太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

カテゴリ: その他


1901渡辺記念会だより02_p01

表紙写真について

表紙の写真は、昨年(平成30年)富士山測候所で大気化学などの研究者や通信技術者が研究機材設置作業を行なった時のものです。富士山測候所は平成16年から無人施設となりましたが、認定NPO法人富士山測候所を活用する会が気象庁から借用し、現在も富士山頂における様々な研究活動の拠点として活用しています。当財団は同会の活動を支援しています。(写真提供:認定NPO法人富士山測候所を活用する会)


いつも助成金でお世話になっている一般財団年法人新技術振興渡辺記念会(以下渡辺記念会)は一昨年35周年を迎え、昨年より広報誌「新技術振興渡辺記念会だより」の発行を始められましたが、その2巻(20191月号)の表紙に、私たちNPOの富士山測候所の写真を載せて下さいました。

  この冊子の巻頭言では(一社)技術同友会代表幹事 立川敬二氏が「日本の科学研究の失速を食い止めよう」というタイトルで、イギリスの科学雑誌NATURE誌の2017年3月号の記事「この10年間日本の科学研究は失速している」を例に挙げて、危機感を表明しておられますが、現在の日本の科学研究、特に基礎研究の研究環境は憂慮すべき状態ではないかとのご指摘はまさに共感できるものです。

  国の科学研究予算が変動する中、昭和57年以来、36年の長きにわたり、民間の立場で新しい科学技術開発をサポートし、日本の基礎研究の下支えをしてこられた渡辺記念会の存在は貴重です。例えば、 国の予算が付かずに無人化され取り壊される危険のあった富士山測候所が、何とかその灯を消さずに、研究の拠点として続けていられるのも、11年間にわたって折に触れてサポートを頂いた渡辺記念会のおかげが大きいです。

 この冊子・創刊号で渡辺記念会の武安義光理事長は
 当財団は、神田通信工業株式会社の実質的創業者である故渡辺勝三郎氏からご寄付をいただいた同社株式を基として、昭和57年7月1日に内閣総理大臣の許可を得て設立され、昨年創立35周年記念式典を挙行したところです。私は当財団の発足当初から設立業務を含めて運営に携わってまいりました。設立当初から運営が軌道に乗るまでの財団関係者の苦労を知る身からこれまでの長い年月を振り返りますと、今日の財団の活発な活動ぶりはまことに感慨深いものがあります。
と述べておられますが、この間支援してこられた120件に上る委託研究、500件の一般助成、科学技術交流事業、普及開発事業など多岐にわたっており、その恩恵にあずかっている研究者は数えきれません。

 年頭に本NPOの写真を使っていただけた感謝をこめて、渡辺記念会のますますのご発展を祈ります。

(広報委員会)

 

 


F204F008-C02A-4346-B90A-936E7485F026
      成蹊高校から見た富士山

明けましておめでとうございます!

年の瀬も押し迫った昨年12月30日に、鴨川先生から届いた写真です。インスタにも入れましたが、鴨川先生のスプライト観測グループは武蔵野市の成蹊中学・高等学校の屋上で装置の設置の傍ら、快晴の空に映える富士山を写してくださいました。

成蹊高校と云えば、「成蹊気象観測所」で有名です。1926年に、当時尋常科理化教諭であった加藤藤吉先生が,気象観測法に準拠した観測を、教育の一環として導入され、1959年から「成蹊気象観測所」の名称で学園の組織として観測報告を発行を開始しておられます。一時期、東京管区気象台の甲種補助観測所に指定されたこともあり、その観測精度には定評があります。成蹊気象観測所では気象パラメータの観測のみならず複数の遠方の目標物に対する視程観測も1960年代から開始しました。

当初より大気汚染の観測を意図したもののようで、1973年の所謂オイルショックを契機として,視程が著しく改善されたことがわかり、大気汚染との関連が明確にされるなど、継続された観測データは貴重です。 

4CD9C85D-D0E9-4880-94AA-6181DA39A03B
    宮下敦教諭(現在同大理工学部教授)による成蹊気象観測所の歴史の紀要

2017年度成蹊学園資料年報に、成蹊気象観測所長の宮下敦先生(鴨川グループで富士山の観測にも参加されています。現、同大理工学部教授)がまとめられたところによると「上昇は大気汚染の改善とともに都市の乾燥化によるもの」とのことで、大気汚染のみならず温暖化や都市化の指標としての価値も考えられています。
1960年(昭和35年)から続く成蹊高校のでの富士山視程観測。観測当初では年間50日程度の可視であったものが現在では150日ぐらい見えるようになっています。この上昇は大気汚染の改善とともに都市の乾燥化によるものとみられています。

D5906D03-98D3-45B3-B565-E18BFD4F38D8
  6方向の視程観測の結果(同文献より)

loc_name
 成蹊気象観測所の位置 東経 139度34.5分,北緯35度42.5分,海抜 56m

東京学芸大学と成蹊高校との共同研究は、富士山頂インタラクティブレクチャーなど多岐にわたっています。
今年は、成蹊高校田中博春教諭と学芸大鈴木智幸博士による冬季プライト観測に加え、夏季中は富士山頂と成蹊高校との夏季スプライト同時観測を行う予定です。

C615EA9A-C2E9-4B56-BC06-7B60A04E4019
  冬季スプライト観測メンテナンスおよび夏季スプライト観測の準備

(広報委員会)

DSC_2547
    シュネルさんの宿泊先ホテルの部屋へお迎えに行ったら「小さな図書館」が置かれていました

  10月26日に東京理科大大気科学研究部門主催の講演会で印象深い講演をされたラス・シュネルさんがもう一つのプレゼントを持ってこられました。お手製の「小さな図書館(Little Free Library)」です。「小さな図書館」は、米国ウィスコンシン州に始まる非営利活動で地元の人たちに小さな箱に収められた本を無料で貸し出すというものです。

 シュネルさんは、数年前、スラム街の子供たちのためにと、娘さんに頼まれて作ったのが第一作で、今回頂いたものよりもう少し大きめのもの。毎週50冊の本を入れていたら、近所の人たちも本を入れるようになったそうです。このようにして始まった小さな図書館作り、材料は木やプラスチックなどの廃材(Reclaimed Materials)を再利用しておられます。

image001
 シュネルさんと作品の「Little Free Libraries」(2018

 「友人の土器屋さんに『一つ作って上げようか?』と冗談を言ったら、彼女が『YES!』と言ったから持ってきたよ」と講演の後でエピソードを明かしてくれました。なんと、コロラドの自宅から、キャスターに乗せてはるばる運んできて下さったのでした。修理用のコーキング材付きで持ってきてくださり、それをホテルから会場まで大河内先生が運び、理科大から事務局の増田さんが受け取って、昨日東京事務所に到着しました。

  シュネルさんが作って設置されたのはアメリカ国内はもとより、カナダ、オーストラリアなど4か国21か所に上るとのこと、その21作目を頂いたことになります。東京事務所では富士山関係の本を収納して、雑然として殺風景だった事務所に彩を添えています。

DSC_2705
   現在は、富士山関係の本を入れてい東京事務所に仮置きしてあります

  来年は、出来れば富士山周辺にと思っていますが、世界遺産で国立公園内で特別名勝でもある山頂付近は許認可の問題でハードルが高く、どこにしようかと頭をひねっているところです。皆様のご意見を事務局へ寄せて頂けると有難いです。

(広報委員会)

tsumura
 津村書店が閉店の危機にあることを伝える読売新聞2018年11月13日の夕刊記事

 読売新聞2018年11月13日の夕刊に「書店の歴史 予報士演じる」という副題とともに、気象庁本庁の1階に60年以上にわたって間借している津村書店が、2年後の気象庁移転に伴って閉店の可能性が大きいことが報じられました。ここで、2代にわたるご主人に親身に本を探して頂いた気象予報士の有志が、先代ご夫婦をモデルにした「気象庁の本屋さんに」を演劇にするという記事ですが、本NPOにとっても、見過ごせない記事です。

 本ホームページでもバーチャル博物館の「富士山測候所を知るための施設」の一つとして津村書店をご紹介しています。これまでにも本を探すだけでなく、こちらの出版物を置いていただいてきました。また、出版物については同じくバーチャル博物館の「富士山測候所を知るための書籍」として掲載しています。

 2004年に「変わる富士山測候所」(江戸川大学・土器屋由紀子ゼミ編、春風社)を出したとき、気象関係の出版社ではないにもかかわらず置いて頂けて嬉しかったこと、その後、成山堂の「フィールドで学ぶ気象学」(土器屋・森島済編著、2010)、「よみがえる富士山測候所2005-2011」(土器屋・佐々木一哉編著、2012)と、NPO富士山測候所を活用する会関係の本を出版するたびに置いていただいたことなどを思い出します。

 気象庁の古い知り合いから「津村書店で平積みですよ!」と言われることが本を出した側にとっては何よりも嬉しい情報でした。年末に気象カレンダーを買いに行くたびに、「まだ売れてるよ」・・・とボソッと言ってくださった先代のご主人(2年前に亡くなったとのこと)や奥様が懐かしいです。測候所の活用運動にも陰ながら応援して下っていたと思っています。

  なお、予報士のみなさんの演劇は10月24、25日キーノート・シアター(荒川区、連絡03-3555-9364)とのことです。

(広報委員会)


DSC_2537
10月22日(月)午後、沼津から東京事務局を訪ねて来られたM.T.(右)さんとお友達です。
お土産に「わさびせべい」と手作りパンをいただいてしまいました。


M.T.さんからは、事前に下記のようなメールをいただきました。
祖父がNTT(旧電電公社)に勤めておりまして、昭和20~30年代に電話線を富士山頂に引く仕事をしていたそうで、その足跡を探しております。
山頂に長期滞在の仕事をしていたそうで、その頃の山頂での生活、測候所の電話活用状況など知りたく思っております。
また伊勢湾台風のことも調べております。
どうぞよろしくお願いいたします。
しかし、せっかく沼津から来られたのに事務局にはあまりお役に立てる情報はなく、志崎大策著「富士山測候所物語」(成山堂、2002),「気象百年史」「カンテラ日記」などの文献を紹介することくらいしかできませんでした。

DSC_2542
「情報官・林謙一が見た 昭和16年 富士山測候所」

事務所の書籍の中に「情報官・林謙一が見た 昭和16年 富士山測候所」写真展(2015年6月2日JCII フォトサロン発行)の写真集に、当時の富士山測候所の壁掛け式電話機の写真が何枚かあったので、ご紹介しました。帰りがけにその写真集を入手するために事務所近くのJCIIフォトサロンへご案内しましたが、バックナンバーを購入することができ、よろこんでおられました。

昨年以来、ホームページのバーチャル博物館などの充実を図っていますが、このような広い範囲の御質問にも対応できるようになるのはいつのことでしょうか?

(広報委員会)



このページのトップヘ