太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

カテゴリ: その他


富士山川の部屋から(20913) (1)
御殿場基地事務所から見た富士山(2020年9月12日撮影)

“認定NPO富士山測候所を活用する会“では、
活動拠点が3つあるのをご存知でしょうか??

1つは、富士山頂(標高3776m)。
2つは、富士山の御殿場 新五合目に当たる太郎坊(標高1290m)。

 コロナ禍で富士山頂での観測が出来なかったNPOにとって、
今年は、太郎坊を使った観測が中心になりました。

次の写真は、太郎坊での作業の様子です。
C1AFA288-4A4E-42ED-8F61-8F6AF0F76A17

 みなさまもご存知の通り、今年は山頂観測を諦めます。そしてコロナ対策が取りやすい太郎坊(御殿場新五合目そば)、御殿場市街の通年観測地での観測に集中します。現在、研究者達は太郎坊、御殿場に機器設置やメンテナンスを始めています。

写真は、今週の太郎坊におけるメンテナンスの様子。早稲田大学と山梨大学が作業をしています。今年の夏は、この場所に多数の機器が設置されることでしょう。

山頂、太郎坊、御殿場の3つの観測点は、1直線状であり、標高がそれぞれ3倍の関係になっているためデータ解析などでも利便性がある観測地点になっています。


 (クラウドファンディング 7/3の活動報告より)

そして
3つめは御殿場基地事務所(標高446m)です。

御殿場基地事務所は
富士山頂での夏期観測開始前から終了までの
山頂班や研究者等の登山準備拠点として、
富士山頂・太郎坊に次ぐ第3の観測サイトとしての利用されております。
(2階の1室は「富士山環境研究センター(LERMF)」の御殿場拠点であり、看板もあります。)

今年も太郎坊に行く
研究者や学生さんたちの滞在施設として、大いに活躍しました。

気象観測他の測器も着々と稼働を始められていて、
近々リアルタイムで見られるようになります。


Eh1h4dQUYAAxm0Y
御殿場事務所の部屋に貼ったポスター 庭には雨採取器が設置されています。


9月12日、13日の週末、
事務局はクラウドファンディングで
ご寄付をいただいた方のお名前を
列挙したポスターをもって御殿場へ行きました。

今年3回目になる御殿場基地事務所の
庭の草刈りも済ませました!!

05215786-4008-40BB-88AF-080E6247B8EB
裏庭の草 Before

草刈り後
 After (すっきりしたのがお判りでしょうか??)



今年は、富士山頂からお送りできなかったライブ映像ですが、
御殿場基地事務所の2階にライブカメラを設置すると
四季の折々の富士山が眺められるので、
『 今後、御殿場からの富士山の映像も?? 』
という案もチラホラ出ています。

益々、観測基地としての利用が楽しみです。


(広報委員会)





無題.2png
山梨大学のHPより


山梨大学筑波大学信州大学静岡大学が連携して
山岳科学特別教育プログラムを実施しております.

この取り組みは、
日本初であり山岳に特化した
理学・農学・工学分野が融合した
広範な研究領域を学ぶことができます。
 
 山岳科学特別教育プログラムとは??
 
 山梨大学筑波大学信州大学静岡大学の4大学が連携する日本初の山岳科学を学ぶことに特化した教育プログラム(修士課程)です。山岳地域を取り巻く環境問題の解決や山岳生態系の持続的管理などに対応できる人材育成を目指しています。



山岳科学特別教育プログラムに参加している先生達が
作った教科書 『山岳科学』です。


無題
『山岳科学』の紹介HP

 書籍『山岳科学』の内容は・・・
 
 山とは何か? 総合的に探求した学問が山岳科学。基礎編では山で生じる自然現象(地球科学から生物学まで)を解説し、応用編では自然保護・保全・防災・観光・歴史・文化・経済・法律まで、文理融合・分野横断した内容を概説する。



最終の16章 山岳環境問題
山岳域での環境問題/湖沼における環境問題/山岳域の大気汚染

その最後に書かれている
『日本最高所の研究拠点-富士山測候所での研究活動-』
は、本NPO 小林理事が書かれたコラムになっております。

小林理事に、コラムを書かれたときのお話を聞きました。

富士山測候所を紹介するくだりで
「プロジェクトXの初回で取り上げられた」と書いていたのですが,
今の学生は「プロジェクトX」そのものを知らないと指摘を受け,
ジェネレーションギャップを感じたそうです。


そんな小林理事がコラムを書いた
『山岳科学』は基礎編から応用編まで
 “ 山 ” について、学べる書籍となっております。

(広報委員会)



無題
クラウドファンディング特設ページ
を開設しております。


424人からのご支援を受けて、
支援総額がな、、、なんと600万円突破いたしました!!


募集期間:2020年6月26日~8月15日
最終支援総額:6,121,100円
ご支援者数:424名


これも皆様のお陰です!!
ご支援、情報のシェアなどのご協力
ありがとうございました!!


無題

なお本NPOのクラウドファンディングですが
成功事例として、こちらのページで掲載されております。


クラウドファンディングに
ご支援された方への
リターンですが只今準備中です。

ととのい次第、こちらのページからお知らせ致しますので
もうしばらくお待ちください。

(広報委員会)





無題
8月10日 静岡新聞 ~社説より~

「富士山頂研究拠点 継続へ支援の再構築を」
8月10日 静岡新聞の社説に掲載されました。
世界文化遺産の富士山は日本の科学技術発展の現場でもある。コロナ禍で仰ぎ見る今夏、先人の偉業を継承し、持続可能な研究・教育の拠点への道筋も考えたい。 活用する会は山頂近くの登山整備や、遭難者に対する警察への対応など、公共的活動もしてきた。国や静岡など関係自治体は会の社会貢献と窮状に目を向け、支援を検討してほしい。

施設の管理運営にかかる約2千万円の主要財源だが、今夏は途絶えた。どうしても不足する300万円を募ったクラウドファンディングは当初目標の倍額まで、もうひと息。
                        静岡新聞 社説より

本NPOのクラウドファンディング
あと2日で終了いたします。

静岡新聞の社説にも記載されておりましたが、
クラウドファンディングは
ファイナルゴールの600万円を目指して
現在、8月13日14:21現在
390人からのご支援があり
5,601,056円円となっております。

無題
2020/8/13 8月13日14:21時点での画面です。
現在の支援金額、支援者についてはHPにてご確認お願い致します。


クラウドファンディングでは、
寄付をされた方に金額に応じてリターンがあります。

リターンの一部をご紹介いたします。

1,000円 ご支援いただくと・・・
お礼を込めてお名前(ないしはハンドルネーム等)をポスターに記載。ポスターは2021年7月までは東京事務所内に掲示し、メディア取材写真の背景に。そしてポスターは2021年7月に登山し日本一高い場所へ皆様のお名前を。旧富士山測候所内でのポスターの張り付け位置も、現地メディア取材の背景になりやすい壁を予定。ポスターを掲示した様子は当NPOのインスタ、ブログでも随時公開。 
10,000円 ご支援いただくと・・・
 富士山成果報告会(2021年3月の土日に都内にて開催予定。会場開催が困難な場合は、オンライン上にて開催予定)にご招待。ご招待席もご用意させていただきます。※会場までの交通費は自己負担になります。
 また、下記のリターンも含まれます。
・ご自宅に暑中見舞いはがき投函/会報誌発送(お届け予定日:2021年8月)。
・旧富士山測候所バーチャル研究体験(お届け予定日:2020年8月)。・お礼を込めてお名前(ないしはハンドルネーム等)をポスター(2020/8~2021/6まで東京事務所、2021/7から旧富士山測候所にて掲示)に記載。

84de7a4a-3313-4e4e-b60b-f61c0ef9b553
富士山頂のポストに投函すると、消印が!!(2019年の暑中お見舞いのハガキ)

30,000円 ご支援いただくと・・・
サイエンスカフェにご招待。世界トップクラス研究者とお好きなテーマについて会食しながら、レクチャーを受けることができます。テーマとしては、地球温暖化、越境大気汚染、マイクロプラスチック、雷、火山、地震、高所医学などからご自由にお選びいただくことができます。お一人様からも受講可能ですし、ご友人やご家族とご一緒にいかがでしょうか。レクチャーを通して、お子様の夏休み自由研究のサポートも可能です。開催日程や場所(インターネット上も可能)は研究者との調整となります。開催期間は 2020年8月から2021年3月の範囲になります。会場までの交通費は自己負担になります。
 また、下記のリターンも含まれます。
・富士山成果報告会にご招待(お届け予定日:2021年3月)
・ご自宅に暑中見舞いはがき投函/会報誌発送(お届け予定日:2021年8月)。
・旧富士山測候所バーチャル研究体験(お届け予定日:2020年8月)。
・お礼を込めてお名前(ないしはハンドルネーム等)をポスター(2020/8~2021/6まで東京事務所、2021/7から旧富士山測候所にて掲示)に記載。
bf7f6c22-f4c4-4d06-b605-637441b37f66


30,000円以上では、サイエンスカフェにご招待。
世界トップクラス研究者とお好きなテーマについて会食しながら、
レクチャーを受けることができます。

なかなか研究者たちと
直接お話できる機会はないので
貴重な体験となるのではないでしょうか??

最高額300,000円のリターンはいかに!?
詳しくはクラウドファンディングのページをご覧ください。

(広報委員会)

無題
上記画面は、2020年7月10日10時00です。現在のページはこちらをクリック


速報です!!
皆様のご支援、ご協力により
クラウドファンディングの目標300万円達成いたしました。

沢山の方にお力添えいただいたおかげで、
およそ3週間で達成することができました!!
心より御礼申し上げます。


クラウドファンディングのHPについてご紹介させていただきます。

クラウドファンディングのページでは、
スクールして頂くと『活動報告』というタブがあります。
無題
『活動報告』のタブ。その横には『支援者』のタブ。


こちらの
『活動報告』ですが、
なんと!!ほぼ毎日更新・・
いえ!!
お気づきの方はいらっしゃると思いますが
1日2回も、更新されている時があります!

すべての活動報告をご紹介したいのですが・・・
2件ご紹介いたします。


記念すべき第一回目の活動報告

 いよいよクラウドファンディングがスタートしました
無題
旧富士山測候所とそこでの研究の存続をかけたクラウドファンディングがスタートいたしました。スタート前にメディア様でご紹介いただきました記事をご案内します。 (続きははこちらをクリックしてください。)
続いて
七夕7月7日の活動報告

無人の富士山頂で火山性ガスモニタリング
無題

 富士山は火山なので、いつまた火山活動が活発になるのか心配されています。火山性ガスを常時モニタリングし、防災に役立てる研究を進めています。昨年の夏の終わりに山頂の富士山測候所内に火山性ガス(二酸化硫黄:SO2)を測定するセンサーと通信機器(ELTRES)を設置しました。商用電源が利用できなくなる秋から次の夏までこの測器を稼働するためにバッテリーを使用しますが・・
            (この続きはこちらをクリック)



実際、活動している測定装置の写真や
貴重な富士山をフィールドとして活用しているからこそ
撮影できた写真が掲載されております。

これらの活動報告は、
研究者が直々に書いております!!
もちろん写真も研究者が提供してます!!

もっとご紹介したいのですが・・・
随時更新されておりますので是非クリックしてご覧ください☆
(毎日どんな活動報告がアップするのが楽しみです。)


『支援者』のタブをクリックすると・・・
無題
支援者のメッセージ(7月10日10:30の画面です)

支援者のメッセージを読むことができます。
何件かご紹介させていただきます。
(すべて紹介したいのは山々ですが・・・)

 ・去年お鉢めぐりをして剣ヶ峰まで行き、測候所に出入りする学生さんを何人か見ました。皆さんあそこでいろんな研究をなさってるんですね。少しでもお力になれればと思います!

 ・いつか登りたいなぁ…と憧れの富士山。その山頂で活動している人達がコロナ影響で困っているとは。
応援しつつ…登山できる日まで、私も身体の準備頑張りたいとおもいます♪

 ・もうすぐ達成ですね。目標1000万円でもよかったのでは…応援しています!頑張ってください!

 ・ささやかですが、協力させていただきます。健康に気をつけて頑張ってください!

 ・コロナ禍、大変ですが、継続できることを願います。未来のために。

 ・先人の皆さんが命がけで造った測候所と聞いています。ぜひ、その設備と研究者魂を次代に引き継ぐよう頑張ってください!

 ・貴重な研究の場が存続されることを願わずにはいられません。皆様の思いが達成されることを祈っております。微力ながら応援させていただきます。


沢山の温かいメッセージありがとうございます。


掲げた目標の300万円は達成いたしましたが、
実はまだまだ足りないのが現状です・・・

ぜひ引き続きご支援、ご協力、シェアの程よろしくお願いいたします。

(広報委員会)






このページのトップヘ