太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

カテゴリ: メディア掲載

写真1-2
 小野澤玲奈アナ(当時)と筆者(左)

私達のNPO法人は研究者・教育関係者・企業等が集まっている団体であり、旧富士山測候所を用いた研究インフラを希望者に提供することをミッションとしていますが、今年から新たに「富士山環境センター」を立ち上げました。蓄積されたリソース・知見を活かし、自ら研究・教育をする団体にステップアップし、さらに社会に貢献して行こうというものです。

われわれのように公的補助なしで運営を行う団体にとっては、いかにしてその活動を世間に知っていただくかということは、組織の維持・活性化をはかるうえで極めて重要です。われわれもSNSやブログなどでも日々の活動をフォローして発信することを心がけていますが、メディアに取り上げていただく取材記事は、それとは比較にならないインパクトをもっているため、取材には全面的に協力させていただいています。

しかしながら、取材の場所が活動の最前線の標高4千㍍近い富士山頂となれば、物事は簡単ではありません。不順な天候、撮影機材の運搬、高山病など、多くの課題を抱えているため事前に入念な打ち合わせが必要となります。通常の取材と比べ何倍も手がかかる取材をしてくださったメディアの方々には、感謝してもしきれない思いです。

これまで受けた取材の中でも特に印象に残っているのが、2017年夏、富士山頂で撮影された静岡第一テレビ『News Every しずおか』の特集番組です。このときに取材にあたられたのが小野澤玲奈アナウンサー(当時)でした。

小野澤さんは、今年の3月一杯まで静岡第一テレビで8年間アナウンサーをしておられました。彼女は用意された原稿を読みニュースを伝えていくアナウンサーとは一線を画すところがあり、いかに発信すべきかをゼロから作り上げるディレクターでもあり、ジャーナリストでもあります。

この番組の取材依頼のアポをしてきた小野澤さんは、研究グループの科学的背景も勉強したいということで、グループの取りまとめをしているわたしが静岡に出張している合間に出張先まで訪ねてこられ、なんと90分間ものレクチャーを受けました。

写真1-1
出張先での取材。リケジョでもある小野澤さんからは鋭い質問が(画質が悪いのは研究仲間のカメラ設定ミスのためお許しを)

その後すぐに、小野澤さんは休日を使って富士宮新7合目までの登山練習と高所順応を自ら行ったそうです。当日は取材クルーとともに山頂に出向き、山頂で2日間取材をして下さいました。

このときの取材クルーは、小野澤さんの想いを活かしきるディレクター、アスリート並の体力を持つカメラマン、そして当日は照明を担当されていたマルチな技術力のあるスタッフで構成。撮影中もこれらのスタッフから容赦ない質問が飛び交い、わたしにも「最高の取材をしよう」というスタッフの方々の意気込みがひしひしと伝わってきました。

写真2-1
写真2-2
 NPOが山頂に設置しているライブカメラに写っていた取材シーン

山頂にもかかわらずギリギリまでこだわり抜いた撮影。取材直後の編集作業においても、わたしはたまたま当時バリ島に滞在して国際学会の真っ最中でしたが、確認のための国際電話が何度もかかってきました。

出来上がった映像は、静岡県民なら誰もが知っている夕方のニュース番組『News Every しずおか』の中で特集番組として放映されました。当初1回の予定であったこの特集は、1回では伝えたいことが伝えきれなかったとのことで2日に分けて放送されました。その練りに練られた内容は、いまでもわれわれの富士山頂での研究を伝えてくれる貴重な映像資料ともいえるものです。

小野澤さんが静岡第一テレビのアナウンサーとしての最後の日、その思いがブログの記事として書かれておりました。その中に「富士山頂での最先端の研究を取材したこと」をとり上げてくださり、感謝の気持ちを伝えたく今回の筆をとった次第です。

4月から報道部の記者に異動。報道をゼロからスタートさせ完走させてしまう小野澤さんならば、水を得た魚のようにさらに本領を発揮され、社会を変えていく発信をしていくに違いありません。

写真3
 レクチャー後の研究仲間とランチを食べにいったら偶然!?小野澤さんとお店でばったり; 当時の小野澤アナウンサーブログには、番組放映前だったためこの写真は掲載できなかったとのことで、ここにて掲載(を許していただきたいと思います)。

学術科学委員長・鴨川仁

166e9b0dd930355b391947beb21f86bb

2018年夏期にトライアルプロジェクトで「ネパール高所非電化農村地帯向け風力主体ハイブリッド発電機の実証実験」の研究をされた産業技術大学院大学客員研究員・桐原悦雄さんから、成果報告会への発表申込と併せて下記のメールを頂きました。
年末年始にネパールを訪問しました。
急でしたが、週刊誌の記者と会って共感を得ていただき、「風と太陽で発電する持ち運び可能な発電システム」として、Swatantra Sanchargram  Weekly(ネパールの週刊誌)に富士山での活動とプロジェクトが多数の写真とあわせ紹介されました。Web上には記載されていませんが、ネパール語の白黒Weekly新聞(2018/12/28版)です。
dc2e48903940e565aca5d570222cae9a

記事には、富士山測候所、実験装置の写真などが載っています。内容は桐原さんがネパール語のわかる方に翻訳を依頼して下さったところによると、

桐原さんとナレスがネパール滞在に中現地の週刊紙記者ダンダスさんとスラワンさんより取材を受けました。ネパールの農村地域にも明るさを(照明を)届けるため風力発電の技術を提供する。富士山測候所、実験を行っている9名のメンバ-が日本で、高所に於ける再生エネルギ発電の有効活用を目指すため実証実験を行っている。富士山の麓で、高所山岳地区における小型風力発電の実証はネパールのために役にたつ。日本の富士山の高さの村はネパールには沢山存在します。富士山で、実験行ったノウハウを使ってネパールでまだ電気の行きわたっていない所で風力発電設備技術を使って明るさの提供が可能です。

今後、富士山頂での研究活動がますます国際化してゆくきっかけになりそうな素晴らしい記事です。
(広報委員会)


photo1
         魅力的なポスター

東海地震、富士山噴火、海溝型巨大地震による津波などの被害が予想される静岡県は、防災に対する認識は行政から一般市民まで行き渡っています。そこで【公益社団法人ふじのくに地域・大学コンソーシアムでは、次のような、一般市民向けの地震・火山・防災に関する講座を主催しいたしました。そして、【静岡県立大学グローバル地域センター】が「静岡で知っておきたい地震と火山と防災」の
タイトルで、全体を取りまとめ企画・運営いたしました。

その企画のトップバッター講演者として、鴨川理事が「富士山から生み出す新しい科学と防災」というタイトルで、裾野市にて講演をしました。なお本講演については【「裾野市防災のつどい」】の企画の1つとしても行われたものです。
photo2
         魅力的なポスターの裏側

市長の挨拶、来賓の市議会議長の挨拶、静岡県議会員の挨拶などと このような会合ならではの催しはなされましたが、いずれの挨拶の内容は防災に関する知見ついて、専門家も眼を見張るものであり静岡の防災意識の高さを肌で感じることができる会合でありました

photo3
           高村謙二市長のご挨拶
photo4
   70分にもわたるNPOの活動報告

鴨川理事の講演では本NPOの活動の紹介のみならず富士山火山被害は避けられない裾野市に対して貢献できるNPOで行われている防災研究、火山関連研究を紹介しました。質疑応答では、一般市民からも熱心な質問がなされ250人以上の聴衆に、最先端の研究成果を伝えることができました。なお、本講演は、【11月26日の静岡新聞にて紹介されております。

(学術科学委員会、広報委員会)

DSC_2430
     佐藤あゆみアナと土器屋

旅ラジの90ちゃん号。1年をかけて全国47都道府県を巡り、ふるさとの魅力を伝えている
NHKラジオ『旅ラジ』のホームページ 今週の90チャン号:静岡県の旅

 9月11日 静岡県富士宮市 静岡県富士山世界遺産センター研修室

夏季限定!富士山測候所
富士山の頂上にある富士山測候所は夏の2ヵ月だけ開所し、400人以上が訪れる。測候所が地域にとってどのような存在なのかを伝える



事務局が取材を受けたのが8月末で、台風の中の測候所閉所で苦戦しているときでした。場所が富士宮市にある静岡県富士山世界遺産センター(センター)で行われるとのことで、忙しい研究者の予定が立てられずに、広報委員会から土器屋が出席しました。

 全国放送とのことで、測候所について知って頂けるチャンスと思って出かけたのですが、取材の過程で、富士宮市の地元で山頂に山小屋を経営している富士館主体の内容に変わったようです。最初にセンターの総務の大湖羽純さんによる富士宮市とセンターの紹介、次いで「2か月山頂の小屋で生活して昨日下山した」富士館の宮崎哲也店長の山頂での話になり、途中で少しだけ、測候所の説明の時間が与えられました。最後はグルメタイムで「朝霧ヨーグル豚」の松本貞徳氏の実演という構成でした。

DSC_2427
     静岡県富士山世界遺産センター内部の会場

DSC_2431
     佐藤あゆみアナと大湖さん

DSC_2456
    参加者に配られた旅ラジグッズ

 生憎のお天気で富士山は一度も見られず、室内の会場には放送開始時には30人以上の方が集まっていました。 ほんの数分でしたが、12年目の夏季観測の状況、どんな研究が行われているか、いろいろ苦労している事、それでも測候所は使い続けたい素晴らしい研究・観測地点であることなどについて、話をさせていただきました。

DSC_2421
    バス停からみた静岡県富士山世界遺産センター

 せっかく富士宮に来たので、放送終了後はセンターの見学をしてきました。昨年開所したばかりの新しいセンターは「逆さ富士」がテーマのユニークな建物です。一階から三階までのらせんスロープの両脇には登山中に見る風景が映像として照らし出された「バーチャル登山」を経験できるようになっていました。

 晴れていれば素晴らしい富士山が見えるはずの展望ホール以外は、途中の「荒ぶる山」「登拝する山」「聖なる山」「美しき山」などのコーナーも、すべてディジタル画像や映像で展示されており、映像ホールでは、常時2つのテーマ短編が入れ替わりで放映されており、多くの整理員の方の説明もありました。

DSC_2423
  センターの入口

DSC_2444
   晴れていれば大きい富士山が見えるはずの展望ホールから

 最後に、一階の「図書資料室」で、センター学芸課の大高康正准教授とお話しすることができました。新しい施設なので図書は展示のみで、貸し出しはしておらず閲覧のみとのこと、富士山に関わるものが中心に集められており、山岳信仰、世界遺産、動植物などが多い。年に5回展示会を行なうなどのお話を伺い、本NPOの出版物も、受け取って展示して頂けるとのことで、「成果報告会要旨」「芙蓉の新風」の最初から現在までを各1部づつお送りすることになりました。

また、入口の「自由にお持ち帰り」コーナーのポストは先着順とのことでしたが、空きができたら置いていただくということで、NPOパンフと「芙蓉の新風」最新号を5部程度置いてきました。今後発行の会報などをお送りすることにしてきました。センターを訪れる方に本NPOの活動を少しでも知って頂ければと思います。

(広報委員会)





toomuch

Romantic Geography をテーマに、 都市とそこに集う人々との間にある物語に焦点を当てるTOO MUCH Magazine。アート、建築の話題を中心に、ヨーロッパ、北米等で多くの読者に親しまれています。
今号は「シェルター」特集。  日本全国を家を背負って旅するアーティスト・村上慧、バックミンスター・フラーのジオデジックドームを新しく再現したTHE NORTH FACE、坂茂が難民のためにデザインしたケニアの住居など。
B5サイズ 260ページ 日本語訳冊子付き
Magazine of Romantic Geograsphy という不思議な英文雑誌から、旧富士山測候所のレーダードームの写真の提供を編集長の辻村慶人氏から丁重な依頼を受けたのは5月下旬のことです。
 
拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
このたび弊誌「TOO MUCH Magazine」では,次号8号(2018年6月15日発売)におきまして「シェルター」特集を企画しております。つきましては、貴機関のご協力を賜りたくお願い申し上げます。下記の企画概要をお汲み取りいただき、ご検討いたただきますようお願い申し上げます。
 
■媒体概要
掲載誌: 『TOO MUCH Magazine』8号 (2018年6月15日発売)
体裁: B5判(182×257mm)、カラー
発行: Editions Ok Fred
定価: 2,000円+税(予価)
言語: 英語(国内販売には日本語訳付)
*主に国外の書店、美術館、アートショップなどで販売しております。
 
■特集概要
本特集では、建築のもっとも根源的な機能のひとつである「シャルター」機能に注目し、被災地や極地での活用から、古今東西の「シェルター」にまつわる建築作品、またその背後にある考えを紹介しながら、建築が持つ新たな可能性を探りたいと考えております。
 
■依頼内容
次号の中で、アメリカの建築家、バックミンスター・フラー氏のジオデジックドームについて記事にしております。その中で、ぜひ富士山測候所にありましたレーダードームについても紹介させていただきたく思い、貴機関がお持ちの写真を使用させていただきたくお願い申し上げる次第であります。

早速、佐藤監事にお願いして測候所時代の写真の中から、外国向けを意識して「レドームの横で風になびく鯉のぼりが映った画像」を送りました。とっておきの一枚と自信を持って送った写真でしたが、いただいた返信も「すごく良い写真ですね。これ以上の写真はありません!」でした。

DSC_2403
 TOO MUCHに掲載されたレドームと風になびく鯉のぼりの写真(撮影:佐藤政博監事)

すっかり忘れてしまっていた8月末に、事務局に送られてきたのがトップの写真の分厚い英文の雑誌です。オールカラーで贅沢な240ページとFOOD1971-74というレシピーのページからなる、おしゃれな、それでいてずっしりと重い冊子です。

Shelters 特集には、①綱を解かれた家(壁、ドア、屋根と旅をする)、②A feather makes a fine shields: Light weight domiciles for nomads and refugees (「羽根で作られた隠れ家;逃亡者と流浪の民のための軽量の家」というような意味でしょうか)、その中に、Life inside a polygon sky (多角形の空の下の生活)として多くの多角形ドームが紹介され、その一つとして、佐藤さんの写真が載っています。

写真のキャプションは意訳すると:<<富士山頂に1965年に設置された富士山レーダーは太平洋で発生する台風の進路を予測し、35年間にわたって山頂で活躍した。2001年にレーダードームと関係する機器類は山梨県・富士吉田市のレーダードーム館に移設された。写真は佐藤政博による。NPO法人富士差山測候所を活用する会に感謝する>> とあり、残念ながら、「5月の鯉のぼり」についての言及はありませんでした。

Shelter の中には多くの避難所についての写真もあり、東日本大震災の被災地の、シーツで仕切られて体育館の避難所風景もあります。

豊富な写真の美しいアレンジの最後にアーカイブコーナーがあり、南極昭和基地のYoshio Yoshida氏による詳細な紹介もありました。1955年以来の建設の歴史などを中心に過去の昭和基地について詳しく述べられています。


DSC_2410
 A Research Station in Anti Arctica (by Yoshio Yoshida)

富士山測候所を利活用する本NPOの活動もいつか取り上げて頂けるとよいと思いました。

(広報委員会)





このページのトップヘ