太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

カテゴリ: メディア掲載

35da9978
 8月5日(月)静岡新聞朝刊1面

富士山頂の旧測候所、活用着々 夏期研究最多へ、運営に好影響
3日午後、旧測候所の一室。山頂に到着したばかりの被験者に機器を取り付け、血液中の酸素濃度や心拍数を測定した上で、歩行時の体幹や骨盤の揺れ具合を調べるテストが行われた。日本登山医学会理事の井出里香医師と鹿屋体育大による高所医学・高所順応の共同研究で、今夏は滑落を引き起こす登山中のふらつきと急性高山病や疲労との相関性などを検証している。(以下省略)

ー8月5日(月)静岡新聞朝刊より  
8月5日、静岡新聞の「顔」をと云える1面トップを占めた井出先生の記事です。記事は、旧測候所2号庁舎で被験者と研究をする井出先生の写真とともに掲載されました。

耳鼻咽喉科が専門の井出先生は、急性高山病の症状であるめまいふらつきの原因について、登山中の滑落事故との関係に着目して長年、日本の最高峰である富士山頂で研究を続け、下山時に事故が多いことの原因の解明などを報告しています。これは、「平地の気圧の3分の2しかない低圧低酸素の環境のため、高所登山の心身への影響を調べる上では富士山が最適な研究サイト」であるためです。

「富士山は一般の観光客も数多く登る山。安全な富士登山の実現のためにも、研究成果を還元してゆく」ことを研究目的とする井出先生は、13年前にNPOが旧測候所の一部を気象庁から借用し管理運営を始めた当初から理事として参加していますが、医師で登山家としての経験から、「医学・医療委員長」として、NPO活動を支えています。

井出先生はまた、医師で登山家ということで、日本で唯一の登山医学に関する専門家の団体である日本登山医学会に所属し、その理事をされています。この学会の研究委員会は登山医学の研究をサポートするものですが、その中で現在3つのプロジェクトが進行中です。

その一つが「富士山測候所活用の推進」で、旧富士山測候所の高所医学研究・高所順応研究への活用を推進させるべく活動していますが、井出先生がそのリーダーを務めています。富士山測候所を活用する会のホームページと連携をとり、日本登山医学会のホームページから積極的に高所医学・高所順応の研究をご希望の方を募集しています。

tozan
 日本登山医学会の研究委員会のページでは、もう来夏の研究計画の受付が始まっている

7月25日に、延べ5千人に達した富士山頂の旧測候所庁舎を利用する研究者。そのほとんどは「山」については素人で、富士山が初めて経験する高所登山となるため、ほぼ3人に一人は高山病などの症状になります。

山頂では、登山家である山頂班が判断して対応していますが、軽い症状の場合は安静や早めの下山をさせますが、重篤になると堀井先生や井出先生と連絡を取りながら、その指導の下に時には酸素吸入などの対応をしています。13年間、無事故で来られたことは、まさに「医学・医療委員会」の井出先生たちと山頂班の連携のお陰と言えます。

今年の夏季観測も中間点を過ぎました。個人情報との関係で具体的には書けませんが、既に井出先生のお世話になって事なきを得たケースもあり、「医学・医療委員会」は閉所するまで気の抜けない時間が続きます。

いつも影のサポーターとして、頑張ってこられた井出先生のご自身の山頂研究に関して今回スポットライトが当たったことを心から喜ぶとともに、今年も8月の終わりまで、無事に終わることを祈っています。

(広報委員会)

R13 富士山頂(3776m)における体幹2点歩行動揺計による歩行バランスの評価と簡易指標の検証
井出里香 (東京都立大塚病院)

平成29年度の研究ではファンクショナル・リーチテスト(FRT)は高度の上昇とともに低下し、動的バランス能力の低下を示した。主観的なふらつきも山頂で有意に高値を示していたことから、登山中のバランス機能のモニタリングや体調管理の簡易指標としてFRT、 主観的なふらつき感 (visual Analogue Scale=VAS)の有用性が示唆された。 

今年度の研究では富士山頂(3776m)における体幹2点歩行動揺計(3軸加速度・3軸角速度センサー)による歩行バランス機能とFRTおよび主観的なふらつき感による簡易評価法との相関を検証する。また歩行時のふらつきと急性高山病(AMS)の重症度との関連についても検討する。滑落事故の要因となる登山中のバランス機能のモニタリングや体調管理の簡易指標になれば、安全な登山にも貢献できるものと考えている。

(参考:登山医学関係プロジェクト2019)
■プロジェクト2019(高所医学)x







 
 

unnamed


リクルート社スタディサプリ「学問探究BOOK」は、日本全国の大学の研究者のなかから101名を受験生に紹介するという本です。その101名の中に、本NPO理事の早稲田大学・大河内先生が選ばれました。





研究テーマは大気中に含まれる化学物質を長期にわたって観測してこられたという内容です。意外なことに、富士山山頂では大気の汚れが観測されています。この汚れは一体どこから来るのか?を研究のきっかけや、地球環境に対する想いが大河内先生の言葉でわかりやすく解説されています。

学問探究BOOK2

「継続は力なり」「調査や分析は他人に任せず自分でやり続ける」という素敵な言葉がとても印象に残ります。未来の研究者を目指そうとする若人に、大いに勇気を与えてくれる記事になることでしょう。

大河内先生の益々のご活躍をお祈りいたします。

(広報委員会)


5000reachx
 富士宮口から登山した米持真一・埼玉県県環境科学国際センター担当部長一行を待ち受けていたサプライズ


例年になく長い梅雨はまだ明けないようですが、久しぶりの青空が見えた7月25日(金)。この日は、大気化学関係の各グループは集中観測の真っ最中。観測機器の点検などのために山頂に登ってくる研究者、作業を終えて山頂を降りる研究者等が行き交い、山頂の活動も一段と活発になっていました。

いまから13年前(2007年)から始まったNPOによる旧富士山測候所を利用した夏期観測。この年は公式サイトの沿革には「8 課題で212人が利用した」との記述があります。
第1期(2007年-2009年)
研究公募を開始―手探り状態で始めた測候所の活用

2007年に気象庁による「富士山測候所の庁舎の一部貸付」の公募に応じて、入札し、同じく入札したA社が「利用条件が厳しすぎる」という理由で辞退したことによって、本NPOが落札しました。借用の条件としては「原則として研究(教育を含む)を目的とした利用に限る」「電源使用はすべての経費をNPOが持つ」「研究者等の滞在は夏期2ヵ月に限る」というものです。

この年は、何もかも初めての経験で慣れない研究者たちが、測候所で非常勤勤務の経験のある登山家を雇用して安全を確保し、手探りで管理運営を行いましたが、7-8月の間に8課題についての研究が行われ、延べ212人が山頂の測候所に滞在しました

2008年は、前年の成功によって、多くの利用希望が殺到しました。この年からNPOが研究希望者を公募し、科学的価値と安全性を基準に利用者を選別することで測候所の開放的な利用を目指しました。
公式サイト>会について>沿革より
この年以降は、毎シーズン300人から500人の研究者等がコンスタントに参加し続け、実はこの日、その累計人数がついに5000人の大台に到達しようとしていました。


sankasha_graph
 夏期観測参加者数の年度別推移と累計を示すグラフ *2019年度は7月25日現在までの数値です。

前日(7月24日)までの利用者が4988人に達し、7月25日に登ってくる人の中に5000人目の方がいることを知っていたのは、登山届を管理している鴨川事務局長・東京事務局と山頂班・御殿場班だけ。

そのため、山頂ではちょっしたサプライズのイベントとなりました。5000人目になったのは米持真一・埼玉県環境科学国際センター担当部長でした。山頂でPM2.5の観測を行っており、この日はその機材の点検などのために同僚等と富士宮口を早朝に出発しました。

山頂で待ち受けていた鴨川仁・事務局長からそのことを知らされ、祝5000人達成のバナーを囲んで記念撮影したのが最初の写真です。このニュースは静岡新聞の記事として7月26日の朝刊の社会面にも大きく取り上げられました。


DSC_0633z
 静岡新聞7月26日(金)朝刊社会面

本NPOは2007年から7月10日から富士山頂の研究活動を始め、おかげさまで13年目の夏を無事故で迎えています。米持先生は2010年以来、山頂でPM2.5の観測を続けてこられ国際的な山岳や都市の大気共同研究でご活躍中ですが、10年目の夏には思いがけない幸運が待っていたようです。今後、益々のご研究の発展を祈ります。

R02
日中韓同時観測による長距離輸送されたPM2.5/PM1の化学組成解明
米持 真一(埼玉県環境科学国際センター)

中国における大気汚染物質は改善が見られるが、長距離輸送による日本や韓国への影響が懸念されている。本研究では、東アジア地域のPM2.5の長距離輸送現象や夏季の関東地域の大気汚染への影響を解明するために、富士山頂において、PM2.5の連続自動採取装置を用いて採取し、主に金属元素成分に着目した化学組成分析を行う。試料採取は日本(埼玉県加須市、東京都新宿区)、中国(北京市、上海市)、韓国(済州島)で同時に行う。なお、本年はPM1に特化した観測を実施する。

プロジェクト2019-06-30_大気化学2019

プロジェクト2019概要より

なお、今年は8月13日に夏期山頂研究活動700日目を迎えます。これまで、無事故で続けてこられたことは皆様の、ご支援とご協力のたまものです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

(広報委員会)


写真1-2
 小野澤玲奈アナ(当時)と筆者(左)

私達のNPO法人は研究者・教育関係者・企業等が集まっている団体であり、旧富士山測候所を用いた研究インフラを希望者に提供することをミッションとしていますが、今年から新たに「富士山環境センター」を立ち上げました。蓄積されたリソース・知見を活かし、自ら研究・教育をする団体にステップアップし、さらに社会に貢献して行こうというものです。

われわれのように公的補助なしで運営を行う団体にとっては、いかにしてその活動を世間に知っていただくかということは、組織の維持・活性化をはかるうえで極めて重要です。われわれもSNSやブログなどでも日々の活動をフォローして発信することを心がけていますが、メディアに取り上げていただく取材記事は、それとは比較にならないインパクトをもっているため、取材には全面的に協力させていただいています。

しかしながら、取材の場所が活動の最前線の標高4千㍍近い富士山頂となれば、物事は簡単ではありません。不順な天候、撮影機材の運搬、高山病など、多くの課題を抱えているため事前に入念な打ち合わせが必要となります。通常の取材と比べ何倍も手がかかる取材をしてくださったメディアの方々には、感謝してもしきれない思いです。

これまで受けた取材の中でも特に印象に残っているのが、2017年夏、富士山頂で撮影された静岡第一テレビ『News Every しずおか』の特集番組です。このときに取材にあたられたのが小野澤玲奈アナウンサー(当時)でした。

小野澤さんは、今年の3月一杯まで静岡第一テレビで8年間アナウンサーをしておられました。彼女は用意された原稿を読みニュースを伝えていくアナウンサーとは一線を画すところがあり、いかに発信すべきかをゼロから作り上げるディレクターでもあり、ジャーナリストでもあります。

この番組の取材依頼のアポをしてきた小野澤さんは、研究グループの科学的背景も勉強したいということで、グループの取りまとめをしているわたしが静岡に出張している合間に出張先まで訪ねてこられ、なんと90分間ものレクチャーを受けました。

写真1-1
出張先での取材。リケジョでもある小野澤さんからは鋭い質問が(画質が悪いのは研究仲間のカメラ設定ミスのためお許しを)

その後すぐに、小野澤さんは休日を使って富士宮新7合目までの登山練習と高所順応を自ら行ったそうです。当日は取材クルーとともに山頂に出向き、山頂で2日間取材をして下さいました。

このときの取材クルーは、小野澤さんの想いを活かしきるディレクター、アスリート並の体力を持つカメラマン、そして当日は照明を担当されていたマルチな技術力のあるスタッフで構成。撮影中もこれらのスタッフから容赦ない質問が飛び交い、わたしにも「最高の取材をしよう」というスタッフの方々の意気込みがひしひしと伝わってきました。

写真2-1
写真2-2
 NPOが山頂に設置しているライブカメラに写っていた取材シーン

山頂にもかかわらずギリギリまでこだわり抜いた撮影。取材直後の編集作業においても、わたしはたまたま当時バリ島に滞在して国際学会の真っ最中でしたが、確認のための国際電話が何度もかかってきました。

出来上がった映像は、静岡県民なら誰もが知っている夕方のニュース番組『News Every しずおか』の中で特集番組として放映されました。当初1回の予定であったこの特集は、1回では伝えたいことが伝えきれなかったとのことで2日に分けて放送されました。その練りに練られた内容は、いまでもわれわれの富士山頂での研究を伝えてくれる貴重な映像資料ともいえるものです。

小野澤さんが静岡第一テレビのアナウンサーとしての最後の日、その思いがブログの記事として書かれておりました。その中に「富士山頂での最先端の研究を取材したこと」をとり上げてくださり、感謝の気持ちを伝えたく今回の筆をとった次第です。

4月から報道部の記者に異動。報道をゼロからスタートさせ完走させてしまう小野澤さんならば、水を得た魚のようにさらに本領を発揮され、社会を変えていく発信をしていくに違いありません。

写真3
 レクチャー後の研究仲間とランチを食べにいったら偶然!?小野澤さんとお店でばったり; 当時の小野澤アナウンサーブログには、番組放映前だったためこの写真は掲載できなかったとのことで、ここにて掲載(を許していただきたいと思います)。

学術科学委員長・鴨川仁

166e9b0dd930355b391947beb21f86bb

2018年夏期にトライアルプロジェクトで「ネパール高所非電化農村地帯向け風力主体ハイブリッド発電機の実証実験」の研究をされた産業技術大学院大学客員研究員・桐原悦雄さんから、成果報告会への発表申込と併せて下記のメールを頂きました。
年末年始にネパールを訪問しました。
急でしたが、週刊誌の記者と会って共感を得ていただき、「風と太陽で発電する持ち運び可能な発電システム」として、Swatantra Sanchargram  Weekly(ネパールの週刊誌)に富士山での活動とプロジェクトが多数の写真とあわせ紹介されました。Web上には記載されていませんが、ネパール語の白黒Weekly新聞(2018/12/28版)です。
dc2e48903940e565aca5d570222cae9a

記事には、富士山測候所、実験装置の写真などが載っています。内容は桐原さんがネパール語のわかる方に翻訳を依頼して下さったところによると、

桐原さんとナレスがネパール滞在に中現地の週刊紙記者ダンダスさんとスラワンさんより取材を受けました。ネパールの農村地域にも明るさを(照明を)届けるため風力発電の技術を提供する。富士山測候所、実験を行っている9名のメンバ-が日本で、高所に於ける再生エネルギ発電の有効活用を目指すため実証実験を行っている。富士山の麓で、高所山岳地区における小型風力発電の実証はネパールのために役にたつ。日本の富士山の高さの村はネパールには沢山存在します。富士山で、実験行ったノウハウを使ってネパールでまだ電気の行きわたっていない所で風力発電設備技術を使って明るさの提供が可能です。

今後、富士山頂での研究活動がますます国際化してゆくきっかけになりそうな素晴らしい記事です。
(広報委員会)


このページのトップヘ