太郎坊のそよ風

認定NPO法人 富士山測候所を活用する会 オフィシャルブログ

カテゴリ: 歴史

無題

昭和45年(1970年)発行、
こちらの本は、レーダー観測が軌道に乗り始めた当時の富士山測候所関係者の間で、バイブルのように読み継がれていました。後に、気象庁が発行した「富士山測候所安全対策要領」(東京管区気象台、1980年)は、この本を土台に書かれたと言われています。私たちNPOはそれを参考に「安全の手引き」を作成しました。その内容は毎年更新し、山頂利用者に配信しています。

上の写真はこの本、山本三郎著・「登山者のための気象学」の表紙を示します。裏表紙には、新田次郎の「まえがき」からの言葉が記されています。

 
  ”山の気象の教科書 新田次郎 ”
山本三郎さんの書いたこの本には、真っ先に”大空をぐっとみわたそう”という見出しが出てくる。やはり、山の経験者の山本さんが書いた教科書だなと思った。むずかしい理論より、まず空を見まわすのが、山の気象を理解する根本の原則である。すべてがこのような考え方によって書かれているから、読んで身に入る。これから山をめざす人たちは、この本を手にして一度だけではなく、何度か読むがいい・・・(「まえがきより」)”


今年の初めに開催されたサイエンスカフェに、この山本三郎氏のご子息の山本豊氏が参加しておられました。クラウドファンディングご寄付のリファンドの中から、鴨川事務局長の「富士登山安全の最前線」のzoom講義をお選び下さり、雑談の中で御父上様の話がでて、遺品をNPOに寄付されたいとのことで、「芙蓉日記の会」へ連絡が来たのでした。
 
実は、この本(第16版、1972年)の最初のページには 「本書の著者山本三郎氏は胃がんのため昭和45年9月6日に急逝されました。ここに謹んで哀悼の意を表します。出版部」という表記があります。

3月14日にzoomで豊氏にお会いした時は、まだこの本を拝見する前だったので、詳しい事情を知らずにお話をしました。現在、札幌でコンピュータ関係の管理職をしておられる豊氏は、91歳になられる御母上と衣装ケースにひと箱ほどの遺品を整理していて、古い天気図やメモ、大判の写真、書籍など、当時を彷彿とさせる多数の資料をお持ちとのことでした。

当日のお話の中で、山本三郎氏の当時の上司は藤村郁雄所長であったこと、気象予報官養成所(気象大学校の前身』本科22回の卒業生で、大井正一元気象研究所部長と同期で、倉嶋厚氏は先輩にあたることなどをお話しして下さいました。また、ご両親は山で知り合われ、三郎氏が山頂勤務中に写真を沢山撮られ、フィルムが切れると御母上様が新しい外国製の大判フィルムを冬でも8合目まで届けられたこと。当時スバルラインもなく、ふもとからの登山で冬山に一人で登った女性はほとんどいないと言われています。恐らくあの頃の冬の富士山に一番よく登った女性だったでしょうね。というような驚くべきことを淡々と話されました。

御母上(山本治美氏)はご趣味で絵を描いておられたとのことで、上の本の挿絵も書かれています。一例を示しますが、全般的に分かりやすく親しみやすいイラストです。「気象は雲に始まり雲に終わる」と口癖のように言われていたとのことが、この本を読むと、親しみやすいイラストとともにわかります。


山本治美氏天気図1

山本三郎氏は富士山勤務を10年続け、体調悪化のため河口湖(船津)測候所勤務になり、5年後に亡くなったとのこと、体調よりも観測と研究を優先して働かれた事が、大井正一氏の追悼文にありますが、写真を映像的にコマ落としで撮影するなどの工夫を凝らされたことなど、最後まで全力で仕事をされた方だったようです。

また、治美様が、三郎氏の亡くなったあと、4歳の豊氏を連れて測候所まで登られたとのことや、1989-90年ごろにも、豊氏と登山されたことなども伺いました。

レーダー観測がその威力を発揮し始めた頃、山が好きで望んで勤務された測候所を、病気のために途中であきらめ、それでもなお、雲を眺めて、分かりやすい本を書き継がれ(再販のたびに新しい情報を加えられたとか)登山と気象に全力を尽くされ、惜しまれて亡くなられた(享年43)こと。

このような、物語を半世紀たったいま、御母上に背負われて登山されたご子息のお話として伺うことが出来たのも、クラウドファンディングのご縁の一つでしょう。「富士山測候所」の建物は単に建物である以上に意義深く感じられ、NPOを存続する責任のようなものを感じました。

(芙蓉日記の会、広報委員会)



 FB0ADAA5-0C6E-4A5C-809E-F1FF4B075204
 NPOの英文名を指さしながら、ポスターを説明する瀬口さん(防衛大学校)

日本気象学会の2019年秋季大会が、10月28日から31日の日程で福岡国際会議場で開催され、本NPO関係では、10月31日の午後に下記の2件のポスター発表がありました。

P440 Xバンドレーダーを用いたJumping Cirrusの発達過程の観測
瀬口貴文、岩崎杉紀、鴨川仁、牛山明来、岡本創
  
P433 野中到・千代子による1895年富士山頂気象観測値の検討 
山本哲、佐藤政博、土器屋由紀子、中山良夫

気象学会プログラム上半分
   日本気象学会2019年度秋季大会プログラム

瀬口貴文さん(防衛大学校)たちの富士山での研究「Xバンドレーダーを用いたJumping Cirrusの発達過程の観測」の一部はすでに論文化されていますが、今回は2019年夏季の情報を加えた新しい発展が報告されています。富士山頂での観測が生かされたこの研究は、今でも旧富士山測候所が気象学で役に立っていることを示しています。

一方、山本哲さんのポスター発表「野中到・千代子による1895年富士山頂気象観測値の検討」は測候所の生みの親・野中到・千代子夫妻に関するものでした。ポスター発表は部屋の中央部分でしたが、コアタイムの11時45分―12時45分は部屋全体が混みあい、熱気にあふれていました。
191031気象学会ポスター
 山本哲ほかの ポスター
ポスターの後ろでは、
「山岳観測の結果は日本の気象学の発展にどれだけ寄与したのかね?」
という二宮洸三・元気象庁長官のシビアなご質問に、
「私は気象学者ではなく化学屋ですが、ハワイのマウナロア観測所ももとは小さい測候所だったのがいま世界の温暖化問題のメッカになっています」と応戦してみました。NPO発足の当初はむしろ反対意見をお持ちだった二宮元長官が、来てくださったのが嬉しかったです。「気象学者がバカだから」という過激なご発言もあったりして、隈健一東京大学シニアプログラムアドバイザー(東京管区気象台長時代に富士山測候所を見学されました)や、日本気象学会の理事長をしておられる東北大・岩崎教授も加わって、にぎやかな議論と談笑になりました。

40c8268xxx3
ポスター会場で談笑する二宮元長官、隈東大シニアプログラムアドバイザーと土器屋

実は、今回の福岡への旅行には「芙蓉日記の会」としてはもう一つの目的がありました。福岡は黒田藩のお城があり、野中到・千代子夫妻ゆかりの地。

8月末にリニューアルしたばかりの『野中到・千代子資料館』と関連する研究発表がこの地で行われる偶然に感謝しながら、到と千代子が子供時代を過ごした土地を訪れることで、「富士山頂の観測」という稀有壮大な発想とそれを実行する気概が生まれた秘密を探れないかと考えていました。
(以下続報「その2」に続きます)
(広報委員会)


キャプチャ
 「野中到・千代子資料館」のホームページ。背景写真は明治28年富士山頂剣ヶ峰に建設した観測所の木片で、「二代目所長藤村郁雄氏が本建築工事の折、地下より発見」のメモが残されている。なお、ロゴは野中到が設計した富士山観測所の計画図面から起こしたもの

昨日、ホームページのトップでニュースリリースしましたが、1895年(明治28年)野中到が富士山頂に私財を投じて日本最初の富士気象観測所を建設した日が8月30日で、本日は「富士山測候所の記念日」になります。

私たち「芙蓉日記の会」は本日、新しいホームページ「野中到・千代子資料館」を公開いたします。明治28年の冬期における観測資料、野中到・千代子の年表、写真など多数の未公開資料を、バーチャル博物館の一部に新たに加えて、再構築し全面リニューアルしています。

今回ぜひ見ていただきたいのは下記の、年表、観測資料や写真などの資料です。特に観測資料は、野中到の手書きのデータシートを発見したことはニュースです。データについて、メンバーによる学会発表(日本気象学会2019年度秋季大会、10月28-31日,福岡国際会議場)を予定しています。また、書籍、出版物についても大幅に更新しました。

n1
年表 野中到・千代子の生涯の出来事を大森久雄編『野中至野中千代子「富士案内・芙蓉日記」』の情報などから作成し、富士山気象観測と世の中の動きを併記して時系列に整理してあり、本資料館のインデックスの役割も果たしています。なお、この調査の過程で、これまで新田次郎の小説の記載には事実と異なっているものが少なからずあることもわかりました。
n2
資料 アーカイブは「資料」「書籍・出版物」に大別し、「資料」はさらに「器械・用具等」「文書」「写真」に分類してあります。これらの貴重な資料は野中勝様が所有されているもので、野中邸にお邪魔して撮影させていただいたものです。高精細なカラー画像をこれまでの調査に基づく簡単な説明などのメタ情報を付けて公開し、画像は拡大して見ることもできます。
n3
気象観測資料 野中到・千代子が1895 年(明治28 年)10 月1 日から12 月22 日まで厳冬の富士山頂で2 時間毎に計測した気温、気圧、風速・風向などデータと考えられ、これまで存在が確認されていなかった資料です。大判の集計用紙に万年筆手書きで記入されています。本データを使った調査も進められており、その一部は10 月の気象学会秋季大会で発表される予定です。
n5
写真 1886 年(明治19年)野中到が学生時代に撮った写真から晩年の1947年(昭和22年)頃までのこれまで未公開の写真を多数掲載しています。この写真は1914 年(大正3 年)頃、御殿場滝ケ原野中別宅で撮影されたものです。
n6

n7

書籍・出版物 「書籍・出版物」は「著作」「小説」「その他出版物」に分類、「著作」は『地學雜誌』,『氣象集誌』,『気象百年史』などに掲載された野中到・千代子の文献が中心で、J-STAGE や国立国会図書館のデジタルアーカイブの該当著作にリンクを貼り、PDF でご覧になれます。年表の拠り所とした『富士案内 芙蓉日記』(大森久雄編)もここに掲載しています。
資料のうち、書簡、手帳、ノートなどの直筆の文書はまだまだ多数あるのですが、今回のリリースには間に合いませんでした。引き続き翻字や解読作業を行なっていますので、逐次公開する予定です。

このホームページをきっかけにして、一人でも多くの皆さまに高層大気観測の実践的先駆者 野中到・千代子夫妻ひいては富士山頂の観測の歴史を知っていただき、貴重な研究サイトとして富士山測候所の再認識していただければと思っております。
「芙蓉日記の会」





1ED73FDF-83B5-415F-B58B-1EBC8EA668CB
 多摩川・浅間神社から見た富士山(撮影:超泰勇・2019年4月11日朝)


「花冷え」で日本列島が震え上がった一昨日(4月10日)、富士山も雪化粧を改めました。

東京都の多摩川浅間神社から11日の朝、趙泰勇さん(昨年、山頂のライブカメラでお世話になったCHO&CompanyのCEO) がスマホで撮影して送って下さった上の写真では手前の丹沢まで雪が付いていることがわかります。

d399ea31x
 静岡県立大から見た富士山(撮影:鴨川仁、2019年4月11日昼)

一方、こちらは4月11日昼、静岡県立大学から鴨川仁・特任准教授が撮影した富士山ですが、この角度から見るとそれほどはっきりわかりませんが、積雪量は着実に増えています。

ところで、富士山の積雪量はいつが一番多いでしょうか?

気象庁が有人観測をやっていた72年間の記録をまとめた「富士山頂:有人観測72年の歴史(2004)によると



IMG_1281

 富士山頂の気温は低く、月平均気温がプラスになるのは6-9月の期間にかぎられる。このため、降雪の期間が長く、初雪は9月14日で終雪は7月10日である(平年値)。一般的に「根雪」と呼ばれる積雪は上図に示すように4月下旬が最深となり2m弱の深さが平年値である。厳冬期を中心に降る雪は雪片密度が小さく、平均風速が15m/sを越える西(北)風によって山頂部の積雪は飛ばされ、富士山体の東から南斜面に多く積もる。
 春先になると冬型の気圧配置はゆるみ、日本海や東海地方の南岸を温帯低気圧が北東進する頻度が高くなる。気温が高く十分に水分を含んだ雪片は、山頂部にも大量の降雪をもたらす。積雪深が増し、古い降雪と、新しい降雪との固着強度、または山体と積雪との固着強度が何らかの原因で弱まると、平均斜度22°、山頂部で30°を超える斜面では、雪崩の危険性が高くなる。・・・・
「2003年11月地質ニュース591号」より抜粋


このように、富士山頂付近の積雪量はこれから増え始めます。今年も、第13回目の夏の観測に向けて、NPOの学術科学や活用委員会では研究テーマの選定などの作業が大詰めで、NPO事務局は大忙しですが、積雪量の増加は、雪崩や送電線の事故につながることが多く、気がもめる時期です。

ここ数年は積雪が少なく、比較的スムーズに開所できたのですが、過去には積雪が多くて、7月半ばになってもブルによる荷物運びに苦戦したことがあり、これ以上積雪が増えないことを祈っています。

(広報委員会)


DSC_2795
 東京事務所「小さい図書館」に新しく加わった資料

昨年の野中勝氏(野中到・千代子夫妻のお孫さん)訪問で頂いた資料などを基に、今年の春、ホームページにバーチャル博物館・野中到・千代子資料館を開設して以来、測候所の歴史に興味を持つ方からの問い合わせが増えています。同時に、関連資料をお寄せ下さる方々もあります。

12月初めに、『富士案内・芙蓉日記』(野中至・千代子著、大森久雄編、平凡社ライブラリー、2006) の編者大森久雄様にお会いしましたが、早速、ご著書『山の名作読み歩き』(山と溪谷社。2014)を頂きました。237-244ページには、野中千代子「芙蓉日記(抄)」が載っています。

また、野中千代子を扱った書籍として、日本山岳会編 覆刻『富士案内』(大修館書店)、その附録『新選 覆刻 日本の山岳名著 解題』(手配中ですがまだ入手していません)、『明治・大正を生きた女101人』(『歴史読本』編集部編 ,新人物文庫、2014:p125-136、「野中千代子」大森久雄)や、『女の旅:幕末維新から明治期の11人』(山本志乃著、中公新書、2012、第7章「野中千代子)などを教えて頂き、長年の「野中到・千代子」研究のお話しを伺うことができました。

藤村郁雄元測候所長の書状や、『山と溪谷』誌に載った野中到のエッセイ「不二雪中登山」、日本山岳会『会報』に載った記事(永原輝雄:野中到翁晩年の富士登山)など、手に入りにく貴重な資料のコピーもいただきました。

 大森さまのメールでは

「芙蓉日記」の会とでもいうような懇親・情報交換の集まりができたらたのしいな、などとも思っています。
という魅力的なお誘いを受けています。

 また、野中勝様からも本年8月にさらに資料をスキャンや撮影させて頂き、目下リストを作っているところです。書籍についての情報も頂いていますので、入手次第アップします。

 ちょうど、このブログを書き始めていた先週、元予報部長清水逸郎氏(富士山レーダー設置に尽力) の御遺族から、『富士山頂の気象』(昭和39年)と『富士山の気象観測90年』(昭和49年、富士山測候所)をご寄贈いただきました。

 本NPOは日本人の宝である(旧)富士山測候所を、レーダー観測が終わって無人化された後も越境大気汚染、宇宙線科学などの研究に役立てようという目的で始まった研究者主体のグループです。 そのため、観測研究関係者つまり理系のメンバーが多く、歴史研究については素人の集団ですが、先人の御苦労の結晶である(旧)富士山測候所を活用する上でその歴史を知ることも大切です。

 当面は、このようなチャンスで頂いた貴重な資料を出来るだけ正確に多くの方々に見て頂けるような整理法を模索し、ホームページに公表したいと考えております。ご賛同、ご協力いただける方のご連絡をお待ちします。

窓口:NPO法人富士山測候所を活用する会
監事・佐藤政博、広報・土器屋由紀子 dokiya@edogawa-u.ac.jp
 
(広報委員会)




このページのトップヘ