太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 オフィシャルブログ

カテゴリ: 研究速報


62398B85-4464-441E-BF43-677FE5232D38
(一財)WNI気象文化大賞(第11回)に選ばれた富士山環境研究センター安本勝研究員

今年の山頂観測は、9月3日をもって終了しました。65日間に26のプロジェクトが実施されたなかで、今回は雷による電流を富士山頂で測る研究について紹介します。このプロジェクトは、落雷の際に山頂の旧測候所と山麓をつなぐ送電線内の接地線(アース)に流れる電流を、分割形ロゴウスキーコイルを用いて計測することで、雷現象を観測するものです。

接地線の長さが7km以上もあり、しかも周辺に他の送電線がなくノイズが少ないことから、
他に類を見ない非常に高い感度で雷に起因する電流を観測できます。

558A4E2E-1E87-4E90-A6ED-07E12884943D (1)
          山頂で観測中の安本研究員設計の装置

2012年に研究を始めた当初は測候所への直撃雷電流の測定を目的としていましたが、その後、直撃ではなくても、遠方雷、誘導雷、上向き雷放電などの雷現象によるシグナルが捉えられることが分かってきました。なかでも、上向きの雷放電はごく珍しいとされ、夏季の落雷全体の1%に満たないと考えられています。しかし、この発生率は、未だによくわかっていません。

富士山環境研究センター(LERMF)の安本研究員による雷電流の計測プロジェクトは、
(一財)WNI気象文化創造センターによる2021年度気象文化大賞に選ばれ、
その助成を受けて実施されました。


2021年の夏季観測において、8月18日に負極性上向き雷の直撃雷が測定できました(下図)。
全体で測定は1万回以上できていますが、マニュアル処理出来る量ではないため、
高高度発光現象やLLS情報から絞り込んで解析を進めます。

下向き雷
 
なお、旧富士山測候所から撮影した雷の一例を下に示します。
IMG_3238-1 (8)
 2021年8月30日測候所から見た雷の一例(撮影:岩崎洋山頂班長)  

今後の解析によって、上向き雷放電を始めとした現象の多角的な理解が進むと期待されます。成果は2022年3月開催予定の第15回成果報告会で発表される予定です。

安本研究員のユニークな手法の研究のこれからにご注目ください。

2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かかるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。





(広報委員会)

894AA3AB-CFB1-4B72-B7A2-8AB59DDC035D

花冷えの3月25日、鴨川事務局長とNYジオフィールド社の2名が太郎坊に到着。

前夜から御殿場事務所に泊まり込んでいた鴨川事務局長の立会いの下に、
運び込んだ資材の組み立てが始まりました。

2259DDB2-504C-4F1F-859F-917AFB29E153

AB15308B-AA61-4430-A572-E9E0CD2712BA (1)

太郎坊観測タワーとは
2020年度・年賀寄附金
「日本の自然環境・生活環境を保全するための
富士山頂における越境大気汚染物質の観測事業」
の一環として行われたものです。

折からのコロナ禍中山頂の施設が使えないと言う条件で、関係者が知恵を絞って、
昨年12月にはドローンの観測を行いましたが、
その中で、大気電気関連の連続的観測のため、
8mの観測鉄塔を設置したものです。

予算の範囲内で、
最大のパーフォーマンスを得るために計画されたもので,
2.5mの支持三角台に8mの高さのアルミ柱から成って居り、
各種センサーを搭載できます。

B6259477-061C-45D4-BFE2-5F9864514ED4

スコリアの地面に、
環境保護のためコンクリートの土台を作らないで
設置するための工夫がなされています。

年度末の3月ですが、周辺の観測機器への影響などを考え、
また最も効率の良い観測環境を考慮した周到な準備の下に、
設置作業は10時にスタートして、
16時42分に無事に終了しました。

春とはいえ、
1300mの太郎坊はまだ冬の寒さです。
NYジオフィールドのみなさん、
鴨川事務局長お疲れ様でした。

今後このタワーから、
様々な観測データ(気象測器、ライブカメラ、大気電場など)が
発信されることを楽しみにしています。

(広報委員会)

DSC01970
「第14回 成果報告会」の講演予稿集 

2021年3月28日(日) 13時~16時30分まで
認定NPO法人 富士山測候所を活用する会の
「第14回 成果報告会」が行われました。

無題
成果報告会のニュースリリース


2020年度は富士山頂での夏季観測が中止になりましたが、
太郎坊基地や御殿場基地事務所での観測結果や、
富士山頂で測定した過去15年間に渡るデータを活用した
「大気(富士山頂)」、「大気(富士山麓)」、「雷・噴火など」の
3つのセッションで構成された16件に及ぶ発表となりました。

無題


加藤俊吾成果報告会実行委員長からの
開会宣言から始まり、
続いて三浦和彦理事長の開会の挨拶、
そして2020年度観測の概要を
皆巳幸也副実行委員長が説明しました。


リモートで山頂通年観測が行われている国立環境研・野村渉平博士の報告です。
無題

コロナ禍による大陸の産業活動の低下の証拠が
見られる地点を探して日本のいくつかの観測地点のデータを調べましたが、
富士山以外の観測地点では、はっきりせず
“富士山頂が最良の観測地点“であることの証明になりました。

無題



大河内博副理事長によるこれまでの観測のまとめ
無題

このほか、三浦和彦理事長、鴨川仁事務局長、和田龍一理事によっても、
わかりやすいまとめの講演と最近のトピックスが話されました。


講演の中には、学生による発表(発表時間10分)もありました。
無題
ドローン観測に関する石川翔さん(早稲田大)の発表
無題
富士山での大気中マイクロプラスチック観測に関する報告 趙鶴立さん(早稲田大)

学生の発表は合計6件ありました。

続いて
静岡県立大学 鈴木智幸さんは、
2013年以来の富士山頂と宇宙の間の発光現象について報告。
無題

無題

その一部で、「青天の霹靂」のメカニズムの解説がありました。
雷観測と避雷技術(安本勝氏ほか)の開発における富士山の有用性が再確認されました。


2020年スタートした長尾年恭理事らによる太郎坊での地磁気観測。
無題

今後、山頂でも地磁気観測が行われるとのことで、
最後に報告された加藤俊吾理事の火山性ガスの測定と
併せて富士火山の噴火予知への利用が期待されます。

無題

鴨川仁副実行委員長の最後の挨拶に、
富士山頂だけでなく、御殿場基地事務所なども観測サイトとして
活用に有用であるお話もありました。


参加者は、77名と大盛況でした!!
IMG_5039
(参加者の一部の方の写真)掲載させて頂きました。ありがとうございます。

富士山という同じフィールドで
多岐にわたる分野の研究の成果を集中的に
聴けるという充実した時間となりました。

次年度の成果報告会も楽しみとなる
有意義な時間となりました。

(広報委員会)

なお、最後に広報委員会からお詫びとお願いです。
予稿集の表紙に入れ忘れた会議の期日を下記のように追加お願いします。

<期日:令和3年(2021年)3月28日:13:00-16:25(オンライン開催)>

無題
第14回 成果報告会 申し込みHP


「認定NPO法人 富士山測候所を活用する会」の
 第14回 成果報告会  
 2021年3月28日(日)13時より開催いたします。
 無料です!!
 
 ZOOMを利用したオンライン発表となります。
 ご参加にあたり、ZOOMアプリのインストールが必要です。
 
 事前申し込み制です。当発表では、視聴者の皆様の顔は映りません。


この成果報告会 プログラムは以下の通りです。
無題
↑クリックすると画像が拡大表示されます。
この成果報告会は、
色々なジャンルからの 富士山測候所を活用した研究内容、

また、
学生からベテラン研究者と
発表者も幅広いのです!!

13時から16時25分の
3時間25分も??長い(^-^;
と、思われるかもしれません。
しかし・・・・

聴講されるとわかりますが・・・・
時間が経つのもすっかり忘れて
“アッ”という間です!!

ぜひ申し込み頂き、ご聴講ください~

(広報委員会)




無題

環境省「環境研究総合推進費」のHPより

当NPO 大河内副理事長より

「大気中マイクロプラスチック研究で
令和3年度 環境総合推進費に採択されました。
富士山頂での本格的な観測を進めます!!」

とても嬉しいご報告を頂きました!!


無題
↑画像をクリックすると大きく表示されます。




 環境研究総合推進費とは?

 環境研究総合推進費は、気候変動問題への対応、循環型社会の実現、自然環境との共生、環境リスク管理等による安全の確保など、持続可能な社会構築のための環境政策の推進にとって不可欠な科学的知見の集積及び技術開発の促進を目的として、環境分野のほぼ全領域にわたる研究開発を実施しています。  
                      環境省HPより



採択された研究課題名は
「大気中マイクロプラスチックの実態解明と健康影響評価」です!!

おめでとうございます!

(広報委員会)


このページのトップヘ