太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 オフィシャルブログ

カテゴリ: 夏期観測

白山岳

霧
    2022年7月22日田中暁・山頂班員撮影

山頂の田中暁班員からは、7月2日の朝、「おはようございます。今朝は大内院(お鉢)が霧に覆われてとても幻想的でした。吉田口が開山して最初の週末ということもあり、登山者も少し増えました。」というメッセージと幻想的な写真が届いていました。

昼間は、前回のブログ(その1)でご紹介したような、大量の荷物運搬作業がありハードな一日でしたが、夕方には、今シーズン初めての夕焼けや夜景も見られています。

IMG_20220702_194419

IMG_20220702_194440
  2022年7月22日田中暁・山頂班員撮影

IMG_20220703_062107
2022年7月3日、山頂班坂本健二・班員撮影

ところが、7月3日の朝はこれまでの晴天が嘘のような、「朝からあいにくの雨です」
という寒そうな写真が坂本健二班員から届きました。
7月4日に通信技術関係の荷上げもあり、田中班員と坂本班員は交代のため下山。
設営から荷上げまでの作業お疲れ様でした。

7月5日、台風4号の余波のなかブルによる荷上げがあり、お昼過ぎに横山班長からメールが入りました。さらにハードな荷上げだったようです。
「先ほど、雨の中2.2トンの搬入が終わりました。雨は徐々に強くなってきています。台風は温帯低気圧に変わったとのことですが、どれだけ雨が降るのか?水不足の解消を喜ぶ一方で、道の砂が流れたり、風対策を考えなければならなかったり、心配事は消えません。」
山頂の荷上げはただでさえ重労働ですが、風雨の中ではなおさらです。
本当にお疲れ様でした。
温帯低気圧に変わったとはいえ、雨は続き、庁舎の雨漏りなども心配です。

剣ヶ峰
 2022年7月4日の夕焼け(横山勝丘山頂班長撮影)

最後に、横山班長からのプレゼントです。
「昨日夕方の写真をお送りします。降っていた雨も夕方には止み、澄んだ空気に浮かぶ山頂が印象的でした。」
前半の大きい荷物は無事終了。約5トンの機材が無事に庁舎に運び込まれたことになります。
前半の一つの山場でした。

220705馬の背西側
 馬の背西側(2022年7月5日、横山勝丘山頂班長撮影)

220705剣ヶ峰
 剣ケ峯(2022年7月5日、横山勝丘山頂班長撮影)

7月5日、夕方東関東地方がはこれからの雨に備えていた頃、横山班長から「搬入後、雨が強くなってきて心配しましたが、夕方になって晴れてきました。心配も杞憂に終わりそうです。」という嬉しいニュースと上の写真が届きました。ひとまずほっとしています。

(広報委員会)

認定NPO法人富士山測候所を活用する会とは


2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いいたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。


IMG_20220701_191540
 2022年7月1日山頂班撮影

7月1日山頂班の横山勝丘班長から下のようなメールが入り

”皆様

先ほど9時40分、商用電源を投入して今年度の測候所開所しました。

例年だとこの時期はまだ雨模様のことが多いのですが、今日は山頂も真夏並みの暖かさです。

せっかくの機会ですので、これから布団干しを行ないます。

今日中に庁舎内の整備を行ない、明日からの通信関係研究者の搬入に備えます。

取り急ぎご報告まで。”

山頂班 横山


ニュースリリースでもお知らせしていますが、今年も7月1日から、山頂班の常駐が始まり富士山頂の夏期観測が始まっています。

IMG_20220701_184341
  好天に恵まれ4号庁舎の屋根で布団干し、今年は最初の一日から幸運に恵まれています。

実はそれ以前にも、6月17日に御殿場ベースの開所を行いましたが、そこを拠点に横山班長グループは7月1日の開所へ向けて、5回の登山(6月18日、20日、23日、27日、29日)を行い、積雪や電源の状態をチェックなどの準備を行っていました。
その写真はInstagramに入れています。

3号西側除雪作業
 庁舎西側はまだ雪が残っていました(6月18日)

お鉢 (1)

馬の背頂上付近

RIMG0069
 2022年6月19日山頂班撮影

仮設入口より剣ヶ峰

 2022年6月20日山頂班撮影
馬の背
2022年6月23日、山頂班撮影

6月23日に、霧の中を登山した山頂班からは、「6合目より上は、快晴の日が続き夏を思わせるような最高気温9.4℃日、行はみるみる解けています」という連絡が入っていました。

IMG_20220701_191617
 2022年7月1日山頂班撮影

7月1日からは、山頂班の常駐が始まりました。
2日からは研究者の荷物運びも始まっています。

27832EC4-00DA-4625-9E8C-14109B3D3331._鴨川jpg
 山頂班のサポートで荷物を運びこむ研究者たち(7月2日、鴨川専務理事提供)

以上、今年の夏のホットな写真を中心にご報告しました。
また、折々に、続報をお送りします。
(広報委員会)

認定NPO法人富士山測候所を活用する会とは

2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いいたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。

397855F2-1D1F-4819-8F20-D0BBDC385D7E
CBCA3CBE-BFA6-4B89-8120-2EFED3A1AAF3

南齋勉実行委員長によると
正式には89名の参加者を得て大成功に終わりました。
一時的なものを含めると105個ものアカウントからアクセスがあったとか。
リモートの会議としてはびっくりとのことです。
スタート

この熱気の中で13時ジャストにスタートしました。
三浦和彦理事長の開会あいさつに続き、鴨川専務理事・事務局長の
2021年度夏期観測の総括
続いて、第一部「大気を診る」の5件の講演。
南齋座長のもと、制限時間いっぱいに詰め込まれた新しい情報と質疑応答が行われました。
都立大の大学院生・矢田茂久さんの太郎坊観測の纏めの講演に始まり、
矢田講演タイトル


野村講演タイトル

2年越しのバッテリーを継続させた国立環境研究所野村渉平さんの講演には
富士山が唯一、コロナ禍の影響をCO2濃度変化で示したデータが示されました。

和田龍一理事、埼玉環境科学国際センター米持真一さんの講演では
2020年の太郎坊での集中観測の結果も踏まえた
2021年の山頂の窒素化合物データとの比較、
通年観測の検討、上空越境汚染の指標としてのPM1の特性把握など、
富士山を活用したグローバルな大気汚染観測へ向けての議論が深化されました。

大河内講演タイトル
2019年から始められたマイクロプラスチックというホットな話題
に関する大河内博副理事長の講演でこのセッションを締めくくりました。

休憩をはさんで、14時25分に
全員集合後撮影したのが上の写真です。
続いて、今年の新し試み「富士山測候所取材余話」が
村田浩太郎副実行委員長の司会で始まりました。

seika202103

最初に、富士山頂で大河内先生の仕事を取材されたRKB毎日放送の後藤弘之氏のお話で、
大変分かりやすいスライドと
難しい話をどうやって伝えようかと工夫された熱意が伝わりました。

seika202102

2番目は、静岡第一テレビの小野澤玲奈氏が取材者の
目線での要望などをわかりやすくまとめて話され、
ニュースリリースの利用など、私達にとって
大変役に立つ情報を提供して下さいました。

seika202104

seika202101

 さらに、鴨川専務理事の「遠距離通勤」と「ウラ撮れちゃいました」取材の

「される側」からの経験談で、予定された時間いっぱい、

研究発表とは一味違った熱心な議論が続き、

最後に村田副委員長が「広報委員会の活動のご紹介」を行いました。

休憩時間に食い込んでしまいましたが、多くの方が続けてご参加下さっていました。

 

村田広報委員会

引き続き後半の第2部

「雲や塵を掴む」(座長:加藤俊吾理事)
このタイトルのセッションが本成果報告会に作られたのは今年が初めてで、
若い二人のオーガナイザーのおかげです。
南斉講演タイトル

雨の微細構造の研究として雲粒1滴ごとに採取する
新しい方法を導入した南齋実行委員長の講演や
村田講演タイトル
降水のもとになる氷晶核の生成への富士山堆積物の影響を調べた
田副実行委員長の研究発表が、
これまでNPOの中核として取り組まれている2つのトピックであ
大河内理事グループの大学院生王一澤さんの雲水観測と
三浦和彦
理事長の微粒子および雲凝結核観測の発表に加わりました。
新しく作られたセッションで今後の論文発表へとつながることが期待されます。

第3部「防災:すごい現象」(座長:和田龍一理事)
このセッションが充実してきたのは、本NPO15年の実績と言えるでしょうか?
激甚気象の一つとして問題になっている集中豪雨について
山岳地帯での研究が大河内副理事長グループによって報告されました。
米戸、大河内講演タイトル

続いて、加藤理事、長尾年恭理事による火山噴火予知の報告は

「いつ起こってもおかしくない」富士山噴火への
NPOの取り組みを示しています。
長尾講演タイトル

このセッションで最も多かった雷に関する報告は、

まさに今や本NPO「お家芸」ともいえる

雷に関する多面的な研究の成果です。


鴨川専務理事による2021年8月18日に
NPOの観測史上初め
て捉えた測候所への落雷や
静岡県立大学鈴木智幸さんのブルースタ
ーターという
捉えることが難しい放電現象などNPO山頂班との
携もばっちりに得られた成果についての報告があり、

安本講演タイトル

安本勝・研究センター研究員は、上向き雷としての詳細を報告し、
今後の避雷方針の提案も行いました。
最後のセッションでしたが、ほとんど退場者なしの盛況でした。
加藤クロージング

最後に加藤俊吾学術科学委員長から、本講演会への感謝と、
夏期観測の裏方として、慣れないコロナ対策に頑張られた山頂班への
感謝がのべられて、
春先にしては「熱い」充実した午後が終わりました。

(広報委員会)


認定NPO法人富士山測候所を活用する会とは

2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いいたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。


112
夏を迎えて活気づく富士山頂。一般の登山客に混じって、測候所のあちこちでNPOの夏期観測の準備がはじまった・・・。太郎坊から観測機材、食料などを荷上げするブルドーザ、その荷物を手分けして庁舎に運び上げる山頂班と研究者。庁舎内では、学生らが荷物を開梱して機材のセッティング・・・いつもの夏の富士山頂の風景だ。


事務局に置いてあった『富士山測候所の模型』は、暫く間修複のため製作者の元に里帰りしていましたが、この度約2ヶ月にわたる「令和の大修理」が完了しました。

このジオラマの初代(今回のものは初代をお化粧直ししたものです)が2010年に事務所に現れた時は、来訪者が目を見張ったものです。「NPOのやる気を感じた」と言った気象庁の方がいたとか。山頂へ行ったことのない方にも、測候所の説明に役立っていました。

とはいえ、これまでは測候所の建物の説明には使えたものの、山頂でのNPOの活動全体をわかってもらうには不十分でした。「夏を迎えて活発に動き始めた富士山頂の風景を再現したい」・・・今回の修復は温めていた構想を実現するいいチャンスとなりました。

まず、着手したのは標高を5cm(約10メートル相当)嵩上げすること。ダンボールを10枚使い、それまではなかった馬の背の登山道やお鉢めぐりの登山道もジオラマに入るようになりました。これで山頂活動でロジスティックスの一端ー大量の物資の運搬補給を担うイグラさんの運転するブルドーザーが、新たなピースとして加わりました。富士山でも最も急こう配といわれる「馬の背」をよじ登るブルドーザの登場により、全体に「動き」がでてきたようです。

P1100901
馬の背の急坂を力強く登るブルドーザー。後続する登山者の様子からは、馬の背の「強風」が吹き荒れている様子がでているでしょうか。なお、防護柵は木綿糸をボンドで固めてつくりました。

4
模型の縮尺は200分の1なので、フィギュアの身長は8mm~9mm。パステルカラーの絵の具で着色するときは、筆のほかに爪楊枝を使用しています。フィギュアは数えたら全部で65体ありました。

P1100903
ブルドーザの到着を迎える山頂班と研究者。右側は到着した荷物を測候所に運び上げているところ。ジオラマでは大きなアリが角砂糖を運んでいるよう。

111
担ぎ上げた荷物は円形の1号庁舎の螺旋階段経由で2階へ。2階では学生さんたちが荷物の開梱にとりかかるところです。1号庁舎の玄関前には下山のために揃った学生一行とそれを見送る岩崎山頂班長。会報『芙蓉の新風』の表紙を飾ったシーンを参考にしました。

P1100904
3号庁舎のダクトにはインレットの取り付けがはじまっています。ダクトの中に入っている人物のモデルは和田理事(帝京科学大学)。さらに北側の水槽の下の二人は、自立電源による越冬観測実施のための作業をしている様子です。

6
大沢崩れの急崖を望む西側に回ると、アース・ドクターこと、早稲田大学大河内副理事長のグループと帝京科学大学和田理事のグループが大気中に存在する微量な物質の観測研究をしています。

115
正面にはNPO活動の中核を担うふたりの理事…日本一高所の岩の上に立ってNPOの活動全体を俯瞰している鴨川専務理事(静岡県立大学)と測定器を背負って移動しながらSO2-H2S モニタリングしている加藤理事(東京都立大学)…を配しました。

117
no title
1号庁舎の屋根はとりはずして中の2階部分が見えるようになっています。屋根は現在の平たいもの(上)と2001年までのレーダードームが乗ったもの(下)の2つがあります。

ジオラマはアクリルケースに入れてありますが、持ち運びできるよう手作りの専用キャリングケースもあり、宅配便で送ることもできます。生まれ変わったジオラマをいろいろなところで使っていただけたらうれしいですね。

107
縮尺:1/200 サイズ:幅60✕奥行き40✕高さ25 (cm) 材料:紙(ペーパークラフト)

この記事はジオラマの製作者である事務局の元職員・中山良夫氏にお願いして書いて頂いたものを元にしています。

(広報委員会)


認定NPO法人富士山測候所を活用する会とは

2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いいたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。







62398B85-4464-441E-BF43-677FE5232D38
(一財)WNI気象文化大賞(第11回)に選ばれた富士山環境研究センター安本勝研究員

今年の山頂観測は、9月3日をもって終了しました。65日間に26のプロジェクトが実施されたなかで、今回は雷による電流を富士山頂で測る研究について紹介します。このプロジェクトは、落雷の際に山頂の旧測候所と山麓をつなぐ送電線内の接地線(アース)に流れる電流を、分割形ロゴウスキーコイルを用いて計測することで、雷現象を観測するものです。

接地線の長さが7km以上もあり、しかも周辺に他の送電線がなくノイズが少ないことから、
他に類を見ない非常に高い感度で雷に起因する電流を観測できます。

558A4E2E-1E87-4E90-A6ED-07E12884943D (1)
          山頂で観測中の安本研究員設計の装置

2012年に研究を始めた当初は測候所への直撃雷電流の測定を目的としていましたが、その後、直撃ではなくても、遠方雷、誘導雷、上向き雷放電などの雷現象によるシグナルが捉えられることが分かってきました。なかでも、上向きの雷放電はごく珍しいとされ、夏季の落雷全体の1%に満たないと考えられています。しかし、この発生率は、未だによくわかっていません。

富士山環境研究センター(LERMF)の安本研究員による雷電流の計測プロジェクトは、
(一財)WNI気象文化創造センターによる2021年度気象文化大賞に選ばれ、
その助成を受けて実施されました。


2021年の夏季観測において、8月18日に負極性上向き雷の直撃雷が測定できました(下図)。
全体で測定は1万回以上できていますが、マニュアル処理出来る量ではないため、
高高度発光現象やLLS情報から絞り込んで解析を進めます。

下向き雷
 
なお、旧富士山測候所から撮影した雷の一例を下に示します。
IMG_3238-1 (8)
 2021年8月30日測候所から見た雷の一例(撮影:岩崎洋山頂班長)  

今後の解析によって、上向き雷放電を始めとした現象の多角的な理解が進むと期待されます。成果は2022年3月開催予定の第15回成果報告会で発表される予定です。

安本研究員のユニークな手法の研究のこれからにご注目ください。

2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かかるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。





(広報委員会)

このページのトップヘ