太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 スタッフブログ

カテゴリ: 歴史

キャプチャ
 「野中到・千代子資料館」のホームページ。背景写真は明治28年富士山頂剣ヶ峰に建設した観測所の木片で、「二代目所長藤村郁雄氏が本建築工事の折、地下より発見」のメモが残されている。なお、ロゴは野中到が設計した富士山観測所の計画図面から起こしたもの

昨日、ホームページのトップでニュースリリースしましたが、1895年(明治28年)野中到が富士山頂に私財を投じて日本最初の富士気象観測所を建設した日が8月30日で、本日は「富士山測候所の記念日」になります。

私たち「芙蓉日記の会」は本日、新しいホームページ「野中到・千代子資料館」を公開いたします。明治28年の冬期における観測資料、野中到・千代子の年表、写真など多数の未公開資料を、バーチャル博物館の一部に新たに加えて、再構築し全面リニューアルしています。

今回ぜひ見ていただきたいのは下記の、年表、観測資料や写真などの資料です。特に観測資料は、野中到の手書きのデータシートを発見したことはニュースです。データについて、メンバーによる学会発表(日本気象学会2019年度秋季大会、10月28-31日,福岡国際会議場)を予定しています。また、書籍、出版物についても大幅に更新しました。

n1
年表 野中到・千代子の生涯の出来事を大森久雄編『野中至野中千代子「富士案内・芙蓉日記」』の情報などから作成し、富士山気象観測と世の中の動きを併記して時系列に整理してあり、本資料館のインデックスの役割も果たしています。なお、この調査の過程で、これまで新田次郎の小説の記載には事実と異なっているものが少なからずあることもわかりました。
n2
資料 アーカイブは「資料」「書籍・出版物」に大別し、「資料」はさらに「器械・用具等」「文書」「写真」に分類してあります。これらの貴重な資料は野中勝様が所有されているもので、野中邸にお邪魔して撮影させていただいたものです。高精細なカラー画像をこれまでの調査に基づく簡単な説明などのメタ情報を付けて公開し、画像は拡大して見ることもできます。
n3
気象観測資料 野中到・千代子が1895 年(明治28 年)10 月1 日から12 月22 日まで厳冬の富士山頂で2 時間毎に計測した気温、気圧、風速・風向などデータと考えられ、これまで存在が確認されていなかった資料です。大判の集計用紙に万年筆手書きで記入されています。本データを使った調査も進められており、その一部は10 月の気象学会秋季大会で発表される予定です。
n5
写真 1886 年(明治19年)野中到が学生時代に撮った写真から晩年の1947年(昭和22年)頃までのこれまで未公開の写真を多数掲載しています。この写真は1914 年(大正3 年)頃、御殿場滝ケ原野中別宅で撮影されたものです。
n6

n7

書籍・出版物 「書籍・出版物」は「著作」「小説」「その他出版物」に分類、「著作」は『地學雜誌』,『氣象集誌』,『気象百年史』などに掲載された野中到・千代子の文献が中心で、J-STAGE や国立国会図書館のデジタルアーカイブの該当著作にリンクを貼り、PDF でご覧になれます。年表の拠り所とした『富士案内 芙蓉日記』(大森久雄編)もここに掲載しています。
資料のうち、書簡、手帳、ノートなどの直筆の文書はまだまだ多数あるのですが、今回のリリースには間に合いませんでした。引き続き翻字や解読作業を行なっていますので、逐次公開する予定です。

このホームページをきっかけにして、一人でも多くの皆さまに高層大気観測の実践的先駆者 野中到・千代子夫妻ひいては富士山頂の観測の歴史を知っていただき、貴重な研究サイトとして富士山測候所の再認識していただければと思っております。
「芙蓉日記の会」





1ED73FDF-83B5-415F-B58B-1EBC8EA668CB
 多摩川・浅間神社から見た富士山(撮影:超泰勇・2019年4月11日朝)


「花冷え」で日本列島が震え上がった一昨日(4月10日)、富士山も雪化粧を改めました。

東京都の多摩川浅間神社から11日の朝、趙泰勇さん(昨年、山頂のライブカメラでお世話になったCHO&CompanyのCEO) がスマホで撮影して送って下さった上の写真では手前の丹沢まで雪が付いていることがわかります。

d399ea31x
 静岡県立大から見た富士山(撮影:鴨川仁、2019年4月11日昼)

一方、こちらは4月11日昼、静岡県立大学から鴨川仁・特任准教授が撮影した富士山ですが、この角度から見るとそれほどはっきりわかりませんが、積雪量は着実に増えています。

ところで、富士山の積雪量はいつが一番多いでしょうか?

気象庁が有人観測をやっていた72年間の記録をまとめた「富士山頂:有人観測72年の歴史(2004)によると



IMG_1281

 富士山頂の気温は低く、月平均気温がプラスになるのは6-9月の期間にかぎられる。このため、降雪の期間が長く、初雪は9月14日で終雪は7月10日である(平年値)。一般的に「根雪」と呼ばれる積雪は上図に示すように4月下旬が最深となり2m弱の深さが平年値である。厳冬期を中心に降る雪は雪片密度が小さく、平均風速が15m/sを越える西(北)風によって山頂部の積雪は飛ばされ、富士山体の東から南斜面に多く積もる。
 春先になると冬型の気圧配置はゆるみ、日本海や東海地方の南岸を温帯低気圧が北東進する頻度が高くなる。気温が高く十分に水分を含んだ雪片は、山頂部にも大量の降雪をもたらす。積雪深が増し、古い降雪と、新しい降雪との固着強度、または山体と積雪との固着強度が何らかの原因で弱まると、平均斜度22°、山頂部で30°を超える斜面では、雪崩の危険性が高くなる。・・・・
「2003年11月地質ニュース591号」より抜粋


このように、富士山頂付近の積雪量はこれから増え始めます。今年も、第13回目の夏の観測に向けて、NPOの学術科学や活用委員会では研究テーマの選定などの作業が大詰めで、NPO事務局は大忙しですが、積雪量の増加は、雪崩や送電線の事故につながることが多く、気がもめる時期です。

ここ数年は積雪が少なく、比較的スムーズに開所できたのですが、過去には積雪が多くて、7月半ばになってもブルによる荷物運びに苦戦したことがあり、これ以上積雪が増えないことを祈っています。

(広報委員会)

DSC_2795
 東京事務所「小さい図書館」に新しく加わった資料

昨年の野中勝氏(野中到・千代子夫妻のお孫さん)訪問で頂いた資料などを基に、今年の春、ホームページにバーチャル博物館・野中到・千代子資料館を開設して以来、測候所の歴史に興味を持つ方からの問い合わせが増えています。同時に、関連資料をお寄せ下さる方々もあります。

12月初めに、『富士案内・芙蓉日記』(野中至・千代子著、大森久雄編、平凡社ライブラリー、2006) の編者大森久雄様にお会いしましたが、早速、ご著書『山の名作読み歩き』(山と溪谷社。2014)を頂きました。237-244ページには、野中千代子「芙蓉日記(抄)」が載っています。

また、野中千代子を扱った書籍として、日本山岳会編 覆刻『富士案内』(大修館書店)、その附録『新選 覆刻 日本の山岳名著 解題』(手配中ですがまだ入手していません)、『明治・大正を生きた女101人』(『歴史読本』編集部編 ,新人物文庫、2014:p125-136、「野中千代子」大森久雄)や、『女の旅:幕末維新から明治期の11人』(山本志乃著、中公新書、2012、第7章「野中千代子)などを教えて頂き、長年の「野中到・千代子」研究のお話しを伺うことができました。

藤村郁雄元測候所長の書状や、『山と溪谷』誌に載った野中到のエッセイ「不二雪中登山」、日本山岳会『会報』に載った記事(永原輝雄:野中到翁晩年の富士登山)など、手に入りにく貴重な資料のコピーもいただきました。

 大森さまのメールでは

「芙蓉日記」の会とでもいうような懇親・情報交換の集まりができたらたのしいな、などとも思っています。
という魅力的なお誘いを受けています。

 また、野中勝様からも本年8月にさらに資料をスキャンや撮影させて頂き、目下リストを作っているところです。書籍についての情報も頂いていますので、入手次第アップします。

 ちょうど、このブログを書き始めていた先週、元予報部長清水逸郎氏(富士山レーダー設置に尽力) の御遺族から、『富士山頂の気象』(昭和39年)と『富士山の気象観測90年』(昭和49年、富士山測候所)をご寄贈いただきました。

 本NPOは日本人の宝である(旧)富士山測候所を、レーダー観測が終わって無人化された後も越境大気汚染、宇宙線科学などの研究に役立てようという目的で始まった研究者主体のグループです。 そのため、観測研究関係者つまり理系のメンバーが多く、歴史研究については素人の集団ですが、先人の御苦労の結晶である(旧)富士山測候所を活用する上でその歴史を知ることも大切です。

 当面は、このようなチャンスで頂いた貴重な資料を出来るだけ正確に多くの方々に見て頂けるような整理法を模索し、ホームページに公表したいと考えております。ご賛同、ご協力いただける方のご連絡をお待ちします。

窓口:NPO法人富士山測候所を活用する会
監事・佐藤政博、広報・土器屋由紀子 dokiya@edogawa-u.ac.jp
 
(広報委員会)






 本NPOホームページの「野中到・千代子資料館」に「野中千代子は気象学会員だったか?」という疑問を載せています。そのことは本ブログ「野中到・千代子資料館 ホームページにオープン」でも触れましたが。先日、逗子の野中勝氏のお宅を、気象研究所の山本哲氏、佐藤監事、土器屋の3名で再度訪問し、資料を見せていただいたおりに、山本氏から、気象学会の機関誌『天気』2018年8月号、「情報の広場」の記事の中で示された明快な解答の説明がありました。

 山本氏は初めに、上の記事(土器屋,2018・5)を引用され、その問いに対する結論という形で述べています。昨年、気象学会・気象学史研究会の廣田勇・京大名誉教授に「野中千代子は気象学会に入会を申し込んで断られた、と新田次郎の小説にあるのは、事実でしょうか?」と質問したところ、学会事務局に問い合わせてくださり、事務局の「個人情報なので教えられない」という回答にもめげずに、藤部文昭・首都大学教授にも調査を依頼され、その結果、藤辺氏は1923年の『気象集誌』総会記事の中の前年度物故者名簿に野中千代子の名前がないこと、1955年の『天気』掲載の佐藤順一による「野中到追悼文」の中に「・・・明治28年ごろから千代子夫人と共に気象学会会員になっておられたが」という記述があることを調べて下さいました。しかし千代子の没年に誤りがあったり心配な点があるなどの指摘もされています。

 あっさり出た答えは、平凡社ライブラリー『富士案内・芙蓉日記』(2006)の編者大森久雄氏と情報交換されたことによります。1895年(明治28年)の大日本気象学会会員録に二人の名前が載っていたことが判明したのです。

DSC_2397
 二人の名前が載った大日本気象学会会員録 (明治29年12月、通常会員(在東京)の一部、なお明治28年のものは大森氏が確認)

 なお、名前の「至」と「到」については、ご本人も1900年頃までは「至」と信じておられたようで、その後、「到」(戸籍名)に替えられたようです。(山と渓谷社、1949)。「千代子」については、戸籍名「チヨ」に沿って気象学会会員録は「千代」ですが、名刺には「千代子」とあり、こちらを使っておられたようです。本HPは、現在のところ、勝氏の同意も得て、「到」「千代子」を使っています。

 新田次郎の『芙蓉の人』は名著であってもあくまでフィクションを多く含む小説であり、例えば、二人が山にこもることは当時の新聞報道などで広く知られていた事実があるのに、あえて身内以外に秘密になっていたことにしたり、8歳で尋常小学校3年まで健在であった長女園子氏を、二人の滞頂中に2歳で亡くなったことにするというフィクションを加えています。
 
2018年08月18日15時44分17秒
 野中園(8歳)
CIMG2490
 野中園 尋常小学校第二学年の修業証書(明治34年)

 山本氏の論文では、それとは対照的な大森氏の綿密な取材を紹介して、歴史資料としての『富士案内・芙蓉日記』の編集や、それに先立って執筆された『野中到』“富士案内”(明治34年8月春陽堂刊)、新選復刻日本山岳名著 解題』(大森、1978)などの歴史的な価値が大きいことを述べています。和田雄治氏について、小説とは違った見方が可能かもしれないという指摘もあります。 

 そしてさらに、「千代子は登山直前になぜ気象学会への入会を求めたのであろうか」という疑問に踏み込んで、次のように推測しています。
到は富士観測に当たり気象測器を中央気象台からすべて貸与され、観測を委嘱されていた。まったくの私人である到にそのような支援を与えるには、大日本気象学会会員という肩書が必要だった。千代子も観測に加わる以上、学会員であることが必要と感じたのであろう。和田は、受け取った手紙を即座に『気象集誌』に全文そのまま掲載するという、異例の対応でその気持ちに応えたのである。
 これは、まさに山本氏の卓見といえるでしょう。「新選女大学」の懸賞論文の一等になるような、聡明で思慮深い明治の女性であった千代子氏があえて入会を求めたのには、それなりの理由があってしかるべきです。なお、山本氏の調査によると、会員録には千代子氏の入会に先だって、女性と思しき名前もあり、気象学会は以前から、女性の入会を認めていたと考えられ、「思い込み」で判断することの危うさと、資料を調べることの大切さが伝わってきました。(この女性会員の件は今後さらに調べてみたいと思います)

 最後に、藤部氏が図書館で数百ページは優に超える文献に目を通された地道な調査にも敬意が表されています。電子化から漏れているものの中から「千代子の通信」などを見つけてくださった努力と、学会としての電子アーカイブ事業への提言も含まれます。

DSC_2341x
 準備していただいた大量の資料の一部

 以上が山本氏の論文に関するご紹介ですが、今回、野中氏を再度訪問して、沢山の資料を写させて頂きました。現在その整理を行っている途中ですが、今後『野中到・千代子資料館』に追加してゆき、資料館の再構成も含めて充実させたいと考えています。
(広報委員会)










DSC_2394
「レクリエ」7・8月号に掲載された今日は何の日(8月30日)の紙面。測候所の写真は佐藤政博監事が提供


 あすは何の日・・・ 富士山測候所 スタート

8月30日
 1895年のこの日は、気象学者の野中到氏が富士山山頂に自費で測候所を開設。1932年から通年観測を始めた気象庁の富士山測候所の前身となった。新田次郎の小説「芙蓉(ふよう)の人」には千代子夫人とともに越冬観測に挑んだ物語が描かれ、2005年秋には静岡県御殿場市に夫妻の顕彰碑が建てられた。

測候所は04年秋に無人化された。NPO法人富士山測候所を活用する会の土器屋由紀子さんによると、大気や永久凍土などの研究で多い時で13人の研究者が7月から滞在。31日に全員下山する予定という。(中野真也)

ー2008年8月29日の朝日新聞夕刊の「あすは何の日」より

2008年記事(400bb)

夏期観測2018も大詰めを迎え、明日31日には山頂の電源を落とし、62日間にわたる観測を終えて山頂班が下山します。ところで、今日8月30日は、知る人ぞ知る「富士山測候所の記念日」です。1895年のこの日、気象学者の野中到氏が富士山頂、剣ヶ峯に自費で測候所を開設した日にちなんでいます。

上の朝日新聞の記事に取り上げられた10年前は、新田次郎の小説「芙蓉の人」が先駆者を知る唯一の足がかりでしたが、その後、歴史資料の収集も始め、その中で、野中到氏の「富士観象台」構想には気象のみならず広い分野での富士山の科学的活用法が記されているなど、私たちのNPOと同じ志を既に100年前の先駆者が持っておられたことを知りました。

NPOとしての活動を続けている過程で、昨年11月には思いがけなく野中到・千代子ご夫妻の孫にあたる野中勝氏の知己を得て、貴重な資料を見せていただくことができ、そして、先日(8月18日)も気象研究所の山本哲氏、NPOの佐藤監事と土器屋が、再び、逗子の野中家を訪問し、前回を上回る多数の資料の写真撮影やスキャニングをさせていただきました。

CIMG2479x
(御殿場市野中山にあった別荘にて。大正12年(1923)関東大震災で建物が倒壊するまで、ここを拠点として富士山の気象観測が続けられていた)

DSCN2745x
 野中到氏の構想にもとづく「富士観象台」の設計図と模型

当日は、前回もお会いした蔭山幸子様(野中到・千代子ご夫妻の孫にあたる方で勝氏の従姉)や野中勝様のご子息・野中大様ともお話しできました。資料は目下整理中ですが、追々「野中到・千代子資料館」に追加して整理して行こうと思いますので、ご覧いただけると有難いです。

(広報委員会)



このページのトップヘ