太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 オフィシャルブログ

カテゴリ: メディア掲載

IMG_1343
   2022年8月18日大部良輔山頂班員撮影

朝から山頂は荒れたお天気で山頂は傘雲の中でしたが、
その中で携帯電話を使ってのインタビューでした。
(8月17日ブログの続きです。他のブログと重なる部分もあります)

無題
エフエム御殿場(富士山GoGoエフエム)のウェブサイトより

無題
FMみしま・かんなみ(Voice Cue)のウェブサイトより



2022年8月18日(木)に
鴨川専務理事が
2本のラジオ番組に“生電話中継“出演しました。

 Voice Cue      13:45〜13:55

ラジオの内容ですが!

鴨川専務理事が両方の番組に「電話」で生出演しました。

富士山頂からの中継なので、
さぞ音質が悪くて聞きづらいのか?と思いきや
とてもクリアな音質で、富士山頂からのこんなにもイイ音質で
聞こえるのかとビックリしました。
しかも、
皆様ご存知のあの4キャリア(携帯電話通信会社)で
富士山頂でも電話が通じるとは
世の中とても、すごい便利になって 
素晴らしい技術だなぁと感銘いたしました。

両番組とも、
当日の富士山頂のお天気の様子から始まり、
富士山測候所を活用する会の概要などなど
また
山頂で行われている研究について話しました。

無題
また富士山頂にあるライブカメラ(御来光カメラ)についても紹介!

天気が良いと御来光も見えます!!(Twitterより)



お見逃しの方は、
またの機会がありましたら
告知しますので、
富士山頂にいるのかとビックリするくらいの電話のクリアな音質と
分かりやすい鴨川先生のお話をぜひお聴きくださいね。


(広報ボランティアスタッフ 松田)








認定NPO法人富士山測候所を活用する会とは


2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いいたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。

無題
エフエム御殿場(富士山GoGoエフエム)のウェブサイトより


無題
FMみしま・かんなみ(Voice Cue)のウェブサイトより



2022年8月18日(木)に
鴨川専務理事が
なんと2本のラジオ番組に“生電話中継“出演します。

富士山頂活動などについて
電話インタビューを受けるとのこと!


 富士山GoGoエフエム 13:00~13:07

 Voice Cue      13:45〜13:55

上記の文字をクリックすると
パソコンやスマートフォンなどから
ラジオが聞けますので
ぜひ“生電話”の鴨川専務理事のお話を聴いてみてください

(広報委員会)








認定NPO法人富士山測候所を活用する会とは


2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いいたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。


「8月15日(月)TBS系列「THE TIME」でも放送予告」のブログでしたが、8月13日(土) TBS系列「まるっと!サタデー」に大河内副理事長が出演した内容に変更しました。


「ヒトの血液からもマイクロプラスチック」


2022081501


番組前半は、早稲田大学大河内先生によってマイクロプラスチックについての研究が富士山頂や早稲田大学の屋上などで行われていることが紹介されました。
この部分は、6月15日のTBS報道番組「news23」にて放映された内容と同じです。
詳細はこちら


2022081503

2022081504

2022081505

2022081506

2022081507

新宿の大気中から1立方メートルあたり6.5個のマイクロプラスチックが確認されています。
海洋以外にも、私たちが吸っている空気のなかに1立方メートルあたり6.5個のマイクロプラスチックが混在しており、「1日吸うと大体94個ぐらい吸うということになって、1年間にすると3万4000個ぐらい」のマイクロプラスチックが体内に入ることになります。

「人体への影響は、大丈夫でしょうか?」と、健康面について危惧していたところ…

2022081508

3月24日、科学誌『Environment International』で発表された研究によると、ヒトの血液からもマイクロプラスチックが検出されたそうです。アムステルダム自由大学の研究者らが健康なボランティア成人22人から提供を受けた血液サンプルを調べたところ、17人(77%)の血液からマイクロプラスチックが検出されたという内容でした。

アムステルダム自由大学の生態毒性学者で今回の研究に参加したディック・ヴェタック博士は、AFP通信の取材に対してそう答えている。血液中で発見されたマイクロプラスチックは、水や食品、特定の歯磨き粉、リップグロスなどの化粧品などのほか、タトゥーのインクを介したり汚染された空気を吸いこんだりなど、複数のルートで体内に入った可能性があると研究者らは考えているという。
                         https://wired.jp/より

2022081509

大河内先生談
「人体影響は私の範疇ではないので、推進費で共同研究をしている広島大の石原先生をご紹介してコメントいただきました。分かっていないことを、非常に分かりやすく解説いただきました。」

2022081510

2022081512

2022081513

2022081515

8月15日(月)TBS系列「THE TIME」では以下の映像で終わっていました。

2022081516

番組では「心筋梗塞」や「脳梗塞」について報告されている…と締めていましたが、現在のところそのような報告内容の事実には行き着きませんでした。

研究参加者の血液1ミリリットルあたり平均1.6マイクログラムのプラスチックポリマーが検出された。この濃度はバスタブ10杯分の水に小さじ1杯のプラスチックが含まれていることに相当する。血中プラスチックの安全な濃度はどの程度なのか、また、プラスチックが多く存在することによる健康への影響はどの程度なのか、どちらもまだよく分かっていない。
そして今、それが環境にとどまらず、我々の体内にも入ってきていることが分かった。その体内のプラスチックが何を引き起こすかは、今のところ何も分かっていない
   https://www.businessinsider.jp/より
健康上の影響は、まだわかっていない。マイクロプラスチックが血液脳関門を通過して脳に蓄積するかどうかを調査することも、今後の課題だ。
https://wired.jp/より


大河内先生、石原先生ほか、マイクロプラスチックの今後の研究に注目していきたいです。


石原康宏先生プロフィール
大学院統合生命科学研究科 准教授
農薬やPM2.5など環境中の化学物質の脳への影響について、脳内のグリア細胞に着目して研究しています。化学物質曝露が脳梗塞などの神経系疾患の発症・悪化に関わるかについても調べています。
また、最近は大気中マイクロプラスチックの健康影響に係る研究を始めました。
中枢及び末梢の免疫系を中心に研究を展開します。



(広報委員会)





認定NPO法人富士山測候所を活用する会とは


2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いいたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。


Alpinist78

雑誌『Alpinist』は2002年にアメリカで創刊された世界的に有名な山岳関係者の季刊誌です。この度 Martin Hood氏が "Eighty-Two Days on Mt. Fuji" (富士山頂の82日間)と題して野中至・千代子の山頂観測を最新号である2022年夏号に発表しました。Martin Hood氏は2020年に、本NPOの同好会「芙蓉日記の会」に入会、本ブログにも過去に情報提供をされたことがあります。

1895年(明治28年)1月4日、(日本のみならず世界的にも)初めて冬富士に挑んだ野中至の失敗(山靴に打ち込んだ釘や、持参した鳶口が富士山の堅い氷に歯が立たなかったため)と2月末の再挑戦のと、奇跡的な登頂成功が詳細に語られることからスタートします。その後の素晴らしい展開は、雑誌に載った記事でお楽しみください。

至の著作『富士案内』と千代子の著作『芙蓉日記』を引用する形で示されます。両者著書を覆刻した大森久雄編『野中至_富士案内・野中千代子_芙蓉日記』(大森久雄編、平凡社ライブラリー、2006)が記事の主要な情報源です。

image


山頂の生活では、和歌が随所に挿入されていますが、英訳に当たっては英詩としての韻を踏むなどの、工夫が凝らされており、単なる記録というよりは文学作品としての『芙蓉日記』の紹介が行われています。
芹沢写真ページ
気象庁時代に山頂からの写真を写真集にした芹沢早苗氏の写真も謝辞とともに引用されています。

 気象庁時代に山頂からの写真を写真集にした芹沢早苗氏の写真も謝辞とともに引用され、また現在、富士山測候所が本NPOによって夏期に研究利用されていることも記されています。

『Alpinist』のWebサイトの 「About Alpinist」 に ”we continue to produce stories that are carefully edited, beautifully illustrated and thoroughly fact-checked”(入念に編集し、美しいイラストと徹底した事実確認がなされた記事を作り続けます)という編集方針が紹介されているとおり、洗練されたデザインもさることながら、記事の内容については執筆にあたった Martin Hood氏も発行に至るまでは何度も事実確認を求められたとのことです。文末には、『芙蓉日記』の完全英語翻訳版が晴美Hood氏によって近く上梓されるということも記されています。

野中至の孫にあたる野中勝氏からも「淡々と二人の著述に沿って書かれている事に好感を持ちました。救援隊による救出の様子もていねいに書かれており、海外にまでこのような形で祖父と祖母を紹介していただいたことを感謝します」とコメントが寄せられました。

Marin Hood氏の論考は、大森久雄氏を中心とした「芙蓉日記の会」での議論も生かされています。野中至・千代子の1895年の壮挙が新たに世界的な視野での注目を浴びることになったことは「芙蓉日記の会」にとっても喜ばしく、さらなる研究のきっかけとなる出版です。

(芙蓉日記の会)






認定NPO法人富士山測候所を活用する会とは


2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いいたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。

71jaWWp+KjL
2022年7月28日に発売された本書
「富士山測候所のはなし 日本一高いところにある研究施設」は、
2020年のクラウドファンディングの直後に企画がスタートして、
2年近い時間をかけて編集されました。

裏表紙2

クラウドファンディングのおかげで、何とかNPO存続の危機から脱した2020年の秋に、
これまでのNPOの活動を振り返った時、
2012年に『よみがえる富士山測候所2005-2011』を出版して以来の、
変遷を記録しておく時期にきているのだはないかという意見があり、
本書の編集が始まりました。

その過程で、コロナ禍による障害、
編集グループの健康問題などもありましたが、
富士山測候所を使った研究成果を分かりやすく書いた本の必要性は大きく、
著者のみなさんの辛抱強いご協力のおかげで、
何とか終着駅へたどり着いたと感じています。

内容は上に示すように
第1部で、富士山と富士山測候所について
第2部で 現在行われている研究
について紹介しています。

口絵など


表紙カバーの裏と口絵の一部をご紹介します。
お馴染みの「測候所ジオラマ」を見ながら、富士山頂での作業を説明したり、
国際集会(ACPM2017)や過去の大きいイベントも載せられています。

「これ一冊読めば、富士山マスターですね!」という声もあります。
 研究者や本NPOに関わるみなさまのご尽力による重みがずっしりと伝わる本でもあります。

表紙カバーに記されたように「読後、富士山の見方が変わる」ことを期待しています。


詳細・ご購入はこちらから


(広報委員会)



認定NPO法人富士山測候所を活用する会とは


2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いいたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。




このページのトップヘ