太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 オフィシャルブログ

カテゴリ: その他


77DD1C8A-33C0-4FC5-8921-937A09C7D925
       御殿場事務局の玄関

最近の御殿場事務所の様子をご報告します。

11月のある日。

御殿場へ
東京事務局草刈りチームが到着しました。

この草の生え具合は放っておけない。
ということで、草刈り作業が始まりました。
134BC4FD-2EC3-49A4-8EE2-DD380E27DBC9

秋晴れの爽やかな土曜日。
前回からかなりの草が再生していました。
7556D29F-7BBD-4B4A-8518-B39B1D1B1355



D0AB1796-5059-41F1-9735-BAE15F2509D6

 その結果、草刈り成果(After)です。
(これ以下の写真は草刈り後です。)
 大変な作業でしたが、

1C3CDFF1-EFB7-446C-941A-88D5E7422B2F
 入り口もすっきり。見違えるほどに!


1E058A1F-ECB3-4C25-A599-DB3D3491705B
横の出入り口から裏へ向かう通路も綺麗になりました。

0ED5D329-8279-4405-A464-623C6EBFE57D
裏の生垣も、スッキリと整えました。

8F35AD6D-6855-474E-BE4E-FCF500B538FC
ゴミ袋の大きさと数で、
草の量がお判りでしょうか? 

本当にお疲れ様でした!
(広報委員会)


2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かかるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。



9月23日放送のテレビ朝日 社会科見学バラエティ「ウラ撮れちゃいました」初回3時間スペシャルにて、富士山測候所が放映されました。

撮影は悪天候の中行われ、一般の方は中にはいることのできない富士山測候所内部ですが、観測内容や測候所での活動を理解していただく良い機会となりました。

ura01

富士山測候所内部にカメラが入ります。
案内役は鴨川専務理事と大河内副理事長が務めました。

ura07

1号庁舎2階は富士山測候所の中で最も高く標高3778m

ura10

富士山測候所には普段お目にかかれない貴重な品々も…

ura14

気象庁時代の残置物の屋外作業用のつなぎは南極昭和基地で使われているものと同じで耐寒-30℃。

uratore31

潜水艦と同じ扉で外部から入る強風の勢いで建物が浮くのを防いでいます。

ura13

大河内副理事長が観測しているのはPM2.5。採集装置からデータを持ち帰り大学の研究室で分析します。

ura20

ura23

鴨川専務理事は雷の研究。高高度放電発光現象は標高の高い富士山だから撮影可能。

uratore32

撮影中も近くに落雷があるというおまけ付きの撮影でした。


番組オフィシャルサイトはこちら



(広報委員会)


2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かかるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。


無題
グリーンブルー株式会社のHPより


新型コロナウイルス感染症に万全対策を取り、
アルコール消毒や掃除の徹底、マスクの着用、ソーシャルディスタンスと
色々策をとって参りました。

そして
無事9月3日に65日間にわたる夏期観測活動を終了しました。


富士山測候所内の夏期観測中のコロナ対策として、
“Iot技術を活用した空気監視サービス“をご紹介いたします。

新型コロナウイルス禍の中で3密状態を避けるために、
適切な換気が必要不可欠です。

しかしながら、換気をしていても
本当に効率良く換気できているのか?
数値化して目視できたら、安心安全な研究活動ができる!!
それを可能にしている空気監視サービス「GBiot」です。
なんと、
二酸化炭素濃度以外も
室内空気質(CO2、PM、VOC、温度、湿度)監視も可能とのことです。
 
無題
富士山測候所内の空気監視サービス「GBiot」の装置。

 GBiot®は、グリーンブルーの大気汚染監視や大気環境調査、 室内環境調査で培ったノウハウとIoT技術を基礎に、構想段階から、 IoT機器の選択・準備、システム開発、 保守に至るまで、 ワンストップでお客様の業務課題解決を支援させていただくサービスです。
GBiot®は、グリーンブルー株式会社の登録商標です。
    HPより



グリーンブルーさんは、
これまで太郎坊でのドローンを活用した大気観測等で協力して頂いておりました。
今年は富士山頂付近の観測も協力して頂いております。

グリーンブルさんのHPでも紹介していただいております。




(広報委員会)

BF536C36-A847-436D-AE0A-E3DFDA3F7E01
岩崎山頂班長 撮影

「お疲れ様です。今日は過去の画像を拾ってみました。白山の画像です。釈迦の割れ石、向かって左側の稜線等かなり変わっています。」


 (釈迦の)割れ石とは?

 富士山頂にある白山岳の端にある縦に割れたようになっている岩です。白山岳が昔釈迦岳と呼ばれていたので「シャカの割れ石」と言われていました。今は危険なため通行止めとなっています。
         (富士本宮浅間大社のHPより引用)


「富士山測候所の記念日」は以前このブログにも書いたことがありますが,

「1895年のこの日、気象学者の野中到氏が富士山頂、
剣ヶ峯に自費で測候所を開設した日にちなんでいます。」

野中至が観測を始めたのは1895年の10月1日からですが、
8月30日は観測のための建物が完成した日と考えられています。
9月いっぱいは、
気象台(現気象庁)の和田雄治から、気象測器を借りて観測準備などやっていたことが、
最近、発見された「借用書」などからわかってきました。
(興味のある方は是非HP「野中至(到)千代子資料館(無料です~)」に「ご来館」ください)

「富士山測候所」が正式には存在しない今も、
この日がまだ忘れられていないことを、
最近、富山大学の青木一真教授のメールで知りました。

地元のラジオ局KNBのアナから来週月曜日は富士山測候所記念日なので、
山での気象観測について触れようと思っていると連絡がありました
「モ~ニングスクランブル:07時−09時」という番組です。”

これは、私たちのNPOが2007年以来、細々とではありますが、
富士山測候所を研究・教育目的で活用し続けているためではないかと自負しております。

そしてそれを、裏方として支えているのが「山頂班」の登山家の面々です。

トップの写真のようなことは長年に渡り、
富士山の岩崎山頂班長を務めていたくださったから
こそわかる情報です!!

しかも!なんと!経年変化がわかる写真を送ってくださいました!!

2008年
BFFD6FBE-0E6A-472C-A913-060FB8A7DD8C_0

2009年
2009-2-2 (1)


2018年
2018-2-2


2021年
269DBF94-9480-4B66-B480-11FE18E6E720

毎年、富士山頂に滞在してくださっている
岩崎山頂班長だからこそわかる変化です。

このように、ちょっとした変化でもわかる
岩崎さんたち山頂班のご活躍があるからこそ
毎年安全に、無事故で研究ができているのだな~と
改めてわかりました!!

今年は、特に富士山頂では長い雨や台風のあったり、
コロナ感染防止のために例年とは違った年になりました。

まだ1週間近く残っていますが、60数日間本当にお疲れ様でした!!

(広報委員会)






DD493D44-3855-4468-BF19-3740A5851865
8月18日 14時ごろ 鴨川専務理事撮影  

突然ですが、クイズです。

こちらの写真は、
どこで撮影された写真でしょうか??

答えは
富士山頂の旧測候所1号庁の2階です。無題
1号庁舎(旧レーダー塔)


この1号庁舎には、
気象庁がレーダー観測をしていた時に
観測ドームが乗っていた建物です。

現在はレーダは撤去され、平らな屋根がついております。
先ほどの写真は、その屋根の下にある部屋です。

この日、旧測候所の外は
驚くような荒れ狂う雨と強い風が吹いておりました。
HORIZON_0001_BURST20210817142057407_COVER
8月18日15時山頂班撮影

8月18日14時12分(鴨川専務理事撮影)


このような荒天候も(なんとか?!)
耐えている旧測候所の1号庁の2階に
今年、ポスターパネルが設置されました。

旧測候所での研究活動のために、
お世話になった方々の情報を載せて、
旧測候所を利用する研究者や取材者の方にPRするためです。

710A6E6B-D76A-4230-812E-1D57F3E42D8F
新設したポスターパネル


昨年実施したクラウドファンディングで
ご協力頂いた方々のお名前が書かれているポスターが貼ってあります。
(写真右側のポスター:サイズはA1)

また、太郎坊での観測の際に
ドローンでお世話になっている「グリーンブルー株式会社」
さん

また「三徳富士山基金」としてご寄付を頂いている
Santokuさんのポスターも貼っております。

今後、このパネルに沢山のロゴやメッセージが並び、
研究者を励まし、見学や取材の方々に見て頂けるとよいですね。

(広報委員会)





このページのトップヘ