太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 オフィシャルブログ

カテゴリ: 歴史

Alpinist78

雑誌『Alpinist』は2002年にアメリカで創刊された世界的に有名な山岳関係者の季刊誌です。この度 Martin Hood氏が "Eighty-Two Days on Mt. Fuji" (富士山頂の82日間)と題して野中至・千代子の山頂観測を最新号である2022年夏号に発表しました。Martin Hood氏は2020年に、本NPOの同好会「芙蓉日記の会」に入会、本ブログにも過去に情報提供をされたことがあります。

1895年(明治28年)1月4日、(日本のみならず世界的にも)初めて冬富士に挑んだ野中至の失敗(山靴に打ち込んだ釘や、持参した鳶口が富士山の堅い氷に歯が立たなかったため)と2月末の再挑戦のと、奇跡的な登頂成功が詳細に語られることからスタートします。その後の素晴らしい展開は、雑誌に載った記事でお楽しみください。

至の著作『富士案内』と千代子の著作『芙蓉日記』を引用する形で示されます。両者著書を覆刻した大森久雄編『野中至_富士案内・野中千代子_芙蓉日記』(大森久雄編、平凡社ライブラリー、2006)が記事の主要な情報源です。

image


山頂の生活では、和歌が随所に挿入されていますが、英訳に当たっては英詩としての韻を踏むなどの、工夫が凝らされており、単なる記録というよりは文学作品としての『芙蓉日記』の紹介が行われています。
芹沢写真ページ
気象庁時代に山頂からの写真を写真集にした芹沢早苗氏の写真も謝辞とともに引用されています。

 気象庁時代に山頂からの写真を写真集にした芹沢早苗氏の写真も謝辞とともに引用され、また現在、富士山測候所が本NPOによって夏期に研究利用されていることも記されています。

『Alpinist』のWebサイトの 「About Alpinist」 に ”we continue to produce stories that are carefully edited, beautifully illustrated and thoroughly fact-checked”(入念に編集し、美しいイラストと徹底した事実確認がなされた記事を作り続けます)という編集方針が紹介されているとおり、洗練されたデザインもさることながら、記事の内容については執筆にあたった Martin Hood氏も発行に至るまでは何度も事実確認を求められたとのことです。文末には、『芙蓉日記』の完全英語翻訳版が晴美Hood氏によって近く上梓されるということも記されています。

野中至の孫にあたる野中勝氏からも「淡々と二人の著述に沿って書かれている事に好感を持ちました。救援隊による救出の様子もていねいに書かれており、海外にまでこのような形で祖父と祖母を紹介していただいたことを感謝します」とコメントが寄せられました。

Marin Hood氏の論考は、大森久雄氏を中心とした「芙蓉日記の会」での議論も生かされています。野中至・千代子の1895年の壮挙が新たに世界的な視野での注目を浴びることになったことは「芙蓉日記の会」にとっても喜ばしく、さらなる研究のきっかけとなる出版です。

(芙蓉日記の会)






認定NPO法人富士山測候所を活用する会とは


2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いいたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。

DSC_0517
DSC_0514x-copy-0
 東京事務所(4名)と、スイス、福井、つくば、千葉と結んだハイブリッド会議の様子

4月24日は久し振りの開催となった「芙蓉日記の会」の打ち合わせでした。事務所に4名、画面には、スイス1名、金沢1名、つくば1名、千葉県1名と国際的なミーティング(といっても、Martin Hoodさんは日本語ができるので、会話はもっぱら日本語で)でしたが、一同がその場で居合わせているのと同じような感覚で、何ら違和感なく使用することができました。

NPOが東京都のテレワーク助成で購入した新しいハイブリッド装置の初めての利用ということでした。この日のミーティングに合わせてセッティングしてくださった事務局や静岡県立大学の関係者の皆様には、この場をお借りしてお礼申し上げます。

「芙蓉日記の会」の打ち合わせは第9回(2021年11月20日)以来1年半ぶりの開催となりましたが、会の中心となる大森氏が不参加となったため資料に関する討議は次回へ廻し、Martin Hood 氏の 『Alpinist』 の原稿関連の話題、山本氏の日本気象学会、日本科学史学会発表の件および富士山測候所ジオラマなどに集中しました。

『Alpinist』は「登山文学と登山」に特化したアメリカの山岳雑誌。登山家でもあるMartin Hood氏がその編集者から依頼を受け、野中至と千代子についての記事 "Eighty-two days on Mt Fuji" を執筆しています。

原稿は目下 Fact checking の段階で、熱心な編集者から野中至の最初の登山の日程の確認など細かい質問があり、それに答えているところだとのことです。季刊誌なので掲載は6月号の予定との報告。H. 晴美氏からも「日本山岳会の図書館にも届いているので楽しみにしている」と大森氏より連絡があったとの紹介がありました。

20220424_AZoom5

関連して、Martin Hood 氏提供の Mendenhall students について、集合写真に写っている中のどれが和田雄治の若い頃であるかについて議論になりました。あくまで推測ですが、和田雄治の曾孫に当たる方からの情報で、前列向かって右端の方ではないかという結論?になりました。

なお、1895年の野中至・千代子の観測における和田雄治の役割、至の山頂観測データ(HPに公開中)の取り扱いなどについて、議論が行われました。

山本哲氏は 日本気象学会(2022年春季大会)、日本科学史学会(2022年5月28-29日)で下記の講演を行うことが報告されました。

山本哲「大日本気象学会会員 野中至(到)・千代子」
山本哲「教えられた初の富士山頂冬季気象観測」

また、関連した資料『アラレ』(俳句雑誌)や「女大学」(萬朝報)掲載の写真などについても議論を行いました。

ジオラマに関しては、1895年当時の野中至の小屋が、現在の山頂の施設のどの辺りにあったかについて議論がありました。小屋は現在の3号庁舎と測風塔の間付近にあったといわれており、ジオラマの上に模型の小屋を置くと非常に小さく、当時の観測が厳しい自然の中でいかに大変だったかを改めて痛感しました。

DSC_0516 (xxxxxxxx1)

制作者の中山氏によると、ジオラマは気象庁から借用した図面をもとに200分の1の縮尺でほぼ忠実に再現したもので、「野中小屋」の製作にあたっては、『富士案内・野中至』(大森久雄編、平凡社ライブラリー、2006)p111にあった小屋の仕様の記述を参考にしたとのこと。今後、このジオラマが芙蓉日記の会の議論の中で、当時の山頂の様子を知るうえで活用されることと思います。

DSC_0524

(芙蓉日記の会&広報委員会)





認定NPO法人富士山測候所を活用する会とは


2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いいたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。

ジオラマ『よみがえる富士山測候所』チラシ resize
先のブログ『よみがえった富士山測候所ジオラマ…10年振りの改修工事が完了』(2022年3月3日) でご紹介したジオラマは3月中旬にNPO事務所に届き、チラシも遅まきながらできあがりました。日本最高地点の山頂には気象庁の旧富士山測候所の建物のほかにも、三角点やGPSの装置を収納する塔など様々な施設があり、その理解を深めるのに役立てればと思っています。そして、いまから120年前の観測所のことも・・・。


ジオラマは「出来事を切り取って三次元に表現した模型」(diorama. a model representing a scene with three-dimensional figures, either in miniature or as a large-scale museum exhibit - Oxford Dictionary)のことで「情景模型」とも言われています。実は富士山測候所のジオラマにはちょっとした仕掛けがしてあり、三次元(縦・横・高さの立方体)に時間軸を加えた四次元のジオラマとしてもご覧いただけるようになっています。
 

いまから約23年前(1999年)にレドームが撤去されて以来、現在に至る旧富士山測候所の1号庁舎は正16面体(ほぼ円筒に近い)を斜めに横切る平面の屋根で覆われています。ここは元々は1964年(昭和39年)から1999年(平成11年)までの35年間、気象レーダーが設置されていた場所で、球形のジオデシックドームで覆われていました。模型ではこの2種類の屋根を用意してあり、それを「着せ替え」ならぬ「載せ替え」をすることで、それぞれの時代の姿に変身します。

sqw1-horz

(左)平斜面で覆われた1号庁舎は1999年から現在に至る(右)1964年から1999年までの35年間は気象レーダーが設置

 

さらに時間を一気に120年前にさかのぼって1895年(明治28年)、野中至が剣ケ峯に私設の小屋を建て越冬観測をした当時の山頂の風景はどうだったのか、文献やネットの写真などを頼りに、当時の野中小屋(観測所)をジオラマと同じ縮尺(1/200)で作ってみました。


幸い、当時の小屋の図面や寸法、防寒対策を施した建物構造などは、大森久雄編著『富士案内 芙蓉日記』(野中至・野中千代子(著) 大森久雄編、平凡社ライブラリー、2006)に詳述されています。また、建物とその周辺の写真やスケッチについても『野中至 (到)・千代子資料館』ほかのWebサイトに数枚残っています。


スクリーンショット 2022-04-18 150821
富士山頂上剣之峰観測處 『富士名所』(明治33年7月19日印刷)野中勝氏所蔵 写真①


小屋は「木造の平屋にして南北三間(5.4m)、東西二間(3.6m)、棟の高さ九尺(2.7m)」とあります。屋根の勾配については「而して山頂は颱風(たいふう)の畏れあるがために寧ろ家屋の高からざらんことを要す故に、事情の許す限り力めて低くせしを以て屋根の勾配の如きも極めて緩に」としか表現されておらず、正確な角度はわかりませんが、①の写真で推し量ることができます。



観測所の構造

nonsk

観測所は木造の平屋にして南北三間、東西二間、棟の高さ九尺、桁廻りこれに称(かな)う、而(しこう)して梁桁、柱、土台は風雪に耐え得る限り截半(さいはん)し、一本にて能く二本の用を為さしめ、またその長さの如きも、運搬の便を図り過半六尺内外に止め数多(あまた)の貫(かんぬき)を以て組立て、入口窓及び寒暖計室を除くのほか三面皆嵌板(はめいた)にて密閉し、なおその外部を包むに硬石を以て畳みたる厚さ四尺余の石垣を以てす、一見銃眼を具えたる堡塁(ほるい)に異ならず、また背後の一面は岩石を破砕してこれに密接せしめたり、而して屋根は裏板の上に杉皮を三重に畳み尺ごとに押縁を之(ほどこ)し、これを数条の銅線を以て桷(たるき)に緊結し、なお蔽(おお)うに尺大の熔石数十塊を以てす、蓋(けだ)しこれらの装置は皆専ら風衝(ふうしょう)に備うるなり、(途中略)この地の地盤は表面総て熔岩の凝結したるものなるを以て、開拓敢て難事にあらず、然れども平坦の地とては元より一歩もあらざるを以て、初め出来得べきだけ掘下げ、以て一は背後の岩石をして成るべく家屋を抱擁せしめんとし、一は採掘したる熔岩を前方の斜面に掻出し石垣を築きてこれが崩潰(ほうかい)を防ぎ、力(つと)めて平坦の地を得んと試みしに、不幸にして左隅に岩石、右隅に氷塊の現出するあり、その大さともに計り知るべからず、到底手を下し難きにより、ここに掘下ぐることを止め、更に攪(かき)ならしたるに、僅に九坪の敷地を得たるを以て、乃ちここに前述の家屋を建設したり。屋内は三室に等分し、一室の占むる所二坪、而して北方にあるを器械室、南方に在るを居室兼炊事場となし、各西面に巾一尺高さ二尺余の一窓を備う。中間の一室は即ち薪炭室にして兼て南北両室の通路となす、而して入口の方向は元来東面を以て最上となすも、地形上止むを得ず薪炭室の西面に巾二尺余なる入口を設け、(途中略)要するに山頂常住の難易は一に家屋の構造如何に在り、家屋の構造完備せざれば到底観測上満足なる結果を得んことを望むべからず、故に今後好成績を得んと欲せば先ず充分なる家屋の建設最も急務なりとす

 『富士案内』P111 寒中八十二日間の観測記  より  

窓については「各西面に巾一尺(30cm)高さ二尺余(60cm)の窓を備う」とあり、スケッチにもその様子が描かれています。また、資料館のWebサイトには二代目富士山測候所長の藤村郁雄氏が建築工事の折に地下より発見したという窓枠の残骸のような写真も載っています。

nonaka1
1111111111134
(上)野中氏私設測候所 西側に面した窓や入口の様子がわかる(下)野中観測所の窓枠?と思われる残骸。二代目所長藤村郁雄氏が本建築工事の折地下より発見( 野中勝氏所蔵)


こうして試作した観測小屋の200分の1の模型は縦横1.8cm × 2.7cm。「背後の一面は岩石を破砕してこれに密接せしめ」、「屋根は蔽(おお)うに尺大の熔石数十塊を以てす」というので紙粘土の石をちりばめました。ジオラマの中に置いてみると想像していたよりも小さく感じられます。

「不幸にして左隅に岩石、右隅に氷塊の現出するあり、その大さともに計り知るべからず、到底手を下し難きにより、ここに掘下ぐることを止め、更に攪(かき)ならし」生み出したというわずか9坪の平面。その上に建てられた6坪の小屋は3号庁舎の4分の1程度で、現在の2号庁舎と3号庁舎の間付近にあったと言われています。

ざaa
野中観測所
縮尺1/200で試作した野中観測所の模型


野中至は1895年の夏に剣ケ峯に小屋を建設、厳冬期の同年10月から12月までの85日間、この中で気象観測を続けました。試しに作った小屋の模型をジオラマに加えると、明治、昭和そして平成~現代までの3つの時代における観測所の姿形を見られることになり、「四次元のジオラマ」と称した所以です。


厳冬期の観測を身をもって体験した野中至は、瀕死の状態で救助されて下山した翌年から富士登山を再開し、理想の観測所の場所の選定にあたっていたことも『富士案内 芙蓉日記』には記されており、「その最も急要を感じたるは山巓(さんてん)に適当なる屋舎を建築するに在り」として観測所の建設を唱えています。しかも、その観測所は単に気象観測だけにとどまらず、星学(天文学)、生理学、地学、化学など広範な分野の研究に供したいという構想を持っていたこともわかります。

気象庁が使わなくなった旧測候所を、大気観測のみならず、雷、地震、高所医学などの研究観測の場としてよみがえらせた、NPО富士山測候所を活用する会の活動は、まさに野中至の想い描いていた夢を実現しているとも言えます。このジオラマから120年前の野中観測所に想いを馳せ、NPОの活動の原点としての野中至の偉業を再認識していただくきっかけになればうれしいですね。


野中小屋場所43
 富士山測候所の原点・野中小屋のあったと想定されている場所のイメージ。この写真では出入り口や窓はこちら(東側)を向いていますが、実際は「入口の方向は元来東面を以て最上となすも、地形上止むを得ず薪炭室の西面に巾二尺余なる入口を設け」とあるとおり、向こう側(西側)にしたということです。


(芙蓉日記の会&広報委員会)





認定NPO法人富士山測候所を活用する会とは


2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。

富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いいたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)です。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。



Kami Export - houti
          報知新聞・1896年(明治29年) 3月6日「富士山巓の概況」
資料は、当時の新聞コピーで、野中至が冬の富士山の状況を調べるために1896年(明治28年)1月、2月という厳冬期に富士山に登った記録を伝える新聞記事コピーです。日本山岳会の『覆刻 解題』に書くために40年ほど前に国会図書館で調べたもので、国会図書館では当時の新聞はマイクロフィルムになっていて、それをどこに何が書いてあるのか、わからない、という状態のなかで探し出して該当箇所のコピーを頼む、という汗みどろの作業の結果のものです。
新田次郎の小説『芙蓉の人』では、至のこの冬富士調査を「この事実を報道した新聞はなかった」とされていますが、実際には実態に即応して新聞が状況報告をしているのです。『芙蓉の人』は文芸作品であって、フィクションがありますから、それを歴史資料(史料)として扱うのは適当ではないという一つの典型的な例です。
今後、至の事績を調べる人が、わたしの40年前の苦労しなくてもいいように、このコピーを事務所で保管していただきたい、誰もが見られる状態にしておいていただきたい、というのがわたしの願いです。
(大森久雄氏談)
芙蓉日記の会もコロナ禍でなかなか集まる機会がとれなかったのですが、11月20日(土)NPOの新しい事務所に初めて3人が集まり、Zoom遠隔で3人が加わり、あわせて6人で久しぶりに打ち合わせ。少人数でしたが、実りの多い集まりになりました。

実は、昨年新たに発見された資料の情報を野中様からいただいていたのですが、その翻字などにも時間がかかり、この日まで公開は延び延びになっていました。今回の打合せでその公開方法を含め初めてホームページに掲載することを決め、先日11月21日に公開したものです。



この資料は中央気象台長から野中至に宛てた1896年(明治29年)9月4日付けの文書です。当時、野中は山頂安河原で通称「野中小屋」という木造建物を建てその耐久性などを実験していたそうですが、中央気象台が第2次極年観測にあたり、この建物を借用させてもらいたいという内容の文書で、当時の中央気象台の動きを裏付ける大変貴重な資料とも言えます。

野中至は気象台長からの申し出に対し返信をしたのですが、今回見つかったのはその返信の「本書」ではなく、自筆の返信の控え文書や「野中小屋」の略式平面図のメモで、今回はこれらを一括して新たにホームページで公開しました。

気第199号ABC

公開にあたっては、資料カードの書き方も上の図のように統一することにしました。
  • A:原本の画像(一切触らない)
  • B:翻字, 原本Aと同じ体裁 (縦書きのまま主筆は赤色) にしたもので漢字は旧漢字のまま
  • C:資料名, 読みなど、(横書き、主筆は赤色) とし, 漢字は新漢字に変換
しかし、今回の集まりのもう一つの収穫は、何と言っても冒頭の写真にある資料です。研究会の長老・大森久雄氏(NPO会員) が「汗みどろ」になって探し当てたという野中至の厳冬期の登山の様子を伝えるいまから125年前の新聞記事のコピーで、百枚以上もあります。

芙蓉日記の会はこの貴重な資料をデジタル化して整備するとともに、NPOの事務局内に原本も保管する場所を確保し、大森氏の言われるように「野中至(到)・千代子に関することなら、本NPOに聞けば正しいことがわかる」ようにすることを目指したいと思っております。
(芙蓉日記の会)







芙蓉日記の会は認定NPO法人富士山測候所を活用する会の中の同好会です。2019年に発足し
を運営しています。

認定NPO法人富士山測候所を活用する会とは
2004年に無人化され、いずれ取り壊しの運命にあった旧富士山測候所。
富士山測候所を活用する会は、この施設を国から借り受け研究・教育の拠点にしようという構想で、2005年に大気化学や高所医学などの研究者が主体となって立ち上げたNPO法人です。

また
富士山頂という厳しい環境の中、その修理費・維持費や、運営費など
年間3000万円という莫大なコストが掛かかるのです。

しかしながら、資金面に関しては、
公的補助もなく研究利用費だけで運営しております。

そこで、皆様からご支援、会員になっていただき未来へ
つなぐ研究の手助けをどうぞよろしくお願いたします。

本NPOは、認定NPO法人(認定NPO法人は全NPOの2%しかない)のです。
ご寄付に関しては、控除もありますので詳しくはウェブサイトなどでご確認ください。

BF536C36-A847-436D-AE0A-E3DFDA3F7E01
岩崎山頂班長 撮影

「お疲れ様です。今日は過去の画像を拾ってみました。白山の画像です。釈迦の割れ石、向かって左側の稜線等かなり変わっています。」


 (釈迦の)割れ石とは?

 富士山頂にある白山岳の端にある縦に割れたようになっている岩です。白山岳が昔釈迦岳と呼ばれていたので「シャカの割れ石」と言われていました。今は危険なため通行止めとなっています。
         (富士本宮浅間大社のHPより引用)


「富士山測候所の記念日」は以前このブログにも書いたことがありますが,

「1895年のこの日、気象学者の野中到氏が富士山頂、
剣ヶ峯に自費で測候所を開設した日にちなんでいます。」

野中至が観測を始めたのは1895年の10月1日からですが、
8月30日は観測のための建物が完成した日と考えられています。
9月いっぱいは、
気象台(現気象庁)の和田雄治から、気象測器を借りて観測準備などやっていたことが、
最近、発見された「借用書」などからわかってきました。
(興味のある方は是非HP「野中至(到)千代子資料館(無料です~)」に「ご来館」ください)

「富士山測候所」が正式には存在しない今も、
この日がまだ忘れられていないことを、
最近、富山大学の青木一真教授のメールで知りました。

地元のラジオ局KNBのアナから来週月曜日は富士山測候所記念日なので、
山での気象観測について触れようと思っていると連絡がありました
「モ~ニングスクランブル:07時−09時」という番組です。”

これは、私たちのNPOが2007年以来、細々とではありますが、
富士山測候所を研究・教育目的で活用し続けているためではないかと自負しております。

そしてそれを、裏方として支えているのが「山頂班」の登山家の面々です。

トップの写真のようなことは長年に渡り、
富士山の岩崎山頂班長を務めていたくださったから
こそわかる情報です!!

しかも!なんと!経年変化がわかる写真を送ってくださいました!!

2008年
BFFD6FBE-0E6A-472C-A913-060FB8A7DD8C_0

2009年
2009-2-2 (1)


2018年
2018-2-2


2021年
269DBF94-9480-4B66-B480-11FE18E6E720

毎年、富士山頂に滞在してくださっている
岩崎山頂班長だからこそわかる変化です。

このように、ちょっとした変化でもわかる
岩崎さんたち山頂班のご活躍があるからこそ
毎年安全に、無事故で研究ができているのだな~と
改めてわかりました!!

今年は、特に富士山頂では長い雨や台風のあったり、
コロナ感染防止のために例年とは違った年になりました。

まだ1週間近く残っていますが、60数日間本当にお疲れ様でした!!

(広報委員会)






このページのトップヘ