

新型コロナウィルス感染症対策を徹底的に行い、
安全を第一優先し
2021年の富士山頂での夏期観測をいたします。

 


  新型コロナウィルス感染症対策としては、安全最優先の観点から新規グループの参加を認めなかったほか、参加予定者は事前に健康チェックシートの提出を義務づけ、登山や山頂滞在人員も制限し、万一感染が疑われる場合には速やかに山頂からブルドーザーで下山するなどの緊急時対応マニュアルも整備し、山頂、御殿場事務所、東京事務所が一体となってオペレーションにあたり研究活動をサポートします。 
      ニュースリリースより




夏期観測の準備として、
2021年6月18日に“山のスペシャリスト”、
山頂班が点検に登った時のスナップです。

CEA7D6DE-4162-470F-9EAB-CE700246774E
お鉢(火口)の雪もまだ残っています。

CEEB848A-B93A-498F-B349-8AF45BAE1CC4
馬の背の急斜面にも雪が残っています。除雪しないとブルトーザーが登れません。

2858225B-DC81-4F09-AE56-47C77DFBCC3D
昨年は夏期観測を中止したため、電気を供給できず・・・
また2年間、商用電源の送電は一切していないので、今年はトラブルが心配です。


194606C9-87FB-4983-904C-197A17384B98
大気化学で使っている3号庁舎近く、測風塔の下、西側雪囲いの入り口です。雪が多く除雪しないと入れません。

山頂、岩崎班長によると:
「今年の積雪は一言で多いというわけでもなく、
少ないと思って山頂に行ったら、あるところにはしっかり積雪があったのです。
特に今年は5月の連休に悪天があり霧氷がひどくて、
積雪に氷が混じった状況でした。」

この状態での作業は危険を極めます。
山頂班の皆様、お疲れ様でした。
貴重な写真ありがとうございました!!

また御殿場事務所も
夏期観測の準備に追われています。

以前ブログでもご紹介しましたが

無題


無題


6月中旬からは山頂班が常駐して、山頂の準備に通っていました。

事務局からも、荷物を運んだり、連絡に行ったり、
特に今年は「コロナ対策物品」発注・点検の毎日でした。
S__26034184
山頂班が滞在する御殿場基地事務所
窓の近くには クラウドファンディングのポスターもあります!!(6月23日)


新型コロナウィルス感染症に対する不安は未だ多く、
依然として様々な影響が出ています。恐る恐るのスタートですが・・・

これからも長期にわたって山頂での観測を継続していくためには、
冬季無人観測用バッテリー類の充電、老朽化に拍車のかかる庁舎や
電源の保守は中断することはできません。

皆様におかれましては、NPO の現状をご理解いただき、
さらなるご支持・ご支援をいただきたく、
是非とも広くご周知のほどをお願い申し上げます。

(広報委員会)


このページのトップヘ