太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 オフィシャルブログ

カテゴリ: メディア掲載

無題
鴨川専務理事が出演!(NHKオンデマンドより)



2021年10月12日放送 
NHK WORLD-JAPAN「サイエンスビュー」
“「消滅」を引き起こすライトニングスーパーボルト“
が、NHKオンデマンドで配信されました。

番組内容は以下の通りです!!

 冬には、ユーラシアからの北風が日本海からの大量の水蒸気で吹くにつれて、日本海沿いの地域は世界で最も大きな降雪の一部を経験します。大雪をもたらす雲が広い範囲に広がり、時には幅100キロ以上あります。雲の中の氷の粒子が互いに擦れ合う大量の静電気を生成し、通常の雷の1,000倍以上のエネルギーを持つスーパーボルトと呼ばれる異常な稲妻につながります。理研のENOTO照明博士は、これらのスーパーボルトに「消滅」という現象が起こり、膨大なエネルギーを放出することを発見し、世界的な注目を集めています。消滅は宇宙の形成に起こったと考えられている現象で、光のバーストで物質や反物質が消えてしまう。スーパーボルトの消滅の研究は、今、私たちの宇宙の始まりについての手がかりを提供しています。
                           ウェブサイトより

無題
(NHKオンデマンドより)


雷から放射線が出ている?!
北陸は世界的にも面白い特徴の雷が発生する!?
など雷がメインの番組ですが、


無題
(NHKオンデマンドより)


東日本大地震の発生メカニズムについて、
地球深部探査船「ちきゅう」の調査によって
サーマルプレシャライゼーションという現象が
起きた事で大きな地震となった など
とても興味深い内容となっております!!

詳しくは番組をご覧ください

なお、「雷と放射線の関係」に関する研究は、
2002年の鳥居建男先生の、日本海側原発モニターの異常値の発見
『よみがえる富士山測候所2005-2011』第8章、鴨川・鳥居他、p133-145
がきっかけかと思われます。
また、最近出版された『雷の疑問56』のp62にも出ています。
こちらの2冊も併せてご覧いただけると嬉しいです。

(広報委員会)





2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かかるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。


無題
応用物理のHPより


応用物理 Vol.90  に
大河内副理事長の記事が掲載されました。

  応用物理とは?

 機関誌『応用物理』の企画・運営方針
1.応用物理学会の会員に対する重要な基本サービスであることを心得,会員となることのメリットとして応用物理学に関わる学術的記事や関連情報を提供する.
2.世界で初めて「応用物理」の名を冠した雑誌としての開拓者精神と伝統を引き継ぎ,幅広い分野を内包する応用物理学会の心柱として,学会における価値観共有の礎となることを使命とする.
3.優れた萌芽的研究にも着目し,応用物理学会から新たな学術的,産業的価値を生みだす一助となるべく努める.
4.応用物理学会が内包する多様な分野の専門家からなる機関誌企画・編集委員会が記事の企画と編集を行い,学術的な価値と質を担保する.

HPより



「一度も登らぬ馬鹿、二度登る馬鹿」といわれる富士山。」
と、記事が始まります。

富士山は観測場所として巨大な大気観測タワーである、
富士山頂の新幹線、
標高3776mにある富士山測候所内の環境についてなどなど、
気になる見出しからなっております。


 地球温暖化の原因物質となっている二酸化炭素
の測定について国立環境研究所の向井氏の研究の紹介や、
地球を冷やすエアロゾル、
新型コロナウイルス感染症による大気汚染の影響、
地表面をめぐるマイクロプラスチックの研究などなど、
富士山山頂でないと出来ない研究も紹介!!

富士山測候所をお借りして運営しているNPOの苦労などなど
盛り沢山の内容となっております。

なおこちらの雑誌については、
WEBでダウンロードして見ることができます。
ぜひご覧ください!!

(広報委員会)




2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かかるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。


nobelpris07
出典:2021年10月5日 AFP

10月6日の本NPOの東京事務所は真鍋先生のノーベル賞の話題でもちきりでした。
前日の日本テレビ news ZEROで放送された真鍋先生のインタビューの中で、富士山測候所の写真や測候所内にあった二酸化炭素の装置が映ったVTRも放送され「富士山測候所と気象研究の関係」がよくわかる内容でした。


nobelpris08
出典:2021年10月6日 日本テレビ news ZERO

お馴染みの測候所の遠景が映し出され、
nobelpris04
出典:2021年10月6日 日本テレビ news ZERO


nobelpris05
出典:2021年10月6日 日本テレビ news ZERO

そこでは、2019年の取材の折に国立環境研究所のCO測定装置について
説明している鴨川専務理事の姿もありました。

nobelpris06
出典:2021年10月6日 日本テレビ news ZERO

真鍋先生の業績には二酸化炭素(CO2)による温暖化の予測法開発が
含まれるので、二酸化炭素測定の現場が写されるのは当然ですが、
富士山頂での画像が出てきたことで、
私たちNPOにとっては感慨深いものがありました。

気象学の分野で初めてのノーベル物理学賞受賞となる
真鍋先生の業績の裏には、富士山頂で、
強風と低い気圧の高所で苦労しながら精度の高い観測を行っている
国立環境研究所の野村さん、寺尾さん、向井さんたちの地道な仕事があることを
実感できたのです。

私達の富士山測候所での観測が役に立っていることを、
素晴らしい形で証明して下さった真鍋淑郎先生に
改めて、お祝いと
感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。



認定NPO法人 富士山測候所を活用する会では、大気化学、大気電気など気象・気候に関係する研究も富士山頂で行っています。



2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かかるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。





(広報委員会)


無題
「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」のウェブサイトより


10月1日(金) よる8時より テレビ東京系列
「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」
番組史上最長の遠距離通勤に、NPOあの理事がが出演!?

ビックリするような通勤時間、通勤距離です!!

富士山頂での研究・・・
過酷な条件下の中、
熱意と情熱がないと出来ないお仕事であると、つくづく思います。
(本NPOに関わってる方は、皆様そんな感じの方です)


約2年間ボランティアスタッフとして、
こちらの認定NPO法人にお邪魔させていただきました。

本当に、本当に 苦境(特に資金面)の中、
旧富士山測候所を何とか研究の拠点として存続させようと
役員の方々、理事の方々の
皆様多くのお仕事を抱えながらも
熱い想いが印象的でした。

皆様の活躍を、広報という立場で拝見させて頂いていて、
明日も頑張ろう!!と思えるパワーをいつも頂いておりました。

私事ですが、本日をもって
一旦、NPOのボランティアを卒業します。

明日からは、別のカタチで
“ 認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 ” 
の広報をしていきたいと思っております。

今後も、
認定NPO法人
富士山測候所を活用する会
の活躍に期待しております(^^)/

ありがとうございました。

(広報ボランティアスタッフ:小林)





2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かかるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。



無題
9月10日(金)静岡新聞 大自在の記事



静岡新聞 9月10日(金)朝刊1面の“大自在”
本NPOの活動について掲載されました。


周囲にさえぎる物がない富士山頂は実験や研究にも特別な場所だ。
2004年に無人化された施設を認定NPO法人「富士山測候所を活用する会」が気象庁から借り受け、研究者らに提供している。昨夏はコロナ禍で開所できなかった。今年は下界が変異株の“大波”に襲われる中、65日間の観測活動を完遂した。  


葛飾北斎の錦絵から始まる
🗻富士山が盛り沢山詰まっている記事です。

ぜひご覧ください。

(広報委員会)






2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かかるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。



このページのトップヘ